あいさつ、唐揚…?気になる「おもしろ検定」

2017年01月12日

タイムフリー

J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J'S RESEARCH」。「新しい年にもなったし、何か検定を受けてみたい。でも、せっかくならユニークな検定が良い」と思っている人も多いのではないでしょうか。そこで、1月12日(木)のオンエアでは、チャレンジしてみたい”おもしろ検定”について調査した結果を紹介しました。

J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて、2,047名(有効回答数)のリスナー会員にアンケート調査を行ったところ、以下のような結果になりました。

Q. チャレンジしてみたい"おもしろ検定"は?

1位 あいさつ検定 …25%
2位 唐揚検定 …24%
3位 パンシェルジュ検定 …20%
4位 日本城郭検定 …16%
5位 箸検定 …15%


実は、男性と女性で全く異なった結果になりました。男女全体で1位となった「あいさつ検定」は、女性は29%に対して男性は19%。一方、2位となった「唐揚げ検定」は男性が29%だったのに対し、女性は19%と真逆の結果に。女性の回答者が多かったため、「あいさつ検定」が1位になりました。

1位の「あいさつ検定」は、あいさつに関する基本的な知識から指導者レベルまで、6段階に分かれています。例えば、2級の実技試験では、人前でのスピーチから、世界のあいさつ、方言、手話も必要になってきます。1級になると、笑いやユーモア、部下への接し方へのロールプレイングも必要となってきます。

2位の「唐揚検定」は、日本唐揚協会が2009年から行っている、唐揚のスペシャリストである“カラアゲニスト”の常識を試すというものです。J-meの会員からは「ご当地ごとにさまざまな唐揚があるから、極めてみたい」「究極の唐揚を追求してみたい」という意見もありました。こちらの検定は日本唐揚協会のサイトから受けることが可能です。

3位の「パンシェルジュ検定」は、パンの製法や材料から歴史、マナーなど、幅広い知識が必要な検定で、パンのスペシャリストを目指す検定です。いずれの検定も気になりますね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時ー11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

タイムフリー

Recommended by

News Ranking