星の文筆家が選ぶ、星空を眺めたくなる映画4選

2017年12月29日

J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Amazon Prime Video ANYTIME, ANYWHERE」。12月25日からの週は、星の魅力を伝えている“星の文筆家”景山えりかさんが「星空を見上げたくなるような作品」をテーマに映像作品をセレクト!

12月28日(木)のオンエアでは、映画「流れ星が消えないうちに」を紹介していただきました。主人公の若い女性が、ある日突然事故で恋人を亡くしてしまい、その喪失感がなかなか埋められない苦しみを経て、再生していく物語です。

一種の恋愛映画で、それだけでも胸がキュンとする作品ですが、景山さんによると、星好きの視点で見ると、萌えポイントがたくさんあるそうです。

「タイトルに『流れ星』が入っていますが、それを裏切らない内容なんです。イギリスのグリニッジ天文台の初代台長を務めたジョン・フラムスティードが記した『天球図譜』には、とても美しい星座絵が描かれているのですが、それが映画の中で効果的に登場します。知っている者としては『これが出てきたか!』と、萌えポイントです」とのこと。

さらに、景山さんは、主人公の女性が、自分の気持ちに少しずつ折り合いをつけて再生していく過程が冬の凜とした冷たい空気の中で見上げる星空に通じるような気がしたそうです。

「冬の星空は四季の中で最も明るい星が多く、キラキラと輝いている星を市街地でも目にすることができます。そのキラキラ感の下で再生の物語を見るのは、真逆でありながら融合していて…矛盾はしているけど、そこが感動を引き出すというか、映画の良さが心に沁みてくる気がします」と解説してくれました。

まさに、星好きにはたまらない作品だそうです。

なお、12月25日(月)は「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」を、26日(火)は「銀河鉄道999」を、27日(水)は「シーモアさんと、大人のための人生入門」を紹介しました。あわせて、ぜひチェックしてみてください♪

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html
Recommended by

News Ranking

Archive