2本の指で分かる男性力「指比」とは

2013年08月31日

J-WAVE金曜の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「CURIOUSCOPE」。8/30のオンエアでは、『女は男の指を見る』の著者で動物行動学研究家の竹内久美子さんがゲストに登場し、「指から分かる男の能力」について話を聞きました。

女性のみなさん、気がついたら男性の指についつい目がいってしまうことはないでしょうか? 実は人の身体の形を形成するHox遺伝子という遺伝子があり、男性の生殖器をつくるHox遺伝子と指をつくるHox遺伝子は同じものなのだそうです。つまり、動物的というか本能的に女性が男性の指を見てしまうのは当たり前なのだとか。

竹内さんによれば、指を見れば誰でもその男性の能力の高さが分かると言います。それが「指比(ゆびひ)」と呼ばれる値。これは、人差し指の長さを薬指の長さで割った値で、日本人男性の平均は0.94〜0.95。この数値が低いほど、男性ホルモンの代表格であるテストステロンのレベルが高く、その男性の能力が高いことになるそうです。

この指比、ビジネススキルにも大きく関係があるようです。イギリスのロンドンにあるシティという金融街でとったデータによれば、そこで働く「高頻度トレード」を仕事にしている男性の指比を測ったところ、指比が低い人たちは指比が高い人たちよりも、なんと10倍の年収があったそうです。

同じく指比は肉体の能力にも関係があり、サッカー選手でも一軍と控えの選手では、一軍の選手の方が指比が低いというデータがあるようです。

また、男性の生殖器も指と大きく関わっており、指比が低いほど生殖器が大きく、指が長いほど生殖器も長いとか。

ちなみに、この傾向は男性に見られ、女性は指比と能力の関係性はあまりないそうです。

さて、では実際にこの指比を自分の手で測ってみましょう。長さを測るときは、右手の手のひら側で行うことが原則です。薬指の付け根には、だいたい2本のシワがありますが、手のひらに近い方のシワの真ん中からの長さを測ります。人差し指の長さを薬指の長さで割った値が「指比」になります。いかがでしたでしょうか?

「げっ。薬指短い!」「平均じゃん……」と落胆してしまったあなた。薬指を引っ張って伸ばそうとしてもダメ。残念ながら、指比は胎児の頃から決まっており、一生変わることはないそうです。才能は生まれつきと言いますが、まさか指で見ることができるなんて……。男性のみなさん、今日から少しでも薬指を長く見せる努力をしましょう(笑)。

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

焼き菓子が人気のヨックモックの「溶けてなくなる」スイーツ

2013年08月30日

J-WAVE午前の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー「7−ELEVEN FAVORITE DISH」。人気サイト「お取り寄せネット」とコラボレートした8/29のオンエアでは、老舗洋菓子店の「ヨックモック」のスペシャルなスイーツをピックアップ。

ヨックモックというと、あの筒型の焼き菓子「シガール」を思い浮かべる人がほとんどなのでは。人を訪ねる際にお持たせとして買っていったり、もらったりすることも多いのではないでしょうか。そんなヨックモックから今回注目したのが、「南青山ロール」。南青山にある本店で誕生した、スペシャルなロールケーキです。

このロールケーキはスポンジの味わいに特にこだわって作った逸品。構想に半年かけたという生地は、しっかりと泡立てたメレンゲとミルクを最大限まで加えているので、しっとりふわふわとした柔らかさが出ているのだそう。水分をたくさん加えると、仕込みや焼き上げた後の扱いが非常に難しくなるそうなのですが、これによってしっとりしていながらも、ふわふわの食感を実現することができたといいます。スポンジというよりはスフレ菓子に近い仕上がりになっているそうです。

ロールケーキを構成するもうひとつの重要な部分、生クリーム選びもなかなか苦労したのだそう。様々な生クリームを取り寄せ、30以上の試作をしたといいます。生地が甘めに仕上がっているので、生クリームは甘さ控えめにすることでとてもバランスのとれた味になっているそうです。

しかし、生クリームに関する詳しい話は、「ちょっとお教えできないんです……」とヨックモックの広報の方。「ミルク感のある乳脂肪分40%の、味わい深いクリームを使用している」ということのみ、教えてくれました。

さて、そんなロールケーキを藤原さんがリポート。見た目は「卵色のスポンジと純白のクリームが美しい」とのことで、長さは15センチくらい。ヨックモックの焼き印が入っていると言います。そしてお味の方は……

「ん〜! すっごくふんわりしてて……軽くて、口の中でふわぁって溶けてなくなる感じです。でも生クリームはすごく濃厚で、ミルク感がすごくあって、上品なお味ですね。これはどんどん食べられちゃいますね!」(藤原さん)

企業秘密のクリームだけあって、かなりの好感触。気になる方は早速、お取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/iam/

「ロックバンド組めず1人で録音」 フラメンコギタリストの沖仁

2013年08月29日

J-WAVE午後の番組「RENDEZ-VOUS」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「OPEN TOKYO」。8/28のオンエアでは、フラメンコギタリストの沖仁さんがゲストに登場しました。

ギタリストとして世界的に活躍している沖さんですが、子どものころからフラメンコギターを習っていたのではないそうです。中学生のころ、大人気だったバンド“BOØWY”にあこがれてエレキギターを始めたのが最初のきっかけだったとか。

「バンドを組める友達がいなくて(笑)、1人で全部の楽器をやって多重録音してました。しばらくは頑張ったんですよ、ロックで。でもバンド組めないし、1人でできるのがいいとなると、生の楽器でしょ。でも、クラシックギターだと優しくてロックの熱さはない。そんなときに、フラメンコ(ギター)に出会ったら両方あったんです。ロックみたいに激しいし、生の楽器だし」(沖さん)。

そうしてフラメンコギターと出会った沖さんは、20歳でスペインへ修行に。「とりあえずスペインに行って生活しなきゃ分からないと思って、『地球の歩き方』を持って行きました」(沖さん)。知り合いも誰もいないスペインで、会いたい人たちに片っ端から電話をかけ、門前払いにもめげず、やっとギターの師匠に巡りあったそうです。そして、2010年のスペインフラメンコギター国際コンクールで優勝し、日本人初の快挙を成し遂げました。

9月にはアルバム『Dialogo[ディアロゴ]〜音の対話〜』のリリースを予定しています。その中で、ギタリストのMIYAVIさんとコラボした曲は、沖さんが「タイマン曲」というほど激しい“音の対話”になっているそうです。MIYAVIさんとは2年前にギターセッションしたのが初対面だそう。そのとき、話の最中に寝てしまったMIYAVIさんの豪快なところを見て、ますます好きになってしまったといいます。

「もともとロックから音楽に入ってるので、自由奔放な彼のロックスピリットとかシャウトする感じがグッときちゃうんですよね。『オレ、こういう風になりたかった!』 みたいな」と、話す沖さん。アルバムでは他にも様々なトップアーティストとの“音の対話”が聴けるそうですよ。

【関連サイト】
「RENDEZ-VOUS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/rendezvous/

神田のカレー店は300以上! 「第3回 神田カレーグランプリ」

2013年08月28日

J-WAVE昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。8/27のオンエアでは「第3回 神田カレーグランプリ」を紹介しました。

カレーの激戦区、神田にはいくつのカレー屋さんがあるかご存知でしょうか? 同イベントの実行委員会が調べたところ、専門店はもちろんのこと、カフェやバーでカレーを提供しているお店まで含めると、神田界隈にはなんと300以上もカレーを提供するお店があるのだそうです。

そもそも、なぜ神田にはカレー店が多いのでしょうか? 本の街、学生の街と呼ばれることがある神田ですが、本を買った人の「すぐに本を読みたい、でも、お腹も減ったなぁ……」ということ(心理状態)を受けて、スプーン1つ(片手)で食べられるカレーが注目されたという説があるそうです。もう一つの説は、30年ほど前、学生相手に300円や400円でカレーを提供していた頃に「カレーを御馳走にして提供してみよう!」というお店が現れ、その当時、800円ほどでカレーを提供し始めたそう。最初の半年はなかなか浸透しなかったものの、次第に人気が出ていき、御馳走として食べるカレーが広まっていったとか。

さて、今回の「第3回 神田カレーグランプリ」ですが、神田界隈のカレーを提供する300店のうち52店舗が参加し、9/16〜9/30までネット上で予選を行います。そのうちユーザーから評価の高かった上位15店舗は、11/2〜11/4に神田の小川広場で行われる本選に出場し、そこでグランプリと準グランプリを決定するそうです。

神田が好き、本が好き、カレーが好き、というあなた。ぜひ会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

ピース・又吉 夏になると怪談ネタを求められる理由は?

2013年08月27日

J-WAVE朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。8/26のオンエアでは、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんがゲストに登場しました。

“サッカー好き芸人”、“読書好き芸人”として知られる又吉さん。「海にはほとんど行ったことがなく、夏は不得意」という又吉さんに、夏の暑さ対策を聞いてみると「日差し対策で帽子はかぶるようにしてます。最近のお気に入りはコルク素材のハンチング」とのこと。さすが“おしゃれ芸人”としても知られるだけあって、帽子が好きで30個は持っているそうです。

そんな又吉さんには、夏になると毎年同じことが起きるといいます。それは仕事やライブで怪談話を求められることが多いのだとか。「霊感も強くないし怪談ネタは全然持ってないのに、風貌で誤解されてしまうんです。怪談話のオーディション系の仕事に呼ばれることも多いですね」(又吉さん)。

また、太宰治のファンとしても有名な又吉さんが、15年前に東京に出てきたときの不思議な話をしてくれました。

「その日のうちに家を決めないといけない状況で、渋谷の不動産屋で『三鷹になら一件あるよ』と紹介されて連れて行ってもらったのが、三鷹の2Kのアパートでした。のちに住んでから分かったんですが、たまたまそこが太宰治の家があった場所で。跡地に建てられたアパートだったので、すごい偶然でした」(又吉さん)。

知らずにそこでずっと太宰作品を読んでいたという話に、別所さんは「今ゾゾっとしました」と一言。「いやいや、怖い話じゃないですけど」と又吉さんは否定しましたが、“怪談好き芸人”という名前も似合いそうですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

ネコの野性的な姿が見れる写真展「ネコライオン」

2013年08月26日

J-WAVE日曜の番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「patagonia SOCIAL EVENT & MOVIE TIP」。8/25のオンエアでは、写真展「ネコライオン」を紹介しました。

現在、恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館で開催中の同展。世界を舞台に活躍する動物写真家・岩合光昭さんが撮影した写真180点を見ることができます。面白いのは、左にはネコ、右にはライオン、というように、左右が対になったふたつの動物の写真が展示されているところ。

「ネコは小さなライオンだ。ライオンは大きなネコだ。」というキャッチコピーで、同じネコ科でありながら、人間の生活に溶け込むように暮らすネコと、百獣の王と呼ばれ、野生の世界に生きるライオンの「似ているようで似ていない、でも、似ていないようでどこか似ている」不思議な世界が広がっているそうです。そのみどころを、プロジェクトディレクターの江水彰洋さんはこう話します。

「(岩合さんは)野生動物を撮っていますから、その撮り方とネコの撮り方が同じなんですよね。よくネコはかわいく撮ろうとか、ポーズしている写真が多いと思うんですが、岩合さんはライオンを撮るようにネコを撮っているので、本当の意味でのネコの姿が見れるのが面白いと思います」

野性的なネコの姿を見ることができるという同展。ネコ好きの方はネコの意外な一面をみることができるので必見ですね。

【関連サイト】
「WONDER VISION」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

一度は挑戦したい 武蔵御嶽神社で恒例の滝行体験

2013年08月25日

J-WAVE土曜の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「JR EAST STATION TO STATION」。8/24のオンエアでは、滝行で有名な武蔵御嶽神社で恒例の修行体験を紹介しました。

武蔵御嶽神社は、紀元前91年に創建されたとされる由緒ある神社。標高929メートルの御岳山にある秩父多摩甲斐国立公園の中に建っています。山頂には神社のほかに宿坊と呼ばれる参拝者のための宿泊施設が24つ並び、修行体験では登奈利荘という宿坊に泊まるそうです。

年に数回だけ行われ、今回は8月31日から9月1日にかけて1泊2日の日程で行われるこの「滝行」。男性はふんどし、女性は白衣に着替えて滝にうたれるそうです。

当日は13地に宿坊に集合し、翌日16時30分に解散。瞑想・滝行などが行われ、修行中の食事は朝も夜もお粥。もちろん禁酒で、体験費用は一人1万5,000円だそうです。

最近は女性の参加者も増えているというこの「滝行」。一度は挑戦してみたいものです。

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

News Ranking