2017年05月28日

6/3〜9「映画で旅するイタリア 2017」

6月3日から9日まで開催される映画祭「映画で旅するイタリア 2017」。日本初公開の最新のイタリア映画が3作品、上映されます。

italia2.jpg

2017年6月3日(土)〜9日(金)
@アップリンク渋谷
 渋谷区宇田川町37-18(渋谷東急本店右側道200m先)
 TEL:03-6825-5503

【上映作品】

★やつらって、誰?

人気俳優のエドアルド・レオ、マルコ・ジャッリーニが主演。裏切り、騙し合いを繰り広げる痛快なコメディー。

★ラテン・ラバー

伝説的な俳優の10回忌に集まった2人の未亡人と4人の娘たちが、亡き夫、亡き父の思い出を語り合ううちに予想外の事実が発覚する、という内容。主演の大女優、ヴィルナ・リージの生涯最後の出演作品となりました。

★アラスカ

カンヌやヴェネチアの国際映画祭で主演男優賞を受賞したエリオ・ジェルマーノ、『パイレーツ・オブ・カリビアン/いのちの泉』で人魚の役をつとめたフランスの女優、アストリッド・ベルジュ=フリスベが主演するラヴ・ストーリー。

【チケット】
一般1,800円/学生1,500円(平日学割1,100円)/高校生以下800円/シニア1,100円/UPLINK会員1,000円

主催:京都ドーナッツクラブ

上映スケジュールなどの詳細は「映画で旅するイタリア 2017」公式サイト

italia1.jpg

STAFF| 17:30 | カテゴリー:Europe/CINEMAEurope/CINEMAEurope/CINEMA

2016年11月27日

パリのデパート、ギャラリー・ラファイエットのクリスマス・ディスプレイ

27日のカルチャートピックでご紹介した、パリのデパート「ギャラリー・ラファイエット」毎年恒例のクリスマス・ディスプレイ。

今年のテーマは「Noël Extra Polaire(北の果てのクリスマス)」。雪と氷に覆われた国で繰り広げられる、シロクマのファミリーの物語です。

氷が溶けてしまい生きる環境が脅かされているシロクマが、子グマたちと一緒に北極を離れ新しい氷原を探す旅を、ウィンドウと、館内のディスプレイで表現しています。

レポートしてくれたH.P.FRANCEパリ・オフィスの上野洋祐さんから届いた写真です。

IMG_0839.jpeg

IMG_0842.jpeg

2点ともウィンドウのディスプレイです

IMG_0856.jpeg

IMG_0902.jpeg

本館の吹き抜けにはフランス人アーティスト、ロレンゾ・パパスによる「紙だけで出来た、独創的なクリスマスツリー」が展示されていて圧巻です。

そして、アプリを使用した、バーチャル・リアリティー体験も。

IMG_0876.jpeg

IMG_0888.jpeg

スマートフォンのカメラに専用のアプリをダウンロードしてクリスマスツリーを見ると、肉眼では見えないシロクマが現れたり、吹雪になったり、ドームが開いたりと、もうひとつの世界が、アプリ上に現れます。

(上記2点の写真は専用アプリで見た風景です)


STAFF| 17:30 | カテゴリー:World/Culture & trend

2016年10月16日

10/20〜23 青参道アートフェア

AAF2016_MainImage_fix.jpg

青山通りと表参道をL字型に結ぶ小さな道、青参道で開催される「青参道アートフェア」。今年で第10回を迎えます。

10月20日(木)から23日(日)まで、青参道の一帯を中心に、原宿、青山、表参道にあるファッション、インテリア、雑貨などのショップ、およそ40店舗がアートギャラリーに変身。現代アートの若手作家40組以上の作品を展示します。

入場無料。ふらっとお店に入って作品を眺め、気に入った作品があれば、その場で購入することも出来ます。

また期間中、トークイヴェントやワークショップも開催されます。

詳しいインフォメーションはこちら

MAP_aosando.jpg

STAFF| 17:15 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2016年10月02日

第13回ラテンビート映画祭

スペインをはじめヨーロッパや中南米の国々で制作された、日本では未公開の新作映画を上映し、映画ファンやラテン・カルチャーに興味がある人々の間で高い人気を誇る「ラテンビート映画祭」。今年も10数本の作品が上映されます。

LBFF2016main.jpg

★第13回ラテンビート映画祭

10月7日(金)〜10日(月・祝)
14日(金)〜16日(日)
@新宿バルト9

第13回ラテンビート映画祭公式サイト
同Facebookページ

「サウージ!サウダージ」の一押し作品は、これ!

★旅するギター 〜 パコ・デ・ルシアの面影を探して
  La guitarra vuela. Soñando a Paco de Lucia
  (2016年/スペイン/音楽ドキュメンタリー/72分)

上映日時:10月16日(日)18:30〜

2014年に世を去ったフラメンコの天才ギタリスト、パコ・デ・ルシア。

彼が生前にデザインしたギター「ラ・マエストロ」が、パコが亡くなった後に世界9カ国、およそ3万キロを旅して回るという、ギターが主役のドキュメンタリー映画で、世界各国のさまざまな音楽家が、パコのギターを手に取って演奏。パコの魂に触れるという作品です。

スペインのスター、アレハンドロ・サンス。アルゼンチンのルイス・サリナス。キューバのムニェキート・ジ・マタンサス。ブラジルのカルリーニョス・ブラウン。

そして!

tabisuru_paco.jpg

カエターノ・ヴェローゾも出演!

2016年07月17日

7月23日公開「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」

フラメンコの歴史を変えたスペインの天才ギタリスト、パコ・デ・ルシア(1947〜2014)。その生涯を追ったドキュメンタリー映画が公開されます。

★パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト</strong>

7月23日(土)よりBunkamuraル・シネマ他、全国順次ロードショー!
© Ziggurat Films

監督:クーロ・サンチェス
出演:パコ・デ・ルシア、チック・コリア、カルロス・サンタナ、ジョン・マクラフリン
原題:PACO DE LUCIA A JOURNEY / 2014年 / スペイン映画 / 90分 /
配給:レスぺ 
公式サイト

PACO_main_color.jpg

パコ・デ・ルシア(Paco De Lucia)は1947年、スペインのアンダルシア地方で生まれました。本名はフランシスコ・サンチェス・ゴメス。母親がルシアという名前のポルトガル人だったことから「ルシアのパコ」、すなわちパコ・デ・ルシア。この芸名がつけられました。

少年時代からプロとして活動を始め、伝統的なフラメンコにさまざまな音楽の要素を取り入れて革命をもたらし、世界的な名声を確立。ジャズのミュージシャンとも共演してきましたが、2014年、滞在先のメキシコで心臓発作のため、66歳で世を去りました。

この映画は、パコの少年時代から亡くなる直前までの、さまざまな演奏シーンとインタビュー、カルロス・サンタナやチック・コリアをはじめ大勢のミュージシャンのコメントなどで構成されています。

監督は、パコの息子、クーロ・サンチェス。家族や親しい友人にしか見せることのない、プライヴェートな表情もうかがうことが出来ます。

PACO_main.jpg

★リスナープレゼントのご応募は締め切りました。

STAFF| 17:30 | カテゴリー:World/Culture & trend

2016年07月10日

7月23日公開 フランス映画「ミモザの島に消えた母」

タチアナ・ド・レネのベストセラー小説を映画化した「ミモザの島に消えた母」がロードショー上映されます。

★ミモザの島に消えた母

7月23日よりヒューマントラストシネマ渋谷でロードショー上映
公式サイト

30年前「ミモザの島」と呼ばれるフランス西部のノアールムーティエ島で、一人の女性が謎の死を遂げました。

当時は幼い少年だった息子のアントワンが、母の死の真相をさぐるためにミモザの島を訪れます。

そしてアントワンが知ることとなった、家族の隠された秘密とは・・、といったストーリーの、サスペンス・タッチの作品です。

滝川クリステルも推薦!

★リスナープレゼント

この映画の劇場鑑賞券を抽選で3組6名様にプレゼント!(受付は終了しました)

STAFF| 17:30 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2016年06月26日

ルーブル美術館前のパブリックアート ”JR au Louvre”

6月26日放送のフランスのカルチャートピックで、H.P.FRANCE (アッシュ・ペー・フランス)パリ・オフィスの上野洋右さんから届いた最新のレポートをご紹介しました。

5月25日から6月27日まで期間限定で公開中のパブリックアート ”JR au Louvre”。

フランスのアーティスト、JR(ジェイアール)が、ルーブル美術館の敷地内に建てられた、建築家 I.M.Pei(イオ・ミン・ペイ) によるガラスのピラミッド “Pyramide du Louvre” の4面の中、1面だけに美術館の正面のビジュアルを貼り付けて、ポイントに立った時だけピラミッドが消える、というプロジェクトです。

上野洋右さんが撮影した写真とコメントをご覧ください。

DSCF4831.jpg

5月22日の段階の写真で、まだ準備中です。

DSCF4934.jpg

5月24日の写真で、最後の作業中で、作業員の方がピラミッドの頂上辺りにいます。

DSCF4975.jpg

完成しました。

IMG_0302s.jpg

始まった当初はこの意図があまり気づかれていなかったが、数日経つとそこにはそのポイントに立つための行列が。

staff| 17:40 | カテゴリー:World/Culture & trend

2016年06月12日

フランス映画祭2016(6/24〜27)

今年で開催24回目を迎える「フランス映画祭2016」。6月24日(金)から27日(月)まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で、日本では未公開の最新作を中心に13本の作品が上映されます。

POSTER.jpg

★フランス映画祭2016
 
6月24日(金)〜27日(月)
有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇
公式サイト

上映作品をいくつかご紹介します。

★太陽のめざめ(La Tête Haute)

オープニング作品。フランスを代表する女優、カトリーヌ・ドヌーヴの最新の主演作品です。

★ショコラ!(Chocolat)

20世紀の初め、パリのショービジネス界で活躍した黒人と白人の芸人コンビを描いた、実話に基づく物語。主演の俳優、オマール・シィは、映画祭に合わせて来日します。

★ミモザの島に消えた母(Boomerang)

「ミモザの島」と呼ばれる風光明媚な避暑地で謎の溺死を遂げた美しい母。死の真相をさぐる息子を軸に展開する、サスペンス・タッチのミステリー作品。滝川クリステルも注目!

★アンナとアントワーヌ 愛のプレリュード(Un plus une)

「男と女」の監督、クロード・ルルーシュの最新作で、音楽はフランシス・レイ。映画音楽の作曲家が主人公の、大人のラヴ・ロマンスです。なお、本作は9月3日(土)からBunkamuraル・シネマほかにて公開が決定しています。

<リスナープレゼント>

26日(日)午前10時30分から有楽町朝日ホールで上映される「アンナとアントワーヌ 愛のプレリュード」の劇場鑑賞券を、抽選で3組6名様にプレゼントします。

※ご応募の受付は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

UN_UNE main.jpg

アンナとアントワーヌ 愛のプレリュード(Un plus une)
©2015 Les Films 13 - Davis Films - JD Prod - France 2 Cinéma

staff| 17:30 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2016年03月06日

3/12公開のイタリア映画「母よ、」チケットプレゼントも!

3月6日の放送でご紹介したイタリア映画「母よ、」が、3月12日(土)からロードショー公開されます。

イタリアを代表する映画監督ナンニ・モレッティの最新作で、イタリアのアカデミー賞にあたる「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」で2部門を受賞しました。

監督が前の映画の制作中、母親との別れに直面した実体験をもとに脚本を書き、主人公は女性の映画監督。新作の映画の撮影が思うように進まず、私生活の面でも問題をかかえています。中でも心配なのは、余命わずかと宣告された、入院中の母親のこと。仕事と、母親との時間を過ごしたい思いの間で、マルゲリータの心は揺れ動きます・・・。

miamadre.jpg

★母よ、(原題:Mia Madre)

© Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinéma 2015
配給:キノフィルムズ
3月12日(土)、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかで上映
公式サイト

★リスナープレゼント

この映画の劇場鑑賞券を抽選で2組・4名様にプレゼントします。
ご応募はメッセージフォームから、お名前、ご住所などの必要事項、そして「プレゼント希望」と明記の上、お申し込みください。

ご応募の締切は7日(月)です。なお当選者の発表は賞品の発送をもって、かえさせていただきます。

※ご応募は締め切りました。ありがとうございました。

staff| 17:36 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2016年01月17日

23日公開 フランス映画「愛しき人生のつくりかた」

itoshiki_Logo.jpg

1月17日の放送でご紹介したフランス映画『愛しき人生のつくりかた』が、1月23日(土)より渋谷・Bunkamuarル・シネマでロードショー公開されます。

この映画は昨年、フランスで公開され、100万人を動員するヒットとなりました。

監督は俳優でもあるジャン=ポール・ルーヴ。主演はベルギーの出身で、シャンソンの歌手としても活躍してきたアニー・コルディ。現在、85歳です。

物語はアニー・コルディが演じる老婆と、彼女の長男の夫婦、そしてお婆ちゃんを慕う、大学生の孫、この4人の家族を軸に、パリ、そしてノルマンディーを舞台に、進んでいきます。

主題歌は、シャルル・トレネが作ったシャンソンのスタンダードナンバー、「Que reste-t-il de nos amours(残されし恋には)」。歌は現代のフランス音楽を代表する人気シンガー、ジュリアン・ドレ。この映画のための、オリジナル録音です。

photo_main.jpg

★愛しき人生のつくりかた(原題:Les souvenirs)
 2015年フランス/93分
 1月23日(土)よりBunkamuraル・シネマで上映
 映画の公式サイトはこちら

★リスナープレゼント

この映画の劇場鑑賞券をペア3組、6名様にプレゼント!
ご応募はメッセージフォームから、お名前、ご住所などの必要事項、そして「プレゼント希望」と明記の上、お申し込みください。

ご応募の締切は19日(火)です。なお当選者の発表は賞品の発送をもって、かえさせていただきます。

※ご応募の受付は締め切りました。

staff| 17:33 | カテゴリー:World/Culture & trend

2015年10月04日

第12回ラテンビート映画祭

スペインをはじめヨーロッパや中南米の国々で制作された、日本では未公開の新作映画を上映し、映画ファンやラテン・カルチャーに興味がある人々の間で高い人気を誇る「ラテンビート映画祭」。今年は17作品が上映されます。

lbff2015poster.jpg

第12回ラテンビート映画祭
10/8(木)〜12(月・祝)@新宿バルト9

第12回ラテンビート映画祭公式サイト

上映作品の中から、番組でご紹介した作品をあらためて。

「グラン・ノーチェ!最高の大晦日」(スペイン/2015年)

昨年の「第11回ラテンビート映画祭」で特集上映されたアレックス・デ・ラ・イグレシア監督の最新作。大晦日のテレビ番組の収録現場を舞台に繰り広げられるコメディーで、スペインの国民的な歌手ラファエルが、およそ40年ぶりに映画に出演、主役を演じます。

Mi gran noche foto2.jpg

「ザ・クラブ」(チリ/2015年)

カトリックの聖職者たちを描いた社会派のドラマ。今年の「ベルリン国際映画祭」で審査員グランプリ「銀熊賞」を受賞した話題作です。

A021_C013_0722KA.0003904.jpg

「バルセロナ3D 炎のバラ」(スペイン/2014年)

バルセロナの町と人々の生活を3Dの映像で紹介するドキュメンタリー映画。日本語のナレーションを女優の菊地凛子さんが担当します。

Barcelona3D.jpg

「パコ・デ・ルシア ア・ジャーニー」(スペイン/2014年)

フラメンコの枠を越えてワールドワイドに活躍し、昨年66歳でこの世を去ったギタリスト、パコ・デ・ルシアの人生を追ったドキュメンタリー映画です。監督は息子のクロ・サンチェス。パコが共演してきたジャズやポップスのミュージシャンも登場します。

PacoDeLucia-1.jpg

★リスナープレゼント

「第12回 ラテンビート映画祭」の上映作品の中から、お好みの映画を選んでご覧になれるチケットを、抽選で3組・6名様にプレゼントします。

ご応募はメッセージフォームから、住所、お名前などの必要事項、そして「プレゼント希望」と明記の上、お申し込みください。

締切は10月5日(月)。ご応募の受付は終了しました。当選者の発表は賞品の発送をもって、かえさせていただきます。

2015年08月16日

スペイン、ガリシアのファッションブランド D-due(デ・ドュエ)

スペインのファッションの中心地、ガリシア州が本拠のレディース・ファッション・ブランド、D-due(デ・ドュエ)

女性のデザイナー、ロサリオ・フロハンと、グラフィック・アーティストでもある男性のデザイナー、アルフレド・オルメドが組んだブランドです。ファインアートに近いプロセスのデザインと、ハンドメイド感を伝える丁寧な仕上がりが特徴で、アルフレドが描く繊細なドローイングも人気の要因になっています。

2015-07-31 19.41.02.jpg

7月末にロサリオとアルフレドが来日、都内でストアイベントを行ないました。ガリシアのワインとフィンガーフードも!

2.jpg

lab2.jpg

D-dueの2015秋冬コレクションより

D-due 日本公式サイト

staff| 17:33 | カテゴリー:World/Culture & trend

2015年07月05日

フランス映画「ボヴァリー夫人とパン屋」

7月5日の放送でご紹介したフランス映画「ボヴァリー夫人とパン屋」。ココ・シャネルの伝記映画などを手がけた女性監督、アンヌ・フォンネーヌの最新作です。

物語の舞台はフランスのノルマンディー地方、美しい自然に囲まれた小さな村。主人公の初老の男性、マルタンは、パリの出版社で働いた後、故郷の村に戻り、家業のパン屋さんを継いでいます。

文学が大好きなマルタンの愛読書は、19世紀のフランスの小説家、フローベールの名作「ボヴァリー夫人」。ある日、マルタンの家の向かいに、イギリス人の夫婦が引っ越してきました。苗字はボヴァリー。奥さんのジェマ・ボヴァリーと小説の主人公がマルタンの脳内でひとつになり、ジェマは小説さながらに、複数の男性と関係を重ねていきます。そして最後に待っていたのは、マルタンの行動が原因で迎える、悲劇的な結末でした。

bovery_main.jpg

★ボヴァリー夫人とパン屋

© 2014 – Albertine Productions – Ciné-@ - Gaumont – Cinéfrance 1888 – France 2 Cinéma – British Film Institute
配給:コムストック・グループ
7月11日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国公開
公式サイト

★リスナープレゼント(劇場鑑賞券を、抽選で3組6名様)のご応募受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。当選された方には7月8日付けで発送しました。

staff| 17:30 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2015年03月22日

映画「カフェ・ド・フロール」3/28公開。リスナープレゼントも!

3月22日の放送で、フランスの人気歌手ヴァネッサ・パラディ主演のカナダ/フランス映画「カフェ・ド・フロール」をご紹介しました。

cafedeflore.jpg

★カフェ・ド・フロール(Café de Flore)
 © 2011 Productions Café de Flore inc. / Monkey Pack Films
 配給:ファインフィルムズ
 3/28(土)より恵比寿ガーデンシネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
 公式サイト

<STORY>
1969年フランスのパリ。シングルマザーとして障害を抱える息子を育てる美容師のジャクリーヌ(ヴァネッサ・パラディ)にとって、息子ローランは唯一の生き甲斐だった。

現代のカナダのモントリオールでDJとして活躍するアントワーヌ。彼には2人の娘と、大切な恋人ローズがいて、両親も健在。生活にも不自由していなかったが、別れた妻キャロルは、離婚の痛手から立ち直っていない。

異なる二つの時代を生きる男と女、そして母と息子の愛。彼らの人生は、時間と空間によって隔たてられながらも、神秘的な“愛”によって紡がれていく。しかし、運命が導く幸福と執着、そして悲劇を理解した時、それぞれが人生の選択を迫られることになる。

このふたつのストーリーをつなぐのが、イギリスのマシュー・ハーバートの曲「カフェ・ド・フロール」です。

★リスナープレゼント
ご応募の受付は終了しました。

「カフェ・ド・フロール」の劇場鑑賞券を、抽選で3組・6名様に、プレゼントします。

ご応募はメッセージフォームから、住所、お名前などの必要事項、そして「プレゼント希望」と明記の上、お申し込みください。

締切は3月23日(月)です。
当選者の発表は賞品の発送をもって、かえさせていただきます

2015年02月15日

第7回恵比寿映像祭(2/27〜3/8)

15日の放送でご紹介した「第7回恵比寿映像祭」(J-WAVE後援)。

「惑星で会いましょう」をテーマに2月27日から3月8日まで、恵比寿ガーデンプレイス、日仏会館など複数の開場で、日本を含む、世界各国の映像作家が、上映、展示、トーク、パフォーマンスなどを行ない、ブラジルからも3人の作家が参加します。

番組ではドキュメンタリー映画「エリオ・オイチシーカ 〜 マージナルな英雄」をご紹介しました。

60年代を中心に活躍したブラジルの現代美術家、エリオ・オイチシーカ(Hélio Oiticica)の42年の生涯を描いたドキュメンタリー映画です。監督はエリオの甥にあたる、セザル・オイチシーカ・フィーリョ。

エリオ・オイチシーカが1967年に行なった「トロピカリア」と題するインスタレーションはカエターノ・ヴェローゾの曲のタイトル、カエターノやジルベルト・ジルをはじめ、音楽、美術、映画、演劇、文学など、さまざまな分野のアーティストが繰り広げた、当時のカルチャー・ムーヴメントの名前にもなりました。

また、エリオは、リオの名門サンバチーム、マンゲイラの本拠地があるマンゲイラの丘で、地元の人たちと共同生活した経験をもとに「パランゴレー」という名前のカラフルなケープの衣装を発表しました。これを実際に人間が着て、踊ることで完成するというアート・フォームで、下の写真の後方4人の黒人が着ています。

scr_w_Oiticica_Herio Oiticica.jpeg

セザール・オイチシーカ・フィーリョ《エリオ・オイチシーカ》2012/94分
Dialogues in Portuguese and English(subtitled in English and Japanese)

3月2日(月)15:00、3月8日(日)15:00、日仏会館ホールで上映

第7回恵比寿映像祭 公式サイト
公式サイト内「エリオ・オイチシーカ〜マージナルな英雄」

cd-adriana-calcanhotto-maritmo-10231-MLB20026785525_012014-O.jpg

アドリアーナ・カルカニョットがパランドレーを着て踊る写真がジャケットになったCD「Maritmo(マリーチモ)」。番組でオンエアした曲「Parangolé Pamplona」が入っています。

staff| 17:16 | カテゴリー:BRASIL/CINEMABRASIL/CINEMA

2015年01月25日

フランス映画「バベルの学校」

25日の放送でご紹介したフランス映画「バベルの学校」(La cour de Babel)。

パリにある中学校の外国人クラスを舞台に、アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国など世界各国からやってきた24名の生徒をとらえたドキュメンタリー作品です。

1月31日(土)から、新宿武蔵野館、渋谷アップリンクほかでロードショー公開されます。

「バベルの学校」公式サイト

14240606253_32bc966e24_k.jpg
BABEL_PHOTO_1.jpg

staff| 17:40 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2014年11月16日

ELLE caféとコールドプレスジュース

2015年に創刊70周年を迎えるフランスのモード・マガジン「ELLE」(日本版のELLE JAPONは今年で創刊25周年)。そのDNAを受け継ぐELLE caféが、J-WAVEがある六本木ヒルズにオープンしています。

ellecafe_roppongihills.jpg

「ヘルシー&ビューティー/食から美しく」がコンセプトのELLE café、一押しのアイテムが、フルーツや野菜などを素材のままミックスした「コールドプレスジュース(COLD PRESS JUICE)です。

ellecafe_cold_press_juice(web).jpg

コールドプレスジュースは全5種類。左からベリー、グリーン、シトラス、ルーツ、ミルキー

コールドプレスジュースに関する詳しい情報、ELLE café六本木ヒルズ店(ヒルサイド2階)に関する情報はELLE café公式サイト

staff| 17:30 | カテゴリー:World/Culture & trend

2014年10月05日

第11回ラテンビート映画祭(10/9〜13新宿ほか)

lbff2014_poster.jpg

毎年この季節に開催される「ラテンビート映画祭」。11回目を迎える今年も、スペインと中南米諸国で制作された日本未公開の新作映画、10数本が上映されます。

★第11回ラテンビート映画祭

10月9日(木)〜13日(月・祝)@新宿バルト9
11月7日(金)〜9日(日)@横浜ブルク13

第11回ラテンビート映画祭 公式サイト

10月5日の放送でご紹介した上映作品、「エル・ニーニョ」「エル・ソムニ〜夢の饗宴」「FLOWERS LOREAK」(以上スペイン)「セザール・チャベス」(USA、メキシコ)「解放者ボリバル」(ベネズエラ、スペイン)「デリリオ〜歓喜のサルサ」(コロンビア、スペイン)「悩めるジアンのバラード」(ブラジル)についての詳細は公式サイト内・上映作品ページ(予告編の映像もご覧になれます)

staff| 17:35 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2014年09月14日

フランス映画「イヴ・サンローラン」ロードショー公開中

フランスが生んだ伝説的なファッション・デザイナー、イヴ・サンローランの波瀾の人生をドラマ化した映画「イヴ・サンローラン」が公開中です。滝川クリステルも大絶賛!

★イヴ・サンローラン(2014年フランス)
監督:ジャリス・レスペール
主演:ピエール・ニネ
音楽(オリジナルスコア):イブラヒム・マールーフ
角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館、渋谷シネマライズほかでロードショー公開中

公式サイト

ive.jpg

staff| 17:35 | カテゴリー:World/Culture & trend

2014年04月13日

アスティエ・ド・ヴィラットと節子・クロソフスカ・ド・ローラ展

adv_blog_banner.jpg

★アスティエ・ド・ヴィラットと節子・クロソフスカ・ド・ローラ展

会期/4月19日(土)〜5月19日(月)
会場/H.P.DECO(エイチピー・デコ)
     東京都渋谷区神宮前5-2-11 TEL:03-3406-0313

アスティエ・ド・ヴィラットのクリエイター、イヴァン・ペリコーリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットが手がけた「グラン・シャレ・コレクション」、画家バルテュスの夫人である節子・クロソフスカ・ド・ローラ伯爵夫人による「セツコ・コレクション」、アスティエ・ド・ヴィラット社が正式に復刻したバルテュスがアカデミー・ド・フランスのメディチ館のために絵画以外で唯一デザインした照明が発表されます。

アスティエ・ド・ヴィラットの原点ともいえる画家バルテュス、そしてその妻である節子夫人、バルテュスが繋いだ3名のクリエイターの新しいコレクションが揃います。

公式サイトはこちら

バルテュス展

staff| 17:40 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2014年04月06日

4月19日から開催「バルテュス展」

4月6日放送のカルチャートピックでご紹介した「バルテュス展」。4月19日から6月22日まで、上野の東京都美術館で開催されます。

バルテュスはフランスの画家で、本名はバルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ。1908年、パリで生まれました。

芸術家の家庭に育ち、独学で絵画をマスター。1934年、パリで開いた初めての個展で、少女のエロスを描いた作品を発表し、センセーショナルなデビューを飾りました。

1962年、ローマのアカデミー・ド・フランスの館長をつとめていたときに初めて日本を訪れ、30歳以上も年下の、日本人の女性と出会います。その女性、節子さんと1967年に結婚。節子夫人は、バルテュスが2001年、92歳でこの世を去るまで添い遂げ、活動を支えました。

日本との縁も深かったバルテュスの回顧展では、少女を描いた作品から、風景画、日本画にインスパイアされた作品まで、およそ100点が展示されます。

バルテュス展の公式サイトはこちら

staff| 17:40 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2014年02月02日

フランス映画「17歳」

2月2日の放送でご紹介したフランス映画「17歳」。

監督は「8人の女たち」「スイミング・プール」「危険なプロット」などを手がけたフランソワ・オゾン、主演はイヴ・サンローランなどのモデルとしても活躍しているマリーヌ・ヴァクト。

夏のバカンス先で初体験を終え17歳を迎えた、パリの名門の高校に通うイザベルが、SNSを通じて知り合った不特定多数の男性と密会を重ねるうちに、ある事件に遭遇。
それをきっかけに、隠していた秘密が母親に明かされる・・・、といった内容で、子供と大人の間を揺れ動く17歳の少女の、あやうい心と体を描いた作品です。

★『17歳』(原題:Jeune & Jolie)

脚本・監督:フランソワ・オゾン
出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェラルディン・ペラス、フレデリック・ピエロ、シャーロット・ランプリング
配給:キノフィルムズ
R-18
2月15日、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて全国ロードショー
(c )MANDARIN CINEMA - MARS FILMS - FRANCE 2. CINEMA-FOZ

「17歳」公式サイトはこちら

17saimain.jpg

この映画と、H.P.FRANCEが紹介しているストールを中心とするブランド、フィル・ダニエレ(Fil D'araignee)のコラボレーション・アイテム、花柄をあしらったストールも発売されます。

チケット・プレゼントのご応募の受付は締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。当選された方には発送いたしました。

staff| 17:35 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2013年12月15日

パリ、プランタン・デパートのクリスマス・デコレーション

12月15日放送のカルチャートピックでご紹介した、パリのプランタン・デパートのクリスマス・デコレーションの写真です。今年のプランタンはプラダとコラボレート、熊がデコレーションのマスコットになっています。

IMG_0171.jpg

IMG_0173.jpg

IMG_0170.jpg

IMG_0175.jpg

IMG_0180.jpg

IMG_0189.jpg

staff| 17:39 | カテゴリー:World/Culture & trend

2013年11月10日

クリストフ・コパン「The Hills Are Alive : Landscape 2」

ベルギー王室御用達の、帽子などのアクセサリー・デザイナーとしてキャリアを確立した後、アーティストに転向したクリストフ・コパン(CHRISTOPHE COPPENS)。日本では初めてのアート展が開催中です。

★CHRISTOPHE COPPENS Art Show in Tokyo
 "The Hills Are Alive : Landscape 2"

南青山 DECOdeBONAIR DdB GALLERY(小原流会館内)にて11月16日(土)まで開催中(12:00〜19:30 open。月曜定休)。

詳しいインフォメーションはこちら

CC portrait Landscape 2.jpg

staff| 17:35 | カテゴリー:World/Culture & trend

2013年10月20日

10/24〜27「青参道アートフェア」

artfair2013_01.jpg

ユニークなブティックやカフェ、美容室などが並ぶ、青山通りと表参道の裏通り ”青参道” を拠点に、10月24〜27日、「青参道アートフェア」が開催されます。
「青参道アートフェア」は、アートで通りが賑わうこと、そして若手現代アーティストの作品を「購入する」楽しみを知ってもらうことを目的としたアートフェアです。
店舗スペースがアートを飾る会場になり、注目の若手アーティストの作品が多くの人の目を楽しませてくれます。
2007年に始まり、第7回目となる今回は、大人の遊び心を掻き立てるようなアート散策を参加ショップや出展アーティストと一緒に追求します。気軽にアートに触れることで、「購入して家に持ち帰る」という新たなアートとの関わり方を提案していきます。

青参道アートフェア公式サイト

staff| 17:29 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2013年09月29日

第10回ラテンビート映画祭

10月9日〜14日、新宿バルト9で開催される「第10回ラテンビート映画祭」

スペインと中南米の映画祭で、10回目を迎える今年は本邦初公開の新作をはじめ、過去の映画祭で好評だった作品のアンコール上映も行ないます。

番組でご紹介した新作3作品を、あらためて。

★スペイン映画「アイム・ソー・エクサイティッド」

スペインの巨匠、ペドロ・アルモドバル監督の最新作。スペインからメキシコに向かう飛行機の中で繰り広げられるドタバタ劇を描いた、ペドロ・アルモドバルにとっては久しぶりの、コメディー・タッチの作品です。

★スペイン/フランス合作映画「ブランカニエベス」

意味は「白雪姫」。幼い頃につらい体験を強いられた主人公の女性カルメンが、旅芸人の一座のメンバーを経て、闘牛士として成長していく姿を描いたドラマ。
衣装のデザインは「レ・ミゼラブル」も手がけたパコ・デルガドが担当しています。

★ブラジル映画(アニメ)「リオ2096」

16世紀の南米大陸と2096年のリオを結ぶ、SFアニメーション映画。
世界最大級のアニメ映画祭「アヌシー国際アニメーション・フェスティヴァル」で、今年度のグランプリを受賞しました。

この3作品をはじめ、スペインと中南米からおよそ20の作品が上映されます。

公式サイトはこちら

staff| 17:40 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2013年09月29日

フランス映画「ムード・インディゴ〜うたかたの日々」

logo-400x85.jpg

新宿バルト9、渋谷シネマライズで10月5日からロードショー公開されるフランス映画「ムード・インディゴ〜うたかたの日々」

40〜50年代のパリで小説家、翻訳家、ジャズのトランペット・プレイヤー、歌手として活躍したマルチ・タレントの元祖、ボリス・ヴィアンの小説「うたかたの日々」を原作とする、幻想的なラヴ・ストーリーです。滝川クリステルも絶賛!

公式サイトはこちら

main_s1-400x300.jpg

staff| 17:35 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2013年08月11日

映画「ノーコメントbyゲンスブール」

gainsbourg.jpg

11日の放送でご紹介した映画「ノーコメントbyゲンスブール」。内容、上映スケジュールなどの詳細はこちらの公式サイトをご覧下さい。

なお、この映画の邦題やセルジュの日本盤CDのクレジットでは「ゲンスブール」と表記されることが多いですが、本来は「ゲンズブール」と発音するので、当番組では「ゲンズブール」に統一しています。ご了承ください。

staff| 17:35 | カテゴリー:World/Culture & trend

2013年07月28日

ルパート・サンダーソンのシューズ

7月28日のカルチャートピックでご紹介した、滝川クリステルもお気に入りのヨーロピアン・シューズ、ルパート・サンダーソン(Rupert Sanderson)。写真を何点かご紹介します。

01.jpg

LS9R52670002_1.jpg

Rupert-Sanderson-Spring-2013-Deussa-Sandal.jpg

Rupert Sanderson公式サイト
goldie H.P. FRANCEのサイト(日本語)
 ※BRANDの「M〜S」をクリックすると紹介記事があります

staff| 17:40 | カテゴリー:World/Culture & trend

2013年06月09日

パリのLe Bon Marcheで開催中の“Le Bresil Rive Gauche”

9日のカルチャートピックは、パリ左岸にある老舗のデパート「ル・ボン・マルシェ(Le Bon Marche)」で4月から6月の22日まで開催中のブラジル・フェア “Le Bresil Rive Gauche(ル・ブラジル・リヴ・ゴーシュ)” をご紹介しました。

H.P.FRANCEのパリ・スタッフが撮影した写真です。

IMG_2577.jpg

IMG_2583.jpg

IMG_2584.jpg

staff| 17:38 | カテゴリー:World/Culture & trend

2013年06月02日

フランス映画祭2013(6/21〜24)

FFF2013_main visual.jpg

今年で21回目を迎える「フランス映画祭2013」。6月21日から24日まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催されます。

日本では初公開となる最新の長編映画12本をはじめ、デジタルで修復された往年の名作、さらに最新の短編映画も上映されます。

この映画祭の特徴は毎回、フランス映画界の大物が団長として来日することで、ジャンヌ・モロー、ソフィー・マルソー、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェーン・バーキンなどが、団長をつとめてきました。

今年の団長は、ゴダールやトリュフォーなどの監督作品をはじめ、今回の上映作品「わたしはロランス」に出演している、ナタリー・バイ。他にも、大勢の監督や俳優が来日して、トークショーを行ないます。

上映作品、スケジュールなどはこちらの公式サイトをご覧下さい。

「フランス映画祭2013」の団長、ナタリー・バイが出演している「わたしはロランス」(上映の日時は22日・土曜日の午後2時。上映後にナタリー・バイのトークショーも予定)の劇場鑑賞券プレゼントは、受付を締め切らせていただきました。ご応募ありがとうございました。

staff| 17:39 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2013年05月12日

スペインのデザイナー、ミリアム・オカリス(Miriam Ocariz)

12日放送分のカルチャートピックでご紹介した、スペインのファッション・デザイナー/コンテンポラリー・アーティスト、ミリアム・オカリス(Miriam Ocariz)。

miriam_03.jpg

詳しくはこちらをご覧下さい。写真も満載です。

ミリアム・オカリスのプロダクツは、表参道のセレクトショップ soup of he(r)art(スープ・オブ・ハート)などで取り扱っています。

今月、ミリアム・オカリスのドローイングをプリントしたクッションやベッドリネンなどのホーム・コレクションの発表を記念して、ミリアム・オカリスが来日。パーティーを開催します。

★VOL.01 : DINNER RECEPTION with MIRIAM
5/24(金)20:00-22:00 @soup of he(r)art
 港区北青山3-7-10 / TEL 03-3409-0627

★VOL.02 : TEA PARTY with MIRIAM
5/25(土)15:00-18:00 @Usagi pour toi原宿
 渋谷区神宮前5-17-24 GB bldg.1F / TEL 03-5766-3011
(16:00-17:00 ミリアムのトークイベント)

どちらも参加自由です。

Miriam Ocarizの日本公式サイトはこちら

staff| 17:40 | カテゴリー:World/Culture & trend

2012年11月18日

セルジュ・ゲンズブールの家

18日の放送、滝川クリステルの旅報告でご紹介した、パリ7区にある故セルジュ・ゲンズブール宅の壁に描かれたグラフィティ・アートの写真です(撮影:滝川クリステル)

R0012484.JPG

R0012485.JPG

R0012488.jpg

壁の右上に、ファンが描いたセルジュ・ゲンズブールの若い頃のポートレイトが

staff| 17:40 | カテゴリー:滝川クリステル滝川クリステル

2012年10月28日

「青参道アートフェア」11/4(日)まで開催中

表参道と青山通りをL字型に結ぶ "青参道" で、毎年恒例の「青参道アートフェア」が11月4日(日)まで開催中。

詳しくはこちらをご覧下さい。

staff| 17:40 | カテゴリー:live/event infolive/event info

2012年10月07日

北イタリアの白トリュフペースト

10月7日の放送、カルチャー・トピックのコーナーでご紹介した、北イタリアの白トリュフペースト

CS-TR090.jpg

滝川クリステルも絶賛!イタリアの食材ブランド、カシーナ・サン・カッシアーノ産、アルバから直送した、瓶詰めの白トリュフ・ペースト(上の写真)を、を日本の輸入販売元、プリマヴェーダさんのご厚意により、抽選で3名様にプレゼントします。

プレゼントのご応募受付は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

白トリュフペーストに関する詳しいインフォメーションはこちら
(PRIMAVEDAのホームページにジャンプします)

staff| 17:40 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2012年09月23日

ホォアナ・デ・アルコ(Juana de Arco)12/13秋冬コレクション

9月16日のカルチャートピックでは、レディース・ウェアから、アクセサリーや生活雑貨まで手がける、アルゼンチンの人気ブランド「ホォアナ・デ・アルコ(Juana de Arco)」の2012/2013秋冬コレクションをご紹介しました。

テーマは「クルス・デル・スル(南十字星)」。

大地に生きる人々「マプチェ族」の精神からインスピレーションを受けたコレクションです。一部ですが写真をご紹介します。

jr1.jpgのサムネール画像

jr2.jpg

jr4.jpg

jr9.jpg

Juana de Arco 日本の公式サイト
Juana de Arco 表参道店

staff| 17:40 | カテゴリー:World/Culture & trend

2012年09月02日

パリ、チュイルリー公園の移動遊園地

9月2日の放送、パリからのカルチャートピックのコーナーでご紹介した、パリのチュイルリー公園に毎年夏にオープンした移動遊園地の写真です。

P1010508.JPG
レトロな雰囲気のメリーゴーランド

P1010517.JPG
公園の中に登場した観覧車

P1010528.jpg
新登場の絶叫マシーン

撮影、提供:H.P FRANCE, Paris

staff| 17:53 | カテゴリー:World/Culture & trend

2012年07月29日

映画「セブン・デイズ・イン・ハバナ」

title_logo.png

月曜日から日曜日までの7日間、キューバの首都ハバナを舞台に繰り広げられるさまざまな人間模様を、7人の監督が描いた短編映画7本のオムニバス作品「セブン・デイズ・イン・ハバナ」(2012年/フランス、スペイン。カンヌ国際映画祭正式出品作)

8月4日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷でロードショー公開されます。

滝川クリステルが、特に印象に残った作品として紹介した「火曜日:ジャム・セッション」の詳細はこちら

「セブン・デイズ・イン・ハバナ」公式サイト

staff| 17:53 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2012年04月29日

生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー

今年で生誕100周年を迎えたフランスの写真家、ロベール・ドアノー(Robert Doisneau)の写真展が開催中です。

★生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー

会場:東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス内)
開催期間: 3月24日 (土) 〜 5月13日 (日)
      10:00-18:00(木・金は20:00まで)
      ※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)
    ※5月1日(火)は開館しています
料金:一般 800円/学生 700円/中高生・65歳以上 600円

詳細は東京都写真美術館のホームページ

staff| 08:40 | カテゴリー:

2012年02月05日

映画「フラメンコ・フラメンコ」

「FLAMENCO FLAMENCO」
 (2010年/スペイン映画/101分)

 監督・脚本:カルロス・サウラ
 撮影監督:ヴィットリオ・ストラーロ
 音楽:イシドロ・ムニョス
 出演:サラ・バラス、パコ・デ・ルシア、マノロ・サンルーカル、
    エバ・ジェルナブエナ、ファルキート他

 2月11日、Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開
 公式サイトはこちら

フラメンコを題材にした数々の映画を手がけ、今年で80歳を迎えたスペインの巨匠、カルロス・サウラの最新作です。

世界的に活躍しているギタリストのパコ・デ・ルシア、フラメンコ・ダンスの女王サラ・バラス、若きカリスマ・ダンサーのファルキートなど、現代のフラメンコを代表するスターが出演。インタビューやセリフ、解説のたぐいが一切なく、全編、歌と演奏、そしてダンスだけで構成されています。

滝川クリステルも大推薦!

リスナー・プレゼント(映画の劇場鑑賞券)のご応募は締め切らせていただきました。たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

staff| 08:40 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2011年12月11日

パリ「プランタン」のイルミネーションとデコレーション

11日の放送のカルチャー・トピックでご紹介した、パリのデパート「プランタン」のイルミネーションと、シャネルとコラボレートしたウィンドーのディスプレー、パリのレポーターから届いた写真です。


プランタンの外観です


パリをイメージしたウィンドー。シャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルドの人形が何体も!


東京をイメージしたウィンドーです。なぜか高層ビルの前に鳥居が。


ロシアのウィンドー。赤の広場で踊るバレリーナたち。かつてココ・シャネルはロシア・バレエ団を援助していました。

staff| 08:39 | カテゴリー:World/Culture & trend

2011年11月13日

イタリアの焼栗「マローネ」

title_merca.gif

13日放送分のカルチャー・トピックでご紹介した、イタリアの焼栗「マローネ」。日本でも入手できます。

焼栗についてお話をうかがった小山泰三さんの会社、メルカトレーディングのホームページ(こちら)からどうぞ!

staff| 08:40 | カテゴリー:World/Culture & trend

2011年09月11日

第8回ラテンビート映画祭

第8回ラテンビート映画祭

9月15日(木)〜19日(月)新宿バルト9・シアター8にて開催!

毎年恒例の映画祭、スペインや中南米の国々をテーマに今年も新作13本が上映されます。

9月11日の放送では、以下の2本を中心にご紹介しました。

※「RIO(リオ!ブルー 初めての空へ)」

監督 : カルロス・サルダーニャ
声 : ジェシー・アイゼンバーグ、アン・ハサウェイ、ロドリゴ・サントロ
音楽:セルジオ・メンデス、カルリーニョス・ブラウン、Will.I.Amほか
2011年 / アニメ・アドベンチャー / アメリカ・ブラジル / 96分

上映日時:9月18日(日)13:15〜

RIO.jpg

※「Chico & Rita(チコとリタ)」

監督:フェルナンド・トゥルエバ、ハビエル・マリスカル
2010年 / アニメーション / スペイン・イギリス・キューバ / 94分
2011年ゴヤ賞長編アニメーション賞

上映日時:9月17日(土)13:15〜
     9月18日(日)10:45〜

Chico%20%26%20Rita%20CD%20p.15-16.jpg

※この映画祭は10月7日〜10日、横浜ブルク13でも開催されます。

※詳細→第8回ラテンビート映画祭・公式サイト


staff| 08:40 | カテゴリー:

2011年07月24日

KAAT ストリートダンスフェスティバル

24日の放送でご紹介したカンパニー・カフィグ(Compagnie Kafig)」。

フランス人演出家/振付師のムラッド・メルズキと、ブラジル ・リオのファヴェーラで育った11人のストリート・ダンサーによるダンス・カンパニーです。

カンパニー・カフィグが初来日し、KAAT神奈川芸術劇場で開催される「KAAT ストリートダンスフェスティバル」に出演。世界を驚嘆させたプログラム「AGWA(アグワ)」などを披露します。

★KAATストリートダンスフェスティバル

7/30(土)〜8/7(日)@ KAAT 神奈川芸術劇場

※カンパニー・カフィグが出演する「HIP HOP GALA」日時
 8/5(金)19:00
 8/6(土)13:00 / 18:00
 8/7(日)13:00

 8/6の18時の回のみ「CORRERIA」、それ以外は「AGWA」を上演

詳細はKAATストリートダンスフェスティバル公式サイト


Compagnie Kafig "AGWA" photo by Michel Cavalca
 

staff| 08:50 | カテゴリー:

2011年06月12日

グラス工房「達風」

12日のカルチャートピックでご紹介した、ステンドグラスの作家・福田勝司さんが主宰するグラス工房「達風(たっぷう)」へのリンクです。

グラス工房 達風 ホームページ
 茨城県龍ヶ崎市中根台5丁目2−6
 TEL:0297-65-2219

同じく番組で紹介したフュージング画についてはこちらのサイト

staff| 08:44 | カテゴリー:World/Culture & trend

2011年06月05日

ナタリー・レテと「ウサギ・プゥ・トワ」

滝川クリステルがエッセイ集「恋する理由」の中で対談している、フランスの絵本作家、ナタリー・レテ。

ナタリー・レテが手がけるアートを中心に、「雑貨」「雑服」をコンセプトに世界各国の洋服、バッグ、靴、アクセサリー、インテリア雑貨などを扱っているセレクトショップが「Usagi pour toi(ウサギ・プゥ・トワ)」です。

logo-Usagi_pour_toi.gif
★原宿店
  渋谷区神宮前5-17-24 GB 1F
  TEL: 03-5766-3011
  OPEN: 12:00-20:00 (年中無休、年末年始を除く)
 オフィシャルサイトはこちら

staff| 08:49 | カテゴリー:World/Culture & trend

2011年05月29日

ヨーロッパのクリエイター23組が参加しているチャリティ・オークション

ヨーロッパのファッション界で活躍している23組のクリエイターが、東日本大震災の復興支援のために作品を提供した、チャリティ・オークションのご案内です。

これまで番組のカルチャー・トピックでご紹介した下記の5組のクリエイターも参加しています(アルファベット順)。

★イオッセリアーニ(Iosselliani)(イタリア/ジュエリー)
★ジャマン・ピュエッシュ(Jamin Puech)(フランス/バッグ)
★レ・ビジュー・ドゥ・ソフィー(Les Bijoux de Sophie)(フランス/アクセサリー)
★レッドライン(Rediine)(フランス/ジュエリー)
★ウッターズ・アンド・ヘンドリックス(Wouters & Hendrix)(ベルギー/ジュエリー)

それぞれのブランドのクリエイターが、日本のことを想い、復興を願ってデザインした、一点物を提供しています。

このチャリティ・オークションはH.P.FRANCEの特設サイト「メッセージ・リンク」で、5月31日まで入札の申込みを受けつけています。

売上金は全額、日本赤十字社を通じて、東日本大震災の復興支援の為に届けられます。

H.P.FRANCE特設サイト「メッセージ・リンク」

staff| 08:44 | カテゴリー:World/Culture & trend

2011年05月15日

映画「ゲンスブールと女たち」

作詞作曲家/歌手/映画監督/俳優/小説家/画家として活躍、20世紀後半のフランス文化における絶大な存在感を発揮し、酒と煙草と女性を愛し数多くの美女と浮き名を流した伝説のマルチ・アーティスト、セルジュ・ゲンスブール(1928〜1991)。

その波乱に満ちた濃厚な人生を描いた映画『ゲンスブールと女たち』が、21日からロードショー公開されます。

恋仲にあったブリジット・バルドー、3人目の奥様でもあったジェーン・バーキン、20歳年下の晩年のパートナーだったバンブー、そしてジュリエット・グレコやフランス・ギャルなど、ゲンスブールを取り巻く女性たちも次々に登場します。

滝川クリステル大推薦!

★「ゲンスブールと女たち」

5月21日(土)
Bunkamuraル・シネマ、新宿バルト9他にて全国ロードショー

配給:クロックワークス
(c)2010 ONE WORLD FILMS-STUDIO37-UNIVERSAL PICTURES INTERNATIONAL FRANCE -
FRANCE 2 CINEMA - LILOU FILMS - XILAM FILMS

オフィシャルサイト

★映画と連動した2枚組コンピレーションCD
 「ゲンスブールと女たち」発売中

uicy15054.gif
 詳細はこちら

★表参道のジュエリーショップ
 「セルジュ・トラヴァル(Serge Thoravaval)」

 映画の公開を記念した限定バングルを発売中
 詳細はこちら
 

staff| 08:44 | カテゴリー:

2011年04月10日

北イタリアの白トリュフソース

10日のカルチャー・トピックでご紹介した、北イタリア・ピエモンテ州アルバ産の白トリュフソース

al-gusto_cs-tr090.jpg

写真の瓶詰め・白トリュフソース(90g。定価3,600円。保存料、着色料は不使用)を抽選で2名様にプレゼントします。

※プレゼントご応募の受付は終了しました。たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。なお当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

staff| 08:50 | カテゴリー:World/Culture & trend

2011年04月03日

個性派バッグ・ブランド「ジャマン・ピュエッシュ」

4月3日放送のカルチャー・トピックでご紹介した、フランス・パリ発の個性派バッグ・ブランド「ジャマン・ピュエッシュ(Jamin Puech)」。

パリ在住のブノア・ジャマンとイザベル・マリー・ピュエッシュ、男女デザイナーがコンビを組んで発信する人気ブランドです。

logo-JAMIN_PUECH.gif

日本のオフィシャルサイトはこちら。プロフィール、カタログ、最新ニュースなどが満載です。

★JAMI PUECH 表参道店
 東京都渋谷区神宮前5-2-11
 TEL: 03-5464-2780
 OPEN: 11:00−20:00 (不定休)
 オフィシャルサイトはこちら

photo-jaminpuech.jpg

staff| 08:40 | カテゴリー:World/Culture & trend

2011年03月13日

13日放送のトピック:フラメンコ

13日の放送、フラメンコのトピックでご紹介した方々のオフィシャルサイトです。

※南スペインのセビージャを拠点に活躍している舞踊家、萩原淳子さん
※昨年「ムルシア "ニーニョ・リカルド" フラメンコギター国際コンクール」の国際部門で日本人として初めて優勝したギタリスト、沖仁さん

staff| 08:44 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年10月31日

第4回・青参道アートフェア

10月31日放送のカルチャー・トピックです。

東京メトロの表参道駅近く、青山通りと表参道を結ぶ裏通り、通称「青参道」。賑やかな表通りとは対照的に、静かで落ち着いた雰囲気の道沿いには、ブティック、インテリア・ショップ、ヘアサロン、アート・ギャラリーなど、個性的な店が並んでいます。

この「青参道」で11月3日(水・祝)まで「第4回・青参道アートフェア」が開催中。

通り沿いのさまざまな店が会場となって、現代アートの展示と販売を行なっています。

詳しくはこちらのオフィシャルサイトをご覧ください。

staff| 08:30 | カテゴリー:

2010年10月03日

"光の彫刻家" アンテ・ヴォジュノヴィック

10月3日のカルチャー・トピックでご紹介した "光の彫刻家" と呼ばれている東京在住のフランス人アーティスト、アンテ・ヴォジュノヴィック(Ante Vojnovic)。

そのユニークな世界を、こちらのオフィシャルサイトからご覧ください(日本語です)。

アンテ・ヴォジュノヴィックがデザインしたインテリア・グッズは、アッシュ・ペー・フランス公式通販サイト「H.P.F, MALL」でも取り扱っています。

1492_1.jpg
写真は電球型キャンドル 1,260円(税込)

アンテ・ヴォジュノヴィックがデザインしたアート・テーブルやランプが空間を演出する「居酒屋 東京十月」が10月1日にオープンしました。

※居酒屋 東京十月
  東京都港区南青山 5-7-17 小原流会館地下1階
  TEL: 03-3409-6077
  営業時間 17:00~23:00 日曜定休

staff| 08:05 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年09月12日

第7回ラテンビート映画祭「フラメンコ×フラメンコ」(追記あり)

9月16日から23日まで新宿バルト9で開催される「第7回ラテンビート映画祭」、上映作品のご案内です。

「フラメンコ×フラメンコ」
  Flamenco Flamenco(2010年スペイン)

スペイン映画界の巨匠、カルロス・サウラ監督の最新作。歌手のホセ・メルセ、ダンサーのサラ・バラス、ギタリストのパコ・デ・ルシアやトマティートなど、フラメンコを代表する歌手、踊り手、演奏家が次々に登場し、歌、ダンス、演奏を披露します。セリフやインタビューは一切なく、ひたすらフラメンコの官能美に浸ることが出来る作品です。

※上映スケジュール

 9月17日(金)10:45
 9月20日(月・祝)18:30
 9月23日(木・祝)13:15

<追記>
「第7回ラテンビート映画祭」東京ラウンドは終了しましたが、横浜ラウンドが10月8日から11日まで横浜ブルク13で開催されます。

「フラメンコ×フラメンコ」上映日時@横浜ブルク13

10月8日(金)21:00

staff| 08:25 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年09月05日

第7回ラテンビート映画祭「レボリューション」(追記あり)

9月16日から23日まで新宿バルト9で開催される「第7回ラテンビート映画祭」、上映作品のご案内です。

「レボリューション」
  Revolucion(2010年メキシコ)

メキシコ革命が始まって今年で100周年を迎えることを記念して、10人の監督が、それぞれの視点でメキシコ革命をとらえた、短編映画10本のオムニバス作品です。

メキシコの二大イケメン俳優、ガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナがそれぞれ、監督をつとめた作品もあります。

今年の「ベルリン国際映画祭」でワールドプレミアとして上映され、注目を集めました。

※上映スケジュール

 9月16日(木)21:00
 9月18日(土)18:30
 9月21日(火)13:15

<追記>
「第7回ラテンビート映画祭」東京ラウンドは終了しましたが、横浜ラウンドが10月8日から11日まで横浜ブルク13で開催されます。

「レボリューション」上映日時@横浜ブルク13

10月8日(金)18:30
10月11日(月・祝)16:00

staff| 08:25 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年08月08日

イタリアのジュエリーブランド「イオッセリアーニ」

8日のカルチャー・トピックでご紹介した、イタリアのジュエリー・ブランド、イオッセリアーニ(IOSESLLIANI)。滝川クリステルも愛用しています。

青参道にある直営店、IOSSELLIANI T-02-IOS。ローマ本店に続いて世界で二番目にオープンした、日本で唯一の直営店です。

 東京都渋谷区神宮前5-1-15 2F
 TEL:03-3797-1508
 OPEN:11:00-20:00(不定休、年末年始を除く)

ここに入荷する、マルチカラーのグラデーション・フリンジ・ネックレス。「ボリウッド」(インド映画)からデザインの発想のヒントを得て作られたネックレスで、お値段は96,600円。限定3個の入荷です。

staff| 08:35 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年08月01日

イタリアのラベンダー・エッセンシャルオイル

8/1のカルチャートピックでご紹介した、イタリア・ピエモンテ州トリノの郊外でハーブやラベンダーを栽培しながら100%オーガニックの化粧品を作っている鈴木さん。

鈴木さんの畑で収穫されたラベンダーの精油、ラベンダー・エッセンシャルオイルを抽選で3名様にプレゼントいたします。

番組の中で滝川クリステルもコメントしたとおり、1滴だけでラベンダーの芳香が広がる、100%ピュアな精油です。

また今回のプレゼントは、イタリアの鈴木さんが直接、当選された方にエアメールで送って下さいます。

※プレゼントのご応募は締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

staff| 08:40 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2010年07月04日

レッジョ・エミリア・アプローチ

7月4日のTOPICで紹介した、北イタリアの都市レッジョ・エミリアが行なっているユニークな教育システム「レッジョ・エミリア・アプローチ」。

日本では東京都武蔵境市の「バイリンガルキッズ・インターナショナル・プリスクール(BKI)」が、レッジョ・エミリアの教育実践法を取り入れたシステムで注目を集めています。

「バイリンガルキッズ・インターナショナル・プリスクール(BKI)」のホームページはこちら。レッジョ・エミリア・アプローチについても詳しく紹介されています。

staff| 08:40 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年06月13日

映画「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」

13日の放送でご紹介した映画「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち(Cafe de Los Maestros)」(ミゲル・コアン監督/2008年/アルゼンチン)。

アルゼンチンタンゴの黄金時代を築いた指揮者/ミュージシャン/歌手が集まったCD「Cafe de Los Maestros」の録音風景、CDの発表を記念してブエノスアイレスの劇場で行なわれたコンサートの模様をはじめ、参加したミュージシャンたちのヒューマンな暖かみあふれるコメントも満載、タンゴの故郷ブエノスアイレスの風景もふんだんに折り込んだ、「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ」のタンゴ版のドキュメンタリー映画です。

6月26日(土)、渋谷・Bunkamuraル・シネマでロードショー公開!

photo_1.jpg


映画「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」オフィシャルサイト

staff| 08:45 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年05月30日

「オロバイレン」のエキストラバージン・オリーブオイル

30日のトピックでご紹介した、スペインのエキストラバージン・オリーブオイル「オロバイレン(ORO BAILEN)」。

IOC国際オリーブオイル協会【深い青部門】で世界第2位を受賞するなど、数々の賞に輝いています。

「オロバイレン」の250MLボトル(下の写真左側:3,500円相当)を、日本での輸入販売元ラ・パシオンのご提供により、抽選で2名様にプレゼントします。
(ご応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。)

oro%20%B2%E8%C1%FC.jpg

※オロバイレンに関する詳しいインフォメーションはラ・パシオンのオフォシャルサイト

staff| 08:50 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年05月23日

ホォアナ・デ・アルコ

23日のカルチャー・トピックでご紹介したアルゼンチンの人気ブランド、ホォアナ・デ・アルコ(Juana de Arco)

デザイナーのマリアナ・コルテスが手がける、ランジェリーやレディース・ウェアからアクセサリーや生活雑貨まで扱っています。

今週末、マルアナ・コルテスが来日。28日(土)の18:00〜21:00、青参道のホォアナ・デ・アルコ本店でパーティーも開かれます(入場自由)。

そしてホォアナ・デ・アルコからリスナー・プレゼント!

※マリアナの来日を記念して限定販売される
「ダニー・ヴェガ “RELAX LOVELY FAIRY SET”」

この、カラフルなキャミソールとショーツのセット(写真は下に)を、抽選で2名様にプレゼントします。

ご応募の受付は締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

staff| 08:50 | カテゴリー:World/Culture & trendWorld/Culture & trend

2010年05月16日

パリのジュエリー・ブランド Red Line

<16日放送のTOPICより>

パリのデザイナー、レティシア・コーエン・スカリ(Laetitia Cohen-Skalli)が2006年に立ち上げたジュエリー・ブランド「Red Line」。

古くから幸運のお守りとされてきた「エルサレムの赤いヒモ」からインスピレーションを受けて、チェーンやダイヤモンドに糸をあしらったジュエリー・コレクションを提案。モデルのエヴァ・ヘルジゴヴァをはじめ、ヨーロッパのセレブの間で人気を集めています。

フランスのエイズ撲滅キャンペーン「Sidaction」にも協力しました。

デザイナーのレティシアは今週、来日。通常では手に入らないアイテムをフランスから持って来て紹介する「トランクSHOW」を行ない、レティシア本人がH.P.FRANCE BIJOUX(ビジュー)の店に立ってお出迎えします。

5月20日(木)@H.P. FRANCE BIJOUX 表参道ヒルズ店
        (18時〜21時閉店まで)
5月21日(金)@H.P. FRANCE BIJOUX 丸の内店
        (19時〜21時閉店まで)

H.P.FRANCE BIJOUX ホームページ

staff| 08:50 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年05月09日

ブラジル発melissaのプラスチック・シューズ

9日のTOPICでご紹介したブラジルのシューズ・ブランド「melissa(メリッサ)」。

30年の歴史を持ち、自ら開発した再生可能なプラスチック素材を使用してカラフルな靴を作っている人気ブランドです。

またメリッサは、世界的なファッション・デザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッド、女性建築家のザハ・ハディッド、インテリア・アーティストのカンパナ・ブラザーズ、ブラジルを代表するファッション・デザイナーのアレキサンドレ・ヘルコヴィッチなど、国内外の多彩なクリエイターとコラボレートした靴を発表しています。

オススメを3点、ご紹介します。


※melissa_campana:9,240円(税込み)


※melissa_pink:9,240円(税込み)


※melissa_purple:13,650円(税込み)

●取扱い代表店舗

WALL 原宿店
 渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿 1F
 TEL : 03-5411-2704
 OPEN: 11:00−20:00 (不定休、年末年始を除く)

Ready Steady Go!
 渋谷区代官山町18-7 末廣ビル1F
 tel.03-3477-7680
 ホームページ

staff| 08:53 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年04月25日

"Art de Vivre"を実践するフランスのマルト・デムラン

25日のカルチャー・トピックでご紹介した、フランスのカリスマ・バイヤー、マルト・デムラン(Marthe Desmoulins)。

1989年、パリにオープンしたブティック「アブサント(Absinthe)」のオーナー/バイヤーとして、ファッション界に伝説を残しました。同店をクローズした後の2004年、南フランスのアヴィニョンに引っ越し、自然に囲まれた静かな環境で生活、"Art de Vivre" =日常生活を美しく快適に送るライフスタイルを実践しながら、遊び心にあふれたアイテムをセレクトするバイヤーとして活躍を続けています。

若いクリエイターのアート作品から食器などの日用品まで、マルト・デムランがセレクトしたさまざまなアイテムを扱っているコンセプト・ショップ、「バザー・エ・ガルド・モンジェ(Bazar et Garde-Manger)」(港区北青山3-7-6)

マルト・デムランのプロフィール、ライフスタイルなど詳細はこちら

logo-Baz.gif

staff| 08:52 | カテゴリー:World/Culture & trend

2010年04月04日

伊勢丹でタンゴ・ダンスパーティー

4日の放送でご紹介した、アルゼンチン・ブエノスアイレス発「コム イル フォー(Comme Il Faut)」のファッショナブルなタンゴシューズ。

4月7日(水)から13日(火)まで、伊勢丹新宿店本館2階ヤングスポーツウェアでも取り扱います。

期間中の10日(土)にはタンゴダンスのパーティーも開催!

★タンゴ・ダンスパーティー「グラン・ミロンガ」

アルゼンチンを象徴する情熱のタンゴ、マルベックやその他ワイン、そしてエレガントでセンシュアルなファッションの全てが集まる タンゴダンスパーティー「グラン・ミロンガ」

日時:4月10日(土) 14:30〜16:00(開場14:00)
会場:伊勢丹新宿店本館屋上 アイ・ガーデンステージ

入場無料ですが事前申込みの定員招待制となっております
予約&お問い合わせ: 伊勢丹(代表)03-3352-1111

staff| 08:53 | カテゴリー:World/Culture & trend


バックナンバー

カテゴリー