DIANA Shoes NEW LOOK

世界で常に変化する最新のファッション情報をお届け!

2018.02.18
ライター・デーヴィッド・マークスさん

今回は洋服を通してアメリカと日本の関係にフォーカス!
スタジオにはライターのデーヴィッド・マークスさんをお迎えしました。

▼プロフィール
1978年オクラホマ州生まれ、フロリダ育ち。
2001年にハーバード大学東洋学部、2006年に慶応義塾大学大学院を卒業。
現在は東京を拠点にファッション・アートについて雑誌に寄稿するほかwebジャーナルのネオジャポニズムを編集されています。

▼大学の卒業論文が「裏原宿のファッション」だったデーヴィッドさん、なぜ東京のファッションに興味を持ったのか。
若い頃は全く興味がなくMTVを見てアメリカはオシャレだと思い込んでいたが1998年に来日して東京のファッションはカッコイイと衝撃を受けた。「猿の惑星」を思わせるデザインのTシャツい感動しすぐに買いに行ったそう。


▼自身の著書「AMETORA 日本がアメリカンスタイルを救った物語?日本人はどのようにメンズファッション文化を想像したのか?」を発表。
⇒2008年から日本のブランドが注目されていたがなぜ日本のブランドがアメリカの伝統的な服を作っているのかなど裏話を書いたら面白いのではないかと思い執筆に踏み込んだ。

▼ジーンズについて
日本で最初にジーンズを作ったのは岡山県のとある街。学生服を作っていた会社が経営窮屈になりアメリカの記事などを使い作り始め「セルビジデニム」は世界のファッション業界に衝撃を与えた。「縦落ち(縦の線のようなデニムの色落ちの表現)」は世界共通になっている。



BACK NUMBER