押入れでゴロゴロマンガが読める 立川まんがぱーく

2014年08月17日

J-WAVE土曜午前の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐/山田玲奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。8月16日のオンエアには立川まんがぱーく館長の福士真人さんがゲストに登場。まんがぱーくの魅力について話しました。

昨年3月にオープンした立川まんがぱーくは、大人から子供まで、地元を中心とした幅広い世代の人々に利用されている施設。蔵書数は3万8,000冊と、なかなかの充実ぶりです。施設内にはカフェスペースやテラス席があり、テラス席では目の前に芝生が広がる開放的な空間で、飲食をしながらマンガを読むこともできるのだそう。

館内は畳敷きで、靴を脱いで上がる仕様になっており、押し入れを模した半個室スペースでは皆さんゴロゴロしているのだとか。マンガ好きにはたまらないこの施設、いったいどんな経緯でできたのでしょうか。

「この施設はもともとは立川市役所だった建物なんですが、市役所が駅の北側に移転することになりまして、もともとの市役所が使われなくなっちゃったんです。その使われなくなった施設を利用して、立川駅南口側にもっと賑わいを持たせたいという立川市の想いがありまして、そういった施設の改修と運営をやってくれる民間企業を立川市が募集したんです。それにいくつかの民間企業が手を挙げた中から、当社、株式会社合人社計画研究所グループが立川市からお仕事をいただく形になりました」(福士さん)

では、マンガに着目した理由は何だったのでしょうか。

「我々民間企業が『立川市はこうしたら盛り上がるよ』という提案をするわけですけど、立川がどういう地域なんだろうと調査していくなかで、立川を舞台としたマンガやアニメが多くあることがわかったんです。有名どころでは『聖おにいさん』。あとこれはアニメにもなってますが『とある科学の超電磁砲S(とあるかがくのレールガン)』というのも立川が舞台になっています。立川の象徴的な存在であるモノレールがよくアニメの中に出てきます。そういった土壌があり、もともと立川の観光協会がマンガをテーマにしたイベントをしていたりしていたんです」(福士さん)

また現在31歳の福士さんは、自身も『ジョジョの奇妙な冒険』『カイジ』などのマンガを読んで育った世代。マンガと子供のかかわりについて、次のように話します。

「マンガというと、一昔前までは『子供の娯楽』『勉強のじゃまになるもの』と考えられていたときもあったかと思うんですけど、いま私がマンガと触れ合いながら仕事をしていると、まったくそうではないんだなと日々感じています。よく大人の方々が子供に『本を読め』と言います。それは、本を読むことによって自分が実生活でしないような体験を擬似的に体験したり、色んな想像力を付けたりするような意味合いもあると思うんですけど、それはマンガでも出来ることだと思うんです」(福士さん)

そしてマンガの魅力についてこう話します。

「子供たちは本だと単語の意味が分からなかったりとか、書かれている内容が想像できなかったりすることもあると思うんですが、マンガだと絵で出てくるので見て理解できる良い面があると思います。マンガを読むことで子供たちにいろんなことを体験したり学んでほしいなと考えています」(福士さん)

そう考えると、まんがぱーくは子供たちが想像力を育むのにぴったりの場所と言えるかもしれません。夏休みに親子でおとずれたいスポットのひとつですね。

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

モデル・比嘉バービィ ペルー料理を熱弁

2014年08月16日

J-WAVE金曜の番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CITIZEN GIRLS SPECIAL」。8月15日のオンエアにはモデルの比嘉バービィさんがゲストに登場しました。

お父さんがスペイン系ペルー人、お母さんが日本人とペルー人のハーフという比嘉さん。そのため家ではペルー料理が出ることも多かったのだそうです。ペルー料理について、比嘉さんは次のように説明します。

「ペルー料理と聞いても、ほとんどの人がどういう料理なのか想像がつかないと思いますが、じゃがいもと肉を煮込んだものが多いです。ペルー料理は先住民のインディヘナから移民したスペイン人、日本人をはじめ、沢山の人種が入り交じった影響で多種多様な料理となっています」(比嘉さん)

日本人にとってはあまり馴染みのないペルー料理ですが、実は今、世界的に注目を集めているのだとか。

「ここ最近は、ペルー料理は『世界のベストレストラン50』で上位にランクインするほど、世界で注目されています。最近ではNYやLAでもペルーレストランが人気で、行列が出来るほど! 日本でも少しずつですが、ペルーレストランが増えてきています」(比嘉さん)

さらに比嘉さんが力説するペルー料理の魅力が、「なんといっても日本人の口に合うんです!」ということ。

その魅力を多くの人に知ってもらうべく、友人を家に招いて手作りのペルー料理をふるまったりするのだそう。では、そんなペルー料理が大好きな比嘉さんに、オススメの料理を教えてもらいました。

「特におススメの料理はceviche(セビーチェ)。ペルー料理の代表的な料理で、魚介類を唐辛子やレモンで和えたもの。新鮮な魚介にサッパリとしたソースを合わせていて、食べた瞬間に広がるピリ辛な味が、病み付きになること間違いなしです! 是非、この暑い季節に食べて頂きたい一品です」(比嘉さん)

ちなみに最近では都内にもペルー料理のお店ができているそうで、比嘉さんがよく行くのは乃木坂の「ナスカ」。また最近のオススメはモダンなペルー料理が食べられる原宿の「ベポカ」とのこと。

日本人の口によく合うというペルー料理、一度食べてみたいですね。

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/index.html

不妊治療に悩む夫婦の助け舟となるか?「生殖補助医療」

2014年08月15日

J-WAVE平日朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
(ナビゲーター:別所哲也) のワンコーナー「KONICA MINOLTA MORNING VISION」。8/14のオンエアでは、お休み中の別所さんに代わり、 ショーンKさんがナビゲート。「生殖補助医療」をピックアップしました。

自民党プロジェクトチームが、秋の臨時国会へ提出・審議に向けて、不妊治療に関する法案「生殖補助医療」をまとめ、 最終段階に入っています。
そもそもこの法案はどのようなものなのでしょうか。 不妊に悩む夫婦をサポートするNPO法人「Fine」の理事長、松本亜樹子に話を伺いました。

松本さんによれば、生殖補助医療とは不妊治療のことで、日本にはこれまで法律がなかったそう。 今回初めて、不妊治療に関する一部の法律を作ろうという動きなのだそうです。 まずポイントは、不妊治療全般に関する法律ではなく、第三者の精子や卵子を使った体外受精を限定的に認めるというもので、 夫婦同士には関係ない法律だということです。

ここで現在二つの課題があり、ひとつは、代理出産を限定的に認めるかということ。
もうひとつは、生まれた子どもが精子や卵子を提供してくれた人を知ることができるかどうか、課題が残されているそうです。

しかし世界に目を向ければ、インドは代理出産を商業化して国としての形をとっていますが、 「日本というのがこれだけ成熟した国家でありながら、
まだそこに対して、どうしよう、どうだったらいいかな、という状態がダメですね」とショーンさん。

たとえば、アメリカ・スイス・オーストラリア・デンマークなどの先進国では、 不妊治療に関する規定があるそうですが、日本においては国民的議論もされておらず、 ましてや法案としてまとまっていない状態に関して松本さんは「日本だけが、とてもこの部分が遅れてきていたなと感じてきました。 今回ここで議論としてあがることも大事ですし、法律として何らかの決めごとがなされるのも、 すごく大事なことだと思います」と話しました。

不妊治療に悩む日本の夫婦にとって、大きな一歩となりそうな今回の法案。
今後の展開に注目です。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

自由が丘にスペアリブ専門店 仕込みに2日半

2014年08月14日

J-WAVE 平日(月~木)朝の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)の
ワンコーナー「7-ELEVEN FAVORITE DISH」。 8月13日のオンエアでは、
スペアリブのお店「キッチン×バー BON」を紹介しました。

自由が丘に誕生した、ビールとスペアリブのお店「キッチン×バー BON」。
このお店をオープンさせたのは若い男性3人組。
代表の田中崇生さんによると、3人は東京農業大学の学生時代、バイトをしては、
稼いだお金でおいしいものを食べ歩き、味覚のアンテナを磨き続けていたそうです。
そして、いつか一緒に店を出そう、そんな学生時代の夢がついに形になったのがこのお店です。

まず、3人が決めたのは骨付き肉のお店をやろうということ。鶏や牛など、いろいろな骨付き肉を試した結果、 たどり着いたのが、国産のブランド豚、三元豚の「白王」を使ったスペアリブでした。

「うちのスペアリブは、手づかみで食べてもらうようにしているので、そのままガブッとかぶりつけるような、肉感が強いスペアリブにしています。 そのため仕込みには2日半ぐらいかけます。低温の油でずっと煮込むと、旨みがギュッと締まるんです。かぶりついたときに、旨みが一気に広がるような。 うちの豚は脂も甘くておいしいので、ぜひ、脂と一緒に食べてほしいですね」(田中さん)

丁寧な下ごしらえをすることで、お肉の灰汁はしっかりと抜けているので、くどくならず、 不思議とすっきり食べられてしまう、そんなスペアリブなのだそう。
味は和風ソース、濃厚な洋風赤ワインソース、スパイシーペッパー&レモンの3種類からチョイスできます。
身がたっぷり付いたボリュームのあるスペアリブが2本で900円から950円。手軽に立ち寄れるくらいの値段設定もうれしいですね。

ビタミンB1をたっぷり含む豚肉は夏バテ防止にも効果的。
温度管理を徹底したお店自慢のビールと合わせて、ジューシーなスペリアリブを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/iam/

2014夏は氷不足? その理由はコンビニのアレ

2014年08月13日

J-WAVE平日朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー 「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。8/12のオンエアでは、「氷特需」というキーワードをピックアップしました。

今年の夏は、製氷業界が特需に湧いているそうです。
しかも、いつもとは様子が違うよう。 製氷会社がフル稼働で生産しても、生産が追い付かないほどだというのです。一体、何が起きているのでしょうか。

マーケティングコンサルタントの弓削徹さんによれば、決定的なのは、コンビニが昨年から取り組んで大ヒットしている「コンビニカフェ」のようです。
アイスコーヒー用のアイスの需要が拡大しており、各コンビニは昨年の1.5〜2倍の氷を確保しようと動いているため、製氷業界もフル稼働で大増産しているとか。

ちなみに、コンビニと氷は歴史的にも密接な関係があります。コンビニのルーツは1920年代のアメリカで、 街の氷屋が日常品も売るようになったことが、今のコンビニの原型になったそうです。

また、食にこだわりのある日本人ですが、氷も例外ではなく、こだわりがあるそうです。 たとえば、食べても頭がキーンとならない「冷たすぎない氷」、固くて溶けにくかったり透明度が高い「純氷」、日光の氷などの「地域名産の氷」など、 氷のブランド化も進んでいるそう。そのほか、節電省エネ意識の高まりを受けて、エアコンの代わりに氷で涼をとるニーズが拡大しており、 氷の流通量が年々増加しているとか。今後はどんなニーズに応える氷が登場するのか気になるところですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

ビールのタイムテーブルも! クラフトビールが楽しめる音楽フェス

2014年08月12日

J-WAVE 平日(月〜木)午後の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。8月11日のオンエアでは、東京晴海埠頭で開催される「CRAFTROCK FESTIVAL '14」に注目しました。

8月16日(土)、東京晴海埠頭で野外音楽フェス「クラフトロック・フェスティバル」が開催されます。最大の特徴は、音楽と一緒に50種類以上のクラフトビールが楽しめるところ。音楽とクラフトビール、さらには、“ほぼ海の上”という最高に気持ちのいいロケーションも揃っています。夜になると、レインボーブリッジをはじめ、東京湾の夜景も望めるのだそうですよ。

アーティストのラインナップは、LOST IN TIME、Homecomings、ATATA、fox capture plan、bonobos、TAMTAM、Oi-SKALL MATES、LITE、envy、COME BACK MY DAUGHTERS、ZAZEN BOYS、Jazztronik、80kidsの13組。クラフトロック・フェスティバルを主宰するステディワークスの田中徹さんに、楽しみ方を伺いました。

「時間帯によって、ロケーションと音楽、さらにはビールも変化していくようなイベントになっています。お昼は太陽の下、カラッとした音楽に合わせて、グビグビ飲めるようなビールを。夜になったら、ちょっとクラブっぽいアーティストと一緒に、じっくり味わえるようなビールをラインナップしています。ビールのタイムテーブルというのも用意していますので、それをご覧いただいて、こんなビール飲んでみたいなとか、計画を立てていただいて、ライブとビールを楽しんでもらえればと思っています」(田中さん)

さらに、クラフトビールの面白さ、そして音楽との意外な関係を教えていただきました。

「クラフトビールはつくり手さんによって、味の雰囲気、スタイルなど、個性が全く違っていて、そのつくり手さんのファッションだったり、普段、どういう生活をしているかだったり、そういうところがビールにも表現されたりするので、面白いんです。音楽やアート、そういう感覚とクラフトビールはリンクするというか、発想力が豊かな人にクラフトビールは受けているというイメージがあるので、音楽ライブが好きな人にもぴったりはまるのかなというふうに思います」(田中さん)。

こだわりの音楽にはこだわりのビールが似合うというわけですね。この音楽フェスはお昼12時から、場所は晴海の客船ターミナル特設ステージにて開催されます。音楽と海風を感じながら、今年、最高のビールを見つけてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

外国人が喜ぶ? 日本人も知らない「不思議東京スポット」

2014年08月11日

J-WAVE日曜の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:宮本絢子)のワンコーナー「SMILE LABO」。8/10のオンエアでは、不思議東京スポットを紹介しました。

夏休みといえば旅行ですが、旅行サイト「トリップアドバイザー」が行った「旅行者による世界の都市調査」では、ここ「東京」が総合ランキングで世界No.1に輝いているそうです。観光、宿泊、ショッピングの満足度、交通の便利さや清潔さ、親切さ、などの点から評価されているとか。そんな東京では、私たち日本人が知らない、外国人に人気のスポットがあるとか。

旅に欠かせないのが宿。ゲストハウス「カオサン東京」は、世界中のホステルを紹介しているインターネットサイト「ホステル・ワールド」で2013年の東京No.1ホステルを受賞し、アジア地域のトップ3にも何度もランクインしている外国人に人気の宿。都内には6つの施設を展開しており、忍者や歌舞伎、侍をテーマにしたものから、カラフルに部屋ごとに色が違う、実験的新型ホステル、旅館風ホステルまで、海外で喜ばれる「日本」や「東京」が凝縮されているそうです。

さらに、その価格にも人気の秘密が。屋上から隅田川やスカイツリーが見える立地ながら、最も安い「カオサン東京オリジナル」では、なんと2,000円代から宿泊可能。自炊もできるキッチンや、ネット使い放題、シャワートイレ付という、そのほかのカオサン東京でも3,400円〜など、リーズナブルに宿泊できるそうです。

旅にはお土産も必要不可欠。青山の「HOTEL JAPAN」は、“架空のホテルのギフトショップ”がテーマのお土産屋さん。日本のデザイナーやアーティストによる、1点もの、少量生産の品を取り扱っており、いつ来ても日本のおもしろいものに出会えるとか。たとえば、お寿司屋さんの魚の漢字が掘られた湯吞みや、女性のヌード型の一輪挿しなど、個性的なものばかり。

外国人に人気の知られざる東京スポット。私たち日本人が訪れてみても、意外と楽しいかもしれませんよ。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

News Ranking