坂本龍一

さかもと りゅういち

坂本龍一

1952年1月17日、東京生まれ。東京芸術大学大学院在学中より、セッション・ミュージシャン、アレンジャーとしてその才能を認められ、1978年にはアルバム「千のナイフ」でデビュー。その後、細野晴臣、高橋幸宏の三人で結成したYMOで世界的にブレイク。1982年には大島渚監督作品「戦場のメリークリスマス」で俳優、映画音楽家としてもデビューを果たす。
 
YMO散解後は自己のアルバムを発表する以外にもサントラ作品が世界的な評価を得、ベルナルド・ベルトルッチ監督作品では2度に渡りゴールデン・グローブ賞を受賞、「ラスト・エンペラー」ではアカデミー賞、グラミー賞を獲得した。1990年代後半以降は世界平和、地球環境問題に関しても最も影響力の強い音楽家の一人として精力的に活動している。

RADIO SAKAMOTO
※奇数月 第一日曜日オンエア 24:00-26:00