TOKYO REAL-EYES blog
TOKYO REAL-EYES blog
RSSで番組情報をGETしよう!
RSS
RSSで最新の情報を
GETするには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE



HOME
2006年10月30日
奄美大島の

大自然と伝統。人の心に懐かしさや素朴なやさしさをもたらす声。
中孝介(あたり こうすけ)君の歌声に触れるとそういう言葉が
頭をよぎります。
先日の渋谷BOXX、お客さんも、歌声に優しく、そしてしっかりと
包まれて、ちょっと奄美の自然の一部と化してしまったかのように
感じました。ステージを照らすライトが、木々から地面を射す木漏れ日
のように見えたりして・・・。

じーんと心に残響する歌声の余韻を楽しみながら家路に着きました。
ちなみにステージ出演1分前くらいに舞台袖で顔を合わせてびっくり!
みたいなね。中君、暗がりでも挨拶させてもらってありがとう!

REAL-EYES STAFF | 14:56 | カテゴリー:たくみ日記
2006年10月29日
銀河鉄道の夜に…

銀杏BOYZ峯田くんのマンスリー企画が完結しました。
スタジオに琢己氏とマイクを挟んで向き合い、
じっくりと時間をかけて収録させてもらったのは九月下旬…

今回の作品である著書「恋と退屈」のことはもとより、
人生そのものの生みの苦しみまで語ってくれた気がします。

とくに今回は、峯田くん自らの日記の朗読と
その生活に密接に係わってきた“音楽”をかけさせてもらったのですが、
今回のインタビューで印象的だった言葉をひとつ。
(バンドをやっている自分が、純粋に音楽を楽しめくなっているかも知れないという下りで)
「音楽がもう嫌になったりするけど、でも音楽にすごく助けられている。だからイーブンかな…」
朗読のあとにかけさせてもらった曲の数々は、恐らくどれもそうなのだろうと…。

今回のオンエアをもってREAL-EYESスタッフがひとり卒業しました。
番組スタッフきってのスニーカーマニア”わっきー”くん。
彼の日記(blog)にも“音楽”に関することがよく出てきます。
音楽に助けられ励まされる人生。

今週の放送で“旅立ち前夜”が鳴り響きます!

REAL-EYES STAFF | 16:17 | カテゴリー:ディレクターN日記
2006年10月29日
歌って踊るアーティスト

romatanaka.JPG
田中ロウマ君のパフォーマンスを見に渋谷へ・・・。
この日は他にCurly Giraffe(正体を明かさないバンドなんだけど、
ライブを見て一目瞭然!!)と中孝介君が出演とあって、
行かないと損をすると思い見に行きました。

ロウマ君のパフォーマンスは

ダンスのキレと歌のうまさに感動!
どっちもできる、しかも高いレベルで両立できるのは、
すごいことだなって思いました。だって、やっぱどっちかを
選ぶことになっちゃいそうじゃない?
でも、ダンスのパフォーマンスも、鳥肌が立つような歌声も、
どっちもしっかり伝えていくアーティストになってほしいなって
思いました。だってかっこいいんだもの!

今はまだ少数しかいないかもしれないけど、
もっと、R&Bっていうのかな、ダンスミュージックもあり、
しびれる歌声もありっていう音楽をみんなが注目
してくれるようになって欲しいと思いました。
Curly Giraffe と中孝介君のライブレポはまた明日!

(写真は楽屋でロウマ君と。シャツに注目!)

REAL-EYES STAFF | 13:57 | カテゴリー:たくみ日記
2006年10月29日
NICO Touches the Walls登場!

今日のゲストは、人気160km/hで上昇中のNICO Touches the WallsからVo.Gt.光村くんが登場!!
2nd Mini Album「runova x handover」リリース直後ということで、この作品について伺っていきました。
クールかつ淡々と想いを語る光村くん。すごくNICOの精神世界が伝わってきました。
光村くん、本日はどうもありがとうございました。ちなみに、光村くんがもっているのは、芋洗い坂レコードのオリジナル・エコバッグ!これからも、みなさんにどんどんプレゼントしていく予定です。お楽しみに!

REAL-EYES STAFF | 09:52 | カテゴリー:放送後記
2006年10月28日
LIVE SUPERNOVA 出演者サイン入りTシャツ&芋エコバック

今夜も当然プレゼントあります!
もう恒例ですね。LIVE SUPERNOVA 出演者サイン入りTシャツ!
10 supernova bonobos.jpg
bonobos!
10 supernova saki saimon.jpg
紗希&磯貝サイモン!
そして、先ほど店員アルバイトの募集もあった、
芋洗い坂レコードのエコバックも2名に!
芋エコバック.jpg
どっちが欲しいか明記して、番組トップページの
「Messag&Request」からお待ちしてます!

REAL-EYES STAFF | 15:29 | カテゴリー:今日の放送!
2006年10月27日
お金をかけずに楽しむ

金欠のときは、無料のもので楽しむ。これ重要です。
僕の場合、最近ハマっているのが、海外のレーベルのPODCASTING!
著作権で一般に売られる音楽が聴けないPODCASTINGですが、
海外のレーベルで番組を作っている場合、音楽が聴けることもあるみたいです。
PUNK好きの僕としては、今はFAT WRECK CHORDS PODCASTSがお気に入り。
日本のバンドも多く影響を受けたNOFXが運営する番組で、音楽も放送しているし、
彼らのオリジナル番組JINGLEもレアな感じでファンにはうれしい。
みなさんも、海外のPODCASTINGでお気に入りが見つかるかも!!
そしてもちろん、TOKYO REAL-EYESのPODCASTINGも大好評、公開中!!
こちらもお聞き逃しなく!!

fat.gif

REAL-EYES STAFF | 14:07 | カテゴリー:いわまん日記
2006年10月27日
効く薬

喉がかなり腫れて、びっくりして病院へ、
処方された薬を飲み、ひと段落、と思ったら、
鼻の奥に違和感が、そして頭痛・・・。
別の病院で、また診察・・・。

結果、この3日間ほどでこんなにたくさんの薬にお世話になる羽目に。
季節の変わり目、というか急に寒くなってくるこの季節。
みなさんも気をつけて!
drugs.JPG

REAL-EYES STAFF | 03:57 | カテゴリー:たくみ日記
2006年10月26日
ギターぶっ壊しバンドその

ども、ワッキーです。
以前ギターを破壊するバンドを紹介しましたが、
今回はある場所でギターを破壊したバンドを紹介。
顔にペイントをしたKISSってバンド、ご存知の方多いと思いますが、
kiss.jpg
彼らは1977年の武道館でのライブで当時22万のギターを破壊、
しまいにはギターから煙が噴出する始末。(燃やしたわけではないですが・・・)
ビートルズが武道館で初めてライブをやって以来、日本人においても、
海外のアーティストにとっても一つの到達地点、ステータスのステージ。
今週のREAL-EYESでは、様々な伝説を生んだ武道館前で行った、
MONKEY MAJIKへのインタビューをオンエア!
新曲、今の心境などについて色々聞き出しちゃいます!お聞き逃しなく!

REAL-EYES STAFF | 14:07 | カテゴリー:ワッキー日記
2006年10月25日
★浅井健一…かっこよ過ぎる!★

sapporo.jpg061015_2002~01.JPGimage.jpg
最近、何かやばい自体が起こると、
「危険すぎる〜うううう♪」と歌ってしまうのが癖です。
さて、私:紅の一は、極寒の地:北海道から
せっせとblogをUPしてます(笑)。
いやいや、東京では、室内は完全に半袖、
屋外でも軽い羽織物で全然間に合っているというのに、
札幌は…白い息に、歯が、ガチガチ鳴る!!
寒過ぎる〜うううう!寒い!ここでは秋の到来,冬の足音を感じるのであります。

そこで温かく、心和むエピソード…、ささやかではありますが、
ベンジーこと、浅井健一さんの小話を一つ…。

浅井健一さんが、自分と同じ田舎:名古屋出身だということは、
前々から知ってたんですが、前にREAL-EYESにゲストに来てもらった時は、
あまりのオーラに(本当!)一言も喋れなかった私…。
自分で言うのもなんですが、意外と図々しい(笑!)方なので、
ここしかない!という一期一会の場面では、
どんな方がゲストでも、ずかずかと話しにいってしまうんですが…、
久しぶりにやられてしまい…。
どうしても聞きたかった”浅井さんって名古屋のどこ出身なんですか?”
の一言が出ず、撃沈。

J-WAVE、M+の”Oディレクター”は、根っからのブランキーファンで、
浅井さんのことなら本当になんでも知っているっていうぐらいの人。
だから、Oディレクターに、浅井さんが「名古屋」のどこ出身なのか、
聞いてみたのですが、結局分かりませんでした。

だから、この野音のLIVE(先週番組でも、”WAY”のLIVE音源をON AIR!)で
絶対聞いてやる!と思っていたのです。

LIVE後、ステージから上げたてホヤホヤの浅井さんがいる楽屋に
スタッフ全員で突撃。LIVE後のインタビューをし終わった隙に、
10年分の勇気を出して聞いてみました!
そしたら、あの和む癒しの名古屋弁で、

べ:「なにい、名古屋なの?どこお?」
私:「地元は南区なんですけど、大学はA学院でした!」
べ:「マジで!俺、N高校だよ!」
私:「ええええ〜、マジですか!N高ですか(爆)!」
べ:「(爆)!うん、あとちゃんと名古屋市内だから(笑)。」
私:「(爆)!」
べ:「名古屋なんだ…、よろしくね(笑)。」

※(注)名古屋弁吹き替えでお楽しみ下さい!

モヤっと!が、すっきり!!
なんと、浅井さんは、私が通っていた
大学の側にあるN高校に通っていたことが判明。
めちゃめちゃ親近感!
なんだか、名古屋のジモティーと話した感覚に陥ってしまったのでした。
(スイマセン!!)

そして、浅井さんがLIVE後に脱いだブーツの下に履いていた、
ピンクのボーダーのソックスに”キュン”として、楽屋を出…。

同郷から、浅井さんみたいに、かっこいいロックスターが
生まれてきたことに誇りを感じる!

ふと、札幌の寒空にいたら、思い出して暖まってしまったので…。
お裾分けです♪


REAL-EYES STAFF | 05:12 | カテゴリー:ライター:紅の一修行日記
2006年10月24日
変化

061003.jpg

ありふれた“ロックバンド”ではなく、
不格好でも良いから、“ロックシンガー”になりたい。
そんな決意表明によって生まれた曲を評して、
ある有名なロック雑誌は、「遂に吹っ切れた!」と表現していた。

LOST IN TIME。
今、一番声を届けたいバンドです。

REAL-EYES STAFF | 14:09 | カテゴリー:教授日記
2006年10月24日
バンドが次のレベルを

見据えて、動き始めている、如実に表れる言動、自信、期待。

パフォーマンスがパワーアップし、MCで野望を打ち明け、
次のライブ予定が今よりビッグイベントになる。

椿屋四重奏、4人が見ているものは、次へのステップ。
成長、進化、上昇、変革・・・。

とにもかくにも、この映像集は今本当にいいタイミングで
みんなに見てもらいたい作品です。
tsubakiya.JPG

REAL-EYES STAFF | 05:20 | カテゴリー:たくみ日記
2006年10月23日
ベンジー秘話…

いきなりですが、今、番組ウェブサイトトップの
水色のバナーをクリックしてみると…。

"浅井健一×TOKYO REAL-EYES"の
PODCASTINGがUPされてるじゃないですか!?

突如ウェブサイト上にて展開されてるという
この番組ならではの唐突っぷりですが…。

実はこのトーク。以前、番組に出演していただいたときの模様+αを
収録した言ってみればディレクターズカット版。
きっと浅井さんをこれまで以上に身近に。
そして、間違いなく好きになれる。そんな内容になってます。

ibm.jpg

速報!!
日比谷野音ライヴの興奮を、先週とは違う音源でもう一度!
何と“あの時代”の名曲です!!
今週土曜深夜0時からのオンエアをオキキノガシナク!

REAL-EYES STAFF | 12:46 | カテゴリー:ディレクターN日記
2006年10月22日
「通過点ですよ」と彼は言った。

tsubakiya.JPG
椿屋四重奏ツアー・ファイナルに行って来た。
場所は、ロックの殿堂、シーシーシブヤ公会堂。
本当は、CCレ○ン・ホールになったのだが、
中田君(Vo&G)は言いたくなさそうだった。
だって、日本武道館が、
ポカリ○エット館になっちゃったようなもんだから。

かつてこの会場は中田君にとって、憧れの地だった。
だった。過去形である。

「通過点ですよ」

中田君は、終演5分後の楽屋であっけなく言い放った。
そこには、達成感は感じられなかった。
もっと遠くを見据えていた。
「2006年は、来年のために犠牲にした」
「とりあえず、売れる」
普通なら放言としかとられない言葉がポンポン出る。
よほど、バンドに自信が出てきたようだ。
「ロックヒーローは今まで憧れる存在だったけど、
僕がロックヒーローになります」
演舞(ライブ)のラストに中田君はそう言った。
「椿屋四重奏を、日本を代表するバンドにして、
日本武道館というリアルな目標に向かっていきます」

確かに、この日の演奏の充実振りは、
先を見据えていくのに十分すぎるパフォーマンスだった。

「年末、カウントダウンライブをやるんだよね?」
と訊いたら、
「来年もやりたいんですよ、やってもいないけど(笑)」
中田君、それはちょっと、先を見過ぎかもよ(笑)。

PS:終演後、意外な人たちと楽屋ですれ違った。
来年の椿屋の展開を予感させた。

REAL-EYES STAFF | 06:29 | カテゴリー:スタッフ日記
2006年10月22日
今週も盛りだくさんでお送り!

今週もてんこ盛りの内容でお届けしたTOKYO REAL-EYES!
まず、The Birthdayが4人全員でスタジオに。
前回のときとは違う、静かだけど存在感が出まくりのトーク。
the birthday×takumi.jpg
余談ですが、写真を撮ったあとThe Birthdayのメンバーにお礼を言ったとき、
チバさんのちょっとはにかみ笑顔の「ありがとう」の言葉になんかジーンとしてしまいました!
そして、浅井健一10/15日比谷野音のライブ音源&楽屋直撃インタビュー!
音源は危険すぎるほど、かっこよかったですが、楽屋の浅井さんはいたって
穏やかなトーンでインタビューに答えてくれました。
まだありました!the pillowsとMr.Children対バンツアー、山中さわお氏インタビュー。
Mr.Childrenと出会った頃など、the pillowsとMr.Childrenの関係がわかるインタビューに!
また、椿屋四重奏ライブ直後の楽屋インタビューもお届けと濃い2時間でした!
来週も中身がぎっしり詰まった2時間、間違いなしなのでチェックよろしくです!

REAL-EYES STAFF | 05:17 | カテゴリー:放送後記
2006年10月21日
今週もプレゼント盛りだくさん!

今週もREAL-EYESはプレゼント盛りだくさん!
まず、ひとーつ!
ピロウズ×ミスチル.jpg
先日ZEPPでライブを行ったthe pillowsとMr.ChildrenのツアーTシャツ!
ふたーつ!
浅井 サイン.jpg
先週の日曜日に日比谷野音でのライブが最高にかっこよかった
浅井健一さんサイン入りツアーTシャツ!
みーっつ!
タオル1.jpg
今夜のゲストThe Birthday×TOKYO REAL-EYES Wネームタオルを10名に!
さらに!今週は・・・
芋エコバック.jpg
芋洗い坂レコーズのエコバックも3名に!
これだけプレゼントがあればひとつは当たる!?欲しい方は
番組トップページ「Mesaage&Request」からお待ちしてます!


REAL-EYES STAFF | 15:33 | カテゴリー:今日の放送!
2006年10月20日
ELLEGARDEN、The Pillows×ミスチル

今週土曜(10月21日)深夜0時!
J-WAVE McDonald's TOKYO REAL-EYESをCHECK!!

銀杏BOYZ 峯田和伸が激白!!
著書「恋と退屈」の世界に迫るマンスリー企画。

ELLEGARDEN新曲を先行オンエア!

The Birthday生出演!!
遂にメンバー全員がスタジオに登場!
“The Birthday×TOKYO REAl-EYES”Wネームタオルもプレゼント中!

注目ライブ最速レポート!!
Mr. Children & the pillows new big bang tour
楽屋直撃インタビュー!山中さわおが語った桜井和寿の秘話!?

浅井健一.jpg

浅井健一〜Johnny Hell Tour
日比谷野外音楽堂での楽屋直撃インタビューに加え、
当日の熱狂ライヴ音源もオンエア!
そのほかにも・・・ 
椿屋四重奏@渋谷公会堂
番組主催ライブ"LIVE SUPERNOVA"@Shibuya O-NESTの
bonobosのライブ音源などなど、
今週もナビゲーター藤田琢己による現場直送ライヴレポート盛りだくさん!

RADWIMPS出演のライヴにご招待!!
フレッシュ&リアルなアーティストが集結するライヴイベントに
番組リスナーを特別にご招待!
今週土曜のオンエアで発表されるキーワードをチェックしてエントリーしよう!

REAL-EYES STAFF | 12:58 | カテゴリー:
2006年10月20日
ミスチル桜井和寿について語る。

the pillowsの山中さわおさんに呼びかけたところから始まった、
Mr. Children & the pillows の対バンツアー。
今週土曜日(21日深夜24時〜)のオンエア21日には山中さわおさんの楽屋インタビューで、
ミスチルのこと、ピローズのこと、色々聴けちゃいます!!

pillows_zepp.JPG

そういえば前にさわおさんにメールをしたときに、

ちょうど対バンライブに向けての「決起飲み会」だったそうで、
それはもうしっかり盛り上がったとか!

僕が見に行ったのは、Zepp Tokyo 2daysの2日目、
リハーサルの風景もちょこっと見させてもらったりして軽く大興奮。
そしてスタートを待つ・・・。

まずthe pillowsが登場。お客さんのボルテージは一気に上がる。
ピローズファンが空気を一気に戦闘モードに。
呼応するようにミスチルファンも歓声を上げる。
対バンという名の、長年の仲良し、そして互いの音楽をリスペクトしている同士の、
負けず嫌いのライバルの、お客さんを巻き込んだ一騎打ちの火蓋が
切って落とされた瞬間だ。
そんな会場全体の空気にふれ、なんだか武者震いが止まらない俺。
なんだかすごい嵐の渦の中心に来ちゃって、もう後戻りできない。
願わくばその渦の一端で嵐を加速させんことを!なんて思いながら
喉をからし、叫ぶ・・・
「さわおーーーーーーーっ!」(この際、さんづけは省略しちゃいました、はい。
「ノンフィクション」からスタートし、ライブ巧者としての、さらにはどっちのファンだって
関係なく気持ちよすぎるほどのロックの攻撃に、会場がぐちゃぐちゃに動く。
一曲終わるごとに
「かっけーよ、やっぱかっけーよ!」という声が右に左に聞こえてくる。
あっという間のパフォーマンスタイム終了。会場からは湯気が・・・。

程なくしてMr.Childrenの登場。会場はこんなにもエネルギーがあったのか
っていうくらいのテンション。
アコギ一本の桜井さん、デッデッデッデッと始まったのは「Tomorrow never knows 」
気づいたお客さんから少し遅れて大歓声。
普段より近いメンバーに、とにかく会場はうっとりと興奮のジェットコースター状態。
そして新曲「しるし」も披露。会場が息をのむように見守るなかの演奏。
ピローズのトリビュートアルバムでも参加しているカバー曲
「ストレンジカメレオン」も、仮タイトルが「さわお」という曲も披露。
アンコールではピローズとジョイントで、「everybody goes」を演奏。
宴はあっという間に過ぎ去っていきました。
今週の放送では、山中さわおさんの語るミスチル、など、
楽屋インタビューが聞けます!!

REAL-EYES STAFF | 04:00 | カテゴリー:たくみ日記
2006年10月19日
秋の夜長に最適な目覚まし時計

秋の夜長で、つい寝坊なんてことありますよね。
目覚まし時計をセットしておいたのに、、、なんてこと。
最近、僕の場合は、iTunesを目覚まし代わりにしているんです。
好きな音で起きれるから、ストレスなくすっきり目覚められるます。
これは、「AWAKEN」というソフトを使うとそれが可能!!一応、MACようなので
WINの方、同じようなソフトがあると思います。

awaken_3.jpg

REAL-EYES STAFF | 21:42 | カテゴリー:
2006年10月19日
危険すぎる・・・ 浅井健一 10/15@日比谷野音

ども、ワッキーです。
琢己さんもblogで書いていましたがワッキーも行ってきました!
浅井健一 10/15@日比谷野音!
危険すぎる・・・。あのかっこよさ。
(REAL-EYESスタッフ間で「危険すぎる」とういうフレーズが流行中)
黒で統一された服、グレッチのギター、そしてギターをひくポージング。
すべてがTHE 浅井健一ワールド。
で演奏終了後、インタビューのため楽屋に突撃!
浅井健一.jpg
で、何を話してくれたのか言いたいところですが、
中身は今週のオンエアでお届けします!
もちろん激レアライブ音源も!チェックのほうよろしくです!

REAL-EYES STAFF | 13:16 | カテゴリー:ワッキー日記
2006年10月18日
今夜のLIVE SUPERNOVA!

今夜行われた月イチ番組ライブLIVE SUPERNOVA。
3組のアーティストがすばらしいパフォーマンスをみせてくれました!
トップバッターは磯貝サイモン!
isogai (2).JPG
11月22日に「君はゆける」でデビュー。とういうことはまだデビュー前の、
まさにSUPERNOVAのレアなライブが!
アコースティックギターとキーボード両方でのパフォーマンス。
もちろんデビューシングル「君はゆける」もやってくれました!
2組目は紗希!
sn.jpg
4万組のオーディションの中からグランプリに選ばれた逸材!
キーボード演奏のバンド形態にてパフォーマンス。
独特の詩の世界観と曲。ジャジーなアレンジで観客を魅了していました!
そしてトリは、bonobos!
bonobos (2).JPG
1曲目「THANK YOU FOR THE MUSIC」からすでに会場は手拍子!
ラストまで会場が一体となって盛り上がっていました!
今週土曜0時からのTOKYO REAL-EYESではこのLIVE SUPERNOVAの
詳細をレポート!ライブ音源、楽屋インタビューなど他では聴けない情報が
満載!お聴き逃しなく!

REAL-EYES STAFF | 16:29 | カテゴリー:スタッフ日記
2006年10月18日
★bonobos、磯貝サイモン、沙希出演…!★

A02-thumb.jpg
今日は、LIVE SUPERNOVA当日!
bonobos、磯貝サイモン、沙希が出演します…!★
今週の土曜日の放送から、その模様もお伝えしていく予定なので、
来られない皆さんも、楽しみに待っていてくださいね!

もうこの時間には、bonobosの皆が、すでにnest入りしてます!
もうすぐリハがスタート…楽しみだなあ!

REAL-EYES STAFF | 05:58 | カテゴリー:ライター:紅の一修行日記
2006年10月17日
ラジオの取材といえば

普通、音、声などを録音するわけです。
あたりまえといえばそれまでですが。

では実際どんな機材を使っているのか?
たまに、LIVESUPERNOVAの会場で、
リスナーの方から聞かれたりするんですよね。
ということで、今回はマニアックにも機材紹介します!

microtrack_big.jpg

M-AUDIO社から出ている、「MicroTrack」という機械。
非常にコンパクトで高性能。
アーティストの楽屋インタビューに重宝します。
REAL-EYESの軽いフットワークを支えている大事な機材。

実は坂本龍一さんも素材のフィールドレコーディングに使っていたりします。
興味がある方はどうぞ。

こちら

REAL-EYES STAFF | 14:30 | カテゴリー:教授日記
2006年10月15日
昨日の放送聞き逃したした人いる?

TOKYO REAL-EYESでは、「MTVアドバンスワーニング」と連動して、
毎週フレッシュなアーティストを紹介してますが、
毎月HMV渋谷店で行っている「MTV ADVANCE WARNING LIVE」、
これが今度ビッグに開催されます!

radlive.jpg

YOUR CHOICEの投票1位アーティストのライヴに加え、
アドバンスワーニングアーティストもライヴで会場を盛り上げ
番組からブレイクしたアーティスト、
さらにこれからブレイクするアーティストが大集合!

■日時:11月10日(金)午後7時スタート
■場所:渋谷O-EAST
■出演:RADWIMPS、SUEMITSU & THE SUEMITH
     and more…10月YOUR CHOICE ARTISTのウィナー

でもこれに応募するには、「キーワード」が必要です。
昨日の放送で、聞き逃しちゃった人も大丈夫!
今週10月21日(土)の放送でもう一回だけ、発表します。

キーワードがわかったら、番組ウェブサイト、
もしくは携帯サイトの”MESSAGE&REQUEST“欄から
必要事項、とキーワードを書いてエントリーしてください。
当選発表は招待状の発送をもって替えさせていただきます!

REAL-EYES STAFF | 15:41 | カテゴリー:
2006年10月15日
浅井健一@日比谷!

行ってきました、日比谷の野音。
アルバム「JONNY HELL」を引っさげてのツアー。
9月にスタジオに来てくれたときは、
だんだんバンドもよくなってるよ。と言っていた浅井さん。
ライブが始まると、バンドの音の厚み、雰囲気、呼吸、
もう完璧にひとつの大きな美しい塊になっている様子が印象的でした。
なかせるメロディーはとことん胸を締め付ける演奏。
爆発的な勢いの曲は、背筋がぞくっとするような鋭い牙を
向けるような演奏。
ただただ、「かっこいいぃぃぃぃっっっ!!!」を連呼する俺・・・。
気がつくとにやけてしまうのを抑えつつ、疾風怒濤の2時間。
分厚い音、グルーブ、たたずまい、テクニック。
音の一音から、全体像まで、何でこんなに鳥肌が立つのか
というほど、格好がいい。

ライブ直後の楽屋で会った浅井さんの満足した、達成感のある
表情が、今の彼のライブの充実度を物語ってました。
今週末の放送で楽屋での突撃インタビューが出るかも?!
asai-keniti.jpg

REAL-EYES STAFF | 13:08 | カテゴリー:たくみ日記
2006年10月15日
DOPING PANDAが登場!!

今日、ゲストにお迎えしたのは、DOPING PANDA!!
なんとメンバー全員で登場してくれましたっ。
新曲「The fast soul got all」、DVD『LIVE ISM』を10/18にリリースを控えた
彼ら、今日はなんと昼の12時から動きっぱなしということで、お疲れかな〜なんて思ったのですが、
相変わらずの元気っぷりで琢己さんへのツッコミもいつも以上でした(笑い)。
本日は、どうもありがとうございました!


そして「音楽で世界は変えられるのか!?」そんな深いテーマでも
珍しくガチンコで真剣トークをしてくれたのはMALCOのVo.Gt.宗くん。
あの部屋にまだ住んでるということで、また近いうちに遊びに行きます!(by琢己)
mune.jpg

REAL-EYES STAFF | 09:47 | カテゴリー:放送後記
2006年10月14日
★髭(HiGE)のスペシャルな企画LIVE!★

hige.bmp
髭(HiGE)のスペシャルな企画LIVE、
「HIGE2006 pre-TOUR SPECIAL 3days”LIVE at CHAZAWA street”」
の開催が決定!!

◆11/12(日)東京:三軒茶屋 HEAVEN'S DOOR 【1st day 2003-2004】
 開場18:30/開演19:00
 INFO. HEAVEN'S DOOR 03-3410-9581

◆11/13(月)東京:下北沢 SHELTER 【2nd day 2005】
 開場18:30/開演19:00
 INFO. SHELTER 03-3466-7430

◆11/14(火)東京:下北沢 CLUB Que 【3rd day 2006】
 開場18:30/開演19:00
 INFO. CLUB Que 03-3412-9979

過去・現在・未来の髭(HiGE)のこれまでの集大成がこの3daysで
見れる!!

詳しくは、オフィシャルサイトでもチェックできます!!!
http://www.higerock.com/

REAL-EYES STAFF | 16:05 | カテゴリー:イベント情報
2006年10月14日
The Birthday×TOKYO REAL-EYES Wネームタオルプレゼント!

先週に引き続き、今週もThe Birthday×TOKYO REAL-EYES
Wネームタオルを10名にプレゼント!!!
タオル2.jpg
欲しいという方はWネームタオル希望と明記して
番組トップページの「MESSAGE&REQUEST」からお待ちしてます!!

REAL-EYES STAFF | 12:00 | カテゴリー:今日の放送!
2006年10月14日
★13日の金曜日は”髭(HiGE)”★

10-13HiGE_nf.jpg
13日の金曜日…ジェイソンの気配を感じつつも、
渋谷CLUB QUATTROへ。
これでも、髭(HiGE)ちゃんのLIVEへの出席率は、REAL−EYESチームの
中でもナンバーワンだと自負してますっ。
毎回、髭(HiGE)のLIVEに参加していて実感することは、
まず一番には、

来てるお客さんの数がメチャメチャ増えたこと(ハンパなく)、
そして、LIVEのクオリティーが回を追うごとに高く、幅広くなっている!
今回の、HiGE2006 「CLUB JASON」〜13日の金曜日パート
ハイジSHIBUYAへ(2006年)〜
でも、
新しいアルバム「PEANUTS FOREVER」から何曲かやってくれたんだけど、
本当にいい!もうこれを聴いて、次の展開が全く想像つかなくなったし、
いい意味で裏切られた気分である。
もちろん、この日も満員御礼SOLD OUTで、LIVEハウスの3Daysのチケも、
並んでも買えなかった人が続出だったと聞いた。
hige.jpg
↑当日は、LIVEの生中継が行なわれてました。↑
  インタビューを受けるロックスター:須藤くん

…LIVE終了後の中打ち(打ち上げ)で、メンバーの皆にも
ガッツり挨拶させてもらいました!(thank U!)
ところで髭(HiGE)のLIVEには、決まってジェイソンのお面を被った皆さんが
登場して、ステージを盛り上げてくれるんだけど、これが楽しそうなんで、
私もジェイソンで出たいな〜…っていってたら、「是非(爆)!」との快い返事が!
もし出ても、皆にはナイショにしておこう…(忍)
chiwaki.jpg
↑なんと、REAL‐EYES802のちわきさんも参戦!↑
 東西REAL-EYE談義で盛り上がっちゃいました!
 髭(HiGE)のLIVEには、必ず来ている姉さん、さすがっす!

REAL-EYES STAFF | 11:13 | カテゴリー:ライター:紅の一修行日記
2006年10月13日
ELLEGARDEN新曲

急遽、今週オンエアが決定!
11/8リリースのアルバム"ELEVEN FIRE CRACKERS"に収録の新曲です!

PS;思えば、忙しいなかアルバム製作現場へお邪魔させてもらっての
インタビューを快く引く受けてくださったELLEGARDENの皆さん、
そしてスタッフのみなさん本当にありがとうございました。

FROM TOKYO REAL-EYESスタッフ

REAL-EYES STAFF | 16:40 | カテゴリー:今日の放送!
2006年10月13日
弾丸のようなライブ

今日は、9mm Parabellum Bulletのライブを観にO-NESTへ行ってきました。
すごいと思ったのは、登場シーン!バンドメンバーのテンションも高かったのですが、
それよりもお客さんのテンションがめちゃくちゃ高い。本当に待ちわびているって感じがしました。
それから、演奏の熱気、そして勢いがすごかった。CDからもそれがかなり伝わってくるのですが、
それよりも何十倍もすごいし、楽しめる、暴れたくなる(?)ライブ、久々に観た気がします。
みなさんもぜひ彼らのライブに足を運んでみて!!

99683045_3d8b21e65f_m.jpg

REAL-EYES STAFF | 08:46 | カテゴリー:いわまん日記
2006年10月12日
スニーカーが好きなわけで。

ども、ワッキーです。
突発的にお送りしているアーティストのスニーカーチェック。
なぜスニーカーをチェックしてしまうというと、
.◆璽謄ストが履いているスニーカーは普通より1.5倍かっこよくみえるから。
(ニルバーナのカート・コバーンのコンバース・ジャックパーセル
ビースティー・ボーイズのアディダス・キャンパス、ランDMCのアディダス・ウルトラスターetc)
カート.bmp
⊆分がスニーカー狂だから。
この前つくづく自分スニーカー狂だなと思った事が・・・。
やってしまいました・・・。色違いの2足買い。
70年代の数年のみしか生産されなかった、幻のバスケットボールシューズ、通称「ジャックスター」
本物で完璧な状態なら下手すれば10〜20万するこの代物。
この前、復刻版が再発というということで必死こいて探してゲット!
jackstar.jpg
アーティストのスニーカーチェックもいいけど、
自分の財布の中身もちゃんとチェックしよう・・・と思ったワッキーでした。

REAL-EYES STAFF | 14:16 | カテゴリー:ワッキー日記
2006年10月11日
原点の日本橋

nihonnbasi.JPG
日本橋に寄ったんで、うわさの(?!)道路元標を見に行きました。
東海道、甲州道中、中山道、日光、奥州、水戸と、古くからの
街道の基点になって、そこから日本全国へ、はたまた全国から
江戸(東京)へと物、人、文化までもが行きかう中心の地点に
なっていったという場所。

何にでも、誰にでも原点の場所というのがあり、アーティストなら
ライブハウスだったり、僕だったら、しゃべり手のスクールの教室
だったり・・・。
なにかの拍子にその場所に戻ってみて、その当時見ていたもの、
感じていてこと、抱いていた夢なんかに思いをめぐらしてみるのも
いいのかな、なんて思ったりしました。

50センチ四方のブロンズ製の印は、さりげなく地面に埋まっている
ようでいて、見るものをはっとさせるような存在感がありました。

REAL-EYES STAFF | 13:40 | カテゴリー:たくみ日記
2006年10月10日
★吉井和哉さん放送後ウラ話!★

cake.bmp
スタッフみんなが、吉井和哉さんのことをBLOGに
綴る中、やっぱり私も書きたいじゃないか!(♪さわおさん風)
…ということで、放送後のちょっとしたウラ話を御裾分けしちゃいます!

オンエアから明けて、10/8は、吉井さんの記念すべき40回目の
バースデイだったわけで…私たちは幸せにも、吉井さんの大切な
時間をともに過ごすことができたんですが、
オンエアでは、琢己くんから、40本のバラの花束が手渡され、
その後のゲストトークも上がりっぱなしで終了。
→この後からが放送後のお話…

出演時間も終わり、スタジオから出てきた吉井さんに、
番組から、「”39108”バースデイケーキ&HAPPY BIRTHDAY 2 Uの合唱」
をプレゼント、吉井さん、気持ちよくロウソクの火を吹き消してくれました!

そして、その後、「Make It 21」のスタッフ:Tくんが、
吉井さんの大ファン&同じ中学の後輩ということで、
長年の思いを告白すると…とっても気さくな先輩トークに!

吉井さん:「俺、後輩には厳しいぞっ!」
Tくん:「僕、吉井さんの卒業アルバム見ました!」
吉井さん:「見るなよ〜!」
吉井さん:「君は、番組なにかやっているの?」
Tくん:「はい!僕の部屋では、吉井さんの曲がよくかかってます!」
吉井さん:「部屋じゃ意味ねえよ〜!番組で、でしょ!」

…世界で一番大好きな吉井さんに思いを伝えられたTくんにとっても、
忘れられない記念すべき一日になったことでしょう!

気さくに対応してくれた吉井兄さん、ありがとうございました!
そして、お誕生日おめでとうございます!
いつまでもかっこいいオトナでいてくださいね!

10年後の10/8、Tくんがキューを振る番組で、
吉井さんがゲストに来て、素敵な50歳でいてくれたらいいなと思う!

REAL-EYES STAFF | 23:54 | カテゴリー:ライター:紅の一修行日記
2006年10月10日
「男は40歳になったら両腕は自分を抱きしめるために使え」

題字は先週のゲスト、吉井和哉さんの40歳の人生訓。
決して「ファンと寝る」ではありません!!

琢巳君含め、リアライズスタッフには今年で30歳が3人。
僕たち、10年後にはいったいどんな人生訓を残せるのか。
非常に不安です…笑。

ちなみに。
歴史上の偉い人たちは、
40歳にまつわるこんな格言を残しています。

孔子…「不惑〜40才にして迷わず」by論語

リンカーン(米大統領)「40歳になったら自分の顔に責任を持て」

ファントネル(思想家)「男は40歳を過ぎると自分の習慣と結婚する」

コック(思想家)「18歳では即座に崇拝し、20歳では愛し、
         30歳では欲情し、40歳では反省する。」

オスラー「5歳まで学べ、40歳まで研究せよ、60歳までに全うせよ。」

ルソー(思想家)「10歳では菓子に動かされ、20歳では恋人に、
         30歳では快楽に、40歳では野心に動かされる。」

REAL-EYES STAFF | 00:28 | カテゴリー:教授日記
2006年10月09日
無料招待ライヴは明日で受付終了!

吉井さんやっぱカッコイイわぁ…。
つくづくそう思った“誕生日オンエア“も終わり、
体育の日に、パソコンで指の運動しながら
快適に仕事してる私ディレクターNですが、ここで先々のこともチラッと…。

これからのオンエアに備え、無事に取材やロケが終ったものもいくつか。
MONKEY MAJIK関係、the pillows×Mr.Childrenツアー関係
浅井健一さん関係。あと、先週から始った銀杏BOYZ峯田くんのインタビューも
完結編(10/28放送分)までの編集が無事終了。
これ、週が進むに連れて段々と肉迫してる感じ。期待してください。

そして期待と言えば、ELLEGARDENの11/8リリースのニューアルバム。
ラジオ的には発売を前に、いち早くお届けできるわけですが、
このアルバム収録曲のオンエア、ほぼカウントダウンに入ってる状態。
もう少しでお届けできると思います。

他にもいろいろありますが、今回はこの辺で…。
あ、タイトル内容の確認もお忘れなく!

DSC00395.JPG

とある楽屋での藤田琢己氏…。
小指に注目!!

REAL-EYES STAFF | 04:04 | カテゴリー:ディレクターN日記
2006年10月08日
吉井和哉さんがゲストで登場!!

0時を回って今日は、なんと吉井和哉さんの40回目の誕生日!!
ということで、オープニングから吉井さんを交えてHAPPY BIRTHDAY!!ということで
ちょっとしたお祭りさわぎ。
吉井さん、琢己さん、スタッフ一同、感無量と行った感じ。
40歳という大きな節目を迎えて、今、新しいスタートを切った吉井さん、
最後に僕らにメッセ−ジをくれました。

「40なったら自分の両腕は自分を抱きしめるために使え!」

自分が40歳になったとき、まさに思い出したいメッセージ!
吉井さん、本日はありがとうございました。

REAL-EYES STAFF | 14:05 | カテゴリー:放送後記
2006年10月06日
★Mr.Children&the pillowsのnew big bang tour★

crossroad.jpgpillows.jpg
今、Mr.Children とthe pillows が全国のZeppを回っている。
「Mr.Children & the pillows new big bang tour
〜This is Hybrid Innocent〜」
である。
この2つのバンドは、

同じ年、’89年の同じく近い月に誕生したわけだけど、
92年以降、対バンをしていなかった。

私は、’93年にリリースされた5枚目のシングル
”CROSS ROAD”という曲を聴いてから、
ずっと青春時代と共に、Mr.Childrenの音楽と隣り合わせだった。
そこから、”Innocent world”、”Tomorrow never knows”と続き…
本当に、カラオケで全曲歌える勢いで、
聴いていたと思います。(今でも歌える。)

the pillows に出会ったのは、実は6年くらい前のこと…。
”Fool on the planet”というアルバムだった。
これは、男友達から引越しのときにもらったCD。
実をいうとその時は、the pillowsの音楽にハまらなかった。
(未熟者ですいません)

でも、the pillowsの「MY FOOT」というアルバムに出会ってから、
6年ぶりにさわおさんの音楽をまた聴きたい!と思ったし、
ああ、日本のロックっていいかもしれない!というキッカケになった。

Mr.Childrenと出会ってから、遅れること7年、the pillowsに出会って、
今、同じZeppのステージに立つ2つのバンドを生でみているうちに、
すごく不思議だけど、込み上げるというか、感動しましたね。
現状維持という意味ではなく、このままであってほしい。
ずっとそこにいてほしいと思いました。

うん。でも、やっぱり青春を共にした音楽って強い!
相当きました、ぐっと!

REAL-EYES STAFF | 23:03 | カテゴリー:ライター:紅の一修行日記
2006年10月06日
この秋、キッズから大人へ一歩成長

日頃やらないことをやろうと心がけている今日このごろですが、
最近は、初めてドイツのアーティストJazzanovaのCDを買いました。
このアーティストは、最近、衝動買いして読んだ沖野 修也 (著) 「DJ選曲術」で推薦していたアーティストで、音は、レビューによると”エクレクティック&クロスオーバーサウンド”で”非常にソウルフルで暖かみのあるスムースな大人のミックス”!!(なんのことだかさっぱりですが、、、)
日頃からパンクロックしか聞かない私にとっては、まさに未知の音世界。
ですが、聞けば聞くほど気持ちのよい大人のグルーブが心に伝わってきます。
さすが、沖野 修也さんのセレクト!!みなさんもいかがですか?

821730003327.jpg 4845612437.01._SCMZZZZZZZ_.jpg

さて、CDはお金がかかりますが、お金のかららない音のとの出会いもありますよ。
そう!McDonald's TOKYO REAL-EYESがお届けする番組オリジナルライブイベント LIVE SUPERNOVA!!
今回も超新星"SUPERNOVA"がぞくぞく出演します。もちろん、今月も100組200名様をご招待!!
締め切りは10月10日です。詳しくはこちらをチェック!!

REAL-EYES STAFF | 14:06 | カテゴリー:いわまん日記
2006年10月05日
長い階段の先には

長い階段の先には、熱気と、音楽に込めた魂が
目に見えるような大きなうねりとなって、会場全体を
揺らしている、すこし空気の薄くなったクラブクワトロがありました。

思えば、HMV渋谷店のインストアライブ、20人もいたかどうか、
というデビュー前のライブから比べたら、お客さんの数も
30倍くらい(!!)にになったわけで・・・。
それは、

タカチャの1stアルバムを引っさげてのツアー。
「伝えたい」という意気込みはその当時からはっきりと感じ取れてはいたけど、
色々な経験をつみ、スキルとマインドを磨き、よりいっそう、自分の目指す
道を見定められた強み、一言で言うと、
「アーティスト筋」(僕は勝手にこう呼ぶけれど)の筋力アップが
めざましかったです。
シンガーとしての実力を見せ付けてくれた、アコギとのセッション。
エンターテイメントとしての盛り上げ方、そしてお客さんとの呼吸。
どれも考えてできる事ではなく、全力で壁にぶち当たったり、
一つ一つ吸収しながら徐々に鍛え、磨いていくものですよね。

「地元青森でやる感覚のようにやれた」という終演後のタカチャの
言葉のように、彼の表情、お客さんの熱気、どれも以前八戸で見た
ライブのようでした。それは、会場を自分のものにできる、という
成長であり、タカチャというアーティストをどう伝えるかという
単純且つ永遠の課題の答えが、彼なりにつかめているということなんだろうな。
その過程を今まで追いかけさせてもらっているので、
ライブを見た感動もひとしおでした。
SUPERNOVA(超新星)アーティストをデビュー前から見られることの喜びは、
こういうところからも感じ取れたりします。
みんなにも同じような体験ができるように、番組はライブをプロデュースして、
皆さんを無料で招待します。締め切りは10月10日です。
アーティストに生で出会い、そして音楽シーンに羽ばたいていく姿を
見て、応援し、感動と活力をもらう。
僕が年間120本ほどライブを見るの理由はそこなんだろうなぁと、
あらためて実感した夜でした。

REAL-EYES STAFF | 15:24 | カテゴリー:たくみ日記
2006年10月05日
敏感少年隊スニーカーチェック!

ども、ワッキーです。
突発的にお送りしているアーティストのスニーカーチェック!
今回は、この前ゲストで登場してくれた敏感少年隊、
チン中村君と峯田君のスニーカーをチェック!
tin.jpg
チン中村君はCONVERSE ALL STAR。
mineta.jpg
峯田君はNIKE BLAZER 。
アーティストのスニーカーチェックしてますと峯田君に伝えると、
「あー、いいっすね。」と一言。ご協力ありがとうございました!
もちろんスニーカーだけじゃなく、全国発売になった
敏感少年隊のCDもチェックしてくださいね!

REAL-EYES STAFF | 11:58 | カテゴリー:ワッキー日記
2006年10月04日
才能・SUPERNOVA!

磯貝サイモン、新たな才能を生で見ることができました。
表参道FAB、バックバンドを従えて、時にギターを、時に
キーボードと、その多彩さをフルに活かして会場に
ぱっと鮮やかな花が咲いたようでした。

なんといっても鮮やかというか、気持ちが明るくなるような
ポップなメロディー。キーボードのみで歌い上げる曲は、
ジーンと心にしみこんでくる。
こんな才能が、いたのか!!なんて、勝手に発見した気分。

僕が受けた衝撃、無料で見れますよ、招待しますよ。
LIVE SUPERNOVA、応募受付中です!!
写真は、FAB入り口にて、ディレクター教授氏。
ちょっとお洒落な雰囲気にしてみました。
fab.JPG

REAL-EYES STAFF | 14:59 | カテゴリー:たくみ日記
2006年10月03日
★秦基博、おおはた雄一、中孝介、ASIANSunRise出演のLIVEイベント★

hatamotohiro-OK.jpg
10/3は、@DUO MUSIC EXCHANGEで癒された。
先週の番組に、急遽ゲストでスタジオ生LIVEをやってくれた
秦基博くんが渋谷DUOでLIVEをやるというので、
スタッフのワッキー(芝刈り機)と一緒に行って来た。
オールシッティング&キャンドルの本来のDUO空間に、
弾き語り、アコギ1本を手にした、シンガーが
順番に出てくるスタイル。

おおはた雄一さんの下積み苦労話を挟んだ(笑)MCに、
気持ちいいギターサウンドが会場を癒し温めた後に、
秦くんが出てきたんだけど、当然スタジオでやってくれたLIVEより、
広い空間に歌声とギターが響くので、彼の声量のある、ホーキッシュで
ハスキーな声がのびのびと会場にいきわたっていた。

人の心を掴む歌声って必ず分かるもの。
秦君の可能性と今後に大きな未来を感じました。
(実はお笑いが大好きなんだって!MCでも掴んでたもんね!)

REAL-EYES STAFF | 14:47 | カテゴリー:ライター:紅の一修行日記
2006年10月03日
アコギが欲しい。。

prof.jpg

きっかけは、先週の放送。
秦基博君。
ギターつで自分の全てを表現してしまうというのは、
単純だけど、潔い。なおかつ深い。
“自分探し”などと、たいそうなことを言うつもりはないが、
25才の若さで、それを見つけてしまった彼には、
かるい嫉妬さえ覚えてしまう。

というわけでアコギである。

秦基博君のHP

REAL-EYES STAFF | 14:08 | カテゴリー:教授日記
2006年10月02日
人生に彩りを・・・。

colorbar.JPG
あなたを彩っているのは何でしょうか?
なんて、ね。

カラフルなアイテムを上手に取り込むと、部屋が華やかになります。
私、白いテーブルにこんな模様のシートを敷いたりしてます。

ちなみに今週プレゼントする「あれ」↓は、モノトーンになるのかな。
もったいなくて使えない、当番組と、カリスマ的人気を誇る
「The Birthday」との限定コラボアイテムです。

久しぶりに聴きたい1曲
COLOR ME BADD 「I Wanna Sex You Up」

REAL-EYES STAFF | 15:30 | カテゴリー:たくみ日記
2006年10月02日
The Birthdayとのコラボグッズが遂に完成!

ii.bmp

コレです!コレ!プレゼントしていきます!
まずはデーターにてお目見えですが…。
このカタチ!もちろんアレ!です!
詳細はオンエアにて発表!

REAL-EYES STAFF | 06:36 | カテゴリー:ディレクターN日記
2006年10月01日
敏感少年隊が登場!!

今日のREAL-EYESの裏のテーマは「ライブ」!!
先日、行われたLIVE SUPERNOVAのレポート&ライブ音源から、なんとこの人たちの生ライブもON AIR!!
それは、曲「サウンドオブ下北沢」をリリースしたばかりの敏感少年隊!!今日は、峯田君とチン中村君が登場!!
ばかウケのハチャメチャなトークの後、
やってくれたのはチン中村君の遠距離恋愛をテーマにした曲!!
素直な気持ちを表現した、すごく心に刺さる曲でした!!久々に感動した今日のスタジオでした!!
そして、次に登場してくれたのが、緊急にもかかわらず生演奏してくれた秦基博君!25歳とは思えない、高く奇麗な声に一同感動、ぜひとも、また来て頂きたい!!みなさんも、秦君要チェックです!!


REAL-EYES STAFF | 04:34 | カテゴリー:放送後記


バックナンバー
2013年7月 (1)
2013年6月 (19)
2013年5月 (14)
2013年4月 (19)
2013年3月 (22)
2013年2月 (12)
2013年1月 (18)
2012年12月 (23)
2012年11月 (23)
2012年10月 (26)
2012年9月 (28)
2012年8月 (28)
2012年7月 (31)
2012年6月 (31)
2012年5月 (31)
2012年4月 (25)
2012年3月 (27)
2012年2月 (26)
2012年1月 (20)
2011年12月 (28)
2011年11月 (29)
2011年10月 (38)
2011年9月 (27)
2011年8月 (24)
2011年7月 (38)
2011年6月 (33)
2011年5月 (41)
2011年4月 (29)
2011年3月 (19)
2011年2月 (40)
2011年1月 (33)
2010年12月 (49)
2010年11月 (41)
2010年10月 (41)
2010年9月 (43)
2010年8月 (40)
2010年7月 (44)
2010年6月 (36)
2010年5月 (52)
2010年4月 (71)
2010年3月 (75)
2010年2月 (61)
2010年1月 (36)
2009年12月 (32)
2009年11月 (38)
2009年10月 (37)
2009年9月 (21)
2009年8月 (34)
2009年7月 (35)
2009年6月 (31)
2009年5月 (35)
2009年4月 (31)
2009年3月 (29)
2009年2月 (36)
2009年1月 (45)
2008年12月 (31)
2008年11月 (32)
2008年10月 (41)
2008年9月 (30)
2008年8月 (29)
2008年7月 (38)
2008年6月 (34)
2008年5月 (45)
2008年4月 (39)
2008年3月 (49)
2008年2月 (38)
2008年1月 (38)
2007年12月 (36)
2007年11月 (32)
2007年10月 (39)
2007年9月 (46)
2007年8月 (46)
2007年7月 (37)
2007年6月 (41)
2007年5月 (32)
2007年4月 (34)
2007年3月 (44)
2007年2月 (40)
2007年1月 (43)
2006年12月 (49)
2006年11月 (42)
2006年10月 (46)
2006年9月 (43)
2006年8月 (47)
2006年7月 (46)
2006年6月 (46)
2006年5月 (53)
2006年4月 (53)
2006年3月 (51)
2006年2月 (48)
2006年1月 (56)
2005年12月 (52)
2005年11月 (54)
2005年10月 (57)
2005年9月 (45)
2005年8月 (45)
2005年7月 (40)
2005年6月 (39)
2005年5月 (18)
2005年4月 (27)
2005年3月 (1)
カテゴリー
"福原美穂LIVE〜旅立ち"現地密着取材 (1)
2012年度TOKYO DEEP History (1)
9mm Parabellum Bullet × TOKYO REAL-EYES"99コラボレーション" (5)
ARABAKI ROCK FES'06 (5)
ARABAKI ROCK FEST.'07 (3)
ARABAKI ROCK FEST.08 (1)
ASK日記 (37)
CD/AP まふぃあ日記 (46)
FRONTLINE (11)
FUJI ROCK FESTIVAL'09 (1)
Galileo Galilei稚内"旅立ちライヴ"レポート (1)
LIVE SUPERNOVA (33)
LIVE SUPERNOVA 81.3DXレポート (3)
LIVE SUPERNOVA vol.82レポート (1)
LIVE SUPERNOVAレポート (2)
MY BLANKEY JET CITY (4)
ONE OK ROCK 「人生×僕=」全曲解説 (3)
ROCK IN JAPAN FES.2009 (1)
S.R.S北九州密着“卒業インタビュー” (3)
SETSTOCK'07 (1)
Somewhere Guitar〜番組ギターが全国行脚へ! (34)
TM日記 (7)
TOKYO DEEP (1)
TOKYO REAL-EYES IN KOREA (1)
TOKYO REAL-EYES in NEW YORK CITY (6)
YOSHII LOVINSON 日記 (5)
androp (25)
the pillows WORLD TOUR in U.S.A! (9)
the pillows"Road to BUDOKAN" (5)
↑東奔西走の4000km!怒涛の全国LIVEレポートの旅!↓ (2)
あけみ日記 (42)
いわまん日記 (203)
お知らせ (58)
たくみ日記 (667)
たじたじ日記 (22)
アレー日記 (69)
イベント情報 (6)
キッシー日記 (108)
スタッフ日記 (83)
ディレクターN日記 (352)
ヨシコ日記 (160)
ライター:紅の一修行日記 (248)
レポート (1)
レミオロメンヒストリー (1)
ワッキー日記 (26)
芋洗い坂レコード (22)
応募受付中! (6)
教授 (3)
教授日記 (173)
今週の放送予告 (3)
今日の放送! (707)
東北ライブハウス大作戦レポート2013 (3)
日記 (1)
放送後記 (329)
最新記事
奄美大島の
銀河鉄道の夜に…
歌って踊るアーティスト
NICO Touches the Walls登場!
LIVE SUPERNOVA 出演者サイン入りTシャツ&芋エコバック
お金をかけずに楽しむ
効く薬
ギターぶっ壊しバンドその
★浅井健一…かっこよ過ぎる!★
変化
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.