2018年04月10日

車いす競技の奥深さとは?

今週は、先日、丸ビル1階 マルキューブで行われた
公開収録の模様をお届けしています。
ゲストは、百獣の王武井壮さん
車いすアスリート廣道純さんです。

180410_1.jpg

今夜は廣道さんに、車いす競技について伺いました。
廣道さんは、2000年シドニー大会で銀メダル、
2004年アテネ大会では銅メダルを獲得、その後、
北京、ロンドンと 4大会連続出場されていらっしゃいます。
さらに車いす陸上の400m、800m、
5000mの日本記録保持者で未だ破らせていません。
4大会連続出場はなかなかできるものではないですよね?
廣道さん「オリンピックで、しかも陸上で
4大会というのはかなり厳しいかなと思います。
やはり年齢と共に落ちてくる競技でもありますし。
ただ、車いすの競技は椅子に座って腕だけを使って
動かせばいい。1番大きな太ももの筋肉は
使わなくていいし、椅子に座って車輪が
回ってくれるので、自転車みたいな感じです。
競技用の自転車並みのスピードで走ってくれるんですね。
だから年齢は関係なく、むしろ経験値を
積み重ねていけばいくほど、強くなるという世界なんです。」
26.jpg


10.jpg
武井さんは、車いすレーサーを
体験されたことがあるそうですが、
どんな印象を持たれましたか?
武井さん「(僕は)力はある方で、スタミナもそこそこ自信あるし、
体幹もずっと鍛えているので、障がいのある人に比べたら
より強く漕げるだろう思っていたんですが、どんなに力を
入れても全く追いつけないんですよね。100m走とか勝負しても
長距離の選手にも勝てないんです。パワーや体力以上の
ホイールを腕で漕ぐという技術の高さというのが1本目で
理解できたんですね。なので、パラ競技いろいろと
体験しているんですけど、障がい者の方が健常者スポーツを
できないから仕方なくやっているんだという思いは
全くなくて、僕らが健常者スポーツをやっているのと
同じような積み重ねの楽しさがあったり、
人生を輝かせるための要素がたくさんあるのが
パラスポーツだと思っているので、非常に楽しい思いを
新たなスポーツの楽しさとして感じさせて頂いています。」

今夜の選曲:WE WILL ROCK YOU / QUEEN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/10161



バックナンバー