J-WAVE SELECTION LIVE OASIS SPECIAL

9/13開催!J-WAVE LIVE OASISの熱気をお伝えする特別番組です。

2016年09月19日 10:48

LIVE OASIS ライブレポート!〜そして ON AIRへ!

大興奮・大盛況で幕を閉じた

J-WAVE×HOT STUFF "LIVE OASIS"

ハナレグミとフジファブリックのライブ音源そして、

2組の対談など、「ここだけ」の音源をたっぷりお届けするスペシャルプログラムの

ON AIRに先駆けて、ライブの様子をレポートします!

「番組を待ちきれない!」というみなさん。まずはこちらで、気持ちをあげちゃってください!


J-WAVE×HOT STUFF "LIVE OASIS" SPECIAL

2016.09.19.20:00〜21:45  ON AIR!


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


なんというか、それはまさに“オアシス”なのであった。

 

もちろん、熱狂的なファンのみなさんもいらっしゃるんでしょうけど、なんだか会場中に肩の力を抜いて楽しもうというムードがあふれていた。スタッフはお揃いのアロハシャツ。おっさんも若い娘さんも同じ、水色ベースに赤い花をあしらったデザインのシャツでウロウロしている。ステージには小さな椰子の木の鉢植えが置かれ、ジャングルの中のオアシスのような設えになっていた。

 

開演時間直前、アラビア風にアレンジされたJ-WAVEのジングルが流れ、超こなれた、超聴きやすい「ライブ開催の注意」のアナウンス。普段はまるで中学の放送部みたいな棒読み度合いの“アレ”の完成度が異常に高い。こんな些細なところもオアシス感。つまり居心地がいいのだ。

 

場内が暗転していよいよ始まるかと思いきや、「こんばんは!」と、J-WAVERADIO DONUTS」ナビゲーターの渡辺祐さんが登場。そして客席からも「こんばんは!」が返され、「いいお返事でありがとうございます! さすが、フジファブリック、ハナレグミのお客さん(笑)。この日の模様がラジオでオンエアされるからデシベル上げめでいきましょう」と、盛り上げてからフジファブリックを呼び込んだのであった。

 

2組が出演する対バン形式だから、短距離勝負なスタイル。1曲目の「LIFE」からヴォーカル・ギターの山内総一郎は「トーキョー!」と声を上げ、1階スタンディング席はサビで左右に手を振る。2階は座ってまったりしつつ、全体がゆらゆら揺れる。そのまま「robologue」につなげ、ギター&キーボードソロでは1階の熱気が2階席まで立ちのぼっていくのを感じた。「最高の雰囲気ですね」「今日は特別な日になるんじゃないかな」と、リラックスした雰囲気のMCをはさんでから、思い切りダンサブルな2曲「夜明けのBEAT」「流線形」を立て続けに。ここで完全に会場は一体になって大盛り上がり。

 

テンションが上がりマイクで頭を打ったキーボードの金澤ダイスケに茶々を入れながら、「今日は歴史的な夜になるよ」と、また山内は伏線みたいなことを話す(これは、その後、アンコールで回収されることになるのだけれど)。踊る空気に支配されていた場内は、続く「透明」でフレンドリーな雰囲気に一転、観ているこっちが思ったまんまのことを、曲終わりで山内自身が呟いた。「あ、いい曲だな」と。そのままのムードで、リズムに乗るもよし頷きながら聴いてもよしの「Green Bird」。ライブでは一般的に曲が終われば拍手をするものですが、そんなお約束とは関係なく、曲の余韻で拍手がさざ波のように生まれ、心地よく広がっていった。そして「夏の曲なんだけど…」と前置きした「若者のすべて」でダメ押し。「♪最後の花火に〜」のサビで思わず落涙。秋に聴く夏の曲は、やけにセンチメンタルだ。

 

フジファブリックパートのラストは、狂乱。山内の「トーキョーッ!」、鍵盤に飛び乗って足で弾きつつの金澤の「トキオ〜ッ!」。熟練のDJが緩急つけて構成したかのような時間だった。

 

わらわらと舞台上でアロハ姿のスタッフたちが、忙しく立ち働くセットチェンジを経て、待ってたぜ! ハナレグミ……なのだけれど、ここで渡辺祐さんの再登場。このライブの最大の魅力を端的に表すひと言を言って、ハナレグミを呼び込む。

 

「どもー」と言いながら陽気にハナレグミが登場。バックはキーボード、ドラム、ベースという構成だが、フジファブリックがDJだとしたら、永積崇は寄席のベテラン芸人のような時間を作り出した。

会場の声を聴き、いじり、語り、歌う。

 

1曲目「大安」からスタートし、2曲目「オアシス」まで、ほぼフラットで白い照明つけっぱなしで、ハッピーに演奏。今更ながら、あらためて歌がうまい。演奏が安定している。声が心地いい。なんだか舞台が眩しい。ここにいることの幸せを実感させてくれる。場内一体となってうねっているのである。そしてラテンファンクな「無印良人」へとつないで、感極まった聴衆からの「タカシー!」という野太い声援に「そうです! タカシです、タカシなんです!」で、会場ドッカーン。

 

そんな和やかな余韻も残るうちに、最新シングル「深呼吸」を披露。「♪夢見た未来ってどんなだっけな〜」という歌い出し。清涼感溢れる歌声が会場に響きわたる。さっきまで「タカシなんです!」とふざけていた男が、だ。フジファブリックの「若者のすべて」に続き、またもや…涙。曲終わりのMCでは「この夏最高の得点が出たんじゃない?」と永積本人も満足気である。実はハナレグミパートで、もう1回同じような瞬間があって、それはMCからのラスト曲「おあいこ」。鉄板ネタであろう、下呂温泉の混浴風呂で見たおばちゃんのある行為を語ってから間髪を入れず「♪抱きしめるふりして〜」。MCと歌の世界観のギャップもまた、ハナレグミならではの魅力なのだと実感させられる。なお、ごく自然にコール&レスポンスと大合唱が発生した「オリビアを聴きながら」カバーは、史上稀に見る感動的にハッピーな「オリビアを聴きながら」であった、と書いておきたい。

 

で、当然、アンコールの拍手が起こるわけですが、誰もが「このあと2組のセッションが観たい……」と願っているし、それに向けてアロハの人々がステージ上のセッティングを一生懸命変えているので、その拍手はなんだか、ステージ上の作業を応援しているみたいに見えてくるのでした。

 

そして、アンコールでは念願のセッションへ。お互いのライブ中のMCで、実はそれぞれへのリスペクトと想いを語っていた2組。1本のマイクを4人で取り囲み、アコースティックでフジファブリックの「ルーティーン」、ハナレグミの「家族の風景」を披露。さらに、この日のために永積と山内が喫茶店で打ち合わせして作った新曲を発表。これが、たぶん山内がしきりに張っていた伏線、「歴史に残る何か」。1曲終わるごとに全員で「ヤッター!」と両手を掲げてガッツポーズするのがアンコールのルーティーンになり、最後は「ダンス2000」で今日イチの大盛り上がり。スタンド席もまた、座ったまんま踊る人々であふれかえったのであった。

 

そうそう、途中のMCで渡辺祐さんが言ったひと言を書き忘れていた。祐さんは「なぜこの2組が選ばれたのかわかった」と言ったのだ。それは「いい曲」しかないから。もちろん、彼らの熱狂的なファンたちには素晴らしい夜だったに違いない。でも、仮に何かの偶然でこの場所に居合わせて、初めて彼らの音楽を生で聴いた人々がいたとしても、きっと「最高!」だと感じたに違いない。だって、筆者がそうだったから。9月の蒸し暑いある夜、そこでの3時間は、間違いなく“オアシス”であった。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

武田篤典

1967年生まれのライター。さまざまな雑誌やウェブ媒体にて、インタビューや妄想を中心に執筆。「スマートモテリーマン講座」の作者。

 

2016年09月15日 11:28

J-WAVE×HOT STUFF "LIVE OASIS"速報!

■J-WAVE×HOT STUFF "LIVE OASIS"速報!
日時:2016年9月13日(火) 18:00/19:00
会場: EX THEATER ROPPONGI
LIVE: ハナレグミ / フジファブリック
MC: 渡辺 祐(J-WAVEナビゲーター)
Photo by 仁礼 博

★ハナレグミ×フジファブリック
3S7A0810-18.jpg

3S7A0847-20.jpg

4U8A4687-7.jpg

★フジファブリック
4U8A4061-2.jpg

4U8A4295-25.jpg

★ハナレグミ
4U8A4484-12.jpg

★フジファブリック
■SET LIST
1. LIFE
2. robologue
3. 夜明けのBEAT
4. 流線型
5. 透明
6. Green Bird
7. 若者のすべて
8. 虹

★ハナレグミ
■SET LIST
1. 大安
2. オアシス
3. 無印良人
4. 深呼吸
5. ぼくはぼくでいるのが
6. フリーダムライダー
7. オリビアを聴きながら
8. 明日天気になれ
9. おあいこ

★ハナレグミ×フジファブリック(Encore Session)
■SET LIST
1. ルーティーン
2. 家族の風景
3. (新曲)
4. ダンス2000 

「J-WAVE×HOT STUFF LIVE OASIS SPECIAL」
OA日:9月19日(月・祝)
時間:20:00〜21:45
ナビゲーター:渡辺 祐(J-WAVEナビゲーター)
二度と聞けない貴重なライヴ音源を大量にオンエア!お聴き逃しなく!

2016年09月12日 17:42

Coming soon...

Coming soon...