アーティストが「両A面シングル」を出す理由

2013年07月31日

J-WAVE昼の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。7/30のオンエアでは亀田さんがリスナーから寄せられた様々な音楽の疑問について回答しました。

たとえば「最近、『両A面シングル』を発表するミュージシャンが増えているのは何故?」という質問。以前はシングルCDにカップリング曲が2、3曲入っていたり、レコードが主流だった頃は「A面」「B面」という呼び方をしていました。

亀田さんによれば、両A面の狙いは、「一枚の看板よりも、二枚の看板を出した方が商売繁盛するのではないか、という考え方」なのだそうです。

両A面が増えているのは、二枚看板によって単純に少しでも多くCDを売りたい、という理由。また、ドラマやCMなどのタイアップがついている楽曲は、リリース時期をタイアップ先の商品の発売時期と足並みを揃えなければいけないため、発売日が重なってしまう場合があるそうです。たとえば、ドラマのタイアップでは、ドラマがクライマックスを迎える最終回や、そのラスト前の回をめがけて、CDが発売されるそう。つまり、ドラマとCDの双方でお互いを盛り上げていこうという考え方なのだとか。

ちなみに「よくあるのが『あれ、カップリングにする予定だったこっちの曲にもタイアップがついちゃった。だったら両A面にして、たくさんの人に聞いてもらおう』というのが
アーティストサイドの正直な気持ちだと思います」と亀田さんは話します。

一方、両A面には不利な点もあるそう。それは、アルバムを発表する際に、アルバムに入る曲が、既に発売されている楽曲ばかりで、鮮度がなくなってしまうということなのだそうです。

よく聞く「両A面シングル」には、こんな裏の事情があったようです。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

News Ranking