尾崎世界観 得意なモノマネは清水ミチコの…

2016年05月31日

J-WAVE月曜−木曜深夜1時からの番組「SPARK」。月曜担当のナビゲーターはクリープハイプ・尾崎世界観。5月30日のオンエアでは、リスナーからの質問メールに数多く答えました。

Q:どんな匂いが好きで、どんな匂いが苦手ですか?
「包装紙の匂いが好きですね。差し入れとかも必ず包装紙の匂いを嗅ぎますね。インクの匂いなんですかね。嫌いな匂いは…人が飲んでいる缶コーヒーの匂い。人のだから嫌なんでしょうね。主張が強いし、匂いがうるさいっていうか」(尾崎世界観、以下同)

Q:朝起きると口が臭いんです! 彼氏が出来たとき、彼女の口が臭いのって引きますよね? どうしたらいいんでしょうか?
「そりゃ、みんなそうだと思いますよ。僕も臭いと思いますよ。臭くないと、人間味がなくて逆に気持ち悪いと思いますけどね。好きだったらそんなの気にならないと思いますよ」

Q:最近何もかもうまくいかず、周りと比べて落ち込みます。優越感と劣等感を交互に感じてそんな自分がバカみたいです。
「こんなメールを送ってくると、またメンヘラって言われるぞ! こういうことを書いたり、言ったりするとメンヘラって言われるんだから! 俺もすごい言われるんだから、メンヘラって。僕はリア充じゃなくて、“ヘラ充”ですから(笑)」

Q:私は落語が好きで“芝浜”という演目ばかり聞いています。前回の放送で落語が好きだと言っていましたが、尾崎さんの好きな落語の演目を教えてください!
「芝浜は最高ですね、いい話ですよね。“シャブ浜”っていうのもあるんですよ。立川談笑さんという人が、危ない話に変えてやってるんですよ。でも、泣ける話ですごくいい話ですね。結構ブラックな落語で、そういうのも面白いですよ」

…と、多くの質問に答えた尾崎世界観。ちなみに、「1番得意なモノマネは?」という質問に“クリープハイプのモノマネをしてくれる、清水ミチコさんのモノマネ”と答え、番組内で披露していました(笑)。

【関連サイト】
「SPARK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

尾崎世界観 長野の御柱祭に参加して「夏フェスと変わらないな」(2016年04月12日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1369.html

livetune+のデビューEP ジャケットに「俺が出ていない…」とkz(2016年05月11日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/livetuneepkz.html

精神科医・名越康文 仕事は「プリンまで分析する」

2016年05月31日

J-WAVE平日21時50分からの番組「School TV DREAM TRAIN」(ナビゲーター:秀島史香)。今週は精神科医、名越康文さんをお迎えしてお送りしています。

さまざまなメディアでもおなじみの名越さん。名越さんのお仕事の内容は、多岐に渡るそうです。

「大袈裟に言うと、森羅万象を分析する仕事です。映画やテレビ番組とその視聴者、車をはじめとした商品などさまざまです。プリンを分析したこともありました。2種類のプリンがあって、それぞれどんな性格の人に合うプリンなのかを分析したんです」(名越さん、以下同)

人を分析するのが精神科医の仕事ですが、対象がプリンにまで及ぶというわけです。また、IT系の会社で、恋愛にまつわる講義をしたこともあったとか。

「出会いがないという人や、出会ったとしても、どのように声をかけたらいいのかわからないといった人のための話をして、その動画をネットで流したんです。そしたらネットニュースで紹介されて、話題になりました(笑)」

また、恋愛に自己分析は不可欠だそうですが、自己分析をするのは非常に難しいことだそうです。

「たとえば、自分は理性的で論理的だと分析している人に限って感情的だったりします。5年以上一緒にいるような人にポロっと言われる一言、たとえば『意外にワガママだね』とか『意外とマザコンだね』と言われて、カチンとくれば、それはほぼ間違いなく真実をついてます」

名越先生は、以前は診療の仕事をしていましたが、そのときは辛い思いをしていたそうです。

「多いときは1日に30人の方を診療、または分析していました。頭から湯気が出るのではないかと思うような生活が5年ほど続きました。今は分散して仕事をしているので、それほどのストレスはなくなりました」

一つの場所で診療をしているよりも、いろいろな場所で仕事をする方がストレスが軽減されたそうです。自分が「定住型」なのか、「旅型」なのか考えた方が良いとのこと。

「旅をした方が良い人が一つのところに留まると、『自分はなんてストレスに弱いのだろう』と思いますが、移動し続けると『なんて自分はタフなんだ』と変貌します。だから、『自分は弱い』と思わなくていいんです。環境を変えたらガラッと変わることもあるんです」

何事も考え方次第のようです。ストレスを感じている人も環境を変えることで何かが変わるかもしれません。金曜までハッとするお話がたくさん聞けそうです。

【関連サイト】
School TV DREAM TRAIN
http://www.j-wave.co.jp/original/dreamtrain/

ファッションスタイリストは「わりと力仕事」!?(2016年05月10日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1551.html

精神科医が明かす 五月病の対策は「朝の散歩」だった(2015年05月02日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2015/05/post-1011.html

松岡茉優、元NO.1キャバ嬢の苦手な人克服術に感心

2016年05月31日

J-WAVE月曜−木曜22時からの番組「AVALON」(月曜ナビゲーター:松岡茉優)。5月30日のオンエアでは、苦手な友達を克服する方法を徹底討論しました。

「AVALON」では、プレジデントが各曜日の“党首”に政策課題を出します。今回、松岡茉優率いる「FIGHTING DREAMERS」に与えられた政策課題は「苦手な友人を克服する方法を考えよ」でした。

リスナーからも、続々とメッセージが寄せられましたが、苦手な友人がいる人は意外に多いようです。「人をdisることしかしない人がいる」「他人のことをいじってる人が多い。ただし、そういう人は意外と人のことをよく見てたりする」など。

では、苦手な人とうまく付き合うにはどうすれば良いのでしょう。元ナンバーワンキャバクラ嬢で、7,000人のお客さんを相手にしてきた高野麗子さんをお迎えしました。いわば“人付き合いの達人”です。高野さんは、現在、キャバクラ嬢専門のカウンセラーとして活躍しています。リスナーからの「学校のグループと、どう付き合っていったらいいか?」という相談には…

「話しかけやすい雰囲気を作ったらいいと思います。基本的に、喋りたいけど話すきっかけがないと思っている人が多いので、ツッコミどころを与えてあげるといいです」とアドバイスしました。

また、人をdisるような、あまり聞きたくない話をする人に対しては…

「相手が喋っている間、意識だけをどこかに飛ばすといいです。その場所にいるけど、意識はどこか別のところに飛ばしておいて、たまに戻ってきて『うんうん』と頷いておくとか」とアドバイス。松岡代表も感心していました。

ちなみに、キャバクラでは、同僚の間でお客さんの取り合いなどもあって、人間関係も大変という話を聞きますが、同僚から嫉妬されなかったのでしょうか。

「気にならなかったです。嫌と思わないというか、そもそも気づいてなかったと思います」とのことでした。

また、変わったお客さんもたくさんいたそうですが、その場合は「そういう人なんだ」と面白がっていたそうです。ナンバーワンのキャバクラ嬢になるためには、開き直ることも必要なようですね。

さらに、周囲から距離を置かれても我が道を行く「NEW GENERATION」たちが登場。身も心も、りゅうちぇる風な男性の2人です。2人は苦手な友人を克服する方法として、オリジナルの言語を植え付けることを提案。自分たちだけで通用する言葉を考えて使えば、距離が縮まるというもの。2人は「ありがたきしあわせの会」のメンバーで、オリジナルの言葉を考えて、会の仲間同士で使っているそうです。たとえば…

「notもがな」は「〜してほしくない」の意味。(「もがな」は願望の終助詞、そこにnotをつけたもの)。「オブハミ」は「オブラートからハミ出てる」という意味。これなら盛り上がれそうです。松岡代表も「友達と話していて、相手がストレートに言ったら『オブラートに包んでない』とツッコミを入れるよりも『オブハミー!』の方が言いやすい」と絶賛していました。

今回、プレジデントに提出した法案は「苦手な子の特徴をまねしよう法案」。まねすることで相手に気づかせるというアイデアで、見事に可決。最近は、小学生も番組に参加してくれて、松岡代表も田中秘書も感激していました。幅広い年齢層の皆さんから注目されている「AVALON」。ぜひ、みなさんも聴いて参加してみてください。

【関連サイト】
「AVALON」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

松岡茉優 カカシ先生が死んでショックで学校休む(2016年05月24日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1636.html

KenKen 1週間で6キロも痩せる大失恋をしていた!(2016年04月20日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/kenken-16.html

米大学から県警に…佐二木健一「科学捜査」への憧れ

2016年05月31日

J-WAVE平日20時からの番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。今週は、沖縄科学技術大学院大学研究員の佐二木健一さんにお話を伺っています。

佐二木健一さんは1974年生まれ、アメリカのウィスコンシン大学で、遺伝学を専攻。卒業後は、科学捜査に憧れて千葉県警に入ったそうです。

「科学捜査をやりたくて、鑑識の手伝いなどしてまして。ただ、地元の交番だとか、地域に住み込みで働く、駐在所勤務なんかも経験したり。あと、捜査実習っていうのがあって、そういうところで、暴力団の事務所のガサ入れを手伝わされたりとか。まあ、いろんなことを経験させてもらいました(笑)」(佐二木さん、以下同)

幼い頃から、遺伝学にとても興味があり、その研究をしたかったという佐二木さん。人のために役立てたいという思いと、当時ハマっていた科学捜査の本やテレビドラマの影響もあり、より科学捜査にのめり込んでいったそうです。

「私の知識が学部卒ではまだ足りないな、と思ったので。もう一度ちょっと学び直そうと思って、それで奈良先端科学技術大学院大学に入りなおしたんですけれど、その時に研究をされていたのが山中先生で、そこに所属しました」

3年勤めた千葉県警を退職し、IPS細胞で有名な山中伸弥教授のもと、奈良先端科学技術大学院大学で学び直すことを決意した佐二木さんですが、わずか1年で山中教授が京都大学に移ってしまいます。

その後は、奈良先端科学技術大学院大学の特任教授、柳田充弘先生の研究室に入るも、まもなく柳田先生が沖縄に研究室を持つことになります。その流れから、佐二木さんは現在の沖縄科学技術大学院大学に研究員として移ることになったそうです。

アメリカのウィスコンシン大学から千葉県警、奈良先端科学技術大学院大学から沖縄科学技術大学院大学まで、信念のもと研究に励み続ける佐二木さん。さらにその研究対象は、やちむん(沖縄の焼き物)に!? 今週は、そんな佐二木さんのお話をお聴き逃しなく!

【関連サイト】
「LOHAS TALK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

本当に大丈夫?「刑事司法改革関連法案」3つの不安(2016年04月30日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/3-20.html

岸谷五朗、出演した役者が売れる舞台を手掛ける?(2016年05月27日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1656.html

「缶詰バー」がオススメする“変わり種”缶詰

2016年05月31日

J-WAVE月曜ー木曜朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J’S RESEARCH」。5月31日のオンエアでは「あなたの家に必ずある缶詰は?」というテーマで、J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて2,225名(有効回答数)のリスナー会員にアンケート調査をおこないました。その結果がこちら!

1位「シーチキン」……50パーセント
2位「トマト缶」 ……21パーセント
3位「サバ缶」……11パーセント
4位「コーン」……7パーセント
5位「フルーツの缶詰」……6パーセント
6位「オイルサーディン」……3パーセント
7位「コンビーフ」……2パーセント


最近は豊富な種類の缶詰が出ておりますが、やはりダントツで1位に輝いたのは「シーチキン」! 全体の50パーセントを占め、男女ともに圧倒的な人気でした。サンドイッチ、サラダ、オムレツetc…と、もはや人の数だけレシピがあると言っても良い、最強の缶詰ではないでしょうか。

そして2位は「トマト缶」。こちらもパスタ、スープ、ピザなど使い勝手の良さが魅力ですよね。「私も夏野菜のラタトゥイユ、トマト煮込みをしょっちゅう作るので、常に多めにストックしています」と岡田。3位の「サバ缶」は男性からの人気が高かったようです。

そして今回は、全国で「缶詰とお酒が楽しめるお店」をテーマにした缶詰バーを展開している、クリーン・ブラザーズ株式会社の広報担当者に、オススメの“変わり種”缶詰を教えていただきました。

■「たこやき缶詰」
世にも珍しい、たこ焼き缶詰。こちらソース漬けのたこ焼きが4つ入っているそうです。そのままでも食べることができますが、電子レンジで温めるとよりおいしくなるとのこと。パックに入ったお土産用のたこ焼きに近い食感だそうです。興味がそそられますね。

■浜名湖産「うなぎ蒲焼缶詰」
1缶1,000円ほどする、ちょっと贅沢な缶詰。タレもたっぷり入っているので、温めてそのままご飯に乗せるだけで“うな丼”が完成! きっと缶を開けた時の香りもたまらないのでしょうね!

日本は缶詰大国と言われているほど、缶詰の種類がたくさんあるのだそう。定番も良いですが、珍しい缶詰を見つけたら、ぜひ試してみてください。

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

缶詰博士・黒川勇人 レジェンド缶詰に込められたドラマ語る(2015年07月05日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2015/07/post-1069.html

超簡単! 新感覚調味料「トマみそ」がおいしい♪(2016年05月23日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1631.html

ウクレレプレイヤー名渡山遼 次の夢は「グラミー賞」

2016年05月31日

J-WAVE月曜ー木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)。5月30日のオンエアでは、現地時間5月28日にハワイ・ホノルルで行われたハワイ最大の音楽祭「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」にて、“最優秀インターナショナル・アルバム賞”を受賞したウクレレプレイヤーの名渡山遼さんが、ハワイから生電話で出演しました!

*  *  *

坂倉:受賞おめでとうございます! 受賞から少し時間がたちましたが、今はどんなお気持ちですか?

名渡山:まだ、夢のような気持ちです。本当に嬉しいです!

坂倉:今回、「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」にて、最優秀インターナショナル・アルバム賞部門には、名渡山さんの2作品がノミネートされていたわけですが、そのことでプレッシャーなど感じていましたか?

名渡山:そうですね。2つのアルバムがノミネートされていたので、緊張して、授賞式もあまり楽しめなかったです(笑)。

坂倉:受賞スピーチはとても素晴らしかったです!…でももしかして、その時も頭が真っ白だったりしたんですか?

名渡山:真っ白でしたねー(笑)。

坂倉:会場には、そうそうたるアーティストの方がいたと思うんですが、何か刺激を受けましたか?

名渡山:同じ空間にすごいメンバーがいて、「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」では授賞式の合間にスペシャルなコラボのライブのコーナーがあるんですが、ジェイク・シマブクロさんなどトップアーティストの方たちが、さまざまな曲を演奏されていました。

(スタンダードナンバーのカヴァーなど)どんな曲をやっていてもハワイの風を感じられたんですよ。そういうのを見ていて、僕もそうなりたい、どんな曲を演奏しても「名渡山遼だな」と思われたいと感じました。

(中略)

坂倉:今回の受賞を受けて、ウクレレプレイヤーの名渡山遼が見えている先ってどんなところでしょうか?

名渡山:ハワイの権威ある賞をいただいたということで、もっと自分自身がハワイに来て感じたことを音楽に乗せて表現していきたいなと思いましたね。たくさんの人と音楽を通じて、ハワイの良いところを共有していきたいと思います。

坂倉:スピーチでも「ハワイとウクレレが僕の人生を変えた」とおっしゃっていましたよね?

名渡山:本当にそうですね。リスペクトと感謝の気持ちを込めて活動していきたいと思います。何年後になるかはわからないけど、いつかはグラミー賞のステージにも立ちたいなと、新たな夢として思いました!

*  *  *

早くも新たな夢を語ったウクレレプレイヤーの名渡山遼さん。いつか本当にグラミー賞の舞台に立つ姿を見たいですね。

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

シンセサイザー奏者・冨田勲さんの偉大な功績(2016年05月25日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1642.html

ジェイク・シマブクロ、愛用するウクレレを語る(2013年04月30日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2013/04/post-409.html

おぐねー「40年ぶりに○○のアイメイクが流行る」

2016年05月31日

J-WAVE月曜ー木曜朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「DHC BRIGHTEN UP YOUR DAYS」。

夏への衣替えは、一般的には「6月1日」と言われていますが、今年は夏日のような日が続き、すでに夏服にチェンジした人も多いのではないでしょうか。そこで、洋服を夏仕様にしたなら、メイクやヘアも夏仕立てにしませんか? ということで、今週は「新しい自分に出会う、夏色ヘアメイク!」をテーマに、ヘアメイクアップアーティストのおぐねーさんに、さまざまなアドバイスを伝授していただきます。

5月30日(月)のオンエアで、まずお聞きしたのは「2016年夏の流行ヘアメイク」について。

“流行ヘアメイク”といっても、自分には似合うメイクの仕方や色、ヘアスタイルがあるからと、メイクのスタイルや使うカラー、髪型を変えないままという方もいるのでは? 洋服で季節感や流行りを取り入れれば、ヘアメイクまでは変えなくても良いとも思えるのですが…。さて、おぐねーさんのご意見は。

「洋服はねぇ〜やっぱり買って着ればいいだけだから、すごく手軽なおしゃれなの。でも、髪型やメイクになると“自分でなんとかしなければいけない”。その自分でなんとかするというのが、次の新しい自分を見つけることになるわけ」(おぐねーさん、以下同)

さらに、美容への意欲も出てくるため、今よりももっとキレイになろうという力が出てくるそうです。

「とにかく、メイクやヘアスタイルにはミーハーになってみればいいの。流行を取り入れてみることが大切!」

一度試してみてから、自分に似合うようにアレンジしていけば良いそうです。たとえば髪型であればポニーテールの高さ、位置。メイクなら、アイラインの1ミリ、2ミリにこだわってみる。そんな美に対して努力する自分を鏡で見ていると、気持ちが前向きになっていくはずだと、おぐねーさんは話します。

“理想通りのメイク、ヘアスタイルがバッチリ決まると、気持ちが明るくなって自信が持てる”。女性なら誰しも経験したことがありますよね。そんな新しい自分に出会うための夏メイク。今年は大きなトレンドがあるそうです。

「今年の夏はとにかく“ブルー”。青色に大注目! 40年ぶりに日本人の女性で青いアイメイクが流行るの。40年間ずっと使われなかったアイシャドウの色な のに、今年は大ブレイクです」

近年、日本人の女性は日焼けをしなくなり、色白の方が多くなりました。色白の肌には、青みがかかった色は透明感を出し、涼しげに見せてくれることで、より肌の白さが際立つのだそうです。

日本人女性では、40年ぶりの復活という青いアイメイク。取り入れるのは少し難しいと思いますが、美しくなる秘訣はとにかく“流行を取り入れるチャレンジ精神”です!

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

河北裕介 モテメイクのポイントは「ツヤ肌」(2016年04月30日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1480.html

この発想はなかった!「スプレー式」マニキュア(2016年05月29日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1672.html

News Ranking