WORLD CONNECTORS

海外に精通するゲストが登場!
特集する国や都市の魅力を、流行・文化・食・観光スポットなどから解説。

2018.05.27
<アメリカ・LA>ジャズピアニスト 関根弘江

今日の舞台は、アメリカ西海岸 「ロサンゼルス」。
ハリウッド、サンタモニカ、ビバリーヒルズ、ディズニーランドなど、
世界的に有名な観光スポットがある、アメリカ第二の都市です。
日本との時差はマイナス17時間。サマータイムには16時間に変わります。
1年を通して青空が広がり、夏の平均気温は約23度。
陽射しは強いですが、湿度が低く、過ごしやすい気候です。

スタジオには、ジャズピアニストの関根弘江さんをお迎え。

――Profile――
関根さんは日本での音楽活動を経て、1993年にジャズを学ぶために渡米。
現在、ロサンゼルス在住。
2010年にデビューアルバム「A?ME」、2012年に「After the Rainfall」を発表。
3作目の「ONE WORLD ONE SUN」は、ニューヨーク地区で有名なAquarian Weekly誌で2017年World Beat部門1位に輝きました。

▼関根さんから見たロサンゼルス
空がきれいで1年を通して気候がいい!
また、自然が近く、砂漠・海・山が車で1,2時間程で行ける!
その土地を生かして
時期によっては、午前サーフィン、午後スキーなんてことも体験できるそう!
日本では考えられませんね。

▼ここ数面で大きく変わっているスポット
それは「ダウンタウン」
元はビジネス街で、昼は活気に満ちているが夜は閑散としていて
どこか寂しい雰囲気。
でも今は、昔の倉庫街が再開発され、
家やマンションがたくさん建設されとても住みやすいエリアになっています。

▼最近、話題になっているスポット
実は文化的な街。
その中でも今は「The Broad」という美術館が大人気。
モダンで真っ白な現代的な外観な建物。
元は大富豪が建てた建築物が寄贈されたもので
人気のあまり2~3週間先まで予約でいっぱい。
その人気のワケは、入場が無料!中の雰囲気も静かではなく、
写真を撮ったりにぎやかな雰囲気でそこが受け入れられているのではないかとおっしゃっていました。
また日本でも人気の「草間弥生」さんの作品も展示されており毎回長蛇の列になっています。

日本デビューアルバム「ONE WORLD ONE SUN」、
その中に収録されている『Nippon Barre』は、
国際作曲家コンクールの、2017年度ジャズ部門で一位に選ばれました。

▼曲作りのこだわり
かっこいい洗礼された自分がかっこいいと思える、
中性的な音楽の作り方を意識している。
また、夢の中で譜面が思いつくことも!
その時は目が覚めたら紙に書きなぐってからまた眠りにつくそう。

そんな、関根さん普段はロサンゼルスを拠点に活動されていますが、
日本でのライブが決まっております!

6月7日(木) 桐生(きりゅう)ビレッジ  
※関根さんは群馬県桐生市出身

6月8日(金) 南青山ボディー&ソウル
6月9日(土) 静岡ライフタイム

詳細は公式サイトをご覧ください♪

BACK NUMBER