J-me Chinema Circle

ハロルドとリリアン : ハリウッド・ラブストーリー(Harold and Lillian : A Hollywood Love Story)

2017年5月26日

映画を作るのにとても重要な人間。
となると、監督、脚本家、撮影監督(かつてはカメラマンと呼んでました)、美術、照明、音楽担当、衣装、メイクアップ、役者みたいな感じで、実際そういう具合にアカデミー賞では賞が与えられることになっている。
しかし、現場で必要とされていない人間など誰一人としていない。
いるとすれば、お金出して「どんな具合なの、主演女優に挨拶したいんだけど」とかわざわざ撮影の邪魔をしにくる奴がいるのかどうか知らんけど、ま、そんなもんか。
ところがだ、下手すると監督、脚本家、撮影監督、役者以上に重要な役割を負っているにもかかわらず、ほとんど一般の人間が認識していない人たちがいる。
このドキュメンタリー観て、ある程度のことはわかっているつもりだった私がぶっ飛んだ。
しかも、極めて重要な仕事をしている二人が夫婦だったなんてことがあったりするわけだ。

絵コンテって知ってますかね、知ってますね。
撮影するにあたり、脚本を元にどういうシーンにするかを、誰にもわかるように絵にしたものです。
脚本ってさ、いろいろタイプがあるから一概には言えないんだけど、例えば「非常にモダンなイメージの宇宙船の中」とか適当なことしか書いてなかったりするわけですよ。
そうか、じゃあ、こうしようって、監督が全てイメージを作り上げて、自分で絵コンテを描き、美術と打ち合わせをして、撮影監督とアングルを決め、照明に指示出して、衣装も候補を挙げてもらったりするでしょ。
実際、黒澤明監督はご自身で絵コンテを描いて、それがまたあんまり見事なもんだから、そのまま本になったりしてますわな。黒澤監督は絶対君主のような権限を持っていたから、絵コンテをそのまんま、どんなに無理をしても実現させて、フィルムに収めさせることがスタッフの幸せだったりするわけ。

CMもプレゼンテーションの時のコンテとは別に、演出家が演出コンテを描かないと、何をどうしていいんだかみんなわからなくなりますから、私が知っていた方々はウンウン唸りながらお仕事されてました。

で、私はこの作品を観て、なんじゃこれは、とただただ驚いたわけであります。
ハロルドは絵コンテを描く人。
監督が忙しいから、指示をもらって「こんな感じですかね」という絵コンテじゃなくて、マジに脚本から自分の解釈で絵コンテを仕上げていくありえない絵コンテ作家。
その絵コンテにはカメラのレンズ、撮影アングル、尺も計算して、セリフの入れどころまで細かく指示されていて、これじゃ、監督、撮影監督は何をする人なのかわからん。全部できちゃってる。
その確認は実際劇場に足を運んでもらって、「え~~!!!!」と驚いてもらうしかないんだけど、「で、どんなのだよ」と人を疑う方もいると思うので、数え切れない作品から、誰でも知っている作品を少しだけ上げとくと「十戒」「ベン・ハー」「ウエスト・サイド物語」「鳥」「卒業」「エクソシスト」、比較的最近のものだと「ラストエンペラー」「プラトーン」「グレムリン」って、なに?このラインアップ。作品選ばないのか、できないものはないのか。
なんでもやります。
こんな人、日本にいるのかしら、と申しますか、他にいるのかしら。

リリアンはリサーチャー。
主婦だったんだけど家事ばかりやっていて、いい加減嫌になった彼女は映画リサーチャーのアシスタントの仕事を見つけ働き始めるけど、それまでに読んでいた膨大な読書量を活かし、脚本、撮影必要な情報を集めまくり、キャーキャー楽しみながら、必要とされる情報、必要とされていないけど必要になる情報を整理し、彼女なしにはカメラが回せない存在へと変貌を遂げる。

度肝抜かれるような才能、努力を惜しまない姿勢を持つ二人が同じ業界で結婚生活を続けられるわけがないというのが、私が決めた常識なんだけど、この常識も二人には通じず、ハロルドが2007年に亡くなるまで二人は映画と寄り添って、仲睦まじく暮らしました。

えー、今回は私が絶対にやらないと決めていた作品の中身の大半が想像できるほど書き込んでしまったが、全く問題ない。
こんな雑文読んだことさえ忘れてしまうほどの内容なので、映画ファンを名乗るのであれば必見である。

ハロルドとリリアンを知らなかった私がとても恥ずかしい。

5月27日、土曜日公開。


ハロルドとリリアン : ハリウッド・ラブストーリー(Harold and Lillian : A Hollywood Love Story)

2017/05/27(土)公開
(C)2015 ADAMA FILMS All Rights Reserved

監督:ダニエル・レイム
主演:ハロルド&リリアン・マイケルソン/アルフレッド・ヒッチコック/フランシス・フォード・コッポラ/メル・ブルックス/ダニー・デヴィート ほか

※可能な限り挨拶だけでなくメッセージもお書き添えください。
※他人を不快にさせる文章は削除させていただきます。
※1記事に対して1日最大5回まで[投稿]ができます。
※個人情報は入力しないでください。

番組アーカイブ

最新記事