2017年12月07日

12月11日から12月14日は

来週は、生物学者の福岡伸一さんをお迎えします。

5_fukuoka.jpg

この1年を振り返り、ニューヨークでの生活、
ノーベル賞、今年の1冊などたっぷりと伺います。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月07日

ユニバーサルデザイン商品を扱うセレクトショップ「HALU」について。

今週は、NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹さんをお迎えしています。

4_oka.jpg

Ubdobe が運営しているセレクトショップ 「HALU」。
ここでは、ユニバーサルデザイン商品や、
医療福祉情報のセレクトショップとのことですが、
このお店を立ち上げようとしたきっかけは?
岡さん「ユニバーサルデザインの商品なんですけど、
要は誰でも使いやすい、麻痺があったりとか障がいが
あったりとか、腕がない、目が見えないであっても
使いやすい商品として置いてあるのと、
福祉作業所っていうのが全国にあって、そこで作られている
おしゃれなものをセレクトして売っています。
あとは相談窓口もあって気軽に日常の中で医療福祉関係の
問題を専門職の人にすぐできるという場所を作りました。

1年前にお店として始めたんですけど、
ただ商品を仕入れて売るという商売が
中々厳しいのが現状で、そのお店でイベントを
やったりとかもしています。今はラジオブースも
作りましていろんなミュージシャンやアーティストとの
繋がりもあるのでその方たちの家族とかの
医療福祉体験だったり、自身が何年前に入院したとかいう
お話をラジオを通じてファンの方に医療福祉情報と
エンターテイメントを両方伝えるということをやっています。

=====================
Ubdobe主催するイベント情報はコチラ↓
URL:http://ubdobe.jp
=====================

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月06日

現在のUbdobeの活動と、今後のイベントについて。

今週は、NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹さんをお迎えしています。

5_oka.jpg

岡さんが代表理事を務めるUbdobe。
全国に支部があったそうなのですが、
なんでも最近解散されたとか… それはどういった理由から?
岡さん「すごいタイムリーな話なんですが、11月1日に
全国の支部解散させたんですよ。元々は10個支部が
あったんですけど、北海道から沖縄まであったんですけど、
ふとしたら団体がすごい大きくなってきたんですね。
各支部でこういうことがしたいんですけど、
みたいな感じで許可制みたいな… 管理しなくちゃいけいない
感じになってきて、許可制になった瞬間に
めっちゃつまらないなこれと思ったんですね。何の為に
NPOという特殊なものを企業したのか考え直して、
それぞれの支部がもっとインディペンデントに
やっていかないと失速するし、本部があるからやれないっていうのは
本末転倒だなって思って、やりたいことをみんな自由に
やってみたいな感じで、自分もやりたいことやるからって…
別に決別ではなくて、解散をして仕切り直して自分たちで
勝手にやっていこうっていうのを始めたんですね。」

今後のイベントは?
岡さん「明日の12月7日から10日にかけて
島根県海士町というところでプロジェクトをやっていまして
海士町ツアーって言って現地にいけるツアーがあります。
それと12月16日には、福島のいわきで講演会をやらせて頂きます。
年明けの2月には、徳島県三好市ってところの山奥で
ツアーをまたやります。ツアーは医療福祉従事者の移住を
促すような、地域福祉に貢献しましょうっていうのをコンセプトに
したりですとか色々とやっています。」

=====================
Ubdobe主催するイベント情報はコチラ↓
URL:http://ubdobe.jp
=====================

今夜の選曲:WATERMELON MAN / HERBIE HANCOCK

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月05日

音楽療法の効果とは? 認知症の祖父との実体験について。

今週は、NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹さんをお迎えしています。

3_oka.jpg

岡さんが音楽療法を学ばれたのがどういった
きっかけだったのでしょう?
岡さん「僕も知らなくてですね、僕のおじいちゃんが
認知症になったんですけど、そのおじいちゃんに
ある特定の音楽聞かせ続けたら記憶が戻ってきた体験が
あったので、もしかしたら音楽が認知症に作用している
のではないか? って思って調べたら音楽療法ってのがあったんです。
それで当時僕はサラリーマン3年目ぐらいだったので、
もうこれだ!って思って会社を辞めて、音楽療法が
学べる専門学校に入ったんです。」

認知症のおじいさんの記憶が戻ったという
体験談を詳しくお聞かせ頂けますか?
岡さん「じいちゃんはずっと映画が好きで、
アメリカにすごい憧れがあったんですよ。で当時
僕が住んでいたところは西海岸だったので、憧れを
持っていたじいちゃんが遊びにきた時に、
もう泣きながら、ゴールデンゲートブリッジみて
スコットマッケンジーの花のサンフランシスコを
聞いていたんですよ。で、その「花のサンフランシスコ」を
日本に帰ってきてから、日本語に訳してくれとじいちゃん
から頼まれまして、日本語に訳してあげたんですね。
それで何年もの間一緒に歌っていて、下手したら
10年ぐらい一緒に歌っていたんですね。
なので深い記憶に残っていたのかもしれないです。
それで記憶が戻ったっていうその時の反応なんですが、
うちのじいちゃんが本当に重度の認知症で自分のことも
わからなけば、その辺のコップを食べちゃうような
だいぶファンキーな認知症だったんですが、そのじいちゃんに
それこそ、フランクシナトラ聞かせてもプレスリー聞かせても
全く反応しないんですよ。でもスコットマッケンジーの
この曲を聴かせると段々首が乗り始めて口もパクパク
してくるんですね。なんというか目も段々瞳孔みたいのが
戻ってくる感じがしたんですね。で、1回だけ僕のことを
思い出すところまでいったんですよ。僕の兄と妹の名前を
呼んで、「今日は2人はいないのか?」と言ったんですね。
2人を認識しているってことは僕を認識しているという
ことだなと思いまして、その時すごい感動したんですよね。」

=====================
Ubdobe主催するイベント情報はコチラ↓
URL:http://ubdobe.jp
=====================

今夜の選曲:SAN FRANCISCO(BE SURE TO WEAR SOME FLOWERS IN YOUR HAIR) / SCOTT MCKENZIE

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月04日

福祉のイメージアップを図る、医療福祉エンターテイメントとは?

今週は、NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹さんをお迎えしています。

1_oka.jpg

岡さんは2008年にUbdobeを立ち上げ 、
医療福祉とエンターテイメントを融合させたイベントを
数々手がけられています。
そもそも医療福祉エンターテイメントというのは?
岡さん「基本的には、音楽やアートっていうエンターテイメントを
医療福祉と掛け合わせて発信していくプロジェクトを行っています。
色々やっていて、まず1つ紹介すると「SOCiAL FUNK!」っていう
クラブイベントがあって例えば癌とか認知症とか臓器移植とか…
あまり身近ではない医療福祉のテーマをクラブイベントの
テーマとして設定してDJとかLIVEの間に、国立がんセンターの
先生が出てきたり、臓器移植ネットワークの方が出てきたり、
患者さん本人が出てきたり、働いている人が出てきたりするんです。
展示や映像で表現したりとかも色々やっているんですけど、
医療福祉系クラブイベントということでやっています。」

岡さん「あとは「デジリハ」というのがありまして、
それは子どものリハビリテーションとデジタルアートを
掛け合わせてリハビリ自体を楽しくしちゃおうっていう
プロジェクトや、行政からの受託事業でプロジェクトを
やったりもします。様々な都道府県から福祉の人材が
足りないのでそのイメージアップをあげるようなイベントですね。
活動としては本当に様々で、イベントもデザインもやるし、
地方創生の事業もやるし、あとはお店もやったりしています。」

=====================
Ubdobe主催するイベント情報はコチラ↓
URL:http://ubdobe.jp
=====================

今夜の選曲:MONK'S DREAM / THELONIOUS MONK

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月30日

12月4日から12月7日は

来週は、NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹さんをお迎えします。

1_oka.jpg

医療福祉エンターテインメントとは?
福祉のイメージを図る、その多岐に渡る活動にをたっぷりと伺います。

東京、国立市生まれ、3歳から11歳までサンフランシスコ在住。
大学卒業後、リラグゼーション会社に就職し26歳で退社。
その後、音楽療法を学び介護施設での仕事を経て2008年に、
Ubdobeを立ち上げ、医療福祉エンターテイメントとして
様々な活動をされていらっしゃいます。


staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月30日

舞台芸術としての落語を世界へ。今後の活動について。

今週は落語パフォーマーのシリル・コピーニさんをお迎えしています。

4_shiriru.jpg

「落語パフォーマー」として活動するシリルさんですが、
これからの夢や目標は?
シリルさん「私は、落語家ではなく
落語パフォーマーですから… 例えば真打しか
やっていない演目、芝浜とか文七元結ですね。
でもフランス語で芝浜やってもいいじゃないかって
私は思うんですね。なので今後は覚えてフランスの
オーディエンスに紹介したいなって思うんですね。
あの話はめちゃくちゃよくできていますよね。」

「落語は日本の伝統芸ではあるんですけど、
それと同時に私は舞台芸術としても見ているんですね。
なので、フランスでも日本でもいいですが、
落語に興味がなかったとしても舞台芸術に興味が
あって落語を楽しんでもらうのでもいいんですよね。
なので、将来私がおじいさんになってからでも
いいですけど、フランスで落語を勉強したいって
方に向けてお芝居学校を開校できればいいかなと思うんですね。
なので、日本の文化に問わず舞台としてやっていきたいです。」

===========================
【フランス人による落語の会 | JAPAN TOUR 2017】
12月7日(木):大阪府 動楽亭 (ゲスト: 林家 染太)
12月9日(土):愛知県 杉山女子学園大学
12月10日(日):岐阜県 円徳寺
12月12日(火):福岡県 アンスティチュ・フランセ九州
12月14日(木):長野県 長野市「長野ホテル犀北館」
12月17日(日):東京都 らくごカフェ
12月19日(火):広島県 西条市総合文化会館 (ゲスト:林家 染太)

出演:シリル・コピーニ / ステファン・フェランデス

詳しくはコチラ:http://cyco-o.com/fr/
===========================

今夜の選曲:PATCHANKA / MANO NEGRA

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月29日

落語文化を海外へ! 今年2月に開催された「Japan Tours Festival」の手応えは?

今週は落語パフォーマーのシリル・コピーニさんをお迎えしています。

3_shiriru.jpg

「落語パフォーマー」として活動するシリルさん。
今年2月にはフランスで開催された
「Japan Tours Festival」に出演されました。
ここでの手応えは?
シリルさん「2年連続で読んで頂いたんですが、
今年は、金曜日のお昼12時からやったんです。
200人ぐらいのキャパでやったんですけど、
お客さんが20歳ぐらいの子たちで
みんなコスプレしているんですよ(笑)
おそらくフェスの初日だし、色々回ってみたくて
とりあえず見にきいている感じで…
この子たち本当に落語見にきているのかなぁって
思っていたんです。それでも、満席ではなかったけど、
150、60ぐらいは入っていたんですよ。
で、60分の番組をやったら大ウケになっちゃって(笑)
その時に良かったなと思うのは、日本の文化にきっかけは
アニメでもコスプレでもなんでもいいんですけど、
それに自らの好奇心で動く若者たちがいるのは、
将来が楽しみだなって思うんですね。
日本文化を伝えるには今だなって感じがします。」

===========================
【フランス人による落語の会 | JAPAN TOUR 2017】
12月7日(木):大阪府 動楽亭 (ゲスト: 林家 染太)
12月9日(土):愛知県 杉山女子学園大学
12月10日(日):岐阜県 円徳寺
12月12日(火):福岡県 アンスティチュ・フランセ九州
12月14日(木):長野県 長野市「長野ホテル犀北館」
12月17日(日):東京都 らくごカフェ
12月19日(火):広島県 西条市総合文化会館 (ゲスト:林家 染太)

出演:シリル・コピーニ / ステファン・フェランデス

詳しくはコチラ:http://cyco-o.com/fr/
===========================

今夜の選曲:DON'T WANT YOU NO MORE / MANO NEGRA

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月28日

下積み時代と初舞台。 12月に開催される落語ツアーについて。

今週は落語パフォーマーのシリル・コピーニさんをお迎えしています。

2_shiriru.jpg

「落語パフォーマー」としてご活躍中のシリルさんですが、
そもそも落語はどのようにして学ばれたのでしょう?
シリルさん「私は修行はしていないんですけど、
お世話になっている師匠は何人かいるんですね。
東京落語と上方落語路、江戸落語の師匠でそれぞれ
1人いるんです。上方落語でお世話になっている方が
林家染太さんなんですが、彼がすごい音楽好きでDJを
勉強したいって言ってきたんです。それで、
僕はDJやっていたからDJ教えてあげるよ! と。
でもその代わりに落語を教えてください!
って言ったんですね。まさにgive and takeです(笑)
それで2010年に1年かけて一つ演目を教えて頂いていて、
月1回は大阪に行っていたんですね。
「動物園」という上方落語のベタなネタなんですが、
それを1年間かけてゆっくりと教えていただいたんです。」

初舞台はいつ頃?
シリルさん「2011年に神保町にある
落語カフェっていうとても有名なところが
あるんですけど、そこで初めて披露したんです。
ウケるにはウケましたけど、
今思い出すとめっちゃ下手だったなって…(笑)」

来月12月には「フランス人による落語会」という
シリル・コピーニさん、ステファン・フェランデスさんによる
全国各地を回る落語ツアーが始まります。
東京公演は12月17日(日) 神保町 落語カフェにて。是非 ^^

===========================
【フランス人による落語の会 | JAPAN TOUR 2017】
12月7日(木):大阪府 動楽亭 (ゲスト: 林家 染太)
12月9日(土):愛知県 杉山女子学園大学
12月10日(日):岐阜県 円徳寺
12月12日(火):福岡県 アンスティチュ・フランセ九州
12月14日(木):長野県 長野市「長野ホテル犀北館」
12月17日(日):東京都 らくごカフェ
12月19日(火):広島県 西条市総合文化会館 (ゲスト:林家 染太)

出演:シリル・コピーニ / ステファン・フェランデス

詳しくはコチラ:http://cyco-o.com/fr/
===========================

今夜の選曲:PATCHUKO HOP / MANO NEGRA

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月27日

落語に魅せられ世界へ発信する在日フランス人、落語に目覚めたきっかけとは?

今週は落語パフォーマーのシリル・コピーニさんをお迎えしています。

5_shiriru.jpg

シリルさんは落語家ではなく、「落語パフォーマー」として、
活動されていらっしゃいます。なぜ「落語パフォーマー」という
肩書きにされたのでしょう? この肩書きはシリルさんだけ?
シリルさん「そうですね。落語家は修行された方のことを
言いますね。見習い、前座、二つ目、真打… それでやっと
落語家と言えるんですけど、私は修行をしていないんです。
アマチュア落語家っていう肩書きはあるんですけど、
アマチュアって言葉が入るとなかなか出演料を頂けないんですね。
どうしようかなって思って考えたのが、
「落語パフォーマー」ってのはアリなんじゃないのかなって
思ってこの肩書きで始めたんですね。

シリルさんは南仏生まれ。
よくマンガやアニメに興味を持ち日本に来られる方は
多いですが、シリルさんは最初から日本の古典芸能に
興味はあったのでしょうか?
シリルさん「こう見えても日本近代文学専門なのですが、
要は、二葉亭四迷を研究していたんですね。
言文一致体というのがあるのですが、
書き言葉と話し言葉を融合するという動きの中で、
彼は三遊亭 円朝の怪談 牡丹燈籠にとても
影響を受けていたんです。話し言葉の芸だった落語が
初めて文学になっているんですね、速記技術のおかげで…」

「ずっと四迷が追求していた、話し言葉と書き言葉の
融合について、すごい刺激を受けたと思うんです。
だから、二葉亭四迷のことを調べようと思ったら、
よく出てくるんです。それと同時に落語って
なんなんだろうな〜って思って日本にやってきたのが最初なんです。」

今夜の選曲:SOLEDAD / MANO NEGRA

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー