「真実」視聴 「星降る島」視聴 BUY CD
RENDEZ-VOUS SADAM 's blog
RENDEZ-VOUS SADAM
SADAM公式サイトはこちら
RSSで番組情報をGETしよう!
RSS
RSSで最新の情報を
GETするには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE



Member's Card
HOME
2011年01月29日
原発卒業の日



先週末の山口滞在には映画の試写会以外にもう1つ大きな目的がありました。
中国電力が原発を作ろうとしている上関に行くことです。

田ノ浦の海を守る活動をしている、「コンチ&らんぼう」が、祝島〜田ノ浦〜山口県庁と、上関を知る上で欠かせない場所を丁寧に案内してくれた。
コンチ、らんぼう、いつもサンキュー!

らんぼう

コンチ隼人


僕は原発に関しては勉強不足だが、ただリスクは莫大だと思う。
そう思いながらも毎日電気を使っている。簡単な問題ではない。
原発、基地、環境、どんな切り口でも、色んなことを考えさせられる。
人類の一人として、必然で最適な「お題目」として捉えるしかない。
考えて対話するプロセスこそが、「原発」のギフトなのかもしれない。

僕は今、時代は「祝•原発卒業」の時期に来ていると感じている。
人類が、原子力から得る恩恵をも越える、遠い人へ思いやりを感じた時、
役目を終えた原発は一つずつ解体されていくのはないでしょうか。

原発に変わるものは、自然エネルギーや新技術、自治体による効率的発電システム、節電、ライフスタイルのチェンジ。いくらでもあるでしょう。

今稼働中の原発に関しては段階的に完了。
多くの人が「原発」に感謝の心でこの終了の日を迎えるでしょう。

ですから、現在、建設が予定されている原発に対して僕は明確に「反対」です。

40年前ジョンとヨーコが言った「WAR IS OVER if you want it」
そして今「NUKE IS OVER if you want it」


26日朝、ハンガーストライキをしている5人の若者の所に、らんぼう、隼人が連れて行ってくれた。
会う前、僕は正直恥ずかしかった。僕には到底出来る事ではない。

車から5人の姿が見えた。人通りの少ない殺風景な県庁前に、毛布にくるまって肩寄せ合っている。巨大な建物の前では子猫の様にさえ映る。
佇まいにネガティヴな物はなく、純粋な愛おしさを感じた。

彼らは笑顔で迎えてくれた。

19歳〜20歳の5人、COP10の時に一緒に走り回った友人達だった。
ご高齢のサワさんも雪のちらつく中、共に毛布の中にいらっしゃった。
29日現在でハンスト9日目になります。

30日に、国会議員の服部良一氏が激励に来てくれることになりました!
ハンストの若者達曰く、
「その時が最後の大きなアピールになると思うし、たくさんの人がいてくれたらアピール度も上がると思うので県庁前に応援に来てくれると嬉しいです!!」
とのことです!応援に来れる方は
1/30(日)12時30分 山口県庁前 に来てください 。

マンデーどっきり大作戦というのもあります。
月曜の朝に応援ファックスがまとまって県庁に集まっているように、29日(土)と30日(日)の間にファックスを送ろうという作戦です。
是非ファックス、お願いします!


以下彼らのメッセージです。転送大歓迎。
山口県庁、中国電力へのメッセージもお願いします!

*********************************

彼らのブログ

声明文

原子力発電所が作られ、稼動する事によってうまれる放射性廃棄物や、海や大気中に蓄積されていく放射線を僕等の世代や、僕等の子供達に残して欲しくないという想いからこの行動を決起しました。

放射性廃棄物は何千年もの間、放射能を出し続けますが、その処理方法はまだ確立されていません。
そして、原子力発電所は40年ほどしか稼動出来ず、建物自体が放射性物質になっていくため、廃炉になった後の安全な解体方法も見つかっていません。

そんな中、新たに山口県上関町で原子力発電所の建設計画が進んでいます。
稼動する過程で出る放射性廃棄物の処理方法や、廃炉になった後の解体方法がないまま、新たに原子力発電所を作る事は問題をこれから生きる若い世代に先送りする行為です。

僕達は、誰一人上関町の住民ではありません。しかし、原子力発電所の問題は、けして上関町だけの問題ではなく全国の問題です。

少しでも、この事を多くの人に知ってもらい、そして山口県上関町田ノ浦の埋め立て許可を出した山口県知事に今上関で起きている事実と思いを伝えていきたいです。

このハンガーストライキは、全国の方達に注目されて初めて意味を持ちます。
皆さんの力が必要です。もしも、この想いに賛同されましたら、この文章をなるべく多くの方達に発信して下さい。

そして少しでも時間のある方、山口県庁と、原発誘致を進める中国電力へ電話、FAXなんでも良いです。このハンガーストライキについて問い合わせして下さい。

もちろん、僕達と一緒にハンガーストライキをしてくれる仲間も年齢性別問わず大歓迎です。

繰り返しますが、この行動には皆さんの力が必要です。
僕達は、この想いを伝えるためなら限界まで体を張ります。
どうかご協力お願い致します。


山口県庁
TEL083-933-2570
FAX083-933-2599

中国電力
TEL082-241-0211
FAX082-523-6185


SADAM | 20:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:
2011年01月29日
山口での試写会、ありがとうございました。
先週末、山口県の3箇所で「Canta ! Timor」の試写会が行われたので、広田監督と一緒にトーク&ライブという形で参加してきました。 平和を願う草の根グループ「えんどう豆」の皆様、宇部東ティモールの会の皆様、下関チモールの会の皆様、宇部ときわ湖畔ユースホステルの石川さん、そして、らんぼうさん、コンチ隼人さん、ひろみさん、祝島の皆様、その他にも沢山の方々が温かく迎えてくださったことに本当に感謝しております。ありがとうございました。 そしてなにより会場に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。 全てにおいて、かけがえのないご縁を感じております。 う〜ん、この気持ち、色々言葉を探しましたがごめんなさい、やっぱり「ありがとう!」です。
SADAM | 20:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:
2011年 1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


バックナンバー
2011年01月 (2)
2010年12月 (2)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (2)
2010年07月 (2)
2010年05月 (1)
2010年04月 (1)
2010年03月 (2)
2010年02月 (1)
2010年01月 (3)
2009年12月 (1)
2009年09月 (2)
2009年07月 (2)
2009年06月 (3)
2009年05月 (2)
2009年04月 (1)
2009年02月 (2)
2009年01月 (1)
2008年12月 (3)
2008年11月 (1)
2008年10月 (1)
2008年09月 (2)
2008年08月 (1)
2008年07月 (2)
2008年06月 (3)
2008年04月 (3)
2008年03月 (1)
2008年01月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (1)
2007年05月 (2)
2007年04月 (1)
2007年03月 (1)
2007年02月 (3)
2007年01月 (6)
2006年12月 (3)
2006年11月 (1)
2006年10月 (3)
2006年09月 (1)
2006年08月 (2)
2006年07月 (8)
2006年06月 (6)
2006年05月 (3)
2006年04月 (5)
2006年03月 (1)
2006年02月 (3)
2006年01月 (3)
2005年12月 (4)
2005年11月 (9)
2005年10月 (9)
2005年09月 (10)
2005年08月 (7)
2005年07月 (13)
2005年06月 (15)
2005年05月 (27)
カテゴリー
最新記事
原発卒業の日
山口での試写会、ありがとうございました。
映画『カンタ! ティモール』試写会
いきものカフェVOL.3
埋め立て停止を求めて,ハンガーストライキ
上関原発
犬塚彩子 in 名古屋
熱田の森 音楽祭
タカとナツコのいきものカフェ vol.2
8月10日 TOKUZO
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.