地球は青かった
宇宙から初めてこの惑星をみたガガーリンはそんな言葉を残しました。
かけがえのない惑星「地球」は60億人の人類だけではなく、多くの自然、無数の生物によってシェアされています。その地球からは今日も生命と自然が織り成す様々なサウンドが発信され、私たちにはそれが「地球との共生」という一つのメッセージにも聞こえてきます。
純名里沙

BLUE PLANET 奄美へ

ユネスコの世界自然遺産への登録を目指している
「奄美・琉球」
早ければ2015年にユネスコに推薦され、翌16年夏に開かれる世界遺産委員会での登録を目指しています。
国内の世界自然遺産は現在、白神山地(青森県、秋田県)、屋久島(鹿児島県)、知床(北海道)、小笠原諸島(東京都)の4件。登録されれば、国内5件目の自然遺産となります。
今回は特別天然記念物 アマミノクロウサギが住む多様性の島、奄美大島を女優・歌手の純名里沙が訪れます。
日本ナショナル・トラスト協会が保全する奄美・瀬戸内町のトラスト地を訪問するほか、多様な自然、そして暖かい島の人々にふれながら奄美の鼓動を伝えていきます。
アマミノクロウサギ(特別天然記念物 絶滅危惧種)
数百万年の時を越えて、太古から生き続けるアマミノクロウサギ。奄美大島・徳之島だけに生息しています。体長42〜51cm。
ウサギの中でも最も原始的な形態を残していることから生きた化石とも呼ばれています。
現在、奄美大島には約3000頭が生息していると推定されていますがゴルフ場や森林伐採などの乱開発、過去にハブ退治のために輸入されたマングースによる捕食などにより分布地域が狭まっています。

アンカーマンは、ジョン・カビラ。

ジョン・カビラ
番組アンカーマンには、J-WAVEの多様なナビゲータの一角をなすジョン・カビラ氏が登場。持続可能な未来を探すこの番組のアンカーマンとして今シーズンをナビゲートしていきます。
プレゼント



番組取材の中で巡り合った染物アーティスト
叶 (かなえ)秀子さんが今回オリジナルで製作してくれる
タペストリー を3名様に

番組の感想はこちら
PHOTO GALLERY
TOUR REPORT