2018年05月08日

農業の未来のために、政治の世界へ。 政治家になって目指したものとは?

今週は株式会社ポケットマルシェ 代表取締役
高橋博之さんをお迎えしています。

180507_takahashi_3.jpg

高橋さんは農業就業人口が、減少していることに
危機感を感じ、政治家にもなられたとか?
2011年の岩手県知事選にも出馬経験が?
高橋さん「岩手県議を2期やったんです。
37歳の時に血気盛んだから俺がやる!って言って知事選にも。
選挙の時は震災後ってのもあって、車一切乗らないで、
青森県境から宮城県境まで歩いたんです。
歩いて農村漁村の住民の人たちを回って。
(あと)防潮堤があまり気に食わなくて…
横80m 縦14.5mの巨大コンクリートの防潮堤を
大きな湾から小さな入り江までやるっていうのは、
漁師が嫌がっていましたからね…
海と陸を隔てたら安全になるかもしれないけれど、
結局食べらなくなると。そういう話をしていて、
それに対案を示したくて(選挙に)出たんです。」

今夜の選曲:I WONDER / CRYSTALS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/10184



バックナンバー