2017年05月28日

ジャパン・ハウス・サンパウロ(Japan House São Paulo)

日本の文化を海外に発信する施設、ジャパン・ハウスの1号館、ジャパン・ハウス・サンパウロ(Japan House São Paulo)が5月6日、サンパウロの中心街パウリスタ通り(Avenida Paulista)にオープンしました。

2017-05-06 11.30.06 HDR.jpg

世界的に活躍している建築家、隈研吾氏が設計を担当。木を縦横に配した外装が目を引きます。

2017-05-06 11.07.45.jpg

館内の天井や間仕切りには、隈氏の発案で和紙を使用。

2017-05-06 10.39.36.jpg

館内の様子

2017-05-06 11.11.23.jpg

オープニング期間の企画展(6月9日まで)のテーマは「BAMBU - Histórias de um Japão(竹)」

2017-05-06 10.45.31.jpg

エントランス・フロアーには竹林をイメージした、竹で囲まれた部屋が。靴を脱いで、竹の床を歩いて中に入ります。

2017-05-06 10.53.45.jpg

竹林の部屋の内部。中央は畳敷き。

2017-05-06 10.59.53.jpg

畳に仰向けに寝そべると、天井にスタジオジブリの「かぐや姫の物語」のダイジェスト映像が投影されています。

2017-05-06 11.06.07.jpg

上のフロアーには、竹細工の巨大なオブジェを展示。

2017-05-07 14.39.38.jpg

入場待ちの行列が出来るほどの人気。

2017-05-07 17.40.08.jpg

5月7日(日)には市内のイビラプエラ公園でオープニング記念の無料野外コンサートが行なわれ、1万5千人以上が詰めかけました。

2017-05-07 18.37.05.jpg

パリを拠点に活動している作曲家/トランペット奏者/ピアニスト、三宅純が率いる16人編成の多国籍グループ。ブルガリアのコズミック・ヴォイセズ、
ブラジル・バイーア出身のブルーノ・カピナンなど4組の歌い手をフィーチャーし、リオデジャネイロ・オリンピックの閉会式で、三宅純がアレンジを手掛けた「君が代」もライヴで披露しました。

2017-05-08 23.33.51.jpg

坂本龍一 with ジャキス&パウラ・モレレンバウム。2001年にアントニオ・カルロス・ジョビンへのトリビュート盤「Casa」を発表したMorelenbaum2/Sakamotoの、14年ぶりのライヴ。パウラの歌をフィーチャーしたジョビンの名曲のほか、ピアノ・ソロ、ジャキスとチェロのデュオで、坂本教授のオリジナル曲も演奏。「Merry Christmas, Mr.Lawrence」のイントロを弾き始めると、オーディエンスから盛大な拍手が巻き起こりました。

2017-05-07 19.31.03.jpg

Japan House São Paulo公式サイト(ポルトガル語)
Japan House公式サイト(日本語)


STAFF| 17:14 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ART

2017年03月19日

パウロ・モンテイロ展「The outside of distance」

ブラジルの現代美術家、パウロ・モンテイロ(Paulo Monteiro)の、日本では初めての個展が4月中旬まで、都内の2カ所で開催中です。

★パウロ・モンテイロ展 The outside of distance

3月18日(土)〜4月22日(土)@六本木 小山登美夫ギャラリー
 11:00〜19:00(休廊日:日/月/祝日)
 詳細は小山登美夫ギャラリー HP内

3月18日(土)〜4月23日(日)@大塚 MISAKO & ROSEN
 火〜土 12:00〜19:00/日 12:00〜17:00(休廊日:月/火/祝日)
 詳細はMISAKO & ROSEN HP内

MW.PMT.P.874.00.00 _87C9434.jpg

Untitled, 2017, 145.0 × 200.0cm, oil on canvas ©Paulo Monteiro

パウロ・モンテイロは1961年、サンパウロ生まれ。サンパウロ美術大学の出身です。
1983年、同世代の仲間たちと一緒にアーティスト集団「CASA 7(カーザ・セッチ)」を結成。注目を集めました。

絵画から始まって立体の彫刻まで作風を広げ、その作品はサンパウロ州立美術館、サンパウロ近代美術館、ニューヨーク近代美術館などに、所蔵されています。

今回の日本初の個展には、彫刻、ペインティング、ドローイング、合わせて100点以上の作品を出展しています。

ちなみにパウロ・モンテイロのハイスクール時代の友人には、番組で曲をかけたアルナルド・アントゥニスをはじめサンパウロのインテリ・ロックバンド、チタンス(Titãs)の元メンバー、映画監督のカオ・ウンベルゲルなどがいます。

_87C9748.jpg

©Paulo Monteiro

STAFF| 17:15 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ART

2016年06月05日

西武そごう「Oi!Brasil 2016」

リオデジャネイロ・オリンピックの開幕(8月5日)まで、あと2カ月。リオが近づいてきたタイミングで、さらにリオを身近に感じられるブラジルフェアのご案内です。

★西武そごう「Oi!Brasil 2016 BACANA!カリオカたちのいいね!」

西武池袋本店、渋谷店、そごう横浜店、千葉店、大宮店で6月30日まで開催中
公式サイト

logo.png

4年目を迎える今年も、レディース、メンズ、スイムウェアから、サンダル、アクセサリー、雑貨、そしてブラジルのイラストレーター、フィリッペ・ジャルジンとのコラボ・アイテムまで、リオのハイセンスなライフスタイルを伝える、さまざまなアイテムを取り扱っています。

また、リオデジャネイロ・オリンピックのアンバサダーもつとめるブラジルのポップアーティスト、ロメロ・ブリット展を、西武渋谷店で6月12日(日)まで開催中です。その後、西武池袋本店で6月22日(水)から7月4日(月)まで開催されます。

kv.png

西武池袋本店9階屋上・食と緑の空中庭園では、ブラジルを代表するグラフィティ・アーティスト、エドゥアルド・コブラがウォールアートをライヴ・ペインティング。およそ3週間をかけて描き、6月下旬に完成の予定です。

会場内には随時、J-WAVEがセレクトしたリオの「今」を伝える曲も流れています。

staff| 17:12 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ARTBRASIL/ART

2016年05月15日

ジャナイナ・チェッペ「Mountain Blanket」

5月15日の放送でご紹介した、ブラジルの現代美術家、ジャナイナ・チェッペ(Janaina Tschäpe)の個展「Mountain Blanket」。

ジャナイナ・チェッペは、ドイツで生まれブラジルで育ち、現在はニューヨークを拠点に活動している女性の現代美術家です。

自身の体験や神話を基に、自然と生命の調和、生命の根源、人間の本質を、絵画、写真、映像、立体などで表現。今世紀に入ってからは日本でも、何度も個展やグループ展を行なってきました。

今回の、東京ではおよそ3年ぶりとなる個展では、最新のペインティングをはじめ、映像作品、立体作品を発表しています。

5月15日にオンエアしたマリーザ・モンチのライヴ曲「DEPOIS」が収録されているDVD「VERDADE UMA ILUSÃO - TOUR 2012/2013」で、この曲を歌っているときにステージの後方に上映された、ジャナイナ・チェッペの映像作品を見ることができます。

★ジャナイナ・チェッペ「Mountain Blanket」

会場:東京・八丁堀 nca(日動コンテンポラリーアート)
    東京都中央区八丁堀4-3-3 B1
会期:2016年4月22日(金)〜6月4日(土)
営業時間:火 〜土 11:00 〜19:00 (日・月・祝 休廊)
入場無料
詳細はnca公式サイト

mountainblanket.jpg

Mountain Blanket 2015
(Oil on Canvas 208×241cm)

wolkenstaub.jpg

Wolken Staub 2016
(Oil on canvas 21×21cm)

©Janaina Tschäpe
※写真提供:nca

staff| 17:15 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ART

2016年03月13日

3/17〜28 東京芸術劇場でリオの写真展。関連イベントも

2016年オリンピック、パラリンピックの開催都市、リオデジャネイロがテーマの写真展です。

variouseyes.jpg

★Rio de Janeiro “Various eyes”
 リオ・デ・ジャネイロ ヴァリアス・アイズ

3月17日(木)〜3月28日(月)11:00-20:00(最終日は18時まで)
@池袋・東京芸術劇場 アトリエイースト、アトリエウエスト
入場無料
詳細は東京芸術劇場 公式サイト内

※アトリエイースト /「マグナムが見たリオ・デ・ジャネイロ」
ワールドワイドな写真家集団 “マグナム・フォト” の写真家達が撮影し、たリオを題材にした作品群(未発表も含む)を展示

※アトリエウエスト / 伊藤大輔展「Rio por dentro」
リオのファヴェーラを拠点に活動している写真家、伊藤大輔の、新作を含む写真展

アトリエイーストは、外から見たリオ。
アトリエウエストは、内側から見たリオ。
両方合わせて "Various Eyes" ということになります。

また期間中、アトリエウエストで関連イベントも開催されます。

★トーク&ライブ「Rio Tokio」

出演:高野寛(シンガー/ソングライター/ギタリスト/プロデューサー)

日時:3月18日(金)19:30開演(19:00開場)
会場:アトリエウエスト
料金:全席自由:2,500円(前売)3,000円(当日)
チケット取扱い:東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296

2014年、リオをでモレーノ・ヴェローゾをプロデューサーに迎えてリーダーアルバム『TRIO』を録音した高野寛のトーク&ライヴです。

trio.jpg

★トークセッション
 「一月の川、三月の雨 - 映像と詩によるリオ・デ・ジャネイロ」

出演:今福 龍太(文化人類学者/批評家/東京外国語大学教授)

3月19日(土)14:00 開演
会場:アトリエウエスト
入場無料

★トークセッション
 「音楽の都リオ」
 〜ショーロ、サンバ、ボサノヴァから現代のストリートビートまで

出演:中原 仁(音楽・放送プロデューサー/選曲家)

3月24日(木)19:30 開演
会場:アトリエウエスト
入場無料

J-WAVE「SAÚDE! SAUDADE」のプロデューサーでもあり、30年余で50回近くリオを訪れ、取材やCD制作に従事してきた中原仁が、多彩な映像をまじえてリオの音楽と文化風土をガイドします。

staff| 17:45 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ART

2015年07月12日

オスカー・ニーマイヤー展(7/18〜10/12)チケットプレゼントも!

ブラジルが生んだ世界的な建築家、オスカー・ニーマイヤー(Oscar Niemeyer)。その膨大な功績を振り返る、日本では初めての大規模な回顧展が開催されます。

★オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男

2015年7月18日(土)〜10月12日(月)@東京都現代美術館

展覧会のみどころ、休館日の情報など詳細はこちらの公式サイト

※オスカー・ニーマイヤー

1907年、リオデジャネイロで生まれ、1930年代から建築家として活動。ブラジル国内の建築物だけでなく、ニューヨークの国連本部ビルの設計にもたずさわり、国際的な名声を確立しました。

その後、ブラジルの新首都、ブラジリアの都市計画と建築にかかわり、議事堂、最高裁判所、大聖堂など、主な建築物の設計を手がけました。

ブラジルが軍事政権だった時代は約20年間、パリで活動。1985年、ブラジルに戻り、80歳、90歳、そして100歳を越えても、現役で活動を続け、2012年に104歳で大往生しました。

oscar_ig.jpg

オスカー・ニーマイヤー《ブラジリア大聖堂》Photo: Leonardo Finotti

oscar_ibi.jpg

オスカー・ニーマイヤー《イビラプエラ公園 講堂内部》Photo: Leonardo Finotti

oscar_ni.jpg

オスカー・ニーマイヤー《ニテロイ現代美術館》Photo: Leonardo Finotti

2015-07-31 17.50.04.jpg

オスカー・ニーマイヤーが設計したサンパウロのイビラプエラ公園が、会場内のアトリウムに1/30サイズで再現されています。

2015-07-31 16.23.07.jpg

会場内で上映中の、オスカー・ニーマイヤーのドキュメンタリー映画(約60分)の上映スケジュールです。

★リスナープレゼント

「オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男」のご招待券(抽選で5組・10名様にプレゼント)のご応募は締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

staff| 17:15 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ART

2015年07月05日

伊藤大輔 写真展:Morador de Favera

daisukeito.jpg

★伊藤大輔写真展:Morador de Favera ファベーラの住人

7月9日(木)〜15(水)
@キャノンギャラリー銀座(中央区銀座3-9-7)
10:30〜18:30(12日・日曜日は休館。最終日は15:00まで)
入場無料

伊藤大輔さんは2002年、中南米に渡り、ブラジル・リオのファベーラ(スラム街)で生活しながら写真家としての活動を開始しました。

その後いったん帰国しましたが、4年前、奥様と一緒にリオに移住。コパカバーナのビーチを見下ろすバビロニアの丘のファベーラに住んで、ファベーラの風景と、そこで暮らす人々の表情を撮影しています。

今回の写真展で展示する作品は、およそ40点。10年以上に及ぶ活動の集大成的な内容です。

2013年10月1日、番組の25周年の特番を放送したときに、伊藤大輔さんに電話で出演いただき、ファベーラの現状などを伝えてもらいました。

伊藤大輔公式サイト saudade FOTO

staff| 17:15 | カテゴリー:live/event infolive/event info

2015年04月19日

西武そごう「Oi Brasil!〜この夏、サンパウロに恋して」

西武そごうのブラジルフェア「Oi!Brasil〜この夏、サンパウロに恋して」。

ブラジル最大の都市、サンパウロのエネルギーと、パウリスタ(サンパウロの人)のアーバン・ライフにフォーカス。ファッションから雑貨、食材まで、現地直送のアイテムを取り揃えています。

★Oi!Brasil〜この夏、サンパウロに恋して →公式サイト

西武渋谷店 4/14(火)〜27(月)
そごう横浜店、千葉店、大宮店 4/28(火)〜5/11(月)
西武池袋本店 4/29(水)〜5/12(火)

oibrasil15.jpg

期間中、サンパウロの街角の名物、オレリャオン(Orelhão=大きな耳)と呼ばれる公衆電話ブースをかたどったオブジェ(ペイントはエドゥアルド・コブラ)が、音楽の試聴機として西武渋谷店西武池袋本店そごう横浜店に出現。J-WAVEの選曲プロデュースにより、サンパウロの「今」を伝える様々なジャンルの楽曲がダイジェスト(各3曲、3〜4分)で聴けます。設置箇所によって選曲が異なりますので、ぜひ店内を回ってチェックしてください。

★西武渋谷店 試聴機 設置箇所

B館1階 特設会場 "Novos compositores","Mixture pop"(柱をはさんで2機あります)
A館3階 連絡通路 "Street music (Hip Hop,Funk)"
A館4階 プロモーションスペース "Samba-soul"
A館5階 連絡通路 "Jazzy sounds"

★西武池袋本店 試聴機 設置箇所

1階(北B2)アップルシティ 特設会場
2階(北A3)婦人靴売場
2階(中央A7)トランスマーケット
3階(中央A8)キートゥースタイル

★そごう横浜店 試聴機 設置箇所
3階 シーガルコート

2015-04-14 19.34.26.jpg
2015-04-14 19.34.17.jpg

西武渋谷店では、インテリアとアートを融合したサンパウロ出身の兄弟デザイナー・ユニット、カンパナ兄弟の世界巡回作品展「Antibodies:抗体展」を、4月26日(日)までA館7階の特設会場で開催しました。

images.images.jpeg

2015-04-16 11.21.28.jpg

西武渋谷店A館店頭。サンパウロのウォールアーティスト、エドゥアルド・コブラが描いたペインティング・アートが渋谷の街を彩りました。

staff| 17:15 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ARTBRASIL/ART

2014年06月22日

Casa BRUTUS 7月号「みんなのブラジル!」

casa172-00.jpg

月刊誌 Casa BRUTUS(カーサ・ブルータス) 7月号は「みんなのブラジル」と題するブラジル大特集を掲載。建築、デザイン、音楽、映画、食文化など、ブラジルの魅力を多面的に紹介しています。

「サウージ!サウダージ...」も1ページ、滝川クリステルのインタビューとスタジオでの写真をまじえて紹介いただいています。

6月22日の放送にはCasa BRUTUS編集長、松原亨さんをゲスト・コメンテイターにお迎えして、最新号の見どころ、松原さんのブラジル体験談などをお話いただきました。

staff| 17:51 | カテゴリー:BRASIL/culture & trendBRASIL/culture & trend

2013年04月14日

SAUDE! SAUDADEがBGMをプロデュース!4/16〜29「Oi! Brazil〜ブラジルの風」西武渋谷店

4月19日に開店45周年を迎える西武渋谷店で、4月16日から29日まで「Oi! Brazil〜ブラジルの風」と題するブラジルフェアが開催されます。

会期中の館内BGMを「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE..」がプロデュース!

G000670854.jpg

<西武渋谷店開店45周年記念>Oi!Brazil〜ブラジルの風〜

4月16日(火)〜29日(月・祝)
各階=対象売場
概要はこちら

さまざまなブラジルのアイテムが勢揃いします。セレクションの一部をご紹介しましょう。

アマゾン原産のヤシの実、アサイーのドリンク、アサイーが原料のコスメとアクセサリー。

オーガニックな素材から作られた、ジュエリーやバッグ。

この夏、ビーチに持っていきたい、ブラジルの水着。

日本でも人気が高いOSKLEN(オスクレン)の洋服、MELISSA(メリッサ)のシューズなど、先端のブラジル・ファッション。

ブラジルのアートを紹介するイヴェントも、同時に開催されます。

■カルロス・ファルチ展〜マジカルワンダーランドの世界〜
4月16日〜29日 A館7階催事場ほか

ニューヨークを拠点に、コスチュームデザイナーとしてマイルス・デイヴィス、ミック・ジャガーなど一流アーティストのステージ衣装を手がけてきたブラジル人、カルロス・ファルチの作品展です。

■チチフリーク ライヴペインティング
4月19日〜23日(11:00〜18:00)モヴィーダ館1階正面口

025_MB_Mural_JanTooropstr_TitiFreak.jpg

サンパウロ出身の日系ブラジル人アーティスト、チチフリークが来日。モヴィーダ館1階正面口で5日間のライヴペインティングを行ないます。チチフリークは2011年12月、東日本大震災復興アートプロジェクトに参加し、石巻市の仮設住宅にグラフィティアートを描き、大きな反響を呼びました。

4月17日には「ブラジル・サンパウロのストリートアート×Titifreak 〜カオスの世界から生まれたアートが世界を変える〜」と題する講座も行ないます。詳細はこちら

DSC01497.JPG

(上記の写真2点提供:SAMURAI GINGA presents BRASIL×JAPAN Art Project)

2013年03月17日

3/22〜27「ブラジルの音楽画」展

●「ブラジルの音楽画」山田宗宏グラフィック展覧会

3月22日(金)〜27日(水)12:00〜19:00
@神宮前 PATER'S GALLERY
詳細はこちら

chegadesaudade.jpg

広告や書籍の装丁をはじめ、さまざまな分野で活躍し、カンヌ広告フェスティバルなどで数々の賞を受賞しているアートディレクター/グラフィックデザイナー、山田宗宏さんが、ブラジル音楽の名曲をテーマに制作したデザイン画の展覧会です。

リスナープレゼントもご提供いただきました。

山田宗宏さんがデザインした「ブラジルの音楽家」と題するジグゾーパズル(170mm×132mm)を抽選で5名様にプレゼントします。

musicosbrasileiros.jpg

※ジグゾーパズル「ブラジルの音楽家」

プレゼントのご応募受付は終了しました。当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

staff| 17:19 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ART

2012年12月09日

ジャナイーナ・チェッペ個展「ENDLESS」

9日のカルチャートピックでご紹介したジャナイーナ・チェッペ(Janaina Tschape)の新作個展「ENDLESS」。

ジャナイナ・チェッペは父親の母国ドイツで生まれ、母親の母国ブラジルで育ち、現在はニューヨークで活動している女性の現代美術家です。

ファースト・ネームのジャナイナは、アフリカからブラジルに伝わった宗教「カンドンブレ」の海の女神、イエマンジャーの別名。この名前に導かれるように、彼女は海や水、そして水の流れなどを創作のモチーフに、命のみなもと、自然と人間の調和を表現してきました。今回の個展では、新作のドローイングを12点、そして海にちなんだ映像作品を1点、発表しています。

★ジャナイナ・チェッペ「Endless」

会場:nca(nichido contemporary art)
    中央区八丁堀4-3-3 B1
会期:2012年11月22日(木) – 12月26日(水)
営業時間:火 – 土 11:00 – 19:00 (日・月・祝 休廊)
入場無料

公式サイトはこちら

janaina_soundless.jpg

staff| 17:18 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ART

2012年12月02日

神話のことば〜ブラジル現代写真展

12月2日の放送、カルチャートピックのコーナーでご紹介した「神話のことば〜ブラジル現代美術展」が銀座の資生堂ギャラリーで開催中です。

今年で81歳を迎えた女性の写真家、クラウディア・アンデュジャールが1970年代にアマゾンの先住民、ヤノマミ族の集落を訪れて、彼らと共同生活しながら撮影した写真のシリーズをはじめ、ブラジルの6人の写真家と1組のユニットが「神話」をテーマに、ブラジルの自然、人々、風習などをとらえた写真と映像が、展示されています。

何点か写真をご紹介します(提供:資生堂ギャラリー)

CA01_JapanColor2001_v2.jpg

クラウディア・アンデュジャール
《無題「見えないもの」シリーズより》1976年
Courtesy of Galeria Vermelho, São Paulo

LB01.jpg

ルイス・ブラガ
《パチュリ乳母》1986年
Courtesy of Galeria Leme

JC06.jpg

ジョアン・カスティーリョ
《ヴァデ・ヘトロ》 2012年
Courtesy of Celma Albuquerque Galeria de Arte and Zipper Galeria

★「神話のことば ブラジル現代写真展」

会期:2012年10月27日(土)〜12月23日(日)
会場:資生堂ギャラリー
    中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
    Tel:03-3572-3901
   平日 11:00〜19:00 日曜・祝日 11:00〜18:00 毎週月曜休 
   入場無料

資生堂ギャラリーのホームページはこちら

staff| 17:46 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ART

2012年11月04日

エルネスト・ネト展「Madness is part of Life」開催中

4日の放送でご紹介した、世界的に有名なブラジルの現代美術家、エルネスト・ネト(Ernesto Neto)の展覧会「Madness is part of Life」のインフォメーションです。

★「Madness is part of Life」by Ernesto Neto

会場:エスパス・ルイ・ヴィトン東京
   (Espace Louis Vuitton Tokyo)
    渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7F
日程:2013年1月6日まで
入場無料

公式サイトはこちら

番組でご紹介した "体験するアート" の写真です。クリックすると大きなサイズでご覧になれます(写真提供:エスパス・ルイ・ヴィトン東京)

7306-ErnestoNeto-EspaceLouisVuitton-PressBD.jpg

7432-ErnestoNeto-EspaceLouisVuitton-PressBD.jpg

7600-ErnestoNeto-EspaceLouisVuitton-PressBD.jpg

7797-ErnestoNeto-EspaceLouisVuitton-PressBD.jpg

staff| 17:40 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ART

2012年02月19日

サルヴァドールのカーニヴァル写真展

★BRAZIL×JAPAN ARTPROJECT presents
 北村欧介写真展「黒いローマの情熱」

2月7日(火)〜3月4日(日)@ NOS 恵比寿
(月〜木 18:00〜2:00 /金・土 18:00〜5:00 /日 17:00〜23:30)

ブラジル在住20年、サルヴァドールを拠点に活動し、月刊ラティーナに写真や記事を寄稿している北村欧介(ひろすけ)さんが撮影した、現地のカーニヴァルの写真展です。

場内の様子がこちらでご覧になれます。

飲食店での展示となっていますので、1ドリンクもしくは、テーブルでのご利用の際はご飲食が必要となります。

土日は貸切パーティが多い会場ですので、あらかじめ会場にご確認をお勧めします。

詳細はこちら



staff| 08:40 | カテゴリー:

2011年05月01日

春の世界市〜世界を旅する3日間

1日の放送でご紹介した、身近に世界各国の文化と触れ合えるイヴェント

★春の世界市〜世界を旅する3日間

5月3日(火)〜5日(木)10:00〜18:00
会場/さいたまスーパーアリーナ けやきひろば
入場無料

アジア、アメリカ、ヨーロッパなど世界各国の料理や雑貨のブースが出店。特設ステージでは世界の旅をテーマにしたイヴェントも行なわれます。

ブラジルのブースと関連イヴェントのご案内です。

<ブース1>
■サンパウロのアート雑誌「ZUPI(ズッピ)」の販売
■サンパウロのストリートアートギャラリー「CHOQUE CULTURAL(ショッキ・クルトゥラル)」のグッズの販売
■その他ブラジルのデザイン、アートブックの販売
■サンパウロのアンダーグラウンド HIP HOPを中心とした、CDやレアものレコードを販売(試聴できます!)他

<ブース2>
■サルヴァドールのアクセサリー(アサイーの種で作った手作りのアクセサリー)を販売
■サルヴァドールのボンフィン・デザインのバッグ、ポーチなどを販売

<ライヴペインティング>
3日(火)、会場内の特設ステージで、ブラジルでも活動している日本人アーティスト、カツマタヒデユキさんが、ブラジルのヒップホップ・サウンドに合わせてライヴペインティングのパフォーマンスを行ないます。(予定時間 11:00〜18:00)

※ブラジル・ブースの詳細はこちらのBRAZIL×JAPAN ARTPROJECT blogをご覧ください。

※下の写真はサンパウロのストリートアートギャラリー「CHOQUE CULTURAL」の外観と内装です。


※「春の世界市〜世界を旅する3日間」の詳細はこちらのオフィシャルサイト

staff| 08:44 | カテゴリー:

2010年10月17日

ヴィック・ムニーズ "Pictures of Paper"展と映画

17日放送のトピックでご紹介した、ブラジルの現代美術家ヴィック・ムニーズの個展です。

★VIK MUNIZ "Pictures of Paper"

会場/nca(nichido contemporary art)
    中央区八丁堀4-3-3,B1
    tel (03)3555-2140
期間/10月22日(金)〜11月20日(土)
    火〜土 11:00〜19:00(日・月・祝日は休廊)

詳細はこちら

ヴィック・ムニーズはユニークな発想と作風が特徴の現代美術家です。作品を作るにあたって通常の画材ではなく、砂糖、チョコレート、ピーナッツバター、砂や土などを使って写真や絵画の名作を模写する、そんな手法をとっています。

また、大地にブルドーザーを走らせて、ナスカの地上絵のような作品を描いたり、ゴミ処理場に集められた生活ゴミだけを使って、バスケットコート2面分の巨大な空間に、歴史上の人物の肖像画を再現する、というリサイクル・アートなど、既成の概念にとらわれないスケールの大きな作品も発表してきました。

今回の "Pictures of Paper" 展は「紙の絵」という名前のとおり、さまざまな色の紙を使って作品を描き、それを写真に撮って展示するという内容です。今回の注目は、江戸時代の文化に興味を持っているヴィック・ムニーズが、個展の会場、八丁堀にゆかりの深い広重や北斎などの作品を忠実に模写した、浮世絵のシリーズです。

この個展と合わせて、ゴミのリサイクル・アートの制作の過程を追ったドキュメンタリー映画「ヴィック・ムニーズ ごみアートの奇跡」が「第23回東京国際映画祭」で上映されます。

★第23回東京国際映画祭
 「ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡」
   (2010年ブラジル=イギリス)

 上映日時・会場
  10/23(土)10:45 @TOHOシネマズ六本木ヒルズ SCREEN1
  10/28(木)17:00 @シネマート六本木 スクリーン1

 映画に関する詳細はこちら


ヴィック・ムニーズがジャケットのヴィジュアルを手がけたCD。共に番組が主催しているブラジル音楽の年間アルバム・ベスト10「ブラジル・ディスク大賞」で第1位を獲得しました。
  ↓

★ Tribalistas / Marisa Monte, Arnaldo Antunes, Carlinhos Brown
  「2003年ブラジル・ディスク大賞」第1位アルバム

★CRU / Seu Jorge
  「2005年ブラジル・ディスク大賞」第1位アルバム

staff| 08:10 | カテゴリー:

2009年03月01日

「フリッチス ふしぎな色の旅」

3月1日の放送でご紹介した、ブラジルのベストセラー絵本
「フリッチス ふしぎな色の旅」
 (原題:FRICTS 1969年刊)
  ジラルド(Ziraldo):作・絵
  松本乃里子:訳
  定価 1,600円+税
  日本語版 桜風舎 2009年刊

下記のリンクもご参考ください。

桜風舎HP内の紹介ページ
松本乃里子さんのblog「ジラルドの絵本箱」

capafilcts.jpg

staff| 08:20 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ART

2009年01月11日

1/11のプレゼントです

1月12日まで東京都現代美術館で開催中の「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」の公式カタログ(エスクァイア マガジン ジャパン刊/A4変型判216ページ)を、抽選で5名様にプレゼントします。

住所、氏名などの必要事項そして「ネオ・トロピカリア カタログ希望」と明記の上、ご応募ください。締切は15日(木)。当選者の発表は賞品の発送をもって換えさせていただきます。

※ご応募は締め切らせていただきました。ありがとうございました。

staff| 08:43 | カテゴリー:

2008年11月23日

ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力

3cc3f16e-s.gif

11月23日のオンエアでご紹介したブラジルの現代アート展「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」が、江東区の東京都現代美術館(MOT)で長期開催中です。

●「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」

会場:東京都現代美術館企画展示室1F、3F、アトリウム
会期:2009年1月12日(月・祝)まで(開館10:00〜18:00)
 (休館日=11月24日と1月12日を除く月曜日
      11月25日、1月4日
      12月28日〜1月1日)
オフィシャルサイトはこちら
 
見どころ、"体験しどころ" が満載の大規模な展覧会です。
ブラジルのアートと音楽の密接な関係も体験できます。
12月20日(土)15:00から美術館講堂にて、当番組プロデューサー中原仁の講座も開催。

こちらの見どころガイドもご参考に!

※チケット・プレゼントのご応募は締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

staff| 08:54 | カテゴリー:

2008年09月21日

ジャパン・ブラジル・クリエイティブ・アート・セッション

21日の放送でご紹介したブラジリアン・アート展
「ジャパン・ブラジル・クリエイティブ・アート・セッション2008
 日本ブラジル交流展」
10月13日(月・祝)まで川崎市市民ミュージアムにて開催中。
(9:30開館〜17:00閉館。9月22日、29日、10月6日は休館日です)
入場無料!

日本とブラジルのクリエイター集団JBACが主催、ブラジルの現代美術作家17人の作品展示をはじめ、雑貨やファッションまでブラジルの多彩な魅力を紹介。ブラジル建築界の巨匠オスカー・ニーマイヤー(今年100歳!)、ブラジル美術界をリードし続ける日本人作家トミエ・オオタケの作品もご覧になれます。

関連企画としてミュージアム1階映像ホールにてブラジル映画の上映も行なわれます(有料:一般600円)

23日「モーターサイクル・ダイアリーズ」
   「シティ・オブ・ゴッド」
27、28日「リオの若大将」(加山雄三主演)
     「地球40度線 赤道を駆ける男」(小林旭主演)

※オフィシャル・サイトはこちら
※川崎市市民ミュージアムのホームページはこちら

staff| 09:05 | カテゴリー:BRASIL/ART


バックナンバー

カテゴリー