2017年03月28日

新豊洲に、誰でもスポーツができる場所を!

先日丸の内MC Forest で行われた、
番組公開収録の模様をお届けしています。

170328_tamesue_1.jpg

2012年で引退され、”スポーツと様々なモノを繋げる”
活動を続けている、為末大さん
昨年12月にオープンした『新豊洲 Brillia ランニングスタジアム』
館長を務めていらっしゃいます。

170328_tamesue_2.JPG

こちらの施設は、ドーム型で、60mの陸上トラック、ラボが入っています。
「60mって、室内競技の公式距離なんです。
 素材は、リオのオリ・パラでも使われたもので、
 きっと新国立競技場にも使われるだろう、と言われています。
 コンセプトは、”障がいも年齢も、隔たりが無くスポーツできる事”で、
 今では、3~4割は障がいをお持ちの方がいらしてます。」

『新豊洲 Brillia ランニングスタジアム』には、
競技用義足、”Xiborg”の制作、研究室があります。
こちらでは、カーボン素材でつくられる板バネを
トラックを走ることで、角度など微調整を行っています。

170328_tamesue_3.JPG

リオのパラリンピックでは、Xiborg の義足を使用した
佐藤圭太選手がリレーで銅メダルに輝きます。
「でもまだ、世界との差は大きな差があって、
 2020年には、彼個人で決勝に残れるように、
 Brillia ランニングスタジアムで練習をしています。」
カーボンを何層重ねるのか、どのような角度で曲げるか
どの圧力で繋げるのか、などは 選手それぞれ。
日々、選手の走行を研究しているそう。

今夜の選曲:IT’S GOING TO TAKE SOME TIME / CARPENTERS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月27日

25年間の陸上選手生活。そして、引退後の新たな挑戦。

先日丸の内MC Forest で行われた、
番組公開収録の模様をお届けしています。
ゲストは、元陸上選手で、スポーツコメンテーターとして
活躍されている、為末大さんです。

170327_tamesue_1.JPG

為末さんは、国際陸連では
史上最も背の低い、ハードルのメダリストです。
もともとは、陸上で100メートル走をしていたものの
国際大会で、ジャマイカなどの選手に敵わない事を感じたそう。
「でもぼんやり試合を見ていると、
 彼らがやりにくそうにしているのがハードルだったんですね。
 これだったら、もしかしたら、勝てるのかもって。」
高校3年、18歳のときに、ハードルをやり始めますが、
周りの選手よりも遅いスタートになりました。

為末さんは、2012年、34歳で引退。
25年間の陸上生活にピリオドを打ちます。
「25年間ずっと陸上やってきて、突然就活したようなもんで、
 他の世界が全く分からなかったんです。
 結婚していたので、1年半は色んな事してみて、
 それで世の中の反応がなにもなかったら、
 ちゃんと就活して養うから、という約束をしました」
現在では、スポーツと違う分野を繋げたり、
コメンテーターとしても活躍されています。

今夜の選曲:WE’VE ONLY JUST BEGUN / CARPENTERS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月24日

3月27日から31日は

元陸上選手で、スポーツコメンテーターとして
活躍されている、為末大さんをお迎えします。

170324_tamesue_1shot.JPG

先日丸の内MC Forest で行われた、
番組公開収録の模様をお届けします。

■プロフィール■
1978年広島県生まれ。
2001年エドモントン世界選手権、2005年ヘルシンキ世界選手権の
男子400メートルハードルで銅メダル。また、シドニー、アテネ、北京と
3度のオリンピックに出場し、2012年に、現役生活から引退されました。
現在は、一般社団法人アスリートソサエティや,Xiborgなどを通じ、
スポーツ、社会、教育、研究に関する活動を幅広く行っていらっしゃいます。

staff| 20:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月24日

発酵で世界が繋がる?! まだまだ知られていない、発酵食品たち。

アートディレクターで、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんは、
著書『発酵文化人類学』が来月中旬に発売されます。

170324_ogura_2shot.JPG

この本は、発酵好きが読めば、人間の歴史や美術の面白さに
気づいてもらえる、と小倉さん。
「芸術もすごく人間にしかできないものだとも思うんですけど、
 この本のポイントは、人間と自然との関わりを
 発酵という観点からもう一度見直してみる、という事かな、と思います」

著書の中には、長野県木曽町の塩を使わない”すんき漬け”や、
高知の山間部、大豊町で作られる”碁石茶”など、
発酵食品の多様性も紹介されています。
「日本にはほとんど発酵茶がほとんど無いんですが、
 碁石茶は、例外で、人知れず何百年もつくられていたんです。
 茶葉に、最初カビを付けて、カビによって分解して腐葉土みたいにして
 そこに、乳酸菌を付けて酸味を付けて、コクを出すお茶です。」
”碁石茶”は調味料として活用され、地元ではお茶漬けにして食べるそう。

”すんき漬け”も、”碁石茶”も、
産地は離れているものの、同じ乳酸菌を使い、
全く違う発酵技術であるのに、風味が似ています。
「”碁石茶”を辿ると、東南アジアのお茶のシルクロードに行き着いたり、
 すんきを辿ると、今度はネパールのお漬物に辿りついたり。
 発酵文化にって面白いのが、ローカルをずっと掘っていくと、
 地球の反対側のローカルと繋がっちゃったりするんですね。
 そのミッシングリンクを科学的に見つけていくのが、1つのロマンですね」

著書『発酵文化人類学』の発売記念イベントは、
4月21日(金) に行われます。

今夜の選曲:AM I EXPECTING TOO MUCH / ALLEN TOUSSAINT

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月23日

ワイルドな風味を出す甲州ワインが、世界で注目される理由。

発酵デザイナーの小倉ヒラクさんは、東京都出身ですが、
現在では、“菌がよく育つ”という理由から、
山梨県の大菩薩峠の中腹に住まれています。

170323_ogura_1.JPG

近くには、ワインの醸造所が多い勝沼があります。
「甲州ワインという、山梨のブドウをつかったワインを
 よく飲んでいます。一時は、ヨーロッパみたいなワインを
 作ろうという動きがあったんですけど、最近は、地酒にも戻っていて。
 あえて、日本酒用の一升瓶に入れていたような素朴なぶどう酒を
 今の技術で復活させようという、若い人たちが出てきてます。」

フランスのワインは、優良品種を中心に作りますが、
イタリアは、様々なブドウを使いワインを作る文化があります。
「甲州ワインを作る『甲州葡萄』は、1200~1300年ぐらい前に
 ペルシャの方からシルクロードを渡ってやってきた、
 今ワインを作っているほとんどの葡萄のルーツで。
 でも日本では忘れられて、山梨の山に、
 野生化して残っていた、というものなんです。」
山梨葡萄は、ワイン用に品種改良されてきていないため、
ワイルドな味を作り出す事が可能だそう。
そのため近年では、ヨーロッパと比べるのではなく、
新しい価値観を作り出す醸造所も増えているのだとか。

今夜の選曲:LAST TRAIN / ALLEN TOUSSAINT

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月22日

歌って踊って、味噌を作る? 発酵と美術の意外な共通点を発見。

アートディレクターで、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんは、
著書『発酵文化人類学』が来月中旬に発売されます。

170322_ogura_1.JPG

「僕1年間、フランスのルーブル美術館に
 ずーっと通い続けた時期があって。
 ルーブル美術館って毎日行っていると、
 名画に飽きて、古代のものを見てたんです。
 そこから、”なぜ人間が文化を作ったのか”という
 謎に導かれて行ったんですよね」
ルーブル美術館や大英博物館も、物を見て、デザインから
人間の起源を紐解くことをしています。
小倉さんは、それを微生物や発酵文化で行っています。

「発酵食品って、目に見えない自然微生物っていうものと、
 人間の感性が働きかけて作り出した芸術なので。
 だんだんずっと調べてみてくると、細かい所がわかるようになって、
 その細かい所によって、その土地ではどういう暮らしがあったか
 分かるようになってくるんです」

約8年前から小倉さんは、ご自身がプロデュースされた
絵本『てまえみそのうた』を使った、
味噌を手作りするワークショップを開催しています。
「発酵って、色んな理屈が後ろに隠れているんですけど、
 基本的には美術と一緒で、五感で感じ取るものなので、
 アプローチするときに体で楽しむのが必要だなって」
現在では、多くの場所で活用されている絵本になっています。

今夜の選曲:SOUL SISTER / ALLEN TOUSSAINT

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月21日

微生物とデザインをつなぐ、発酵デザイナーとは?

アートディレクターで、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんは、
旅好きで大学在学中にバックパッカーをされていました。

170321_ogura_1.JPG

「それがきっかけで、就職活動をする機会を
 失ってしまって。一時期フランスで絵の勉強していたので、
 アートとデザインの世界に入って行きました。」

発酵デザイナーとして、雑誌ソトコトにて連載をされています。
発酵デザイナーの仕事は、
”微生物の見えない働きをデザインを使い可視化する”こと。
「大雑把に言うと、微生物研究とデザインを
 足して2で割ったような仕事です。
 全国の酒屋さんとかのデザインの仕事をしたり、
 研究機関や自治体なども、発酵技術を使って町おこししたい
 って話があった時に、商品開発などを一緒に考えています。」
小さい子供達にもわかりやすいように、
菌を育てるワークショップなども行っています。

日本の発酵食品は、大別すると、お酒と調味料に分かれます。
中でも、大豆、麹、塩を使った固形調味料=味噌は、
原料が単純でありながら、発酵プロセスが複雑です。
「お味噌は、麹菌、乳酸菌、酵母菌が働いて発酵していくので、
 原料の大豆の味は複雑ではないんですけど、
 半年、1年経つと、複雑な味覚を生み出すんです。
 これが、和食の発酵食品の特徴で」
味が複雑であるため、お味噌汁を毎日のように
飲むような文化になったそう。
また、納豆は東アジア一帯で食べられていますが、
日本のような糸を引く納豆は珍しいのだとか。

今夜の選曲:COUNTRY JOHN / ALLEN TOUSSAINT

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月17日

3月21日から24日は

アートディレクターで、
発酵デザイナーの小倉ヒラクさんをお迎えします。

170317_ogura_1shot.jpg

発酵文化と発酵食品のお話、たっぷりと伺います。

■プロフィール■
1983年東京都生まれ。早稲田大学文学部を卒業され、
ゲストハウスの経営を経て、スキンケア会社にデザイナーとして就職。
その後、独立されて、現在は、
アートディレクターとして幅広く活動していらっしゃいます。

staff| 20:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月17日

投資するなら、自分のスキル! 人生が楽しくなる営業のワザとは?

和田裕美事務所株式会社の代表取締役、
和田裕美さんは、ビジネス書を中心に50冊以上出版されています。

170317_wadahiromi_2shot.jpg

最初に出した著書、
『世界NO.2 セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』は
当時まだ数少なかった”女性のビジネス本”でした。
「当時2003年で、女のビジネス本なんて誰が読むんだって
 15社くらい断られたんですけど、ダイヤモンドの編集担当の方が
 偶然女性で、面白いから出そうってなって、ヒットしたんです。」

著書『幸せなお金持ちになるすごいお金。』は
お金のマインド、考え方をテーマにした、
女性に手に取ってもらえる本になっています。
「出版業界、書店、中継ぎ含め、いろんな事で
 模索されている状況なので、
 何か良い企画あればどんどんやりたいです。」

今後について伺うと、、、
「老後に必要なお金の心配される方多いんですけど、
 株に投資するよりも、自分に投資して、自分に1番リターンが高い
 自分の価値を上げるほうが、最高の投資だと思うんです。
 物を伝えて、物を売れるって、年齢制限なく仕事できるので、
 そのスキルさえあれば、ずっと人生楽しいんじゃないかなって思うので、
 そういう方達の教育をしていきたいなって考えています」

今夜の選曲:TAPESTRY / CAROLE KING

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月16日

何歳になっても諦めずに働く楽しさ。大人も子供も、陽転思考で変わる!

和田裕美事務所株式会社の代表取締役、
和田裕美さんは、営業での経験をもとに、
様々な企業で講演をされています。

170316_wada_1.jpg

「私は営業を中心にお話するんですが、セールスの世界って、
 70歳、80歳の女性が活躍されていて。凄いんです!
 この年齢で納税しているっていうのは、
 すごく国を助けている、と思っているんですよ。」
仕事のために、化粧をし綺麗な格好で外出するため、
病気にもなりにくいのだとか。
「物を伝えて、物を売るスキルを身につけて、
 旦那さんが定年退職したら、自分が外に出るわ!って
 諦めないで、どんどん社会に出てほしいですね。」

数々の企業を見られてきた和田さんは
日本の男社会は、変わりつつある、と感じるそう。
「今までは、男性と女性が一緒に仕事していると、
 どうしても女性の方が、結婚出産の関係で、
 仕事を辞めちゃうことがあったんですが。
 女性が、“どうやったら仕事を続けられるのか”って考え始めて、
 今、男性もすぐ辞めちゃうよねっていう風になってきました(笑)」

最近では、和田さんは ”陽転思考” の特別授業を
小学校でも行っています。
”陽転思考” とは、何か悪いことが起こった場合に、
それを何か理由をつけて、”良かった事”に変換すること。
たとえば、親に怒られた場合には、
”学べて良かった”、”時間が潰れてよかった” と考えます。
「このトレーニングは、中学生の前で、先生の話を聞く段階、
 小学5年生、6年生くらいが一番良いのかな、と思います。」

今夜の選曲:HOME AGAIN / CAROLE KING

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー