J-me Chinema Circle

おとなの事情(Perfetti Sconosciuti)

2017年3月10日

大人は大変なんだから。
誰でもおかしいと感じる嘘言って、すぐばれちゃうとか、大人なんだから責任感じながら生きろ、とか説教されちゃったりとか、スマホでやらかしてとんでもない事態に追い込まれるとか。

私は今年60になって赤ちゃんに戻るから、また好き勝手なことやって、大人の責任等についてはすべて放棄することに決めているので、気が楽だわ。

私がロンドンにいた90年代に携帯電話が出現した。
新し物好きで怪しいイベント物件を毎日のようにセールスに来ていたクリスチャン(人の名前)は、ある日とんでもなく重そうな金属の箱を持ち込んできた。「なになに?」と聞かれるのが大好きで、「シン、電話だよ〜ん」と大喜びで答えて、わざわざたいした用事もないのに目の前で仕事相手に電話をかけ、「Hey, I’m on mobile.」なんてくだらないことを言って、事務所の全員から冷たい目で見られていた。あのころはそういう見せびらかし野郎がレストランで大声を出すのが散見されました。
電波状態が異常に悪かったのにね。阿呆だわ。

さて、私には秘密もクソもなくて、おまけにスマホを一度も持ったことがないのでわからないことが多いんだけど、なんかあの怖い機械のおかげでいろいろあるらしいじゃん。
話すというより、メッセージのやり取りの方が多いんでしょ。
ガラケーの私は面倒なんですぐに電話しちゃうんだけど、だいたい相手は出てくれません。
で、あんなこと書かなきゃよかった、すぐに削除しとけばよかった、でも削除してもダメみたいよ、「魚拓」とかあるんでしょ、みたいな後悔だらけではないんでしょうか。
あ、ちがう?
そういう方は末永くお幸せに。

「おとなの事情」はおとなの事情について、どえらくしつこくこだわった作品であります。
一般的にはおとなの事情というのには触れない方がいいはずなんだけど、その、おとなの事情が一番面白いからこういう映画ができ上がる。
知らなきゃ幸せでいられた、のかもしれないのに、「本当のあなた」が知りたいなんてどうなんだろうか。そもそも隠し事をしているのが「本当のあなた」なのよ。
私の妻はサンドイッチマンと福士蒼汰に胸キュンらしいが、そんなこと、どうぞご勝手にでしょ。教えてくれなくていいよ、だもん。彼女のスマホを触りたいと思ったこともない。使い方がわからないのもあるんだけど。
あちらも私のガラケーにも全く興味がないらしい。
なわけで、うちは平和が保たれている。

ローマで暮らす仲のいい夫婦が3組、独身男を一人を加えて、いつもの食事会が開かれる。イタリア人は泳いでいないと死んでしまうカツオのように、おしゃべりしていないと死んでしまうので、とにかくなんでもいいから話をする。歌うように話すね、彼らは。
気の置けない関係なんで、愚痴も言うし、ちょっとした秘密も軽く話題にのせ、ウーララー、とか調子がいい。
こんなにいい友達がいてみんな幸せ、だったらいいよな。
携帯電話で浮気がバレた友人の話から、何を思ったか「みんな、自分の携帯を出して、メールがくれば読み上げる、電話がかかってくればスピーカーフォンにして全員が聞けるようにするゲームしましょうよ」という提案に全員参加を決めてしまう。
「なんちゅーことすんの、諸君、やめとけよ」という私の忠告を無視して勝手に始めてしまった。

ウーララー!!!!!

物語はローマのアパートの中だけで進行する。
まるでこりゃ舞台を観ているようだ。
でも、決して戯曲ではないの。
そのあたりが微妙なうまさを感じさせてくれるところ。

携帯電話がなければ成立しないこの作品、極めて現代的でありながら、すべてをさらけ出すことで、印象はアナログ的である。

私は参加してもなんの問題もないけど、誰か一緒にやりますか。
仲の良い友人夫妻とでなきゃ意味ないか。
酔っぱらって、調子に乗った時に試してみてはいかがでしょう。
すんごいことになると思うよ。

この作品の監督、パオロ・ジェノベーゼは日本映画では北野武監督の「HANA-BI」に影響を受けたそうである。
それでこういう映画作ったか。
人それぞれだねえ。

3月18日公開。


おとなの事情

2017年3月18日 新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
2016年/イタリア/96分/カラー/シネスコ/5.1ch/原題: Perfetti Sconosciuti ©Medusa Film 2015

監督・脚本:パオロ・ジェノヴェーゼ
脚本:フィリッポ・ボローニャ、パオロ・コステラ、パオロ・ジェノヴェーゼ、パオラ・マミーニ、ロランド・ラヴェッロ
撮影:ファブリツィオ・ルッチ
編集:コンスェロ・カトゥッチ
出演:ジュゼッペ・バッティストン、アルバ・ロルヴァケル、ヴァレリオ・マスタンドレア、
アンナ・フォッリエッタ、マルコ・ジャリー二、エドアルド・レオ、カシア・スムトゥニアク
配給:アンプラグド

公式HP

※可能な限り挨拶だけでなくメッセージもお書き添えください。
※他人を不快にさせる文章は削除させていただきます。
※1記事に対して1日最大5回まで[投稿]ができます。
※個人情報は入力しないでください。

番組アーカイブ

最新記事