OTHERS OTHERS

shirucafe FIND YOUR DREAM

2017.03.19

楽天株式会社

  • 1.jpg
  • 未来を担う就活中の学生を応援するため、
  • いま企業が必要としているのはどんな人材なのか、
  • 企業の採用担当者に現役の大学生が「直接」話を伺うコーナー。
  • .
  • 今回のインタビュアーは、慶應大学3年 大沢紗永さん。
  • そして、お話をお伺いした企業は,楽天株式会社
  • 採用業務月原さん。


  • 楽天株式会社は、

    「楽天市場」ははじめ「楽天トラベル」「楽天カード」「楽天銀行」「楽天イーグルス」など、

    インターネットサービスをメインに多岐にわたる事業を行っている企業。

    早速、インタビューをみてみましょう。



    Q:事業を手掛ける楽天の理念を教えてください。


    A:イベーションを通じて人々と社会をエンパワーメントしています。

    つまり、元気や力を与えるという理念を持っています。

    人々の暮らし、そして社会を豊かにする革新的な事業を

    次々に生み出すことを目標にして多岐にわたる事業を展開しています。



     Q:楽天で働くことで得られるやりがいは何ですか? 


    A:70ぐらいの事業を展開しているので、国内での会員数が1億人程います。

    海外でも展開しているので、内外合わせると10億人くらいが関わっているんですよ。

    ということは、自分が携わって企画したり活動したことが多くの人に届く可能性が高く、      

    世の中への影響力の大きさや反応のスピードはやりがいを感じてもらえると思います。



    反応だけでなくサービスを作るスピードも早いようで、

    フリマアプリ「ラクマ」を企画から実施まで3か月だったという実績もあるそうです。

    そんな世界的に影響を与える企業が新入社員に求めるものは2つ。

    1つは、どんなことでもいいので志や情熱を持っていること。

    2つは、楽天の特徴としてクライアントが一般のユーザーと事業者(楽天トラベルやホテルなど)なので、

    その両方のことを考えられるバランス感覚を持っているということ。



    Q:具体的に楽天に向いている人はどんな人なのでしょうか?

     

    A:楽天は変化が激しいところなので、

        常に失敗を恐れずにチャレンジをしていくことが大事です。

    そして、やり遂げていくこともお願いしたいですね。

    私たちが大事にしている楽天ブランドコンセプトの一つに

    「GET THINGS DONE」があります。

    理念を掲げることは誰にでもできますが、

    理念を形に変えないと世の中からは評価されません。    

    それを形にするためにはやり遂げることを会社全体としても大事にしています。

    逆にここが出来ないと楽天の中ではちょっと厳しいと感じますね。


    最後に就活生へのアドバイスをお願いします。


    採用業務を2年半やり様々な学生と話をしていますが、

    会社や世の中の今だけを見て就職先を決めようとしている学生が多いと感じます。

    ただ、5年10年で産業構造や働き方も大きく変わるかもしれません。

    なので、これが正解だとかここに入れば安定だというところを探さなくていい!

    ということを伝えたいです。

    自分も社会も変わり続けていくと思えば、将来の可能性も選択肢も広がっていくと思います。

     


    • 楽天株式会社を詳しく知りたい方は、HP要チェックです!
    • https://corp.rakuten.co.jp
    • 知るカフェは、企業情報を「知る」ことができるカフェ。
    • 電源や無線LANもあり、ドリンクもフリー。
    • 学生の方は是非、HPを見てみてくださいね!
    • 知るカフェ http://shirucafe.com/

2017.03.12

昭和電工株式会社

  • IMG_2539 のコピー.jpg
  • 未来を担う就活中の学生を応援するため、
  • いま企業が必要としているのはどんな人材なのか、
  • 企業の採用担当者に現役の大学生が「直接」話を伺うコーナー。
  • .
  • 今回のインタビュアーは、東京大学 修士1年生勝本康介くん
  • そして、お話をお伺いした企業は 
  • 昭和電工株式会社 総務・人事部 
  • 人材開発グループチーフ アシスタントマネージャーの篠原 慶信さん。



昭和電工株式会社は、化学メーカー。

学校の実験の時間に使う「アンモニア」のような化学品や

パソコンのハードディスクなどのエレクトロニクスも扱っています。 

因みにハードディスク分野では世界の25%シェア!

早速、インタビューをみてみましょう。



Q:魅力を教えてください!


化学メーカーの魅力として、スケールの大きさがあげられると思います。

昭和電工の大分にある石油コンビナートは日本最大級なんですよ。

ハードディスクは世界シェア25%です。

一つの製品でも売上が高く、世界にまたぐ事業を行っています。



Q:理系ではない人も働いていますか?


不安に思って入る人もいますが、

入社後に教育プログラムがあり、先輩とのOJTで化学の専門知識を学べます。

当社はいち早く戦力化して欲しいので、

新入社員の頃から事業課題に直結する大きなテーマで役割を担ってもらうんです。

そこで、これが解決しないと今季の目標が達成できないという要の部分を新入社員にお願いします。

もちろん上司や先輩の指導を仰ぎながらですが、

1年かけて大きな課題解決にチャレンジしてもらう「研修テーマ制度」があります。

これが強みの1つです。



ということで、仕事をしながらべるので理系でなくとも大丈夫!

因みにこの研修テーマ制度はとても面白く、

例えば、昭和電工の役員や社長さんたちの前で達成目標のプレゼンをします。

そして、それは合格が出るまで何度もやるのだとか。

しっかりとしたプレゼン力がつきそうですよね!



本日は東日本大震災から6年目とのことで

企業の社会的責任についてもお話しいただきました。


東日本大震災当時、私は神奈川県の工場にいました。

工場プラントは安全のため停止し、電力事情が悪く操業を控えました。

しかし、神奈川の工場はいち早い復旧の号令が出ました。

水道で使われている塩素や地域に供給する電力、

ご遺体安置所で使用するドライアイスも、神奈川の工場で製造していたんです。

なので、操業し続けることが社会的責任だと。

この時に企業の社会的責任の重さを本当に目の当たりにしました。


最後に就活生にメッセージもいただきました。


就活生はこのタイミングでしか企業探訪や面談はできないですし、こんな機会はないんです。

採用担当は学生にどんどん来てもらえればとても嬉しく思うので、

一社でも多くの会社を巡って自分の興味関心を深めて欲しいですね。

最後は一社しか選べないので

たくさんの可能性の中から自分にふさわしいものを選べれば成功ではないかと思います。



  • 昭和電工株式会社を詳しく知りたい方は、HP要チェックです!
  • http://www.sdk.co.jp
  • 知るカフェは、企業情報を「知る」ことができるカフェ。
  • 電源や無線LANもあり、ドリンクもフリー。
  • 学生の方は是非、HPを見てみてくださいね!
  • 知るカフェ http://shirucafe.com/

2017.03.05

PwCあらた有限責任監査法人

  • aaa.JPG
    • 未来を担う就活中の学生を応援するため、
    • いま企業が必要としているのはどんな人材なのか、
    • 企業の採用担当者に現役の大学生が「直接」話を伺うコーナー。
    • .
    • 今回のインタビュアーは、東京大学 3年 佐伯真くん。
    • そして、お話をお伺いした企業は 
    • PWCあらた有限責任監査法人 シニアマネージャーの田中大介さん。



    • Q:お仕事内容を教えてください!
    •  
    • A:会計監査、財務諸表監査をメインにクライアントに提供するだけでなく、
    •   色々なリスクへの助言も監査法人としてやっています。
    •   監査を簡潔にいえば、企業が対外的に開示する財務諸表や有価証券報告書を第三者としてチェックし、 
    •   適切な過程を経て作成されているかどうかを社会に対して、世の中に対して表明する仕事です。
    •   会社に投資をしようとする潜在的投資家、株式市場に参加している方々の不安や心配事に対して
    •   第三者としてかかわることで、不安の解消に貢献するのがメインのビジネスです。
    •   企業の恐れや不安が財務諸表の虚偽表示だけでなく、情報漏洩、情報システムが止まる、
    •   長時間労働などのリスク、それに対しても第三者としてかかわって不安や恐れを軽減するのがミッションです。

    • 財務諸表とは企業の経営状態・財務状態を公表する書類のこと。
    • これに間違いがないか?嘘やごまかしが無いか?をチェックして、
    • 「問題ありませんよ」とお墨付きを出すのが監査法人のお仕事だそうです。


    • Q:どういう学生を求めていますか?

    • A:クライアントの不安、社会の心配事に第三者としてアドバイスを提供し、
    •   その心配事は日々変わるので、こういうスキルを持っていた方が良いという期待はしていません。
    •  ただ何を成し遂げたいのか?夢・目標、社会に貢献したいという気持ち、
    •  「高い専門性で世の中に価値を届けたい」ということでいいので、自身なりの考えを持っていることが重要です。
    •  これは面接でも よく話すテーマですね。

    • 
Q:転職について。ファーストキャリアの重要性を教えてください。

    • A:ファーストキャリアは、ものすごく重要ですね。
    •   何もない真っ白な状況で影響を受ける組織が第一社目です。
    •  キャリア感や出会う人は影響が大きいと思うので、納得して選ぶのは大事だと思います。

    • 最後にすごく専門性が高そうな業種ということで、
    • 面接や入社前に「用意しておく」ことはあるのか教えてもらいました。

    • 「会計監査をメインとする組織なので会計知識、簿記などは知っていた方が良いですね。
    •  監査の知識もあれあいいですが、知っていたら面接に優位かというとそうではありません。
    •  それより自身がなにをしたいか、何を目指したいかという自己分析をしている人の方が良いです。
    •   なぜ我々に興味を持って、何をしたいのか?のキャッチボールは自己分析ができている人の方が深くできると思います。
    •   知識スキルは一つの問題ですが、どちらかというと自己分析の方をやってもらう方が良いと思います。
    •  これはよく聞かれますが、私は今しかできないことをやったほうが良いと答えています。
    •  会社に入っ たら何カ月も旅行できるようなお休みはありません。
    •  今使える時間をフル活用して今しかできないこと、
    •  海外で色んなものを見る、ボランティアでもよい。自分のこれからを考える準備に時間を使うといいと思います。」


    • PwCあらた有限責任監査法人を詳しく知りたい方は、HP要チェックです!
    • http://www.pwc.com/jp/ja/assurance.html

    • 知るカフェは、企業情報を「知る」ことができるカフェ。
    • 電源や無線LANもあり、ドリンクもフリー。
    • 学生の方は是非、HPを見てみてくださいね!

    • 知るカフェ http://shirucafe.com/

2017.02.27

森ビル株式会社

F25D046.JPG

未来を担う就活中の学生を応援するため、

いま企業が必要としているのはどんな人材なのか、

企業の採用担当者に現役の大学生が「直接」話を伺うコーナー。


今回のインタビュアーは、東京大学 3年 相馬快星くん。

そして、お話をお伺いした企業は 

森ビル株式会社 人事部人材開発グループ 長谷川 聡大さん


OTHERSも「森ビル株式会社」が手掛けている六本木ヒルズから放送しているのですが、

森ビル株式会社は「都市を作り育む」というテーマで街づくりを手掛けてきた

総合ディベロッパーです。

さっそく、相馬くんのインタビューを見てみましょう!



Q:総合ディベロッパーは、どのようなことをしているのですか?


A:街づくりをしています。

    土地を取得するところから、設計してどういう街をつくるかプランを立て、

  テナントを営業して運営管理したり街の鮮度を保ったり、一連の流れを作っています。

  それを協力会社と手掛けています。

  つまり、総合ディベロッパーは各分野のプロフェッショナルの取りまとめ役です。


Q:では、どういう資質が求められますか? 


A:仕事は、一人・一社では完結しません。

  つまり、いろいろな協力会社を束ねて仕事を推進していく力が必要になります。

  様々な利害関係や意見をまとめて調整し、前向きに進めていくことが出来る熱い心と

  リーダーシップを持った人材が求められます。


Q:エントリーシートではどんなところを見ていますか?


A:大学時代に何をしてきたか?を見ています。

    エントリーシートはその入り口なので、3つくらい書いてもらいます。


Q:例えばどういうものが響きますか? 


A:熱意とリーダーシップを見ているので、

   例えば『部活で、主将をしてチームを一つの方向に向かせて、成果を出した』

   などは印象に残ります。

   また『小さな料理店でバイトをして、売り上げをあげる為に別の会社に協力を頼みに行った』

 『人を呼ぶために友達を集めてビラを配ったり、様々な人と協働しながら何かを成し遂げた』

     というところは見ますね。


Q:書き方のコツはありますか?


A:事実を元に書き、そこから熱意が伝わってくるエントリーシートがいいですね。

      今まで何千枚・何万枚もみてきた中で、そういう学生の思いは心に響いてきます。



一人で頑張ったものはあまり評価にならなず、

誰かと共同で!というところがポイントのようです。

最後に一番重要な「面接でどんなところを見ているのか」についてお伺いしました。



A:まずは、エントリーシートにかかれたことの確認です。

   そして、森ビルは事業領域が多岐にわたっています。

ここ六本木ヒルズもそうですが、

オフィスがあったり、レストランやカフェなど商業施設があったり、

住宅、アカデミーや美術館、本当にいろいろな領域があります。

そうすると、同じような人間がいても会社は発展していかないし、

それぞれの分野でいいものをつくれません。

だからこそ多様な人材がきてほしいと思っています。

なので熱量、リーダーシップをベースにして、

それぞれに何か光ることがないかを面接で探しています。

どういう課題を設定して、それに対してどう問題に向かっていったのか?

というオリジナリティを見ています。



森ビル株式会社を詳しく知りたい方は、HP要チェックです!
http://www.mori.co.jp/company/about_us/profile.html


知るカフェは、企業情報を「知る」ことができるカフェ。
電源や無線LANもあり、ドリンクもフリー。
学生の方は是非、HPを見てみてくださいね!

知るカフェ http://shirucafe.com/ 

2017.02.19

株式会社キーエンス

keyence.jpg

未来を担う就活中の学生を応援するため、

いま企業が必要としているのはどんな人材なのか、

企業の採用担当者に現役の大学生が「直接」話を伺うコーナー。


今回のインタビュアーは、東京大学修士 1年 勝本康介くん。

そして、お話をお伺いした企業は 株式会社キーエンス  人事部 長田龍さん。



Q:どんな会社なのでしょうか?


A:世界中のモノづくりを支える企業です。 

    メーカーを相手に提案などをしています。

    自動車、電気、食品、薬品、素材メーカー、原料メーカー、 

    モノづくりメーカーの川上から川下至るまでの 、世界に20万社の取引会社がいます。

    具体的には・・・センサー測定器、カメラレーザーマーカー、マイクロスコープなど。                    

    目的はお客様の収益性をあげること。

    生産性を高めるという事がが言われますが、それに直結します。 

    付加価値を高め、コストを抑えて高い収益を上げてもらうためのアドバイス、 

    商品提供で実現に結びつけるという会社です。 



BtoB のキーエンスは「平均年収」が上場企業の中でもトップクラス。

社員の平均年収1700万円以上!

それは「業績が良く収益性がとても高い」こと。

そして「人件費は経費にあらず」という考え方により

社員にしっかり還元することを重視しているからだそうでです。

そんなキーエンスは採用方法に工夫があるようですよ!



Q :キーエンスは一次面接でエントリーシートがなく、20秒の面談があるそうですが・・・


A :キーエンスもエントリーシートを導入していた時代がありましたが、 

      優秀な人材を書類選考で落としていたケースもあったんです。 

      また先輩のアドバイスで内容を変えられるエントリーシートに疑問がありました。 

      紙ベースでは人物像を把握できない・・・

      そこで20秒という限られた時間ですが、エントリーした全員と 

      フェイス・トゥ・フェイスをしたほうが真実に近づけるということで、 

      20秒 PR タイムを設けています。

      20秒ですべて見抜けるとは思いませんが、 

     セミナー2時間プログラムの中に PRタイムを設けています。


Q:キーエンスが求める人材を教えて下さい。


A:会社としては求める人物像を公開していないんです。

      公開すると、会社に見合った「お化粧」をしてしまいます。

      本音でぶつかっていく方がマッチングが高くなります。

      素の状態で来てもらって欲しいですね。

      通過したらその人がキーエンスに向いているということです。


Q :いまの就活生にアドバイス下さい!


A :本音を言うならば、就活するにあたって無理をしないで欲しいです。

        時間を取って企業をまわって興味関心を広く見る。 

        ビジョンやバリュー価値観で見極めるのが大事ですが、 

        就活を経験していくと自分の気持ちが強くなっていき、素の状態ではなく就活モードに入る。 

       自分はこうあるべき、こういう状態になりたいと高いところに設定してしまう。 

       今後40年そこで働く上でそのテンションでずっといられるか?を考えたほうがいいですね。

     能力を伸ばすことは出来ますが、無理してほしくないです。 

     性格はユニークポイントですが、それを就活モードにおいてしまうと   ギャップが出るので

果たして自分の性格とあった企業なのか?無理なく考えていただきたいです。



株式会社キーエンス を詳しく知りたい方は、HP要チェックです!
https://www.keyence.co.jp


知るカフェは、企業情報を「知る」ことができるカフェ。
電源や無線LANもあり、ドリンクもフリー。
学生の方は是非、HPを見てみてくださいね!

知るカフェ http://shirucafe.com/