村治佳織

むらじかおり

村治佳織

幼少の頃より数々のコンクールで優勝を果たし、15歳でCDデビューを飾る。フランス留学から帰国後、積極的なソロ活動を展開。ビクターエンタテインメントからのCDリリースは「カヴァティーナ」など9タイトル及びDVD「コントラステス」をリリース。
その後N響ほか国内主要オーケストラ及び欧州のオーケストラとの共演も多数重ね、03年英国の名門クラシックレーベルDECCAと日本人としては初の長期専属契約を結ぶ。移籍第1弾アルバム「トランスフォーメーション」は第19回日本ゴールドディスク大賞クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー<洋楽>を受賞。これまでにDECCAよりCD12枚、DVD2枚をリリース。
また受賞歴も多く、第5回出光音楽賞、村松賞、第9回ホテルオークラ音楽賞を受賞。12年4月より半年間NHK-Eテレ「テレビでフランス語」や、J-WAVE(FM)のナビゲーターを務めた。14年2月には「村治佳織ベスト」盤をリリース。10月には吉永小百合主演映画「ふしぎな岬の物語」でメインテーマ曲を演奏。15年4月NHK-BSプレミアム「祈りと絆の島にて村治佳織 長崎・五島の教会を行く」に出演。
東海道・山陽新幹線車内誌「ひととき」16年1月号『この熱き人々』にインタビューが掲載された。2月にはテレビ朝日「題名のない音楽会“弦を奏でる音楽家たち”」に出演。4月にはAAR主催の紀尾井ホール「3.11被災者のためのチャリティ・コンサート」に出演。9月には第28回音舞台「萬福寺音舞台」に出演。10月オリジナル・アルバム「ラプソディー・ジャパン」を発表。

村治佳織OFFICIAL

RINREI CLASSY LIVING
SATURDAY 20:00-20:54