森山直太朗の怖すぎる体験「体から蜂蜜ローションみたいな汗が…」

2014年08月31日

J-WAVE土曜午前の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐/山田玲奈)のワンコーナー「COLORFUL STYLE」。8月30日のオンエアではシンガーソングライターの森山直太朗さんが登場。旅先での怖い体験を明かしました。

数年前、カリフォリニアのパワースポット、マウント・シャスタに旅行に行ったという森山さん。大自然の中で洞窟を見つけて、友達と2人で懐中電灯と水だけ持って入ってみたところ、思った以上に暗くて深く、800メートルほど進んで、行き止まりに突き当たったのだそう。そしてその行き止まりで、思わぬ発見があったと言います。

「あ、終点はここか! って所がようやくあったんです。天井が低くなってて、地味な終点だな〜って。なんかの象形文字が見れるわけでもなくて。で、左のほうを見たら1メートル弱ぐらいの穴があって、覗いたらさらに洞窟の奥に無限の……いわばブラックホールが続いていて。スピリチュアルポイントに行ってたこともリンクしていたのか、自分の心の奥を見たような感じがして。『自分はこうで、こうだと感じたりしているけど、実は知らないもっと奥に真っ暗闇な空間があるのかもしれない!!』って」(森山さん)

洞窟から精神面での刺激を受けた森山さん。そしてそのブラックホールのような洞窟が気になって、さらに進むことにしたのだそう。

「誰だってもっと奥を知ってみたいと思うじゃないですか。それで僕達は奥に足を進めたんですが、数メートルでもう無理だとなって。後に聞いたら、そこはカリフォルニア州からオレゴン州まで続いているという。もし俺たちが終点を求めて行っていたら、白骨化してたと」(森山さん)

これだけでも怖い話ではあるのですが、実はこの後にも恐ろしいトラブルがあったといい、森山さんは次のように続けます。

「それで帰ってきたんですよね。そしたら、これが一番怖かったんだけど、さぁ帰ろうって150メートルぐらい行ったら、さっきまであった道がない。壁にぶち当たってしまったんです。もうパニック! 本当に! 壁をドンドン叩いて、体中から蜂蜜ローションみたいなベトベトの汗が出てきて。俺はこんなに生きようとしているんだということも感じたし、あとは心の奥のことを探って行ったときに帰ってこれなくなることもあるのかな……って。そういうこともリンクして怖くなっちゃって」(森山さん)

狭くて暗い空間で帰り道を見失うというのは、きっと恐ろしい体験だったのでしょう。とはいえ、「僕が今ここでおしゃべり出来てるということは帰ることは出来たんです、右のほうに小さな穴があって結局は帰れることになったんです」と森山さん。しかしその体験から、学ぶことは多かったと言います。

「でもこの体験というのは、言い換えると自分の心の奥にはたくさんの伸びしろと知らない感覚が詰まっているのかなと知ることができた旅ということ。人間というのは自分が知ってる場所や知ってる物に囲まれて生きていける幸せや豊かさや安堵感があるんだけど、やっぱり時に知らない場所、知らない感覚に触れることが成長に繋がるんじゃなかと」

旅先での危機は、森山さんにとって思わぬ成長につながる経験だったんですね。

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

まるで映画? 渡辺直美、ニューヨークで現地男性と素敵な展開

2014年08月30日

J-WAVE金曜午前の番組「-JK RADIO-TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「MACROMILL THE HIDDEN STORY」。8月29日のオンエアではお笑い芸人の渡辺直美さんがゲストに登場。ニューヨークで過ごした3カ月間について話しました。

エンターテインメントを学ぶため、今年5月、芸能活動を休止してニューヨークに渡った渡辺さん。やる気に満ちていましたが、実は言葉が通じないという大きな問題を抱えていました。

「今、自分がどう思っているかっていうのを伝えられないんですよね。だからなんか、ご飯も食べれなかったんですよ。最初、ニューヨーク着いたときに怖くてレストラン入れなくて(笑)。だから1日なにも食べないとか。あと、デリってなんなのかっていうのがわかんなくて遠くからずっと見てたんですよ。このデリっていうのは、食べ物が売ってるんだろうか、みたいな」(渡辺さん)

これを聞いて「え、わかんないって? それ変でしょ!」と思わず突っ込むカビラさん。

「ネタじゃないんですよ、本当に。で、夜中にパッと見たらまだデリがやってたんですよ。『ちょっと行ってみよう』と思って行ったら、ほっかほかのご飯が売ってて、ちょっと泣きました。最初は、フライドライスを頼みました。ちょっと味が付いたチャーハンみたいな。で、それ本当に深夜だったし、カッピカピだったんですよ。もう、なにこれっていうくらいカッピカピだったんですけど、本当においしくて! 本当にお腹すいてたんで」(渡辺さん)

しばらくホテルに滞在した後は友人に紹介された現地の人の家に、無償でホームステイしていたという渡辺さん。そこは日本語をまったく話せないニックという知人の家だったのですが、お世話になりながらも、自分でマンションを探し始めなければならないなと感じたそうです。

「ニックのすごく綺麗なお家に1週間住まわせてもらって。しかも無償で、ホームステイさせていただいて、『本当にありがとう。もう絶対家探すからね』って言って、1週間ずっと家探してたんですよ。そうしたら、ある時にニックからメールがきて『実は俺もね、尚美の住むマンションを探していて。あったんだよアパートが』みたいな」(渡辺さん)

渡辺さんの次に住む場所をニックも探していてくれたのだそう。そこで渡辺さんが詳細を聞いてみると、なんとも素敵な回答が返ってきたのだとか。

「『だからそのマンションの詳細教えてもらっていい?』って言ったら『そうだよね。そのマンションっていうのはこのマンションのことなんだけど、残り2カ月も一緒に住んでくれるかい?』って言ってくれたんですよ」(渡辺さん)

まるでドラマか映画のような素敵な展開。カビラさんも「まるで映画の吹き替え。映画のストーリーでしょう? これ」と驚いていました。

しかし、カビラさんが「だってこれ恋愛映画の入り口として完璧でしょう! どう?」と尋ねると、「なんにもなかった」と渡辺さん。現実はそううまくはいかないようです。

【関連サイト】
「-JK RADIO-TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

「ドラえもん名作原画展」映画公開で“のび太の家”模型も

2014年08月29日

J-WAVE平日(月〜木)の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)の
ワンコーナー「HILLS AGENCY」。8/28のオンエアでは、 「ドラえもん名作原画展」をピックアプしました。

“ドラ泣き”というキャッチフレーズで、多くの人が感動の涙を流している映画『STAND BY MEドラえもん』が公開中ですが、 現在、川崎市の藤子・F・不二雄ミュージアムでは、漫画『ドラえもん』の原画を見ることができます (前期は10月6日まで。後期は内容が変わり、10月8日〜翌年1月18日まで)。

同展では、「さよならドラえもん」「のび太の結婚前夜」「おばあちゃんの思い出」など、 誰もが知っている名作をチョイス。
その原画が展示され、作中の印象的な言葉が原画の下に大きく表記されているとか。 名言が多いことでも知られる同作ですが、その話を読んだり、アニメで見たりした当時の自分のことも思い出しながら、 じっくりと鑑賞できそうです。
なんだか、考えただけでもジーンときてしまいますね。

ちなみに、映画の公開に合わせて、撮影模型「のび太の家」の特別展示も見ることができるとか。 同映画は、7つのストーリーを再構築した内容になっているので、 映画を見た後に「ドラえもん名作原画展」に足を運べば、 感動もひとしお。
映画でも原画展でも“ドラ泣き”する人が続出しそうです。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

採れたて野菜が目の前でフレンチに! 進化するファーマーズマーケット

2014年08月28日

J-WAVE 平日(月~木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。 8月27日のオンエアでは進化するファーマーズマーケットを取り上げました。

地域の農家が育てた野菜を持ち寄って市場を開き、消費者に直接野菜を販売する生産者と消費者の新しいつながり、 それがファーマーズマーケット。
卸売りも小売店も介さない農家が直接出店する、いわば出張直売所です。 都心にいながら各地の生産者から直接、新鮮野菜を買えるとあって、ここ数年、都心を中心に急速に広がりを見せています。
さらに最近のファーマーズマーケットは野菜の販売だけではなく、プラスアルファの魅力を付加した新しい形が増えているのだとか。

たとえば、これまでファーマーズマーケットで開催された企画は
・合羽橋の料理道具のプロから学ぶ、包丁研ぎのワークショップ
・コーヒー豆の焙煎を学ぶワークショップ
・お味噌屋さんから学ぶ、味噌造りのワークショップ
・農家が持ってきた野菜を調理して開催されるディナーパーティー などなど。

ディナーパーティーでは、日頃なかなか接する機会のない農家さんとの会話に花が咲くのだそう。 新しい野菜と出会い、おいしい料理と出会い、作り手と出会う。
そんな体験が開かれた場で気軽にできるのだから、うれしいですよね。

こんなふうに、食べ物から派生したさまざまな学びの企画へと広がりを見せているのが 最近のファーマーズマーケットの特徴なのだそう。
そんな最新マーケット事情について、 青山ファーマーズマーケットを運営する竹田潤平さんにお話を伺いました。

「ファーマーズマーケットをイベントとしてではなく、日常の中にある、 一つの違う要素を得られる場所として捉えています。なので、自分たちの生活の中に、 少しずつ取り入れていける要素を持って帰ってもらうというような、 野菜とか果物を毎週買って帰るのと同じように、何か学びも毎週持って帰ってもらって、 それによって生活が良くなっていったらいいなと思って運営をしています」(竹田さん)

ちなみに竹田さんが運営している青山ファーマーズマーケットでは9月7日(日)、 一流フレンチシェフのキッチンカーが登場する予定なのだとか。 採れたて野菜が一流シェフの手さばきによって絶品フレンチへと変わっていく……。
その様を目と舌で体験できるのでしょうね。 こちらも新たなファーマーズマーケットの楽しみ方になりそうです。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

おしゃれに部屋作り 増加する「DIY女子」とは

2014年08月27日

J-WAVE平日(月〜木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。8/26のオンエアでは、「Japan DIY Homecenter Show 2014」を紹介しました。 8月28日〜30日(一般入場は29日と30日)まで幕張メッセで開催される同イベントは、国内外のDIY・ホームセンターのメーカー495社が出展し、最新の商材、工具、などをチェックできる業界最大級の総合展示会。 そもそも「DIY」とは、「DO IT YOURSELF 」のことで、「住まいと暮らしをより良いものにするために、自らの手で快適な生活空間を創造すること」という定義なのだそうです。 中でも注目なのが、女性のDIYを応援する「キラリ!DIY女子」というテーマゾーン。伝統工具の体験や左官の壁塗り体験などができるほか、片付けの天才主婦・安東英子さんによる片付けのセミナーや、ペイントアーティスト・さとうたけしさんによるライヴペイントショーなども開催されます。 実は近年、DIYに興味を持つ女性が増えてきており、ホームセンター業界も、工具そのものの軽量化を図ったり、ボディーをカラフルにしたりと、女性市場を意識した商品を販売しているそう。世の中の環境も変化しており、たとえば、URの賃貸住宅では、DIYで家の中を好きなようにカスタマイズすることができ、退出時も原状回復せずにそのままでOKという傾向が全国的に増加しているとか。 そのほか、タレントのユージさによる「簡単チェア作り」、溶接体験コーナー、3Dプリンタ体験コーナーなど、体験コーナーが目白押し。DIYを始めて、世界でひとつだけの家具作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 【関連サイト】 「BEAT PLANET」オフィシャルサイト http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

半沢直樹作者 あのオネエキャラの誕生秘話を語る

2014年08月26日

J-WAVE 平日(月~木)午後の番組「KIRIN ICHIBAN SHIBORI ONE AND ONLY」 (ナビゲーター:ジョン・カビラ)。 8月25日のオンエアでは、
作家の池井戸潤さんがゲストに登場しました。

企業やサラリーマンの光と影をあぶり出した、ドラマ『半沢直樹』は一大社会現象にもなりました。 その半沢直樹の生みの親、池井戸潤さんに、テレビドラマ化の裏話や、あのオネエキャラの誕生秘話を聞きました。

「ドラマの脚本は読んでいなくて、だから『半沢直樹』の最終回なんて、 半沢が出向になったあと、まだ続きがあるんだろう、どうなるのかなと思って、 ずっとテレビの前で見ていたんですよ。そうしたら、次週の新番組の宣伝が始まったんで、あれ?  ここで終わりなんだって思った。ちょっとびっくりしましたね、あれはね」(池井戸さん)

生みの親の池井戸さんが、ドラマの結末を知らなかったなんて驚きです。
作者として、半沢、一人歩きし過ぎ! とか思ったりしませんか。
「いやいや、いいんじゃないですか。よかったと思いますよ。 一回だけ、『半沢直樹』のドラマ収録現場に行ったら、ちょうど、片岡愛之助さんが演じる黒崎登場のシーンだった。 “査察なの、よろしくね”と女言葉で言うシーンで、見ているほうは大爆笑で、 それを見ていて、これは面白いなと思ったわけです。 それで新作『銀翼のイカロス』に出そうと思って、連載している途中から出したの。今回も出ているんですよ」(池井戸さん)

愛之助さんのオネエ役は強烈でした。ドラマ化によって、いい意味で一人歩きし始めたキャラクターを、 また小説にフィードバックしていくわけですね。

「最初、愛之助さんにお会いしたとき、 開口一番、なんで僕だけオネエなんですかって言われました。 黒崎をオネエにしたのはいろいろ理由があって。実は雑誌連載のときは、 黒崎というのは強面の検査官だったんですよ。そうしたら、本当にこういうことがあったんだとか、 真に受ける読者がすごく多いんです。エンタメとして書いているつもりなのに、 真に受けとられてしまう、それに困っていて。それで本にするときに、 全部、オネエ言葉に変えてみたんです。担当者はびっくりしましたね。強 面の検査官だったはずなのに、なぜかオネエ言葉のおっさんになっていると(笑)」

池井戸さんは、「小説にとって本当の傷というのはキャラクターの破たん」だとも語っています。 読者に、こんなやついないよとか、こんなこと言うわけないじゃんとか、 そんなふうに思われてしまう小説にはしたくないと。
そんなキャラクターへのこだわりが、サラリーマンをはじめとするたくさんの人に 共感を生んできたのでしょうね。

今月1日に半沢直樹シリーズ最新作『銀翼のイカロス』が発売が開始されました。
最新作で「倍返しだ!」と、サラリーマン魂を再燃させてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「KIRIN ICHIBAN SHIBORI ONE AND ONLY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/oneandonly/

村上淳とUAの息子 村上虹郎デビューまでの意外な道のり

2014年08月25日

J-WAVE日曜の番組「WONDER VISION」のワンコーナー 「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」(ナビゲーター:野村友里)。 8/24のオンエアでは、俳優の村上虹郎さんが登場しました。

父に俳優の村上淳さん、母に歌手のUAさんを持つ虹郎さんは現在17歳。 今年、河瀬直美監督の映画『2つ目の窓』の主演として俳優デビューを果たしました。 しかし、そこまでの道のりは決して平坦ではなかったとか。

父である村上淳さんから「もし、芸能界に入るなら、(最初は)モデル・ドラマ・CM・映画もやるな。絶対、舞台からじゃないとやらせない」と言われていたという虹郎さん。 その理由は「厳しくしてくれるから」だったそう。

そんな中、虹郎さんが16歳のとき、村上淳さんの友人である川瀬監督から虹郎さんへ映画出演のオファーがあり、 村上淳さんは「川瀬さんだからやらせたい」とオファーを受けます。 一方、UAさんも川瀬監督と友人でしたが、脚本を読んだ上で、虹郎さんが海外の学校に通っていることや、 セクシャリティーなシーンがあることなどの理由から大反対。 結局、「自分の人生なんだから、自分で決めるしかない」と思い、 出世払いという名目でUAさんからお金を借りて、海外からオーディション会場の奄美大島まで行ったそう。

しかし、オーディションでまさかの落選。
失意の中、大阪に居る際に川瀬監督から深夜に「明日奄美に来てくれない?」と連絡があったそうです。 そこで行ってみると「じゃ、あんた美術部な」と、劇中の主役の家を、美術部の人たちと住み込みで作らされたとのこと。 掃除や洗濯など含め、主婦のように働いたといいます。その最中に、再オーディションがあり、見事合格。 芸能活動に専念するため、海外の学校も退学したそうです。

「やっと1カ月前くらいから、人生が楽しくなってきた」と虹郎さん。 基本的に映画の撮影は辛いことが多いそうですが、「悩めるっていいな」と感じたそうです。 「映画に出会って、哲学に出会った。いろんな人と出会えることが楽しい」とも。

映画『2つ目の窓』はテアトル新宿で公開中。 次の主演作品『忘れないと誓ったぼくがいた』も撮影済みで、2015年に公開予定だそう。 村上虹郎さんの今後の活躍に注目です。

【関連サイト】
「WONDER VISION」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

News Ranking