ミドリムシでジェットが飛ぶ? 栄養と燃料になる最強生物

2016年01月31日

J-WAVE土曜の番組「MAKE IT 21」(ナビゲーター:ショーンK)。1月30日のオンエアでは、ユーグレナ代表の出雲充さんが登場しました。

「ミドリムシでジェットを飛ばす」。こんな言葉を聞いたらどう思いますか? きっと頭の中が「?」で埋まってしまうはず。そもそも「ミドリムシ」とは、どんなものなのでしょうか。出雲さんに聞いてみました。

まず、「ムシ」という名前がついていますが、ミドリムシは藻の仲間。しかしワカメなどと大きく違う点は自分で泳げること。ミドリムシは、植物と動物の両方の力を併せ持っているのです。

「我々は動物ですから光合成ができない。そうするとお腹が減るわけですけれども、もし我々がミドリムシであれば、お日様に当たるだけでお腹がいっぱいになるんです」(出雲さん)

ミドリムシは動物のように自分で動くことができ、植物のように光合成ができる、まさに動物と植物の“良いとこ取り”の生命体。そんなミドリムシには、5億5000万年の歴史があり、恐竜が絶滅した後も、まわりに生き物がいなくなっても、自分で栄養を作り出せるため、今まで生き残ってこれたそう。

そして、ミドリムシの大きな特徴は、動物と植物の59種類の栄養素が全部入っている点。現在、世界には約10億人も栄養失調者がいる中で、出雲さんによれば「ミドリムシを食べてもらうことで、たちどころに栄養失調の人たちは元気になる」とか。

さて、冒頭の「ミドリムシでジェットを飛ばす」という言葉ですが、ミドリムシの種類は100種類以上で、ほとんど栄養のないミドリムシもいるそう。中には絞ると油がたくさん出るミドリムシがいるとか。実は、このミドリムシの「油」を燃料にして、ジェット機を飛ばすプロジェクトが進行中なのだそうです。このプロジェクトに協力するのは、横浜市、ANA、伊藤忠エネクス、千代田化工建設、いすゞ自動車。

2020年までに、東京の羽田空港から大阪の伊丹空港まで、1週間に1往復できる「ミドリムシジェット」の実現を目指しているそうです。優れた栄養と燃料にもなるミドリムシ。今後も注目が集まり続けそうです。

【関連サイト】
「MAKE IT 21」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/makeit/

渡部建がお手本? 現代に増える「スラッシャー」とは

2016年01月30日

J-WAVE金曜の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「CURIOUSCOPE」。1月29日のオンエアでは、「スラッシャー」についてファッション誌『ELLE』副編集長の三宅陽子さんにお伺いしました。

仕事の肩書きが一つではなく、いくつも肩書きがある人を指す「スラッシャー」。たとえば、名刺に「女優/プロデューサー/研究者」など、「/(スラッシュ)」が入ることから生まれたもので、とあるジャーナリストが2007年に出した本の中で「スラッシュキャリア」という言葉が使われたことから始まったそうです。

これにより、今まで一つ以上の肩書きがあると「副業」とみなされることが多く、どうしても「副業」という言葉には、経済的に不安定なため行っているというマイナスなイメージがありましたが、スラッシャーという言葉の誕生により、プラスなイメージに払拭されました。

ちなみに、三宅さんによれば、ナビゲーターの渡部建さんも「芸人/司会者/ラジオDJ/美食家」というスラッシャーだとか。「お手本ですね。(スラッシャーの)鏡だと思います」と絶賛。

このスラッシャーが増えているのは、1975〜1989年生まれまでの「ジェネレーションY世代」と呼ばれる世代の人たち。まさに不況な煽りを受けた世代で、学生の頃は就職難、就職してからも生活が不安定で保証された未来がない中で、自分のセンスや判断力を信じるしか道がなかったことから、リスクヘッジの意味も含めてスラッシャーが増えたそう。

スラッシャーは特に、未だに社会的に賃金が安いとされる女性に増えているそうですが、理由はそれだけではなく、女性は「マルチタスクではないと退屈する」という心理もあるのだとか。

また、スラッシャーでも肩書きが、どれも中途半端な人はダメなスラッシャーで、「何か一つの職業に軸足があると良い」と定義されるそう。たとえば、アメリカでは「検事/ズンバ講師」「女優/エンジニア」など業種にギャップやバリエーションがあると、それぞれの仕事のイメージを良い意味で補完できるとか。最後に、スラッシャーで成功するための8つの心得を教えていただきました。

1. 辛抱強くなる
2. それぞれの仕事がどのように補完しあうかをよく考える
3. 自分の職能は自分で定義する
4. 時間を賢く使う
5. クリエイティブに考える
6. すぐにあきらめない
7. 一週間を注意深く計画する
8. 自分がくつろぎながらできる仕事をひとつ以上持つ

特に大事なのは8で、「気晴らしができる仕事」をもっておくと良いそう。渡部さんでいえば趣味が高じた「美食家」が当てはまりますね。あなたのまわりでもスラッシャー、増えていませんか?

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

実は「映画の街」練馬 名作映画のロケ地も多数

2016年01月29日

J-WAVE平日(月〜木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。1月28日のオンエアでは、「MOVIEタウン練馬」というキーワードに注目しました。

今年、2016年は日本で初めて映画が公開されてから、ちょうど120年になります。そんなメモリアル・イヤーに注目したいのが練馬。実は練馬は古くからの映画の街。第二次大戦前にあった映画会社「新興キネマ」の撮影所があった大泉エリア周辺には、現在も東映の撮影所があるなど、今もなお撮影施設や制作会社が点在しています。

映画ライター・牛津厚信さんによれば、練馬の街は、さまざまな名作のロケ地になっているそう。たとえば、高倉健さんの「網走番外地」「鉄道員(ぽっぽや)」、菅原文太さんの「仁義なき戦い」「トラック野郎」シリーズのほか、江古田駅は「Shall we ダンス?」で役所広司さんがダンス教室を見上げる場面を撮影された場所としても有名です。また、「踊る大捜査線 THE MOVIE」で織田裕二さんが「事件は会議室で起きているんじゃない! 現場で起きているんだ!」という場面は、光が丘団地で撮影されたとか。

そんな練馬は、手塚治虫さんの虫プロが「鉄腕アトム」を制作した「アニメの街」でもあります。近年では初音ミクなどを使ったボーカロイド動画をシネコンの大画面と大音響で楽しむフェスが開催されるなど、アニメと映画が融合したイベントも目立ちます。120周年の今年は、練馬各地でさまざまなイベントが開催されているので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

激安99円〜! 掘り出し物が見つかる「池袋CD&レコードフェア」

2016年01月28日

J-WAVE平日(月〜木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。1月27日のオンエアでは、今週末の1月29日〜31日に開催される「池袋CD&レコードフェア」に注目しました。

レコードブームが再燃している今、CDとレコードの展示販売イベント「池袋CD & レコードフェア」が開催されます。約10万点のCD、レコードのレア盤・新盤・激安盤が日本全土から集まるこのイベント。古本市のCD&レコード版とイメージしていただければ分かりやすいかもしれません。イベントの特徴を、池袋のレコード店「だるまや」店長の萩原さんに聞きました。

「初日には、全国のコレクターの方が集まり、行列ができると予想されますが、入場も無料とあって、普段はあまりレコード店に行かない方も、こちらのフェアならお気軽にお立ち寄りいただけると思います。しかもとてもお買い得となっております」(萩原さん)

出店するのは、「だるまや」を含めて、全国の17店舗。たとえば、広島の「大潮レコード」、福井の「フラミンゴ・レコーズ」、盛岡の「アクション・タイム・ヴィジョン」など、有名店が池袋に集合します。

なかでも注目なのは、広島の「大潮レコード」。国内版の廃盤や歌謡曲、日本の古いアーティストのレア盤などを取り揃えており、マニアックな方が目掛けてくるお店なのだそう。また、「だるまや」では、99円のドーナツ盤から貴重盤まで、オールジャンルの品揃えで勝負する予定だそうです。

同イベントでは素敵なプレゼントも用意されています。そのプレゼントとはTEACの350のターンテーブル。イコライザとUSB出力ができる大人気の商品です。会場にて5000円以上お買い上げの方に、抽選で1名様に当たるチャンスがあります。また、空クジなしの参加賞もあるそうですよ。

マニアから初心者まで楽しめそうなこのイベント。今週末、豊島区民センターで開催されます。足を運んで、お気に入りのレコード&CDを手に入れる楽しみを再燃させてみては?

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

理想のお尻「逆ハート型」を作る“尻トレ”とは?

2016年01月27日

J-WAVE平日(月〜木)午前の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「DHC BRIGHTEN UP YOUR DAYS」。1月26日のオンエアでは、理想のお尻を作る“尻トレ”に注目しました。

脂肪がたっぷりついているため、お尻は身体の体温よりも「マイナス3度冷えている」といわれていることをご存知でしょうか? そんなお尻を温めるためには、お尻の筋肉を使うと良いのですが、座ることの多い今の生活では脳がお尻の筋肉を忘れてしまい、「お尻の記憶喪失」という言葉もあるそうです。

お尻の筋肉が使われていないということは、たるんでしまうことはもちろん、ほかの筋肉を無理に使ってしまい、腰痛などを引き起こす原因にもなるので、お尻の筋肉を使うことは重要です。そこで、今週のテーマは「冷えやすいお尻を鍛えるヒップアップトレーニング」と題して、ボディメイクのスペシャリストでパーソナルトレーナーの岡部友さんにお話を伺っています。

■理想のお尻は「逆ハート型」
岡部さんによれば、理想のお尻は「逆ハート」型。この逆ハート型のお尻の下の部分を作っているのは脂肪なので、脂肪を残しつつ、筋肉をつけることが大事なのだとか。

「上の方の筋肉をつけると高さがでるので、ボール状の丸いお尻ができるんです。痩せるってことでお尻を作るのではなくて、筋肉をのせてあげる、というイメージの方が良いと思います」(岡部さん)

■おしゃれな着こなしは「お尻」から
また、身体のラインがでるタイトなジーンズやスカートを着こなすためには、この逆ハート型のお尻が重要なのだそう。

「どれだけタイトスカートをキレイに履けるか、ジーンズをキレイに着こなせるかというのは、どれだけ痩せているのかとは関係なく、どれだけお尻に丸みがあるか。脂肪というのは、全体的につくか全体的に落ちるので、お尻につけよう、お腹だけ落とそう、など、あまりコントロールできないんですよ。そうするとコントロールできるのは、筋肉なので、お尻に筋肉をつけてあげるためにお尻の筋力トレーニングをすると良いでしょう」(岡部さん)

ちなみに、お尻にもインナーマッスルがあり、お尻の大臀筋(だいでんきん)の上部の筋肉をつけると、綺麗な丸みのあるお尻になるとか。そんな逆ハート型の理想のお尻を作る「尻トレ」方法は、1月28日のオンエアで公開! どうぞお聞き逃し無く!
【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

美しきガラクタの世界に魅せられた「こっとう男子」が増殖中

2016年01月26日

J-WAVE平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー 「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。1月25日のオンエアでは、じわじわと増えているという 「こっとう男子」に注目しました。

「こっとう男子」と呼ばれる、「こっとう」に魅了される若い男性が増えているのだそうです。 「こっとう男子」に詳しいフリーライターの斎藤あきこさんによると、このムーブメント、 もともとは関西でブレイクしたものらしいのですが、その波は確実に関東にもやってきているのだとか。 「こっとう男子」とは、従来の骨董収集家と呼ばれる人たちと何が違うのでしょう。

これまでの骨董というのは、目利きのための専門知識が必要で、 将来値が上がるかもしれないということを見越したうえで収集しなければいけないというものでした。 そのため、骨董を趣味とするためには、ある程度の経験と経済力が必要となり、 骨董収集家はおのずと年配の方に占められてきました。しかし、 「こっとう男子」が注目するのは、骨董よりも自由度の高い「ブロカント」と呼ばれるもの。

「ブロカント」はフランス語で「美しきガラクタ」という意味。 100年前のものを指す「アンティーク」よりも、さらにカジュアルなものなのだそう。 その対象となっているものはおもちゃや置時計、食器などなど。その商品の多くは、 若い店主たちがヨーロッパで開催される蚤の市、 フリーマーケットなどに足を運んで買い付けを行っているのだそう。

斎藤さんによると、美術的な価値はなくても、歴史があったり、 ストーリーがあったりするものが「こっとう男子」を惹きつけてるのだとか。 では、「こっとう男子」はどんなエリアに出没しているのでしょう。

「青山の国連大学前で毎週土曜日、 青山ウィークリーアンティークマーケットというのが開かれています。 また、恵比寿、西荻窪、目黒、吉祥寺、 日本橋などのエリアでも小さいブロカントなどを扱うお店があったりするので、 土日に気軽に買い物に行けるようなシーンがあると思います」(斎藤さん)

骨董やアンティークの従来の価値に縛られず、より自由な発想と審美眼で楽しめる 「ブロカント」の世界。実際にお店に足を運び見て触ることでしか得られない、 ものに秘められたストーリーと出会うのも魅力のひとつなのでしょうね。 世界にたったひとつの「美しきガラクタ」と出会いに街へ出かけてみては。

【関連サイト】 「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
オフィシャルサイト http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/dictionary/index.html

美味しい! 食べないと損する三重県グルメたち

2016年01月25日

J-WAVE日曜の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。1月24日のオンエアでは、世界初の伊勢うどん大使・石原壮一郎さんが登場しました。

今年5月に開催される「伊勢志摩サミット」で注目が集まる三重県。伊勢神宮、伊勢エビ、松坂牛、真珠など、数々の有名なものがある三重ですが、実はそれらが三重県のものだと認知されていない状況にあり、三重県もそれを自覚して「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!」という観光キャンペーンのキャッチフレーズを使っているとか。

そんな三重県の知られざる絶品グルメを石原さんに聞いてみました。

■鶏焼肉
まずご紹介していただいたのが、焼いた鳥肉を味噌ダレにつけて食べる「鶏焼肉」。40年前に、あるお店が始めたことをきっかけに大ブレイクした料理で、ここ10年でさらにブレイク。松坂市内で10〜20軒の鶏焼肉のお店ができたそう。残念ながら、東京で本場の味を味わえる鶏焼肉屋さんは、現在は無いそうなのですが、東京で食べられるお店ができれば、是非食べてみたいものですね。

■ソマカツオの塩切り
ソマカツオを1ミリほどの薄さに切り、塩に3ヶ月ほど漬けこみ熟成したもの。『BRUTUS』の全国お取り寄せランキングで、1位になったこともあり、生産が追いつかないほどの人気ぶりだとか。東京・日本橋の「三重テラス」というアンテナショップでは、運が良ければ入荷しているそう。

■青さやひじき
実は、全国の青さの7割以上を三重県で作っているそう。「スーパーマーケットで、『おいしそうだなぁ』と思うものは三重県産だと思います」と石原さん。

■新姫
フルーツは、小さなみかんのような「新姫(にいひめ)」が人気。新種の酸っぱい柑橘類で、ジュースやポン酢も好評だとか。

■この冬はカキが最高!
三重県には「カキ小屋」がたくさんあります。焼きカキや味噌汁、炊き込みご飯などが食べ方題で1,500円のお店もあるのだとか。

■伊勢うどん
そして、石原さんが「一番おいしい」と話すのは、三重県の伊勢うどん。伊勢うどんの特徴は、麺が太くてコシがないところ。この味は、渋谷ヒカリエ「伊勢藤次郎」で体験することがきます。

いかがでしたでしょうか? 知っているようで知らない、三重県の食の魅力。これからの季節、ちょっと足を伸ばして三重県まで出かけてみませんか?

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

News Ranking