「真実」視聴 「星降る島」視聴 BUY CD
RENDEZ-VOUS SADAM 's blog
RENDEZ-VOUS SADAM
SADAM公式サイトはこちら
RSSで番組情報をGETしよう!
RSS
RSSで最新の情報を
GETするには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE


Reebok Video Podcast 体幹ランニング : J-Pod

Member's Card
HOME
2006年10月30日
ドキュメンタリー上映




世界では本当に沢山の場所で戦いを強いられている人達がいる。大国の勝手な国境や、資源、ビジネスの為のようです。大国の利権=企業の利益=僕らの贅沢。ホント、僕らから変わっていこう。
日本では報道されないアジアの紛争地や先住民問題を取材している南風島渉さんからお知らせがありました。世界で起きている事を知る貴重な時間になるでしょう。これを見た関東の方は必ず行くように〜!
**********************************

●インド、バングラデシュにおいて、長年軍事侵攻にあってきた先住民族の「今」を伝えるドキュメンタリーの上映会です。ナガもジュマも日本ではほとんど知られていません。

●2006年11月4日(土) 14:00−17:30 1,000円
場所:大阪経済法科大学 東京麻布台セミナー 大研修室
主催:市民外交センター     ジュマ・ネット
申込み・問合せ:市民外交センター・木村 
Fax: 045-961-1665
E-mail: kimuramakiko@hotmail.com
※人数確認のためFAXかメールにて事前申込みにご協力ください。

●プログラム:
13:30 〜 開場
14:00−14:15 ごあいさつ 
14:15−15:15 『コルナフリの涙』(60分・日本語字幕・バングラデシュ)
15:15−15:45 お話とQ&A「生き残りをかけて−ジュマにとって和」
ディプティ・チャクマ(活動家・難民認定を求め係争中)
15:45−16:00 休憩
16:00−17:00 『ナガ物語〜沈黙のかげで』(60分・日本語字幕・インド)
17:00−17:30 お話とQ&A「幻のナガランド〜隠された紛争地の半世紀」
南風島 渉(ジャーナリスト)

●『コルナフリの涙』 ジュマ・ドキュメンタリー
主流民族であるベンガル人の土地入植政策に抗し、1970年代から抵抗をはじめ
たチッタゴン丘陵の先住民族ジュマの現状を伝える。インタビュー形式で一般住
民をはじめとしてゲリラ組織やベンガル人入植者などさまざまな意見を幅広く反
映させ、多層的に捉えた作品。(2005年、バングラデシュ)

●『ナガ物語〜沈黙のかげで』 ナガ・ドキュメンタリー
インド独立とほぼ同時に独立闘争をはじめ、現在も独立要求を続ける北東部の
先住民族ナガについて歴史的に掘り下げ、インド中央政府による軍事侵攻を鋭く
批判する作品。軍隊による被害住民へのインタビューなどを通し、今も続く人権
侵害の状況を伝える。(2003年、インド)


SADAM | 23:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:
2006年10月28日
秋の予定です。



  秋は僕の一番好きな季節。いくつかイベントに出ます。

  ******************************************

■10月29日(日)11:30〜 【イニュニック祭5 秋穫祭】
場所:名古屋市北区清水5丁目10-8 グリーンフェロー1F(黒川駅 徒歩6分)
052-916-5390  無料

・もちつき大会   ・フラダンス 
・バーベキュー(岐阜県の船坂さんちの豚!)
・Let`s African アフリカ太鼓でみんなで遊ぶ
・マイ箸推進運動の芝ちゃんの紙芝居
・小向定ライブ  ・INUUNIQバンドライブ
・麻太朗の麻ひもアクセサリー作り
・カフェ2階のリフレクソロジーMOONさんのマッサージ
・家田農園のお野菜即売会  etc

  *******************************************

■11月19日(日)12:00〜 【月の庭 10周年祭】
場所 オーガニックレストラン&カフェ 月の庭
三重県亀山市西町438  0595-82-0252
3900円 フリーフード&ドリンク

・鏡開き◎オープニングセレモニー ・風の市(出店募集中)
・オーガニックパーティ料理 ・映画上映
・おいかどいちろう氏の目出度い大道芸
・コンサート、ポエトリー・リーディング ライブペインティング
・豊年相撲大会(力士募集)豪華懸賞付!

出演:小向定、広田奈津子、中ムラサトコ、平田雅士、south、cyclub、
The Family、江藤莅夏、恋川春町、近藤直子、バーバナ、風太(シケモク)、
ムー村上、歌舞伎昌三、他

  ********************************************

■11月23日(木・祝)10:00-16:00 【天狗フェスティバル】
場所 新宿御苑 100周年パビリオン前芝生広場 雨天決行
(御苑入園料200円のみ) 問いあわせ  TEL/FAX 042-244-4935

(メインステージ)
・GOCOO(12:00〜)      和太鼓バンド。海外公演も多数。
・小林武史&Salyu(13:00〜) ミスチルなどプロデュース。ap bank設立。
・渋さ知らズ(14:00〜)     圧倒的な人気を誇る大編成オーケストラ。 
(ピースマイルステージ) 10:00〜
居壁 太、豊岡 マサシ、小向 定 KAZZ、BAKU、
ムビラジャカナカ、旅心音楽団、スズキキヨシ、タカタカ 
アイヌや沖縄、アフリカの歌と踊り、楽器体験 他

   *******************************************

        などなど。時間が空いてたら遊びに来てください。


SADAM | 07:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:
2006年10月17日
インディゴチルドレン



インディゴチルドレンという言葉を知っていますか?

以下ネットから適当に抜粋。

『インディゴチルドレン』
アメリカの心理学者でオーラを見ることが出来る、ナンシー・アン・タッペさんが、1970年代に始めてインディゴブルーの魂を持つ赤ちゃんを見てそう名付けた。1970年頃から地球上に転生している新しい魂のグループ。心理的、霊的なより高い波動に適応しやすい魂。 彼らは、現代社会の常識や、古い概念を取り払い、より幸福に生きる為の、嘘のない、本来の人間らしい生き方をしようとしています。

すぐれた頭脳をもちながら現在の家族や学校のあり方に適合できない。興味のないことには見向きもしないため、協調性がないように見られます。 その為「変わった子ども」「生意気」と問題児とされることも多いです。ADHD(注意欠陥多動性障害)やアスペルガー症候群の子供に多く見うけられます。

世界は今、新しい時代へと移り変わろうとしています。 彼らは、その新しい時代のパイオニアとして この世に生まれてきたのです。
現在は10歳以下のこどもの90%はインディゴだといいます。
そして、今はさらに高い精神性をもったクリスタルチルドレン、レインボーチルドレンもこの世に生まれて来ています。
******************************

興味のある人は検索してみてください。まぁインディゴうんぬんはさておいても、いい加減、人類は色々と気付いていかんとアカン時期ですわな。

ミクシーで「インディゴチルドレン」を検索していたら面白い情報があったから紹介します。
以下英訳文から抜粋。

******************************
これは2013年まで続く、
いくつかの私たちのボタンを押すイベントの始まりです.

2006年10月17日の午前10時17分から 10月18日の午前1時17分の間、とても高い次元から放射される光線が、地球を通過します。

この光は、あなたの想いに力を与え、加速し、
その結果、すべての想いや、感情、決意、意志、が 100万倍に拡大します。良いことも悪いことも関係無しに。
危険なツールにもなります。ネガティブな想いも、 ほとんど即座に現実に現れるからです。
この時、 まるで奇跡と呼ばれるような感覚で、 日頃感じている時間枠を超えた速さで現れるのです。

全てはあなたの自然な選択ですが。
愛、感謝などの ポジティブな想いに集中しましょう。

ピークは、10月17日の
午後5時10分!

どこか自然の感じられる場所、
たとえば、大きな木の近くとか、
波の音が聞こえる場所だとか、
平和に過ごせる最適の場所を探してください.

特別瞑想して過ごす必要なないけれど、 そうすることはあなたに素晴らしい恩恵をもたらすことでしょう。

今までの人類の、「分裂した意識」から、
「統合されたONENESS」への移行の時です.

ミッション−1017
******************************

詳しくは「ミッション1017」で検索してください。でも今日の話でゴメンなさい。この先、目に見えない世界のこういう情報がどんどんやって来ると思う。「嘘か本当か」なんてのは重要じゃないと思う。何か感じればやればいいし、ピンとこなければそれでいい。もし、ガセネタでもそのおかげで祈りのある豊かな時間が過ごせるんだし。「騙された」って思うプライドなんて取るに足らんですよ。僕は河原に歌いに行く予定。

追伸 
17日朝、爽やかな光の中で、イバン・リンスを聴きながら掃除しています。久しぶりに体の調子がいい。掃除しながら「このミッション1017が誰かの冗談だったらいいのになぁ〜」と思った。こんなに洒落たジョークができる人が地球にいたらって想像したら、嬉しくなってきた。
100万倍でも一倍でもいい。沢山の人が同じ時に祈ることが出来るなら。


SADAM | 01:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:


バックナンバー
2008年06月 (2)
2008年04月 (3)
2008年03月 (1)
2008年01月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (1)
2007年05月 (2)
2007年04月 (1)
2007年03月 (1)
2007年02月 (3)
2007年01月 (6)
2006年12月 (3)
2006年11月 (1)
2006年10月 (3)
2006年09月 (1)
2006年08月 (2)
2006年07月 (8)
2006年06月 (6)
2006年05月 (3)
2006年04月 (5)
2006年03月 (1)
2006年02月 (3)
2006年01月 (3)
2005年12月 (4)
2005年11月 (9)
2005年10月 (9)
2005年09月 (10)
2005年08月 (7)
2005年07月 (13)
2005年06月 (15)
2005年05月 (27)
カテゴリー
最新記事
ドキュメンタリー上映
秋の予定です。
インディゴチルドレン
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.