外電こぼれネタ|TOKYO UNITED STAFF blog



  • ビートルズにまつわる話…

    今日はビートルズ特集、お送りしてきました。
    たくさんのリクエスト、ありがとうございました。

    外電から、入りきらなかったビートルズネタをこちらに。


    1)先週、イギリスで出版された一冊の写真集があります。

    タイトルは『LIFE With the Beatles』。
    1964年から66年、ビートルズ公認カメラマンをつとめたロバート・ウィテカーさんが撮影した、数百枚に及ぶ未発表写真を集めた一冊です。

    まだデビューして数年という時期のライヴの裏側やメンバーの素顔ほか、インタビューをまとめたのは、アメリカの「LIFE Magazine」編集部。

    日本語版の発売も、近々ということです。


    2)1967年に製作されたビートルズ主演のテレビ映画『Magical Mystery Tour』。
    この作品が新たに手を加えられ、そのプレミア上映会が数日前に行われました。

    ポール・マッカートニーやポール・ウェラー、リアム・ギャラガーらが初の上映会に参加しました。

    この映画と、一緒に作られた新たなドキュメンタリーの両方が、今週末、イギリスのBBC2で放送される予定です。

    オリジナル版のDVD、Blu-ray発売が今月10日控えています。
    日本でも、記念の一夜限りの劇場公開が行われます。

  • 2,012曲。さて、何の数?

    オリンピック、残すところ、あと少しですね。

    オリンピック開催中、各競技場には設置されてあるスピーカーから音楽が流れています。
    曲は、2,012曲のリストからその場の雰囲気に沿うものが選ばれます。観客に盛り上がって欲しいとの理由から、元気な曲が多いそう。
    もちろん、この曲の数は「ロンドンオリンピック2012」からきています。

    リストにはアデル、ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリンなど主にイギリス人アーティストが入っていますが、U2、Jay-Z、ブリトニー・スピアーズなども選ばれています。

    どんな曲が流れているかというと…。
    キャメロン首相の官邸はビーチバレー会場のそば。
    首相は「毎日『We Will Rock You』で目覚めるよ」、とジョークを飛ばしています。
    クイーンですね。

    また、開会式で歌ったポール・マッカートニー。
    スポーツ観戦好きの彼はサイクリングや陸上会場に姿を現し、他の観客と一緒に『Hey Jude』や『All You need Is Love』を歌ったとの目撃情報もあります。

  • ビヨンセが映画監督に

    彼女がメガホンを取るのは、自らの自伝的ドキュメンタリー。
    プロジェクトの関係者の話によると、このドキュメンタリーは、ライブ映像とインタビューを織り交ぜながら、ビヨンセの人生と音楽を描き出すものになるようです。
    ここ2年間、アルバム製作、出産、長年マネージャーだった父親の元を離れたりと、いろいろあったビヨンセ。どこに焦点が絞られるのか気になるところです。
    映画といえば、ビヨンセは「スター誕生」のリメイク版に主演することも決まっています。ビヨンセの出産のため進行が遅れていましたが、クリント・イーストウッドが監督と製作を務めるというこの作品。ドキュメンタリーと合わせて、こちらも楽しみですね。

  • ノラ・ジョーンズ、ピアノをキッチンに運んで創作活動

    ニューアルバム『Little Broken Hearts』で進化した音楽を聞かせてくれるノラ・ジョーンズ、
    そんな彼女、どこで作曲活動をするかをインタビューでこう答えています。

    「音楽用の部屋はあるんだけど、結局使わないんです。
    書斎はあるけど、使わないっていうこと、あるでしょう?
    結局、古いピアノをキッチンに持ってきちゃいました」

    もともとキッチンに置こうとしていたのではなく
    なんとなくそうなったの、と語るノラ・ジョーンズ。
    今回のアルバムも予定調和ではなく
    自然発生的にコンセプトアルバムのようになっていったのだといいます。

    「ハプニングが導く結果が面白かったわ」と、
    『Little Broken Hearts』の創作経験を笑いながら話しました。

  • 王立オペラ劇場からiPhoneアプリが登場!

    イギリスの名門王立オペラ劇場は、昨日から、iPhone、iPad用のゲームアプリの配信を始めました。
    タイトルは「The Show Must Go On」。
    プレイヤーの役割は、ステージマネージャーとなり、山積みになっている問題を乗り越え、「白鳥の湖」「フィガロの結婚」などのオペラやバレエの演目を無事に上映させること。

    画像を見てみましたが、かなりかわいいキャラクターが展開されています。
    オペラハウスやバレエ団で、こういったゲームのアプリケーションが発売されるのは初めてだということ。
    日本からでも購入可能で、お値段85円!

  • マーク・ウォールバーグのバーガー専門店、その名とは!?

    先週Weekend Radarでもお伝えした『The Other Guys / アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(デカ)』に主演しているマーク・ウォールバーグが、アメリカ、マサチューセッツ州にハンバーガー専門店をオープンする予定です。

    その名も、、、「ウォールバーガーズ」!
    名字のWahlbergをもじり、Wahlburgers、というわけ。

    ボストン・ヘラルド紙によると、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックのメンバーで俳優でもある兄のドニーと、シェフの兄、ポールと組むということ。
    ウォールバーガー一家が既に経営しているイタリアンのお店のすぐそばにオープンします。

    ニューヨークにはトム・ウォールズというハンバーガーチェーンが既に存在しているのですが、類似しているこの名前についても双方の合意が取れたため、無事、「ウォールバーガーズ」という名前での出発が可能となりました。

    屋内80席、テラスにも40席用意してあるという、大規模なお店だそうです。

  • 美しすぎる?

    アメリカ議会の動向を追跡している業界紙The Hillが、“2011年 美しすぎる議会関係者50人”という特集を組み、それぞれの写真とインタビューを掲載しています。
    選ばれた50人は、名前・年齢・出身地・所属政党に加えて既婚・独身・交際の有無なども返答。インタビューでも仕事への想いを語っています。
    本当に美しいかどうか、写真だけでもご覧になって確かめてみてはいかがでしょう。
    (記事は英語です)
    http://thehill.com/capital-living/173451-50-most-beautiful-people-2011-washington-congress-capitol

  • Lady Gaga is still dead on Twitter

    12月1日の世界エイズデーの数日前、レディーガガやアリシア・キーズ、アッシャー、イライジャ・ウッドなど、そうそうたる顔ぶれが集結しました。

    彼らは、親をエイズで亡くしたアフリカの孤児たちに贈る募金が100万ドル集まるまでは、FacebookやTwitterのコメントは更新しない、と発表しました。

    100万ドルといえば、8,500万円弱。エイズデーを過ぎた今朝8:30の時点で18万650ドルの募金が集まっていますが、目標にはまだまだ。
    募金額は最低10ドルから。募金の協力はこちらから。http://buylife.org/

  • NASAの発表は…

    数日前、NASAから「地球外生物の証拠調査に影響を与える発見があり、記者会見を行う」という仰々しい予告があり、今朝未明、会見が行われました。

    NASAの研究チームが『Science』誌に発表した発見とは、カリフォルニア州のモノ湖に存在する、リンの代わりにヒ素を食べても成長するという細菌。

    今までは、地球上の生物は基本的に炭素、酸素、水素、窒素、リン、硫黄で作られていると考えられていましたが、それ以外の要素でも生きられる生命体があるとわかったことから、NASAは、宇宙にも新しい生命体の可能性があるとアピールしています。

    オバマ政権になってから、大幅な予算削減対象になったNASA。その現状打破をしたいとの思惑が、読み取れる…??

  • 昨日は中国、独身の日!

    昨日、11月11日は、中国では「独身の日(Single Day)」でした。
    中国語で「光棍節」と呼ばれるこの日は、「1」という数字が独身を連想させると’90年代半ばに学生によって作られたというもの。

    恋人や伴侶のいない若者が中心になり、自虐的なグッズで演出したり、出会いの場を求めたりと、今や大きなビジネスチャンスとしても捉えられている日なのだとか。

    たとえば北京の高級菓子店では独身者対象の「トリュフ作り」が開催され、チョコレート作りを通じた出会いの場が提供されました。

    特に中国では女性に対し男性の人数が余っており、最近のデータによると、2020年までに中国の独身男性の数は2,400万人にも上がると見られています。
    そのため女性は参加費無料で男性だけお金を払う必要のあるイベントも多いそうです。

  • Glee クリスマスシーズンに向けアルバム発売

    アメリカの人気TVドラマシリーズ「Glee」から、来月、クリスマスアルバムが発売されます。

    収録されるのは12曲のクラッシック・ホリデー・ソング。
    『ラストクリスマス』や賛美歌など、クリスマス気分を盛り上げる曲が満載です。

    今まで「Glee」関連の歌はダウンロードで1,500万曲、アルバも500万枚売れているので、
    こちらもセールスが期待されているかも!?

  • 勝負は20分!シエスタ選手権開催中

    スペイン、マドリードでは昨日から、「第一回シエスタ選手権」が始まりました。

    9日間に及ぶこの選手権、参加者にはまずソファに20分、横になる時間が与えられます。
    その中で、最初に寝た人、一番いびきが大きい人、一番姿勢がユニークな人、
    一番目を引くパジャマを着ている人…などのカテゴリー別に得点がもらえます。

    それをライフガードチェアの高みから監視する、審査員。
    ドクターも、脈を図って、本当に寝ているかをチェックします。

    この選手権、すたれゆくシエスタ文化を守るために開催されたもの。
    最終日、10月23日、優勝者には1,000ユーロ(=11万5千円弱)が贈られます。

  • 人間みたいに、コウモリにも方言が?

    コウモリにも方言がある、とオーストラリアの科学者チームが発表しました。

    この説を唱えているのは「フォレスト・サイエンス・センター」の研究者、ブラッド・ロー氏率いる研究チーム。
    チームはオーストラリア東海岸の森林に生息するコウモリ4千羽の鳴き声を採取し、その声を独自のソフトウェアで分析しました。

    コウモリは飛行と餌探しの際、人間には聞こえない超音波を使って位置を測定します。
    分析結果から、地域ごとにおよそ30種のコウモリが違う鳴き方をしていると識別されたということです。

  • アメリカ、ストレスが溜まりやすい街1位は?

    アメリカでストレスの溜ってしまう街ランキング、発表です!

    これはPortfolio.comというビジネス&ニュースサイトが発表したもの。
    アメリカ50都市を対象に、
    失業率、個人資産、環境面、生活水準、犯罪率を集計して出したランキングです。

    嬉しくないランキング、トップに躍り出たのは……ミシガン州自動車産業の街、デトロイト。
    次いでロサンジェルス(カリフォルニア州)、
    クリーブランド(オハイオ州)、
    リバーサイド(カリフォルニア州)、
    セントルイス(ミズーリ州)、
    ニューヨークシティー(ニューヨーク州)という順に
    ストレスが溜まりやすい街の名が挙げられています。

    反対に、このランキングの一番後ろについたのが
    ソルトレークシティー(ユタ州)、
    次がバージニアビーチ-ノーフォーク地域(バージニア州)、
    ミネアポリス-セントポール地域(ミネソタ州)でした。

  • ビートルズのナンバーワンソングはこれ!

    ローリングストーン誌がベストビートルズソング100を選定、1位に“A Day in the Life”が選ばれました。
    2位は最も売れたシングル“I Want to Hold Your Hand”、3位“Strawberry Fields Forever”4位“Yesterday”、5位“In My Life”と続きます。
    このランキング、“Let It Be”リリース40周年を記念して作られた増刊号のために企画されたもの。

    6位 “Something”
    7位 “Hey Jude”
    8位 “Let It Be”
    9位 “Come Together”
    10位 “While My Guitar Gently Weeps”

  • 予言タコのパウロの運命や、いかに?

    ドイツの水族館で、ワールドカップの勝敗を予想するタコとして一躍人気者となった、パウロ。

    アルゼンチン戦や先日のスペイン戦を含む6試合すべて、「予言し、当てて」きたパウロ。
    準決勝だったスペイン戦での敗北まで当ててしまったことで「あいつが不吉な予言さえしなければ勝てたかもしれない」と、現在、ドイツサッカーファンの怒りを買っています。

    パウロを刻んで、オリーブオイルとガーリックで炒めてレモンを添えて食べてしまえ!との意見も出ているのだとか…。

    日本時間11日に行われる、ドイツ-ウルグアイの三位決定戦の予想は、今日、行われることになっています。ドイツファンの怒りが収まる予想が、そして実際の結果が出るのでしょうか?

  • スペインのエアライン客室乗務員、身体を張って抗議を!

    スペインの航空会社、エア・コメット。おりからの不況で、給与未払いが最高9ヶ月滞っているということで…。
    怒った客室乗務員たちが、給料支払いを求め、際どいカレンダーを作成。

    どんなカレンダーかというと…。
    客室乗務員が飛行中の機体の上に救命用具だけを付けて乗っていたり、ヌードと思しき女性が停泊中の飛行機のそばでポーズをとっていたり。全身を写していない、ぎりぎりのところなんですね、これがまた!

    このカレンダーで人の注目を集め、話題になることで会社に給料を支払ってもらおう、という狙いです。

  • 69歳、現役DJ!

    イギリス人のルース・フラワーズさんはお孫さんもいる69歳のおばあちゃま。
    しかし彼女、実はカンヌ映画祭からナイトクラブまで、フランスで活躍するDJなんです。

    もともと教会音楽やクラッシックポップを歌っていたルースさん。お孫さんの誕生日パーティーでDJが選ぶ曲に合わせみんなが踊る姿に魅了されたのがきっかけで、この道に進むことに。
    最初はエレクトロミュージックのことなど全くわかりませんでしたが、
    フランス人プロデューサーに教えを請い、スピンの仕方などを学びました。

    4年かけて器材を使いこなすようになり、今ではAbba、Queen、Rolling Stonesなどの
    オールドスクールからエレクトロビートまでをこなす自分のスタイルを確立。
    現在は春に発売予定のシングル制作に励んでいるということ。

  • アメリカ発、職業別最も事故を起こしやすいドライバー

    アメリカ発、職業別最も事故を起こしやすいドライバーは?

    5位…会社員
    4位…バーテンダー/ウェイトレス
    3位…政府職員
    2位…金融専門家
    1位…弁護士/裁判官

    この結果、アメリカの保険会社がオンラインで調査したもの。事故の報告と、過去の運転記録から出した結果です。
    ロイターの記事では、「一度にいろんな作業を要求される職業に就くドライバーが事故を起こしやすいのではないか」という分析がされています。

    一番安全運転なのは、運動選手だそう…。

  • バレンタインに使える?愛の方程式が完成

    オーストラリアの数学博士トニー・ドゥーリー氏が、人が何歳で恋に落ちるか計算できる方程式を完成させました。
    “Fiancee Formula(婚約者の公式)”と名づけられたこの方程式、具体的にどんな時に使えるかというと、いつプロポーズすべきかが分かるんですね。
    計算方法をご紹介。
    1.絶対にこの年までには結婚したいという年齢を決める。例えば39歳。この数字をNとする。
    2.結婚を現実的に考え始める(始めた)年齢を決める。例えば20歳。この数字はPとする。
    3.NからPを引く。この場合、39−20。そこに0.368をかける。
    4.この場合、6.992。ここにPを足す。
    5.答えは約27。これがプロポーズに適した年齢ということになります。

  • バンクーバーオリンピックを控え…

    バンクーバーオリンピックを控えたカナダ、盛り上げ企画進行中。

    カナダの会社「インテラクソン(InteraXon)」はオリンピックを記念し、ナイアガラの滝やトロントのCNタワーなど国内、合計3カ所の照明の明るさなどを一般客の「念」によって変える試みを行うことにした、とロイター通信が伝えています。

    その3カ所にはヘッドセット付きの椅子が置かれています。座った人がリラックスするか(アルファ波)集中するか(ベータ波)により脳から発生される電気出力を計測し、ライトを明るくしたりタワーの回転速度を速めることができます。

    「インテラクソン」のホームページではすでにイベントのカウントダウンも始まっています。イベントは2月12日から28日まで。カナダに行かれる予定の方、チェックしてみては!?

  • アシュトン、アンチ・ヴァレンタイン!?

    新作ラブコメディ『Valentine’s Day』ではお花屋さんを演じるアシュトン・カッチャー。ご存知の通り、デミ・ムーアの旦那さんですが、ピープル誌によると「バレンタインは大嫌い」とコメントしたそうです。

    このコメント、デミはショックなのでは!?と思いきや、アシュトンの真意は反対のよう。

    「ロマンスは毎日あるべきだよ。で、バレンタインだけは、嫌いな人に『我慢ならない』って伝える日にすればいいんだ。あとの364日は愛の日ってわけ」

    実は、ロマンス大好きなアシュトンでした。

  • 2010年、ファッション界では“大きめ”が流行る?

    グラマー誌11月号に続き、今月号のVマガジンでもぽっちゃりしたモデルを積極的に起用していることを受け、CNNが、“これからは大きめがくる”と分析しています。
    この流れは業界の人たちも感じているようで、モデル事務所の担当者も“確実に需要は増している”とコメント。モデル自身も実感していて、グラマー誌に出たクリスタ・メイズさんは、“仕事は増えているし、先行きは明るい。私たちも細いモデルさんに負けないぐらい美しいし、十分に広告塔を務められる”と自信をのぞかせています。
    しかし90年代終盤にもこの流れはあったものの、結局は一瞬の盛り上がりで終了。果たして大きめトレンドの行方やいかに。
    Vマガジンの写真はこちら

  • 中国、婚活事情

    中国の結婚紹介所、「ゴールデン・バチュラーズ」開催のクリスマスパーティーが、先週末北京で開かれました。

    ロイターによると参加費用はなんと10万元。およそ130万円です。男性21人の参加者は、正規会員ということで、参加費用のほかにきっと登録料も払っていることでしょう。

    女性の参加者はというと、正規会員のほかに「ゴールデン・バチュラーズ」の「ラブハンター」がスカウトした選りすぐりの美女は無料で参加!

    最近、こうした高級指向の婚活が流行っているという中国。さて、参加者は愛を見つけることができたんでしょうか…?

  • これってクリスマスプレゼント?

    ロンドンでは法律事務所からSadなクリスマスプレゼント、の話題が…。

    ロイド・プラット&カンパニーというこの事務所、離婚の相談をしたい人のために、「離婚割引券」を販売し始めました。

    この券があれば、通常なら1時間4万7千円の相談料が30分1万8千円程度で受けられるとあり、1時間に換算すると1万円ほどお得に!
    すでに60人以上がこのクーポン券を買い求めたということで、法律事務所の創設者は、効果に満足しているとか。

  • 毎日の献立作り、大変ですか?

    それはイギリスのお母さんたちも同じこと。
    このたび、イギリスの主婦は平均すると9つの献立で食卓をまかなっていることが分かったんです。
    この事実、食品会社Merchant Gourmetが4000人のイギリス人に行った食生活に関するアンケートで判明したもの。
    その9つとは、ミートソース・スパゲティ、ローストビーフとつけ合わせ、シェパーズパイ、パスタ、肉料理、ピザ、キャセロール、ソーセージとフライドポテト、インドカレー。
    アンケートでは、9割のお母さんが同じ献立を繰り返し作っていると告白、4人に1人は、曜日でメニューを決めていることが明らかに。さらに調理時間の平均は35分、3割が、子供が好きだという確証がないものを作って金をムダにしたくないと思っていること、一方で6割が、メニューにバラエティがなくて申し訳ないと思っていることなどが判明しました。
    Merchant Gourmetのスポークスパーソンは、“現代の食卓の慌しさが見て取れる。生活時間の違いから、母親は1日に何度も夕食を作ることもあり、子供たちの好き嫌いは増えている”とコメントしています。

  • ブラッド・ピット、68万ユーロの絵画をお買い上げ!

    スイスのバーゼルで行われていた現代美術見本市に訪れたブラッド・ピット。ナオミ・キャンベルの姿もあったこの見本市でブラッドは、ドイツ人アーティスト、ネオ・ラウフによる、日本円でおよそ9,350万円の油絵を購入しました。

    また村上隆さんの、ダイヤモンドをちりばめた彫刻はなんと200万ドル(=およそ1億9,500万円)で売れたそうです。

  • 同じ名字の人限定!イギリスの婚活イベント

    欧米の婚活の場、シングルズバー。独身男女がデートの相手を求めて立ち寄るバーですが、イギリスでは最近、「同じ名字」を持つ人を限定にしたイベントが催されているとか。

    実はこれ、インド文化を受け継ぐ催しなんです。自分の村と何らかの関連がある人と結婚する伝統があるインド系の人が多いイギリスではこういったイベントの需要が高まり、日本で言えば「田中さん」的な「ペタルさん」だけが集まる夜もあったり‥。

    ある夜の「ペタルさん」イベントの様子ですが、まず出席者が到着すると、入り口で下の名前が描いたリストを手渡されます。全員が「ペタルさん」なので、名字を書く必要がないんですね。数多い「ペタルさん」の中でも6つのカーストが存在するため、自分と同じカースト、年齢や学歴などを加味した上で、お互いの合意があれば主催者から紹介をしてもらいます。

    しかも2000年に面白いデータが出ているのですが、イギリスのお金持ちの名字を調べたところ、とても一般的な英名である「スミスさん」よりも「ペタルさん」の方が億万長者である率が、なんと7倍にも上がるということで、そういう背景もあって、インド系同士の結婚が盛んなのでは、とイベントを企画した主催者は分析しています。

  • 10億円相当の宝くじ当選!

    先週、月曜日、「ドリームジャンボ宝くじ」が発売されましたね!
    この番組では「Tokyo Crossing」のコーナーでも取り上げました、宝くじのテーマ‥。

    日本から少し離れたオーストラリアでは、なんと10億円相当に当たる宝くじに当選した人が出現しました。

    名前は明らかにされていませんが、当選したのは30代で大学に通う女性。彼女は父親からもらった何枚かの宝くじの存在を10ヶ月、忘れていたのだとか。
    この宝くじの有効期限は1年と決まっていて、地元の人々は、「もう当選者が現れないまま有効期限が過ぎてしまうのではないか」と考えていたそうです。

    ところが今週、この女性が、宝くじのことを思い出しチェックしたところ、最初の数枚が2,000円程度の当たり具合。
    それだけでも興奮した彼女は、宝くじ売り場カウンターに行きチェックしてもらったところ、なんと1,300万オーストラリアドル、つまり日本円にして10億円相当が当たっていたことが判明したのです。

    もともと、彼女のお父さんが、「このくじでお金が当たれば、我が家の運はいいはずだ」と
    運試しのつもりで買ったくじだそう。結果、ものすごい強運の一家、ということになったよう‥。

  • ドイツに登場、服を着てはいけないホテル

    ドイツ南西部シュヴァルツヴァルト地方、いわゆる「黒い森」にある普通のホテルがヌーディストホテルに模様替えすることになりました。

    このホテル「Rosengarten」が模様替えする具体的なオープニングデーはまだ発表されていませんが、すでにルールは決まっています。
    たとえば、
    *ヌーディストムーブメントに追従する人のみの宿泊に限る
    という、ヌーディストホテルならではのルールから、
    *うるさくしない
    などの、普通のホテルと変わらないものまで。

    裸でリラックスしながらスポーツをしたり日焼けサロンに行ったりしてほしい、というのがホテル側の希望だそう。
    場所が森林ということから散歩に来る観光客も多い立地ですが、混乱の心配はないのでしょうか。

    現在のところホテル敷地内のみがヌードエリアですが、近くの2つの村がヌードエリア指定を検討しているため、今後、裸で歩き回る場所が増える可能性もあるそうです。

  • キーラ・ナイトレイ、話題のチャリティー広告

    キーラ・ナイトレイがドメスティックバイオレンス問題を訴えるため、迫真の演技で2分間のチャリティー広告に登場しています。

    昨日からスポットが流れているのは限定のイギリスの劇場や、テレビにて。
    監督はキーラ・ナイトレイと『プライドと偏見』、『つぐない』などで仕事を共にしたジョー・ライト。

    広告はこう流れます。
    撮影から帰って来たキーラ。その彼女を殴る夫。
    キーラのつぶやきが入ります。
    「4人に1人の女性が、人生のいずれかの時点でドメスティックバイオレンスに遭っているのです」
    そしてカメラは、殴られ続けて萎縮するキーラがいる、空っぽの撮影セットを映し、「『カット』の声をかける時じゃないでしょうか?」とテロップが入って終わります。

    この広告は、Woman’s Aidという、ドメスティックバイオレンスをなくすためのイギリスの団体の啓蒙活動の一環として作られました。

  • 不況と釣りの関係

    不況になると、釣りをする人が増える。こんな記事がアメリカから入ってきました。

    ニューハンプシャー州に住むマイク・マクドナルドさんもその一人。
    「スキーや外食に比べ、釣りは餌代の6ドルだけで1日持つから今の時代に人気が出るんだ」と、人気の理由を分析。

    この現象は、今に始まったことではありません。
    アメリカスポーツ用品協会(National Sporting Goods Association)によると、アメリカが不景気だった2001年から2002年にかけて、釣り用品の売上が12%アップの3億4,300万ドル(=およそ325億円)になったというデータがあります。

    また「Bassmaster Magazine」という釣り雑誌でも広告主の需要が多く、スポーツ専門CS局、ESPNがこの雑誌用に予定よりも44パーセントも多く海釣りのページを増やしたことからも、釣り業界が今の機会を逆にチャンスと考えていることがわかります。

  • ボブ・ディラン、トイレの風に吹かれて‥

    東京では先日、JR王子駅構内のトイレの汚水が石神井川に40年以上排水されていたことがわかりましたが、ボブ・ディランのトイレも、騒動に発展してしまいました。

    問題になったのは、彼のカリフォルニア州マリブ自宅にある野外移動式トイレ。
    ガードマン用のこのトイレで、排泄物用の薬品の異臭が太平洋の風に吹かれて近隣に流れ出すという苦情をある近所の一家が申し立てたのです。
    地元テレビ局はそのトイレを空から撮影するため、ヘリコプターを出すほど。

    ただしマリブ市長によると、他の近隣からは苦情が来ていないため、当局の調査を行い、問題の有無をはっきりさせるということです。

  • 今日、M-Clickでも登場したビートルズに関する話題

    以前にお伝えした、ビートルズのゲーム。詳細が入ってきました。

    ゲームタイトルは「The Beatles: Rock Band」。
    ギター型コントローラーを使う音楽体感ゲーム、「Rock Band」シリーズの一環として発売されます。

    今までに「Rock Band」シリーズではエアロスミス、ローリング・ストーンズ、AC/DCなどの楽曲を使用してきました。

    ロイターの記事によると、ソフトはX Box、Playstation 3、Wii対応で、今年9月9日に北米、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドでの発売となるそうです。
    日本が入っていませんが、そもそも「Rock Band」シリーズはまだ日本にない模様。待ちわびているファンもいるのでは?

    ビートルズの音源はiTunesなどによるデジタル配信がなされていないため、このゲームではじめて、デジタル音楽ビジネスに関わることになります。

    気になる価格ですが、ソフト自体は59.99ドル。日本円にして6千円弱です。
    バンドが使っていた楽器に似たゲーム用の楽器を購入する場合、さらに99ドル、1万円弱かかります。

  • 運動するのに遅すぎることはない!ただし長い目で‥

    スウェーデンの研究チームが、50歳以上の2千人を超える男性を対象に、
    1)運動を活発に行うグループ 2)適度に行うグループ 3)ほとんど行わないグループ の3つにわけ、20年を超える調査を行った結果、死亡率が一番低かったのが運動を活発に行うグループでした。

    ここまでなら予想通りなのですが、面白いのは、研究チームが50歳になってから運動を始めた人々に焦点を当てたこと。
    50歳から運動を始めた人々も、運動を続けて10年経つと死亡率が下がり出したということです。

    チームは「運動による効果を得られるのは若者だけだと思われがちですが、運動を始めるのに遅いということはないのです」とコメント。

    10年間という長いスパンで考える必要はあるようですが、50歳からの運動、いかがでしょう。

  • ジョージ・クルーニーとベッカムの関係

    ジョージ・クルーニーがイタリアのリゾート地、コモ湖の湖畔に別荘を持っていますが、彼がそこを使わない間、デヴィッド・ベッカムが使用してもいいことになったと『ピープル』誌が確認しました。

    2人が知り合ったのは、去年のこと。
    ニューヨークでのイベントで、デザイナーのジョルジオ・アルマーニに紹介されたのがきっかけだそう。
    すごい顔ぶれ!

    その後ベッカム選手がACミランにレンタル移籍されたため、ジョージ・クルーニーが、自分の別荘を使っていいと申し出たようです。

  • 予定日でも歌います

    8日、日曜日に行われるグラミー賞授賞式。
    2部門でノミネートされている妊婦MIAは、授賞式の当日がちょうど予定日なんですが、パフォーマンスを行うとピープル誌が伝えています。
    MIAは、“初産は予定日より遅れるっていうから、大丈夫だと思う。みんなには産むことに集中しろって言われるけどね。”と全く心配していない様子。
    お医者さんは手配してくださいね…。
    当日は、彼女のほかにもジョン・メイヤー、キース・アーバン、マイリー・サイラス、U2、飛行機事故から生還したBlink182などもライブを行います。

  • スカーレット・ヨハンソン、仕事をしたい相手は…?

    ウディ・アレン監督からも熱烈なラブコールを送られる女優、スカーレット・ヨハンソン。
    MTVニュースのインタビューで、オバマ大統領の就任式を見に行ったことを明かしました。

    彼女は特に個人的に大統領と会うことはなかったものの、「何万人もの人と一緒に祝う場所にいることができて、すばらしかった」と語りました。

    去年は「New York, I love you」という、日本からは岩井俊二監督が参加しているオムニバス映画の一編を監督したヨハンソン。
    演じる側だけでなく、監督や製作を積極的にやっていきたいことを明かしました。

    また、彼女はティム・バートンの大ファンだそうで、いつかティム・バートンやダニエル・デイ=ルイスと仕事をしたいことも述べました。

  • ニュース3連続

    番組中に収まりきらなかったニュースを続けてお届けしましょう。

    1)映画『ゴースト』などで知られるパトリック・スウェイジが、膵臓がんであることをテレビインタビューで明かしました。

    最近、テレビドラマの撮影をしていたのですが、きついスケジュールもほとんど休まず、演技に影響するという理由から痛み止めを射つことなく撮影を終えたということです。

    「僕が死にかけているか?あきらめようとしているか?死の床にいるか?みんなに『さよなら』って言っているか?まさか」と、気丈に振る舞いながらも、「なぜ僕が、という思いはある。自分の未来はガンという影ではなく光が差すと思っていたから」と心情を吐露しました。

    現在56歳。治療薬の発見を待ちたいが、5年後に生きていると考えるのは楽観的、2年程度かもしれない、と語りました。

    2)今月就任式を控えているオバマ次期大統領ですが、コミック『スパイダーマン』の中にも登場することが明らかになりました。

    来週水曜にアメリカで発売される特別号では、スパイダーマンであるピーター・パーカーが、写真家としてオバマ大統領の就任式に行くという設定になっているそう。
    スパイダーマンがオバマさんにかける言葉は「やあ、次期大統領さん!(選挙戦での)討論は良かったよ!!」だとか。フランクですね…。

    実はオバマさん、選挙活動中にスパイダーマンのコミックスを集めていることを発表していました。それがきっかけで漫画の中に登場することが決定したそうです。

    ちなみに、『スパイダーマン』は実際の世の中の設定を取り入れている漫画なため、今までにもブッシュ現大統領を含む大統領が登場したことはあるそうです。

    3)ナイジェリアでは元日から法律が変わり、バイクを乗るのにヘルメット着用が義務づけられるようになりました。

    しかし市民からは「ヘルメットは高い」「皮膚病になりそうだ」「黒魔術の呪いにかけられたみたいだ」などと不満の声が相次いでいます。

    そこで、なんとかならないものかと、巨大ひょうたんの皮を乾かし頭に乗せたり、ひもを使って鍋を頭にくくりつけたりする人が続出しているそう。
    道路工事をしている人の中には、1日300円ほどでヘルメットを貸し出すビジネスをする人も現れ、騒動はしばらく続きそうです。

  • イギリスの大人はノンアルコール

    今年も忘年会シーズンが到来しましたが、イギリスに住む45歳から54歳の76%が、会社のパーティーでも“お酒はなくても楽しめる”と考えていることが調査で明らかになりました。
    逆に、18歳から24歳の若者のおよそ半数は、“酒がないとはじまらない”と思っていることも判明。
    この傾向、日本とは間逆。
    イギリスの保健省は調査会社と共同で、全国で1429人を調査。“パーティーではお酒が必要”と思っている人の割合は年齢が上がるごとに減少し、25歳から34歳で45%、34歳から44歳で32%という結果が。
    保健省は、“お酒はパーティー気分を盛り上げてくれますが、気も大きくなるので飲みすぎは禁物。同僚の前で失態を演じないように”と警告。
    1日の適度な飲酒量は、女性で30ミリリットル、男性で40ミリリットルなんだそうです。

  • ビートルズ&エイミー・ワインハウス

    アップルとなにかと因縁のあったビートルズ、今年に入っていよいよiTunesでの楽曲販売も近いか?と噂もあったのですが、もう少し時間がかかりそうな気配が漂ってきました。

    先日、BBCのインタビューでポール・マッカートニーはビートルズサイドはデジタル配信を待ち望んでいることを明かしました。
    ただし契約のいくつかの点で未だ合意に達しないため「今は行き詰まっている状態と聞いている」とポール・マッカートニー。

    配信開始が待たれます。

    音楽情報をもう一本。
    エイミー・ワインハウスがまた入院したことが明らかになりました。

    広報担当者によると、エイミーは先週日曜、薬に対する反応が出てしまい、そのまま病院に運ばれたということ。

    今年7月にも似た症状で病院に運ばれているため、心配されています。

  • 救済ビールって?

    世界的な不況の中、カナダのビール会社が景気づけにと、その名も「Bailout Bitter」というビールを発売することになりました。

    Bailoutというのは「救済」という意味。
    世界各国で公的資金投入による救済が行われていることから、同社も独自の救済プランを決定。
    「救済」と名付けるからには、お値段も他のラインよりは控えめだということです。

    スローガンは「ビターな時代にビターなエールを」。
    かなり苦味の強いビールかもしれませんね。

  • カイリー、メキシコ最重量男性結婚

    最先端の音楽シーンで活躍する人たちに賞を与えるBTデジタル・ミュージック・アワーズの受賞者が決定し、先日、授賞式がロンドンで行われました。

    2冠獲得はカイリー・ミノーグ。ベスト・ポップ・アーティスト部門とウェブサイト部門の2つで受賞しました。
    「カイリー・コネクト」と呼ばれるサイトでは、ファンが自分たちのプロフィールを作れる様式になっています。

    コールドプレイも公式ウェブサイトを含む2部門で受賞、レディオヘッドは「今年の王者アーティスト(crowned artists)」として受賞しました。


    もう一つ、メキシコからニュースです。世界で最も体重が重い記録を持っているメキシコの男性が、結婚することになりました。

    この男性、マヌエルさんは、一番重い時期には560キログラムありました。2年前にこの体重でギネスブックに載りましたが、婚約者のクラウディアさんと4年間愛をはぐくんできた間にダイエットに励み、今はなんと、半分以下の250キロになりました。

    今はまだ、自分の力では外出が出来ないマヌエルさんですが、特製ベッドを牽引してもらって外出を楽しんでいます。
    彼の夢は、自分の力で再び歩けるようになること。今月下旬に行われる結婚式もローカロリーバンケットで行われ、ケーキ入刀のあとのケーキも1口しか食べないと決意を述べています。

  • The Zimmers

    本日、番組中に紹介した平均年齢80歳以上のシルバーロックバンド、The Zimmers。

    ご興味のある方は、公式ページでチャーミングな姿をぜひご覧ください。

    The Zimmers Official Site

  • アジアヴィジョン&ビル・ゲイツ氏

    半世紀以上続くヨーロッパ最大の音楽コンテスト、ユーロヴィジョン。そのアジア版、その名も「アジアヴィジョン」が今年から開催されることになりました。

    アジア版の参加国は日本、中国、インド、タイ、ベトナム、インドネシア、韓国、カンボジアなど。

    ヨーロッパでは予選を勝ち抜いた歌手をTV放送するのですが、これがかなりの視聴率を誇るイベント。

    すでにファイナルの開催国になりたいと名乗りを挙げている国も複数あるそうです。互いの異なる文化を楽しみながら、自国のプライドを賭ける歌のコンテスト、アジアでも盛り上がりが期待されます。


    もうひとつニュースをお届け。

    ビル・ゲイツさん、15年連続で米経済誌「フォーブス」によるアメリカで最も裕福な人物の座1位に輝きました。

    「フォーブス」では400人の最もお金持ちの人を選ぶのですが、今年も「常連」、ビル・ゲイツさんが1位でした。

    ところが「フォーブス」誌の推定では、ビル・ゲイツさんの個人資産は去年より20億ドルも減っているということ。それでも今年の推定資産は570億ドル。十分な資産が蓄えられています!

    去年リストにあって今年は選外となった人も多かったのですが、その中には、今話題になっているAIGの元最高経営者も含まれています。

  • 一夜で一億円!

    バラク・オバマ候補のサポーターとして知られるジョージ・クルーニー。今週火曜、ジュネーブで、オバマさんの選挙活動資金集めに協力しました。

    オールドタウンという町のミュージアムにてカクテルパーティーを開いたところ、参加者の数は170人。参加費として1人1,000ドル(=約10万8千円)を払いました。

    さらにこの後、75人が着席ディナーに出席しましたが、こちらの参加費はなんと1万ドル!(=約108万円)

    このような資金集めイベントのチケットを購入できるのはアメリカ国籍を持つ人のみですが、ロサンジェルス、プラハ、ロンドン、チューリッヒからなど、さまざまな場所に住んでいるアメリカ人が出席しました。

    この2つのイベントで92万ドル(=1億円弱)が集まり、全額、民主党の大統領選挙資金に使われることになります。すごい影響力ですね!

  • Bono、音量に気を付けて!

    現在ニューアルバム製作中のU2ですが、
    未発表のはずの新曲が流出してしまいました。

    ロイターによると、Bonoがフランスの別荘で新曲を大音量でかけていたところ、
    家の周辺にいたファンが、なんと携帯でこっそりと音源を録音。
    新曲4曲がYouTubeで出回ってしまいました。

    著作権の問題から、その映像はすでに削除されているそうです。
    この件に関して、U2のレコード会社をはじめ関係者はコメントを出していません。

  • エンターテインメント情報

    ハリウッド映画にサウンドトラックのみならず、出演も果たしているSnoop Dogg、次なる挑戦はボリウッド!?

    今日ヨーロッパで公開される全編ヒンズー語映画、『Singh is Kinng』の主題歌を手掛けたSnoop Dogg。(Nが2つだYo!)

    この歌が、インドではすでに大ヒットしているんだとか。
    ♪「Singh is Kinng. Singh is Kinng. Snoop Dogg is also the Kinng」とドラムに合わせてラップしています。


    ジョージ・ルーカス監督、『インディ・ジョーンズ』シリーズは、ハリソン・フォードなくしてあり得ない、ときっぱり

    最新作『クリスタル・スカルの王国』では、インディの息子役も大きな役割を果たしていますが、もし息子を主役にすれば、息子をタイトルにすることになる、とコメント。
    『インディ・ジョーンズ』というタイトルはハリソン・フォードが出演する場合にのみ付けることを明確にしました。

  • 子育てアドバイス

    オバマ氏、ピープル誌のインタビューでオバマ流の子育てについて語ってます。
    まず、娘さんたちの誕生日には、プレゼントを贈らないことにしているんだとか。理由は、パーティーを開くだけで十分なお金を使っているから。「限度というものを教えないといけない」とのこと。「それに、プレゼントなら娘の友達がくれるしね。」とか。
    そして、娘たちへのおこずかいは、週に1ドル。家事を手伝うことを条件に、週に1ドルのこずかいをあげることを決めたそうです。でも本人が家にいないことが多いのですぐに支払いがとどこおってしまうんだとか。「10週間分もたまってる、なんてことはザラだよ」とオバマ氏。ちなみに手伝わせる家事は、テーブルの用意、皿洗い、部屋掃除など。あと、ピアノの練習も必ずやる約束になってるそうです。
    みなさん、参考にしてみては?

  • 海外からさまざまなニュース

    ローマでは、今週末から、遺跡や記念碑の周りで飲食禁止になります

    先週市議会が可決したこの条例により、10月末までは特別な許可なく、遺跡の近くでジェラートやカプチーノすら、楽しむことは出来ません。
    違反者には最高50ユーロ(=8,500円弱)の罰金が科せられることに。
     
    もともとゴミのポイ捨てやホームレス対策として制定されたこの条例ですが、観光客には歓迎されないムードが漂っています。


    一方、ロシアからは、なんとミュージアムから5万もの展示品が消えたとの情報が

    プーチン前大統領が2年前政府に命じ、1,600ヵ所以上のミュージアムで現在調査中。場所によっては、1つのミュージアムから300もの展示品が消えていたというから驚きです。

    王冠に使う宝石や第二次世界大戦の勲章など、一体どこに消えてしまったのか…。調査委員会は、来年、結果を発表する予定です。


    『バットマン』シリーズ最新作、全米公開

    今月18日公開の最新作のタイトルは『The Dark Knight』、「闇の騎士」といったところですが、実はファンには「夜」の意味合いもあるようです。
    というのも、午前3時や6時の回を設ける映画館が数百ヶ所あるということで、徹夜で観に行くお客さんも多いそう。
    それにしても、レイトショーにもほどがありませんか!?

    あるネットサイトで前売り券を購入した人の38%が「半休や一日休みなどを取り、公開真っ先に劇場に行く」と答えているため、アメリカではこの公開日が「Dark Friday」とも言われています。

    CNNのレビューでは、「多くのレベルでうまく機能している気の利いた映画」とかなり好意的に書かれています。トレイラーを観る限り、かなり怖く作られているようです。
    夏はアクション大作が多く公開されるのですが、スタントも必見だとか。
    今年1月に亡くなったヒース・レジャーが演じるジョーカーはオスカーを受賞しても当然というほどの評判。

    日本公開は、8月9日の予定。

  • 本日紹介できなかった外電

    マドンナの弟、クリストファー・シコーネ(Christopher Ciccone)さんが、マドンナについての本を書きます。
    発売は今月7月半ば予定で、タイトルはその名も『Life With My Sister Madonna』。
    シコーネさんはマドンナと時々一緒に仕事をし、'93年の「Girlie Show」ツアーではデザイナー兼ディレクターを務めたことも。ただしマドンナ側の発表によると、2人は、今は近い関係にはなく、今回の伝記にも協力はしていない、とのことです。

    さて、もう1人、自叙伝を書くのはショーン・コネリーというニュースも。
    タイトルは『Being a Scot』。スコットランドの首都、エジンバラで行われるブックフェアの最終日で自身の78歳の誕生日でもある8月25日に詳細を明かします。
    奇しくも今年は、ジェームス・ボンドを生んだイギリス人作家、イアン・フレミングの生誕100周年。盛り上がること、間違いなし?

    そしてもう一つ、ボンド繋がり。22作目の007最新作、『Quantum of Solace』の撮影中に手を怪我したという情報が。数時間で撮影に戻ったということで、大事には至らなかったようです。

    現在双子を妊娠中のアンジェリーナ・ジョリー。雑誌のインタビューで「妊娠はセックスライフにとって素晴らしいわ。クリエイティブになるから、楽しいのよ」と大胆発言〜。
    子供が産まれたら、養子に迎えている子供たちにもおむつを替えてもらい、家族の一員に含まれていると感じて欲しい、とも。


このブログについて

  • ナビゲーター写真:ジョンカビラ
  • 〜JK Radio〜 Tokyo United

    Every Friday 6:00AM to 11:30AM

  • Welcome to a weekly show which unites all corners of the world and interests!

    Join in the fun in catching the latest and earning new perspective.
    Sit back & relax, let us open your door to a brand new world.

関連リンク