2008年07月25日

夏に効く“夏ツボ”

今日のテーマは・・・夏に効くツボ「夏ツボ」!

暑さで食欲がなくなったり、オフィスのクーラーで“冷え”に悩まされたり、登山で疲労がたまったり(!)・・・夏ならではの“体の不調”、抱えていませんか?
今日の特集は、夏の体に効く「ツボ」をチェックしましょう。教えていただくエキスパートは、この方!

鍼・灸・マッサージで、健康管理と健康増進をサポートするクリニック、「アキュモード」の、北村恵実子院長です。

“夏の体に効くツボ”ということで、今日は4つの症状に注目します。

1.食欲不振
2.不眠
3.冷え
4.疲労回復

北村先生にポイントを伺いながら、ツボを刺激してリフレッシュ〜!


★ 夏バテからくる、食欲不振に効くツボ『ちゅうかん』

夏場の食欲不振というのは、胃が冷えている場合に起こることが多いです。まず胃が冷えているのを治していきたいので、「ちゅうかん」というツボを紹介します。「ちゅうかん」は、みぞおちとおへその中央にあります。片手の手のひらでみぞおちとおへその中央をおさえて、もう片方の手を上からそえて、やさしくさすります。このとき、手のぬくもりが「ちゅうかん」というツボに感じられるまでさすります。決してギューっと押さないでください。下には胃があるので、食欲不振の方はギュッと押してしまうと、緊張が走ってさらに食欲不振になることがあるので、“温かい”ということがポイントです。


1. 「みぞおち」と「おへそ」の間に手をあてる
2. もう片方の手を上からそえる。
3. 温かくなるまで、やさしくさする。
4. 胃のあたりが、じんわり温かくなってきたらOKです。


★ 暑苦しくて眠れない!」という悩みには『百会』&『失眠』

夏場の不眠の場合は、頭に熱がこもってしまう場合が多いです。だからまず頭の熱を抜いてもらうために「百会」というツボをご紹介します。頭のてっぺんの、両耳を結んだ線と、体の左右中心線の交点になる。この「百会」を両手の人差し指や中指で2、3回ゆっくり押していただいて、そのあと頭全体を指全体でたたく。
そして不眠症全般に対してとてもよく効くといわれている「失眠」というツボをご紹介します。足の裏のかかとの中央、ど真ん中にある。あぐらをかくように、足の裏が見える姿勢になって、両手の親指を重ねて数回押す。押したあと、足の裏全体をコブシで軽く叩いたり、ゴルフボールを踏んで刺激を与えると効果的。

『百会』
1. 頭のてっぺん。両耳を結んだ線と、体の左右中心線がクロスしたところ。
2. 両手の人差し指や中指で、2,3回ゆっくり押す。
3. そのあと頭全体を、全部の指先でたたいて、熱を分散させます。


『失眠』
1. 場所は足のカカトの中央にある。
2. 両手の親指を重ねて数回押す。
3. そのあと、足の裏全体を、にぎりコブシをつくって軽くたたく。
4. ゴルフボールを踏んで刺激するのもGOOD。(仕事をしながらコロコロと)


★オフィスの冷房で、足がヒエヒエの方におすすめ『湧泉』

この「湧泉」というツボは足の裏にあります。足の裏の指先から1/3くらいのところにあるんです。このツボを刺激するには、あぐらをかくように足の裏が見えるような姿勢になって、左の足を刺激する場合は、右の指と左の足の指を組むようにする。そうするとちょうど右の親指があたるところに「湧泉(ゆうせん)」というツボがくるので、左の親指を右の親指に重ねて押すと、ちょうどいい刺激が入る。押す時は1,2,3くらいのスピードで順々に押していき、1,2,3で力を抜く。これを4、5回やる。

1. 場所は「足の裏の、上から1/3のところの真ん中」。足の指を曲げた時にへこむトコロ。
2. まず、足の指の間に、手の指を入れて、足と手で握手をします。(足が冷えている人は、足の指が固まって広がらない場合が多い)
3. 足の指を広げると、指の間のツボが刺激され、血行がよくなる。
4. 足と手で握手をしたまま、親指で「湧泉」を押す。(足全体の血行がよくなって、冷えの改善に!)


★ 疲労回復に効くツボ『三陰交』

「三陰交」は女性のあらゆる症状に効果的といわれる。内くるぶしの上、指3本分上にある。スネの骨があるが、その後ろのキワのところにとる。左右の親指を重ねて、三陰交を2、3回押したあと、押す場所をスネの骨にそって2〜3センチ間隔でひざの内側まであがってくる。これを1セットとして3セットやってみてください。

1. うちくるぶしから指三本分上、つまり“4本目”にあたる場所。スネの骨の後ろ。
2. 左右の親指を重ねて、2、3回押す。
3. そしてスネの骨にそって、2〜3センチ間隔で上のほうへ移動し、ヒザの内側にくるまで押す。


■アキュモード

PARADISO WEB STAFF| 02:35 | カテゴリー:Special


バックナンバー

カテゴリー