隠れ家はNG? 知っておきたい大人の会食マナー

2015年11月30日

J-WAVE日曜午前の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。11月29日のオンエアでは、作家の野地秩嘉さんに「大人の会食マナー」を教えていただきました。

野地さんは、ノンフィクション作家として食や美術、人物のルポタージュなど幅広い分野で執筆しており、著書には各業界のトップたちとの会食で得た経験をまとめた『サービスの天才たち』などがあります。そこで、年末の接待が多いこれからの時期に、おさえておきたい会食マナーを聞いてみました。

■お店選びのポイントは、「駅から近いところ」
選んでしまいがちなのが、駅から遠い隠れ家レストランなど。しかし、車で迎えに行く場合以外は、タクシーがつかまらなかったり、歩いていくために、年末の寒さや雨などで接待相手に不快な思いをさせてしまうとか。「行くまでに不機嫌ですよね。誰もが分かるところで、駅直結など傘をささずに行けるところが良いですね」(野地さん)

■コース料理は単品メニューも追加を
コース料理は、その店の得意料理や都合の良い食材で構成されることが多く、「安く済ませようとしている」とも思われがち。コースの場合は、松竹梅の梅など高いコースが基本ですが、安いコースにする場合でも、相手の好きなものを、単品で追加注文するなど心遣いが大切だそうです。

■お店で絶対やってはいけないこと
年末で忙しい時期に、飲み物が早く運ばれてこないなどした際、店員さんなど、反論できない人に強く言ってしまう人はNGです。 「そういう人と一緒に仕事したいと思わないんですよ。そういう人って普段から宅急便の人や出入りの印刷屋さんに怒ったりしてるはず。必ずどこの会社にもいるんですけど……」

■会話は短い時間で面白い話を
会食中の話術と心構えですが、分かりやすく短いことがポイント。「よく、オチがあるパーティージョークなど長い文章が(本などに)書いてありますけど、あれ喋られても困りますよね」

ちなみに、京セラの稲盛和夫さんが、ラモス瑠偉さんを接待した際に使ったお店はなんと「吉野家」。カウンターに二人並んで、牛丼を1杯ずつと、牛皿1つを頼んだとか。
「迎賓館とか高い場所はいくらでも連れていけるでしょうけど『あなたと近寄りたい』というサインですよね」

ただ、高額なお店を選べば良いわけではなく、いかに相手との距離を縮められるかが大事なポイントのようですね。以上、年末の接待の参考にしてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

楽しい!手づかみレストラン

2015年11月29日

J-WAVE土曜午前の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐/山田玲奈)のワンコーナー「JR EAST STATION TO STATION」。11月28日のオンエアでは、手づかみで食べるレストラン「手づかみDining Tokyo Hands -東京ハンズ-」を紹介しました。

東京・目黒駅から徒歩15分の住宅街にある同店は、お箸やフォーク、ナイフを使わずに、料理を手づかみで食べるというユニークなレストラン。名前もどこかで聞いたことのあるユニークなネーミングです。

店主によれば「今まで色んなレストランに行ってきて、マナーがとても面倒くさいと思った」ことが、同店ができたきっかけだったそう。すごい思いきりようですが、実際に行った渡辺さんによれば「味の方も素晴らしかったんですよ」とのこと。

まず、渡辺さんがいただいたのは「てんこ盛 サラダピザ」。プレーンのチーズピザの上に野菜をたっぷりとのせた一品。手でピザ生地に野菜をたっぷり巻いてかぶりつきます。「取り皿の上に野菜をずいぶんこぼしましたけど、気持ち良いですね。子どもに戻ったみたい」と渡辺さん。

そのほか、鶏ももを1本丸々焼き上げた「骨付 国産鶏もも肉 スパイス焼」、柔らかく味がしっかり染み込んだ「国産豚 スペアリブ オーブン焼き」などガッツリした肉料理を素手で豪快に食べ、「骨に付いているお肉ってうまいっすね! 一本ガブリといく喜びはここでしか味わえないかも」(渡辺さん)と満足気。

もちろん、テーブルにはナイフやフォーク、手を拭くウエットティッシュなども用意。子どもも普段は叱られる手づかみで食べる体験に大喜びしそう。ワインのセレクションも豊富なようですので、しっかり食事とお酒を楽しみたい方にもオススメです。味覚・嗅覚・視覚だけでなく、温度や固さなど「触覚」まで楽しめてしまう新体験をいかがでしょう?

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

夕食を2回? 食べて痩せる「プチミール」とは

2015年11月28日

J-WAVE金曜の番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CHOYA NATURAL FEEL」。11月27日のオンエアでは、ダイエットコンシエルジュの岡野ユミさんに「プチミール」について教えていただきました。

栄養士としてセミナーや講座講師、企業のダイエット食品のアドバイザーなども務める「食べ痩せダイエット」の第一人者である岡野さん。岡野さんによれば、食べないダイエットを続けると、体が危機感を覚えて脂肪の燃焼をセーブするようになるそう。そのため、より痩せない体になってしまうとか。そんな悪循環を防ぐのが、夕食を2回に分ける「プチミール」という食事法です。

最初の夕食は18時頃に、炭水化物を食べることがポイント。オススメは、おにぎりや具だくさんのサンドイッチなど。おにぎりの具はツナマヨネーズなどではなく、鮭やタラコといったたんぱく質の多いものを。疲れている人は、クエン酸に疲労回復効果のある梅などが良いそうです。量は、食パンを2枚使った野菜たっぷりのサンドイッチと、おにぎり1個(多くても2個)が目安。

「夜遅くまで何も食べない空腹の状態にしておくと、体にエネルギーが入ってこないので脂肪を溜め込もうとしますが、まずそこが防げます。どか食いの予防にもなりますね」(岡野さん)

二回目の食事は、低脂肪の鶏のささみ、鶏の胸肉、豚のヒレ肉や豆腐などのタンパク質を中心にして野菜をたっぷり取ることがポイント。料理の一例を挙げると、コンソメで煮た野菜と鶏肉のコーンスープ、豆腐と野菜の鍋、トマトで煮た野菜スープ、にんじんやブロッコリーなどを茹でた温野菜にゆで卵を添えて食べる、などなど。時間帯は寝る2時間前までに済ませておくと、胃に負担がかからないため良いそうです。

食べ過ぎを予防でき、タンパク質を多く摂ることで髪や肌にも良い効果が期待できる「プチミール」。暴飲暴食になりがちな、これからの忘年会シーズンに実践してみては?

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

TRICERATOPS、K、藤巻亮太、三浦大知が一夜限りのバンド結成

2015年11月27日

J-WAVE平日(月〜木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。11月26日のオンエアでは、番組オリジナルのライブイベント「BEAT PLANET LIVE 2016」の開催を発表しました。

同イベントでは、過去に番組に登場したアーティスト4組が出演。通常では、それぞれのアーティストが別々にライブを行いますが、なんと今回はこの4組が一夜限りのバンドを結成し、夢のセッションを繰り広げます。

気になる出演は、ズバ抜けた演奏力を持つ3人組ロックバンド「TRICERATOPS」、シンガー&ピアニストとして卓越したパフォーマンスが定評の実力派「K」、ソロとして新たな挑戦を続ける「藤巻亮太」、全国ツアーも大成功に終わった「三浦大知」の4組。

開催は2016年3月8日。EX THEATER ROPPONGIにて開催されます。18時会場、19時開演。チケットは5,400円。一般発売は、1月9日からですが、J-WAVE会員「J-me」の方には、この日から先行予約エントリー(抽選式)の受付を開始。入会は無料ですので、この機会にJ-me会員に登録してみてはいかがでしょうか。

そして気になるのはバンド名ですよね。バンド名が付くかどうかは未定ですが、気になるところです。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

ツアー特典も! はとバスで巡る「クリスマス・イルミネーション・コース」

2015年11月26日

J-WAVE平日(月〜木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。11月25日のオンエアでは、はとバスで巡る「クリスマス・イルミネーション・コース」を紹介しました。

クリスマスまで、ちょうど1ヶ月となりました。気持ちははやるものの、どう過ごすか決めかねているという方も多いのではないでしょうか。そんな方にぴったりなのが、はとバスで巡る「クリスマス・イルミネーション・コース」です。

同ツアーは、都内のイルミネーションの見学と、はとバスが厳選したレストランでの食事がセットになったツアー。恵比寿ガーデンプレイスや、六本木ヒルズ、カレッタ汐留、よみうりランドなど、7コースが用意されています。ほとんどのコースが夕方出発し、3〜4時間でおすすめのスポットをまわるので、ギュッと凝縮された時間が過ごせそうですね。

なかでも、はとバス一押しのツアーは、12月5日からスタートする「六本木けやき坂ギャラクシーイルミネーションと浅草ビューホテル武藏のクリスマス」。浅草ビューホテル高層階にて下町の夜景を鑑賞し、はとバスガイドに一番人気のホテル内のレストラン「スカイグリルビュッフェ武藏」でバイキングのディナーを堪能します。その後は六本木ヒルズのシティービューとけやき坂イルミネーションの自由見学と盛りだくさん。

それ以外にも、東京湾サンセットクルーズを楽しんだ後に、カレッタ汐留のイルミネーションを楽しむというコースもあるそうです。また、はとバスツアーだからこその、普通の夜景ドライブでは味わえないスペシャルな特典があるのだとか。はとバスの広報担当の相田佳愛さんに聞きました。

「ほぼ全てのコースでバスガイドの案内を聞きながら、コースをお楽しみいただくことができます。また、はとバスでしか行けないところ、入れない場所、予約が取れないレストランなどにも行けますので付加価値の高い東京観光が魅力です」(相田さん)

意外な東京が発見できそうな同ツアー。当日予約も受けているそうなので、夕方にお時間ができたときなどに、乗っかってしまうという楽しみ方もありますね。クリスマスをラブラブに過ごしたい方も、これから付き合いたい人がいる方も、お一人で過ごす方も、はとバスツアーを利用してみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

入浴剤にヤギのミルク、純米大吟醸酒? トレンドは「高級感」

2015年11月25日

J-WAVE平日(月〜木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。11月24日のオンエアでは、入浴剤の最新トレンドに注目しました。

朝晩が寒い季節となりましたが、体を温める入浴時に入浴剤を使う人も多いのではないでしょうか。実は今、入浴剤は「高級感」がトレンドで、各メーカーから趣向を凝らした商品が続々と発売されています。

たとえば、先日あるメーカーからは「ヤギのミルク」を使った入浴剤が販売されました。ヤギのミルクは保湿効果が高く、古代エジブトの女王クレオパトラも愛用していたとか。また白鶴酒造は、自社で製造する純米大吟醸酒を使用した入浴剤を発売。日本酒に含まれる米発酵エキスの保湿効果に着目したそうです。

メーカーの調査によれば、入浴剤の国内市場は近年ゆるやかに拡大中で、新たに参入するメーカーも多いのだとか。こうした個性的な入浴剤が増える背景には、どのような事情があるのでしょうか。

マーケティングコンサルタントの長谷川博之さんによれば、「入浴剤市場は飽和状態」だそう。そこで、入浴剤メーカーはワクワク感を演出する“ストーリー性”を付加価値として打ち出しているそうです。今後は、「ダイエット専用」「寝付きを良くする」など、用途を限定した専門性の高い入浴剤が増えてくるのではないかと予想します。

さらに現在、ユニットバスの保温効果、シャワーヘッドの多様化、バスピロー、防水スピーカー、プラネタリウムなど、さまざまなバスグッズが展開されており、「バスライフの中のひとつとしての入浴剤は、さらに進化して市場を拡大する可能性が大きいと思います」とも。

ストレス社会で働く現代人にとって、ゆっくりと湯船に浸かるバスタイムは癒しのひととき。高級感を感じる入浴剤を使用して、1日頑張った自分へのご褒美をあげてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

石田純一 ジェームズ・ボンドから学んだ男の色気とは

2015年11月24日

J-WAVE勤労感謝の日の特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL READY FOR 007 SPECTRE」 (ナビゲーター:クリス・ペプラー / 岡田マリア)。11月23日のオンエアでは、 ゲストに石田純一さんが登場し、映画「007」から学んだ恋愛術について語りました。

12月4日(金)、007のシリーズ最新作「007 SPECTRE」が日本公開となります。 007ファンの一人、石田さんは、半世紀以上にわたって愛され続けてきた007シリーズを どのように観てきたのでしょう。

歴代のジェームズ・ボンドの中でも、石田さんが「男の中の男」として痺れてしまったというのは、 60年代「ドクター・ノオ」や「ロシアより愛をこめて」でジェームズ・ボンドを演じたショーン・コネリー。

「僕たちの世代にとって、原点はショーン・コネリーなんです。あまりにも格好良いんです。 ズラを被っていたんじゃないかという噂もありましたけれども、たとえ、 そうだったとしても格好良くて。ショーン・コネリーが演じたジェームズ・ボンドはある種、 長嶋茂雄のような、青春の中でずっと目標になり続ける人なんですよね」(石田さん)

ジェームズ・ボンドと言えば、その華麗なる恋愛遍歴抜きには語れませんが、 石田さんがジェームズ・ボンドから学んだ恋愛術はどこにあったのでしょう。 石田さんは「さりげない教養」にこそ、最高級の男に宿るものだと言います。例に挙げたのは、 「ダイヤモンドは永遠に」でのワンシーン。ジェームズ・ボンドはフランス料理店で 「クラレット」というワインを注文することで、ソムリエを偽物だと見破ります。 実は「クラレット」とはイギリスでボルドーワインのこと。 ソムリエだったら、知っていて当然のことを知らなかったためスパイだと看破し、 ジェームズ・ボンドは危機を脱したのでした。

「ひけらかすための知識や教養ではなくて、すでに持っていて、 自分がいつでも引き出しに出せる、これは男としては最高級の男だと思うんですね。 僕はそれ以来、女性というのはこういう男に絶対惚れるはずだと。つまり、 男の持っている世界観、あるいは教養、そういうのに惚れるんだということ。 だから男は生涯、勉強し続けなくちゃいけないと思っています」(石田さん)

最後に最新作「007 SPECTRE」について、「女性も共感できる作品なので、カップルで楽しんでほしい」 と語りました。その理由の一つとしてボンド・ガールの変化を挙げています。 「これまでのような、お色気ムンムンなだけではなく、女性も格好いいんです。 今回は男性もリスペクトするような女性なんですよ」(石田さん)。そんな格好良いボンド・ガールの姿に、 いつか娘のすみれさんがボンド・ガールになってくれたら、と願っているのだとか。

最新作「007 SPECTRE」は、12月4日から公開です。アクションだけでなく、 恋愛ドラマとしても楽しめるという本作。スクリーンから、 表層的ではない男女の色気を学びとってみては?

【関連サイト】 「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL READY FOR 007 SPECTRE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/holiday/20151123/

News Ranking