最終回!!(涙)Jill-Decoy associationのみなさんがゲスト!!2010年09月30日

今週は最終回!最後にスペシャル!JiLL-Decoy associationのみなさんがお越しです!!
10月20日にニューアルバム「ジルデコ4~ugly beauty~」の発売です!!今回のアルバムの出来には満足しているということですが、8ヶ月の制作期間がありながら、最終的には1~2ヶ月間でぎゅっと濃縮された期間で制作したそうですよ!ライブに近い感じで制作を進めていったそうで、当日まで曲のアレンジが決まらないこともあったそう!すごくギリギリの進行だったようですが、だからこそのライブ感だったりが出ているんでしょうかね!!楽しみです。

kubotaさんの初めて観たライブは、NHKの「のど自慢」だったそうです。お父さんがNHKのカメラマンをしていて、その横に座って観たのがはじめてだそうです。自分でチケットを買っていったのはDreams Come Trueのライブだったそうです!

towadaさんは、ホワイトスネークのライブだったそうです。そのドラムがかっこよくて、そこからドラムをはじめたそうですよ!すごく人生のターニングポイントになったライブですよね!!

それぞれchihiRoさんに対してライブのときにすごいな、と思うところと、これだけはやめてくれ!と言うことを伺うと、towadaさんは、「chihiRoはよくやっているな」とのことです。インストとヴォーカルを対等に扱うバンドなので、そのなかでよく歌っているな、と思うそうです。
kubotaさんは、chihiroさんには「MCの中での僕の扱いがひどい」とのことです。ステージに上がるまでは普通なのに、ステージ上ではドSスイッチが入って急に虐げるようになるそうです!!それに対し、「余裕がないからかもしれません・・・」とはchihiRoさん。

そんな3人のやりとりも楽しみなJiLL-Decoy associationのライブ情報です。
▼10月1日(金)
Silent Jazz Case Presents 渋谷JAZZ JUNGLE vol.4
会場:JZ Brat

▼10月10日(日)
Nu Soul vol.1 ~JiLL-Decoy association × ROOT SOUL~
会場 : LOOP 代官山


こちらも生でジルデコの魅了、感じて見ませんか!?

今回は残念ながら最終回!!
思えば昨年、ワクワクしながらの初回放送。いきなり藤井フミヤさんでした。。。
あれから1年。あっという間でしたね!!いろいろなアーティスト、いろいろなライブをご紹介させていただきましたが、貴重な体験、お話、たくさん伺う事ができました!!いままでお聴きいただいたみなさん、ありがとうございました!これからもRED HOT WAVEはみなさんの心の中でオンエアーされます。これからも音楽を通して、素敵な経験たくさんしてください!!

ではまた会う日まで!!

| 14:00 | カテゴリー:

JiLL-Decoy associationのchihiRoさんが登場!2010年09月22日

今回は2回目の登場、JiLL-Decoy associationのchihiRoさんをお迎えしました。前回お越しいただいたのが4月、あれからライブもありましたね!

そのライブでchihiRoさんが一番印象に残っているのは1曲目に「GARDEN」を歌ったそうですが、1番のサビが終わったときに拍手が起こったそうです。いつもは曲が終わってから拍手が起こるのはあったけど、曲の途中で拍手が起こったのは初めてでものすごくうれしかったそうです。その瞬間ライブが上手くいくと思ったそうですよ。アーティスト冥利に尽きますね!!

今回のNEWアルバムのタイトル『ジルデコ4~ugly beauty~』ですが、ジャズのスタンダードから取ったタイトルだそうです。さらに、今作は前作に比べて女性っぽい歌詞が多く含まれているそうで、色っぽさも感じたそうで、このugly(醜い)beauty(美しさ)がしっくりきたそうです。

“ジルデコらしさ”とは、、、をchihiRoさんに伺うと、「オシャレすぎないこと」だということです。オシャレだと言ってくれる方もいるそうですが、意外に自分たちのもがきの部分だとか、おっちょこちょいなお茶目なところなどがあるからだそうです!

そんなJiLL-Decoy associationのワンマンライブのお知らせです。

▼11/12(金)ワンマンライブ「ugly beauty」~『ジルデコ4』リリースLIVE 
@渋谷CLUB QUATTRO

ぜひ生でのchihiRoさんを、そしてジルデコを観に行ってみてはいかがでしょうか?
「オシャレすぎないこと」の意味がわかるのかもしれません。

ジルデコグッズのプレゼント希望の方はこちらから!

そして重要なお知らせ・・・
昨年10月からスタートしたこの番組、実は来週で最終回になります。かなしーーー。
今までたくさんのゲストの方をお迎えしましたが、JiLL-Decoy associationで最後となります。残すところあと1回。最後までぜひお付き合いください!!

| 13:00 | カテゴリー:

今週もTRICERATOPS和田唱さんをお迎え!楽しいトーク炸裂です!2010年09月16日

本日はTRICERATOPS和田さんの2週目です!
まずはアルバムについて伺っていきたいと思います。

アルバム製作のときの意気込みは、「全曲捨て曲なし!!」というものにしたかったそうです!音楽のには個人の好みもあるから非常に実現するのは難しいものだけど、今回のアルバムは和田さんとしては非常に自信のあるものに仕上がったそうです。いろいろな方ともコラボレーションされていますしね!

アルバムタイトルの『WE ARE ONE』にした理由について、「最近思うのは着ている服、髪型、音楽のジャンル、肌の色で人を判断してはいけない、そんなのはちっさな違いで、ほとんどの人間は、恋もするし、失恋をすれば落ち込むし、おいしいものを食べれば幸せになれるし、同じところのほうが多い。」と和田さん。そんなところから、

「ジャンルなんて関係ない、音楽も僕らも一つなんだ」

そんな思いを込めてのタイトルだそうです。

和田さんは今まで、マイケルとかスティービーも聴いていたし、でも今ロックバンドをやっているし、「僕らも音楽も一つ」を実践するために今回は違うジャンルの人を入れたかったそうです。それでこんなにいろいろな方が参加されているんでしょうね。意外な組み合わせなのに聴きはじめるとそれがしっくりきていて、癖になるアルバムですよね!

そんな和田さんの初めてのライブは高校1年生のときに、3年生を送る会だったそうです。後輩たちが好きなことをやっていいということで、3年生を送るつもりなどまったくない中で、ビートルズを歌ったそうです。非常に評判が良かったそうですよ!

TRICERATOPSとしての初ライブは渋谷のLa.mamaだったそうです。自分のオリジナルの曲を初めて歌ったライブだったので非常に恥ずかしかったそうです。すべての自分の歌詞から自分をさらけ出すというのが、まるで裸で出るような気持ちだったそうですよ。なんとなくわかる気がします。自分で書いた曲を歌うのは、きっと作文をみんなの前で読むような感覚に近いのでしょうか??そして現在では、まったく自分の曲を歌う恥ずかしさはなくなったそうです。
そんな和田唱さんのTRICERATOPSのライブ情報です。

・11月17日(水)埼玉HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3
・11月19日(金)千葉柏PALOOZA
・11月20日(土)横浜BayHall

ぜひ、自分の歌を歌うのが恥ずかしくなくなった和田さん率いるTRICERATOPSのライブを生でどうぞ!!

来週は2回目の登場、JiLL Decoy associationをお迎えします!お楽しみに!!

| 13:00 | カテゴリー:

本日はTRICERATOPSの和田唱さんをお迎えしてます!!2010年09月09日

本日は記念すべき50回目!!
早いものですね~!!これもリスナーのみなさんのおかげですね。ありがとうございます。

さて本日のゲスト、TRICERATOPS和田唱さんをお迎えです!!なんと今年実はフジロックに初出演だったそうです。初出演とは思えないですね!イメージでは毎年出ているくらいな感じですが・・・
和田さんいわく、不安もたくさんだったそうですが、思った以上にお客さんの歓声もあったそうです。さらには初日から3日間ずっといたそうですよ!ぜひまた来年もフジロックでのTRICERATOPSを見たいですね!

そんなTRICERATOPSは「もっと有名にならなくちゃ」という目標のもと活動をしているそうです!今でも結構有名だと思うのですが、まだまだ夢はでかい!!って感じですかね!メンバーそれぞれが、同級生とかではないので、デビューから時間が経つにつれてより絆が強くなっていったそうです。そして、「もっと強くなる気がする」そうですよ!
なんだかうらやましいですね!

そんな和田さんの初めて観たライブは、マイケル・ジャクソンだそうです。当時の後楽園スタジアムで行われたそうで、今でもどのあたりに座っていたかはっきりと覚えているそうです。マイケルが出てきたとたん、全員総立ち!小学生だった和田さんは前が見えなくなってしまったそうで、椅子の上に立って、後ろの人の邪魔にならないように中腰を保っていたそうです。

そんなマイケルの影響を受けているからでしょうか。和田さんもエンターテイナーの道を歩むことになったんでしょうね。

そんな和田唱さんのTRICERATOPSのライブ情報です。

・ 11月17日(水)埼玉HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3
・ 11月19日(金)千葉柏PALOOZA
・ 11月20日(土)横浜BayHall


来週もTRICERATOPS和田さんと楽しいトークをお届けします!

| 13:00 | カテゴリー:

今回はSlow Music Slow Live’10の会場レポートをお届け!2010年09月02日

今回は池上本門寺で行われた、Slow Music Slow Liveの会場からレポート!バックステージでおなじみのアーティストたちの声をお届けします!!

会場はお寺の中!ということでなんだかしっとりとして、そして柔らかな月に照らされた神聖な場所!というイメージです。五重塔にも見守られてのライブイベントでした。フードコートも非常においしい、そしてヘルシーな食べ物ばかり!どれも食べたいものばかりでまよってしまいましたよ!!

photo by オーウェン真樹

photo by RED HOT WAVE

photo by RED HOT WAVE

photo by RED HOT WAVE


そしてライブはというと、アコースティックのシンプルなステージながら、夏の夜の野外にぴったりなサウンド。まさに大人の晩夏の素敵な過ごし方ですね。外でのライブが本当に素敵で、そして楽しいものだと改めて実感させられました。着席スタイルなので、じっくりフードもお酒も楽しめます。いわゆるフェスが苦手なかたでも外でのライブを楽しんでいただけるスタイルですね。


photo by 堀 清英

出演者の方にインタビューもさせていただきました!

植村花菜「セミとか鈴虫の声も聞こえていて、すごくいいハーモニーを奏でられたのでは。
すごくお客さんの顔も見えてお客さんの優しい笑顔に包まれていいライブになった!
9月15日にNEW ALBUMをリリース!
セルフカバーアルバムになっているそうです。
アレンジしなおして、同じ曲でもここまで違うんだ!という無限の可能性を感じてもらえれば!」

photo by 堀 清英


paris match ミズノマリ「ずっと出たかったイベントで今回が初参加!今回は衣装が浴衣で参加しました!、今回はお客さんとして参加!デビュー10周年の2010年10月10日ということでライブを行います。アルバムの新しい曲だけでなく、お客さんからリクエストを募ってのライブを行います。」

paris match 洋介「今回はレコーディングが佳境ということでお客さんとして参加!自分がライブをするよりも疲れる!!2010年10月10日に赤坂BLITZで行います。当時のファンのみならず新しいファンにもぜひライブに来てほしい!」

photo by 堀 清英


moumoon YUKA「まさかお寺でライブというのはワクワクした!お客さんも朗らかで最高のライブになった!アコースティックのライブもやっぱり好きだと実感しました。ステージからも五重の塔が見えたり、神聖な気持ちになりました。9月22日にまたライブがあります。中秋の名月の日に恵比寿のガーデンホールで行います。」

photo by 堀 清英

moumoon MASAKI「これからもいろいろな曲をつくるのでライブにもぜひ足を運んでください!9月22日のライブはアコースティックではなくバンドサウンドでのライブを行います!ぜひいらしてください。」

photo by 堀 清英


ライブよし、食べてよし、飲んでよし!3つそろった素敵なライブでした!!夏だけでなく、秋、春にもやってほしい!そんなイベントです。お寺の中の自然がある空間なので、四季折々で会場の雰囲気も変わってくるはず!なんてふと思った3日間でした!!

アーティストの方々、素敵なライブでした!そしてインタビューに応じてくださった方々、ライブ終了後にもかかわらずありがとうございました!!

| 13:00 | カテゴリー:

今週もparis matchのミズノマリさんをお迎えします。2010年08月26日

先週に引き続き、paris matchのミズノマリさんをお迎えして、ライブにまつわるお話を伺っていきます。明日から開催のSlow Music Slow Live’10への出演情報もあります。

paris matchの曲作りはどのように作っているのかを伺うと、「完全なる分担作業」だそうです。リーダーの洋介さんが作曲をして、そこからは洋介さんは曲のアレンジと楽器のダビング、ミズノマリさんは一緒に作詞をしているメンバーと一緒に作詞をしていくそうです。

分担作業ではあるけれど、paris matchの曲に仕上がっていくそうですよ!もはや阿吽の呼吸とでも言うのでしょうか。気持ちが通じ合っているんでしょうね!!

例えるとparis matchが自宅のリビング、逆にソロでの作曲の時には、お呼ばれに行くようなものだそうです。そして曲作りを一緒にやっているアーティストの色に染めてほしいそうで、トークセッションのような形で作業を進めるそうです。

pris matchは海外でも人気でタイ、韓国でもライブを行っているそうです。ワールドワイドで活動中で、海外のファンもすごく多いそうですよ!
日本と海外のファンの違いはというと、日本のファンはゆったり座ってライブを楽しむタイプが多いのですが、韓国のファンはゆったりした曲でも、イントロの部分でものすごく盛りあがったりするそうです。いわゆる熱狂的ってやつですね。言葉の壁を越えて、音楽は受け入れられていくんですね。すごい!!

そして、ミズノマリサンの初ライブは高校のときの軽音部の発表ライブのときだそうです。食堂で毎年やっていたそうです。軽音部では非常にはっちゃけていたそうですよ。

ライブの前に心がけていることは、自分のモチベーションを上げるために好きな香水を振り掛けることだそうです。高校の頃から「paris」というバラをベースにした香水があるそうですが、それを普段から愛用しているそうです。

そしてparis matchが生で見れるチャンス!ライブ情報です。


▼ 8月28日(土)Slow Music Slow Live ’10 in 池上本門寺
出演:持田香織、大橋トリオ、田島貴男、paris match、HanaH(オープニングアクト)

▼ 10月10日(日)【paris match 10th Anniversary tour 2010】東京・赤坂BLITZ
ワンマンライブ

来週は今週末に行われたSlow Music Slow Liveの楽屋インタビューをお送りします!

| 13:00 | カテゴリー:

今週はparis matchミズノマリさん登場!2010年08月19日

夏も折り返しましたね!すでに素敵な思い出できましたか?もしくはこれからですか??
そんな暑い最中のRED HOT WAVE。よりHOTにいきますよっ!
今週はparis matchのミズノマリさんがご登場。
paris matchの結成のいきさつは、今から12年ほど前にミズノマリさんが名古屋でラジオのパーソナリティーのようなことをしていたときに、メンバーの方が新しいユニットの女性ヴォーカルを探していると言う話を名古屋でしていて、紹介してもらって一緒にやることになったそうです。デビューしてからは今年で10周年。ふり返るとあっという間だったそうです。最初東京に出るときは、父親に1年やってダメなら帰って来いといわれていたそうですが、気がついたら10年経っていた。バンド名はThe Style Councilの曲名から取ったそうです。

音楽的にはThe Style Councilだけでなく、それぞれメンバーもいろいろなジャンルの影響を受けていて、それをJ-POPとしていろいろなエッセンスを取り入れてやろう!ということらしいです。フローリングのお茶の間POPS!けして畳ではない!とのこと。オシャレな要素もありつつ、でもみんなの身近に感じられるものを、ということでしょうか。身近でオシャレなんて最高です。

そんなミズノマリさんの初めて観たライブは野口五郎さんか、島倉千代子さんだそうです。ギタリストだった父親の影響だそうです。自分でチケットを買って観に行ったのは、中学の頃のバービーボーイズかグラスバレーだったそうです。中学校の頃はロックとニューウェイブのサウンドが好きだったそうですよ!

そして東京に出て来てすぐ観た、エルビスコステロのライブで、ずっと涙が出てきて泣いてしまったそうです。涙が出るライブなんて本当にたくさんあるものではないですよね。よっぽどミズノさんの心に響いたのでしょう。

そんなparis matchの出演するライブがあります。
▼8/28(土) Slow Music Slow Live’10 in 池上本門寺              
持田香織、大橋トリオ、田島貴男、parismatch、
OPENING ACT:HanaH 、青葉市子(あおばいちこ)

▼ 10/10 (日) paris match10th Anniversary tour 2010 東京・赤坂BLITZ
※こちらはワンマンライブ

詳細はHP:http://www.coolism.com/parismatch/をチェック!

来週もparis matchのミズノマリさんをお迎えします。

| 13:00 | カテゴリー:

今週も持田香織さんが登場!!2010年08月12日

8月25日に2nd ソロアルバム『NIU』がリリースされます。今作は、前作1枚目に引き続き、本当に持田さんの好きなアーティストと一緒に作ったそうです。やはり憧れのアーティストや大好きなアーティストとの曲作りやレコーディングは楽しいんでしょうね~!

そんな持田さんの曲作りはというと、曲がすでにあって詞を書くことがほとんどでしたが、今回は詞を書いてから曲を作ってもらう、という作業があったそうで、非常に新鮮で楽しかったそうです。歌詞に寄り添うように、メロディがつけられて感動したそうですよ!ELTとしてのキャリアがありながらも、いまでも新鮮な体験ができて感動できるなんてすごく素敵ですね!

恒例のライブで心がけていることを伺うと、まっすぐに歌うと言うこと、との答えが返ってきました。上手く歌おうとかいろいろと考えてしまうけれど、口から出る言葉とかをまっすぐに伝えられたらいいのにな、と思うそうです。これも素敵じゃないですか~。

そんな気持ちでライブに望まれている持田さんの歌声をぜひ生で聴いてみてはいかがでしょうか?

ライブ情報です。

♪LIVE
8月28日(土)Slow Music Slow Live ’10 in 池上本門寺
W)大橋トリオ、田島貴男、paris match、HanaH (オープニングアクト)

そして、Every Little ThingsのLIVE DVDもリリースされます!全国32ヶ所34公演行われた全国ツアーDVD。こちらはソロとはまた違った一面が覗けると思いますよ。


来週はparis machのミズノマリさんをお迎えします!

| 13:00 | カテゴリー:

今週は持田香織さん登場!!2010年08月05日

みなさん、夏満喫してますかぁ!!
本日はEvery Little Thingとしてではなく、ソロとしてのご登場!持田香織さんです!

ELTとしては1996年にデビュー。20歳前からの15年間なので、人としてもいろいろなことがあったとのことです。
ソロをはじめようと思ったきっかけは、一つの間口に注ぐよりも、いくつかあってそこで出会える人も違ったりとかするのではないかと思ったそうです。いろいろな新しいアプローチもできるし、そこから得られるものもひょっとしたら違うのかもしれないですね!

そしてソロでやる醍醐味は、慣れている環境だけではなく、いろいろな人と仕事をすることによっていろいろなものを吸収できる。今でも勉強できるような環境を与えてもらえているのは非常にありがたい、とのことです。人生常に勉強、ということでしょうか。学びに終わりはないですもんね。

持田さんが初めて観たライブ、はジャネットジャクソンのライブだそうです。小学校高学年の頃、お母さんに連れられて東京ドームで観たそうです。当時はいわゆるモニターなどはかったそうで、ジャネットがすっごく遠くて小さかったそうですが、しかし圧倒されるものがあったそうです。

今まで見た中で1番良かったライブは、たくさんあるそうですが、井上陽水さんのライブをはじめて見た時には涙が出てきたそうですよ!

そんな持田さんのライブ情報です!

LIVE
8月28日(土)Slow Music Slow Live ’10 in 池上本門寺
W) 大橋トリオ、田島貴男、paris match、HanaH(オープニングアクト)

そして、Every Little ThingsのLIVE DVDもリリースされます!全国32ヶ所、34公演行われた全国ツアーのDVDです。貴重なオフショットなんかもあるかもしれませんね。

来週も持田さんにお越しいただきます!

| 13:00 | カテゴリー:

今週はゲスト植村花菜さんの話題のあの曲をオンエアー!!!2010年07月29日

今週はゲスト植村花菜さんの話題のあの曲をオンエアー!!!

今週も植村花菜さんにゲストにお越しいただきました!あの曲も聴けますよ!

3月にリリースされたミニアルバム「わたしのかけらたち」。この中に収録され、口コミで話題になった『トイレの神様』の誕生のきっかけとなったエピソードを伺いました。もともとはアルバムの収録曲の1曲だったものだそうです。今回のアルバムテーマは赤裸々に、ありのままにというテーマで作っていく中で、プロデューサーの寺岡呼人さんと一緒に音楽だけでなくプライベートの話、家庭環境の話などもたくさんしたそうです。おばあちゃんと2人暮らしだったことや、キライなトイレ掃除などもお手伝いをしていたことなど。
その話を聞いた呼人さんに、「そのエピソードの曲を書いてみたら」と言われたのと、亡くなった祖母に何か恩返しができればと思っていたので、まさに自分と祖母の曲のためだけに書いたような曲だったそうです。なので、歌詞の書き方や曲の長さなどはまったく考えずに作ったそうです。とてもあたたかい気持ちになる曲ですよね!思わず胸が熱くなってしまいます。
植村花菜さん自身でもライブでは泣いてしまいそうになるそうです。なので1日に何回もできる曲ではないそうですよ。

初めてステージに立ったのは、尼崎にある30人も入ったらパンパンになるようなライブハウスで3人しかいないお客さんに向けてライブをやったのが初舞台だそうです。でも2度目のステージのほうが印象的で、300人くらいの会場でいきなりやることになって、緊張しすぎて声がうわずって実力があまり出せなかったそうです。ものすごく悔しかったので、金輪際緊張はしない!と決めたそうです。そしたら3回目からはまったく緊張しなくなったそうです。植村花菜さんいわく、自己暗示が強いほうだそうです。

そんな植村さんの生の歌声を体感してみてください!

▼ 2010年8月27日(金)
Slow Music Slow LIVE‘10 in 池上本門寺
東京池上本門寺・野外特設ステージ
OPEN:18:00 / START:19:00
W) 古内東子、熊谷育美(オープニングアクト)

来週は持田香織さんをお迎えします!

| 13:00 | カテゴリー: