2010年3月アーカイブ|TOKYO UNITED STAFF blog



  • ボブ・ディランとハート・ロッカー。

    今日の番組でお伝えしたトピック、Green Dayのアルバム『American Idiot』のミュージカルが4月からNYブロードウェイで上演。
    そして、トム・ハンクスがこのミュージカルを映画化する?噂の段階ですけど。
    そもそも、イラク戦争へのメッセージを込めて作られたアルバムが『American Idiot』。
    お送りした「Boulevard Of Broken Dreams」、聴くたびに何かが胸に突き刺さるような気がします。
    でもひどい状況のなか視線は前を向いている、という、大好きな曲です。


    で、そんなイラク戦争のために混乱を極め、爆弾テロが横行するイラク。
    そこに派遣された爆弾処理班を描いたのが、番組でもご紹介した映画『ハート・ロッカー』ですね。
    遅ればせながら見てきました。

    主人公の天才的な爆弾処理。命の危険と隣り合わせだけど、だからこそ彼はすべてをそそぎ、その場所でしか生きられない。
    完全に見ているこちらまでひりひりするような感覚になりました。
    あこがれすら抱いてしまいそうになりましたが、だけどこれが現実を下敷きに作られた映画ということを考えると、胸がつまります。


    同じ日に見たのが、ボブ・ディランのライヴです。
    バンドの音がすさまじくいい!特にドラム、すごくでかくていい音でした。
    そこにチャーリー・セクストンのギターがロックにからむ。
    曲はくずしまくって歌うのでどの曲か判別するのが難しかった。
    これ、「ブルーにこんがらがって」だ、曲の最後で分かる、みたいな。
    まぁ、曲がわからなくても、その迫力のバンドサウンドだけでも十分。
    1988年から続く「Never Ending Tour」。最新版はものすごいロックでした。
    そのタイトル通り、俺はいつまでもここで演奏を続けるぞ!いつの時代もその空気を吸って思いっきりぶちかますぜ!というディランの言葉が響いてくるようでした。
    (MCはバンド紹介以外なかったですが 笑) 

    そして、キミはどうなんだ?何に熱くなってるんだ?何を胸に刻んで生きているんだ?昼間のハート・ロッカーと対になって、そう問いかけられているようでもあり。
    そんなことを思いながら、交通機関が乱れまくるなか帰宅した火曜日でした。 (ディレクターさかもと)


    * Portrait by William Claxton

  • 今週は、桜ソング対決!

    最後に聴きたい曲を投票して下さい!MUSICLICK!
    この番組、JK RADIO〜TOKYO UNITEDのラストソングを決めるのはアナタです! 

    番組WEBSITEでクリック投票を受け付け中!
    TOKYO UNITEDが厳選した2曲のうち、どちらか投票が多かった曲をラストにオンエア!

     

    さて、今週もこの時期ならではの対決に参ります!

    3/22、気象庁が発表しましたね!
    東京でも、ソメイヨシノ、つまり桜の開花宣言!
    今週末から来週末にかけて、お花見を...という方、多いのでは?

    というわけで、ベタに行きます! 桜ソング対決!

     

    まずはこちら!
    森山直太朗、「さくら」

    森山良子さんの息子さん。
    2003年3月5日にリリースしたデビュー2ndシングルがこちら!
    卒業の事を歌った曲なんですね。
    もちろん全日本シングルチャート1位を獲得。
    これまでに、ゆうに100万枚以上が出荷されている。
    今日は独唱バージョンでお届け!

     

    これに対向するのはこちら!
    コブクロ、「桜」

    シングルとしては2005年11月2日にリリースされている。
    がしかし!インディーズ時代、2000年に出したアルバムに収録されていた曲でもあった。
    さらにさかのぼると、黒田さんがストリートミュージシャン時代、小渕さんが提供したのが このナンバー。 1998年のこと。
    つまり、熟成された状態でリリースされたシングル曲!

    この時期って出会いと別れが交錯しますが、この曲は別れを表現していますね。 切ない!でも前向き!

     

    さて、今日の番組の最後に聞きたい曲は、
    森山直太朗の「さくら」か、コブクロの「桜」か?

     

    クリックだけでなく、お花見の予定などもあわせてメールをお送りください! 是非。

    ラストソングを決めるのはあなたです!

  • 気分も桜咲く!快調フライデーを!

    桜、咲きましたが、寒いですね。
    でも、咲いたからには盛り上げまくるのが、
    JK RADIO TOKYO UNITED!!
    明日の番組ラストソングを決めるMusiclickは、
    究極桜ソングはどっちだ?!お届けします。
    数ある桜ソングから2曲にしぼりました。
    どの曲?そして、あなたの選択は?
    明朝ぜひご参加ください。
    気分も桜咲く!上昇気流にのって
    金曜朝、5時間半生放送でお届けします☆
    思わず走り出したくなるような、パワーあふれる曲も満載です♪

  • 豪華キャストが話題の映画「NINE」の劇場鑑賞券をプレゼント!

    main.jpg_rgb.jpg
    2009 The Weinstein Company. All rights reserved

    ダニエル・デイ=ルイスが歌う!ぺネロぺ・クルスが踊る! ケイト・ハドソンが歌う!
    スターキャストが綺羅星のごとく出演する映画「NINE」の劇場招待券をプレゼント。
    詳しくは、この後、9時半ごろ!

  • 今週は卒業ソング対決!

    最後に聴きたい曲を投票して下さい!MUSICLICK!
    この番組、JK RADIO〜TOKYO UNITEDのラストソングを決めるのはアナタです! 

    番組WEBSITEでクリック投票を受け付け中!
    TOKYO UNITEDが厳選した2曲のうち、どちらか投票が多かった曲をラストにオンエア!

    さて今週ですが、卒業式、卒園式、真っ盛りです!
    というわけで、卒業ソング対決!

    まずはこちら!荒井由実! 「卒業写真」

    1975年リリースのアルバム「コバルト・アワー」に収録。
    実は、同じ年の2月5日、ハイ・ファイ・セットというコーラスグループがリリースしたデビュー・シングルがこの曲。
    荒井由実さん、のちの松任谷由実さんがこの曲をリリースしたのは、同じ年の6月のこと。
    時系列的に見れば、ユーミンのセルフ・カバーとなる。

    歌詞の内容的には卒業したあとのお話ですが、このライン...

     

    え!?
    「もう少し新しいものを対戦させてくれなきゃ分からない」って?
    分かりました。新定番卒業ソングになりつつあるこちらでどうでしょう!

    アンジェラ・アキ 「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」

    2008年9月にリリースされた曲。
    決して卒業の歌、というわけではないんですね。
    でも、特に!卒業する人にはピッタリの歌詞内容!
    アンジェラ・アキさんが15歳の時、未来の自分に向けて書いた手紙が歌詞の原作。
    彼女が30歳になったとき、母親にその手紙を渡された事から、この歌が作られた。

    良いですか?
    15歳で大人社会という大海原をイメージする事が出来ましたか?
    それをなんとなく15歳で理解し、しかも前向きな姿勢を示しているアンジェラさんって凄い!

     

    さて、今日の番組の最後に聞きたい曲は、
    荒井由実「卒業写真」か、
    アンジェラ・アキ「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」か???

    ラストソングを決めるのはあなたです!

  • 生「三味線」MUSICLICK!は

    三味線プレーヤーの浅野祥さんをお迎えして、お届けしましたMUSICLICK!

    結果は、4617 vs 4114で「Libertango」Astor Piazzollaの勝利!

    とてもさわやかな浅野さんですが、とても情熱的な演奏を聴かせてくださいました!
    JKも大興奮!! 

    「三味線の印象が変わった」というリスナーさんもいらっしゃるのでは?
    浅野さんの詳しい情報はオフィシャルサイトをチェックしてください!

    » 浅野祥 オフィシャルサイト

    浅野さん、素敵な演奏をありがとうございました!

  • 今週は生MUSICLICK!

    最後に聴きたい曲を投票して下さい!MUSICLICK!
    この番組、JK RADIO〜TOKYO UNITEDのラストソングを決めるのはアナタです! 

     

    先週は、アカデミー賞にちなんで、過去の歌曲賞受賞曲、映画「トップガン」から、Berlin「Take My Breath Away」と、映画「タイタニック」から、Celine Dion「My Heart Will Go On」が勝負!

    結果は、やはり、タイタニック強し!
    4351票 vs 2924票。 Celine Dion「My Heart Will Go On」が勝ちました。

     

    さて、今週は、生MUSICLICK! ゲストをお迎えしてお届けします!

    三味線プレーヤーの浅野祥さん!!
    先月リリース、3枚目のアルバム『Believe』については、10時台にじっくりお話を伺います。

    さあ、そんな、世界と日本をUniteする三味線プレーヤー、浅野祥さん。
    今回は、私たちからのリクエストで三味線での演奏をイメージするのが難しい2曲から生演奏をお願いします。

     

    まずは、候補曲その1。
    リベルタンゴ / アストル・ピアソラ

    アルゼンチンの作曲家 アストル・ピアソラが生んだ名曲。
    ちなみに、ピアソラさん、1921年3月11日生まれ。
    この曲を三味線でやると。。。どうなんでしょうか?

     

    この曲に対する 候補曲その2。
    星に願いを / ディズニー映画「ピノキオ」から

    1940年の映画『ピノキオ』の主題歌。
    アカデミー賞の歌曲賞にも輝いた!

    う〜ん、この曲を三味線で。。。オンエアをお楽しみに!

     

    さあ、どうしますか??
    今日の番組の最後に、浅野祥さんの三味線の生演奏で聞きたい曲は「リベルタンゴ」か、「星に願いを」か???

    ラストソングを決めるのはあなたです!

  • 三味線界のファンタジスタ?

    番組ラストソングを決めるMusiclick!
    今週は、三味線界のファンタジスタ、浅野祥さんが登場!
    あなたが選んだ曲を生演奏してくれます。
    なぜ「ファンタジスタ」なのか?
    明日のオンエアでその理由が明らかに!
    そして候補曲は意外な2曲です。
    ぜひ聴いてください!

  • 69歳、現役DJ!

    イギリス人のルース・フラワーズさんはお孫さんもいる69歳のおばあちゃま。
    しかし彼女、実はカンヌ映画祭からナイトクラブまで、フランスで活躍するDJなんです。

    もともと教会音楽やクラッシックポップを歌っていたルースさん。お孫さんの誕生日パーティーでDJが選ぶ曲に合わせみんなが踊る姿に魅了されたのがきっかけで、この道に進むことに。
    最初はエレクトロミュージックのことなど全くわかりませんでしたが、
    フランス人プロデューサーに教えを請い、スピンの仕方などを学びました。

    4年かけて器材を使いこなすようになり、今ではAbba、Queen、Rolling Stonesなどの
    オールドスクールからエレクトロビートまでをこなす自分のスタイルを確立。
    現在は春に発売予定のシングル制作に励んでいるということ。

  • 薄着の音楽、味わってください!

    2週越しでようやく完結できました、キャロル・キングとジェイムス・テイラーの競演ライヴ音源オンエア!
    お待たせしてしまう形になってしまい、本当にごめんなさい!
    でも、素敵でしたね。最初にレコーディングされてから36年後、同じ曲をふたりが同じステージで歌う。
    その曲が「You’ve Got A Friend」ですよ!
    こんな友達関係、築きたいですよね?

    大切な人と一緒に、4月の来日公演いかがですか?
    音楽評論家の天辰保文さんいわく「厚着じゃない音楽」。
    「最近はそこまでしなくても、という厚着の音楽があふれていて、ともすれば表現が窮屈になっている。彼らは薄着の音楽。
    季節にあわせ時代にあわせ、しなやかに音楽を奏でている」

    天辰さん、素敵なコメント、ありがとうございました!
    ちなみに僕は、天辰さんへの取材後、持っていなかったジェイムス・テイラーのオリジナル・アルバムを3枚ほど買いました。
    今Sadeがヒットしていますが、Sadeを好きな方はJTもはまると思いますよ。
    幅広い音楽性と音へのこだわりと、優しいメロディと。最高です(ディレクターさかもと)。

    » ウドー音楽事務所

  • アカデミー賞、歌曲賞対決!

    最後に聴きたい曲を投票して下さい!MUSICLICK!

    番組WEBSITEでクリック投票を受け中!
    TOKYO UNITEDが厳選した2曲のうち、どちらを聞きたいのか、みなさんに選んでいただきます!

    今週は、アカデミー賞目前!!
    そこで、今日は、アカデミー賞、歌曲賞対決!
    これまでのアカデミー賞で胸に残る歌曲賞受賞曲、2曲を選びました!

     

    まずは候補曲その1!これしかないでしょう!

    セリーヌ・ディオンで、My Heart Will Go On

    1998年に、1997年度アカデミー歌曲賞を受賞。
    今年もアバターで注目されているジェームズ・キャメロン監督。
    彼がそのアバターの前に手がけた映画「タイタニック」の主題歌。
    他にも、ゴールデングローブ主題歌賞、グラミー最優秀楽曲賞、グラミー最優秀レコード賞など、世界のトップと言われるタイトルを総ナメ。
    映画自体も大ヒット。 アバターに抜かれるまで、世界最高の興行収入記録を保持していた。

    この曲を聞くと誰もが船首で両手を横に広げたくなるんです!
    さらに女性の方は、レオナルド・ディカプリオみたいな男性に出会いたくなるんです!
    このイントロを聴いただけで、これだけ映画の世界を連想させる曲、そうそうありません!

     

    あまりにも強力な楽曲に対抗するのは。。。
    ベルリン!Take My Breath Away

    1987年に、1986年度アカデミー歌曲賞を受賞。
    トム・クルーズがトップスターに躍り出た超ヒット作、「トップガン」のサウンドトラックに収録されている「挿入歌」。

    主題歌はケニー・ロギンスのDanger Zoneでしたが、この曲と映画のシーンが余りにも印象的なため、世界中でこの曲がヒット。
    ついには、アカデミー歌曲賞に加え、ゴールデングローブの主題歌賞も受賞。

    男は軍に憧れ、アーミーファッションがヒット。
    女性はトム・クルーズのような無骨な男性に憧れまくった。

     

    さて、今日の番組の最後に聞きたい曲は、
    映画『タイタニック』の主題歌。 セリーヌ・ディオン「My Heart Will Go On」か、
    映画『トップガン』の挿入歌。 ベルリン「Take My Breath Away」か???

    レオナルド・ディカプリオなのか? トム・クルーズなのか?

     

    ラストソングを決めるのはあなたです!

  • パラリンピックがつなぐ想い。

    バンクーバー・パラリンピックに参加される大日方邦子さん。

    チェアスキーの選手として、長野パラリンピックで冬季パラリンピック史上日本人初の金メダルを獲得したのが大日方さんです。
    最初は「友達とスキーに行きたい」という気持ちで始めたチェアスキー。
    大会に参加するにつれ、また違う想いが胸に刻まれます。

    大日方さんがパラリンピックに出場することで伝えたいこととは??
    大日方邦子さんの情熱物語は、今週金曜(3/5)午前10時40分〜The Hidden Storyで。

  • 激レアライヴ、今週は絶対かけます!

    番組ラストソングを決めるMusiclick!

    先週は、キャロル・キングとジェイムス・テイラーの競演ライヴ、ラジオ初オンエアとなる音源を3曲ご用意。
    規定クリック数に到達次第続々オンエア!という、いつもと少し違うMusiclickをお届けしました。

    「Carolina In My Mind」「I Feel The Earth Move」までは順調にオンエアできたのですが、最後の候補曲「You’ve Got A Friend」へのクリック投票受付中に、サーバーが粘っこくなってしまい、、、アクセスできない状態がかなりの時間ありました。すいません!!
    その時間帯にクリックをいただいたとカウントしてオンエアすることも考えましたが、やはり、規定クリック数を発表したからには、かけられません。。。先週のラストソングは、アルバム『Tapestry』に収録された「You’ve Got A Friend」をお届けしました。

    本来は、先週オンエアという条件でお借りした音源、特別にお許しいただきまして、今週9時台の冒頭でオンエアさせていただきます。

    先週ラストにかけた「You’ve Got A Friend」から、26年後の歌声です。
    2007年11月、ロサンゼルスの伝説のライブハウス「トルバドール」でのキャロル・キングとジェイムス・テイラーの競演。1週間、お待たせしました。

    今週金曜(3/5)、ぜひ聴いてください!


このブログについて

  • ナビゲーター写真:ジョンカビラ
  • 〜JK Radio〜 Tokyo United

    Every Friday 6:00AM to 11:30AM

  • Welcome to a weekly show which unites all corners of the world and interests!

    Join in the fun in catching the latest and earning new perspective.
    Sit back & relax, let us open your door to a brand new world.

関連リンク