2017年12月14日

12月18日から12月21日は

来週は、ローカルジャーナリストの田中輝美さんをお迎えします。

5_tanaka.jpg

定住でも交流でもない「関係人口」とは? 
新たな地域との関わり方を考える
その活動についてたっぷりと伺います。

1976年島根県浜田市生まれ。
大阪大学文学部卒業後、山陰中央新報社に入社されて、
報道記者として政治、医療など幅広い分野を取材、
2013年に、琉球新報社との合同企画
『環りの海 竹島と尖閣』で、日本新聞協会賞を受賞。
現在は、新聞社を退社されて、ローカルジャーナリスト
として活動されていらっしゃいます。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月14日

【Podcasting 第560回 】福岡伸一さん

今回のポッドキャスティングは、
12月11日から12月14日放送分、
、生物学者の福岡伸一さん


staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月14日

新著「動的平衡3」についてと、自身の研究について

今週は、生物学者の福岡伸一さんをお迎えしています。

4_fukuoka.jpg

「動的平衡」の理論のもと「生命とは何か」
という問いを追究し続けていらっしゃいますが、
福岡さんの研究分野は今年いかがだったのでしょうか?
福岡さん「私の生命論の定義は動的平衡ということで、
それを理論的に考える理論生物学者みたいな感じのを
目指しています。昔はネズミを殺したり細胞をすり潰したり
する実験をしていたんですけど、物理みたいに理論物理学者が
重力波を予言して、100年後に物理学者がそれを
立証するっていうのが、本当の学問のあり方だと思っているので
私は理論生物学者を目指して理論を今まで出してきたんですね。
動的平衡っていうは私のコンセプトの中心なので、
どこか地球の38億年の生命史の最初に偶然ながら動的平衡が
成り立ったんです。動的平衡っていうのは壊しながら
回していくサイクルが成り立っているということなので
そういうことが海底火山の中で物質を壊しながら、
作り変えられるっていうのが生命の起源なんです。

先日新著「動的平衡3」が刊行されました。
福岡さん「動的平衡っていうのは生命論だけじゃなくて
会社組織とか、社会とかスポーツとか組織論に
色々使えて、その辺の本屋さんに売っているような
ハウツー本ではなくて、もっと生命に学んだ組織論として
動的平衡を考えようっているのが「動的平衡3」になっています。

それから、私のライフワークともなっていますが、
フェルメールの研究がありまして、実は2017年は
日本であまり話題になりませんでしたけど、
世界的には一大フェルメールフィーバーが巻き起こって
いたんですね。それはパリのルーブル美術館を皮切りに
大フェルメール展が世界を巡回して年末にはアメリカの
ワシントンで開催されたんですね。37枚しかない12枚が
結集しました。多少内容が変わるとも聞きましたが、
日本もやってくる予定でして2018年秋に来るみたいです。」

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月13日

毎年恒例! 福岡伸一が選ぶ「今年の1冊」とは?

今週は、生物学者の福岡伸一さんをお迎えしています。

3_fukuoka.jpg

福岡さんには毎年「今年の1冊」を
選んで頂いておりますが今年は?
福岡さん「今年読んだ本で面白いなと思ったのは
「サピエンス全史」っていう本なんですが、
人間がいかにしてホモ・サピエンスが、
ホモ・サピエンスたりえたかっていう、非常に
長いスパンの歴史を書いた本なんですが、時々
そういう本がブームになるんです。
ジャレドダイアモンドの「銃・病原菌」っていう本が
何年か前に流行りましたけれども、結局世界を
フィクションとして考えることができたので
サピエンスはセピエンスたりえた。国家とか
貨幣とか経済と家族制度とかそういうものは
全部虚構だっていう話なんですね」

今夜の選曲:MORE THAN I CAN SAY / 細野晴臣

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月12日

ノーベル文学賞、カズオ・イシグロさんについて

今週は、生物学者の福岡伸一さんをお迎えしています。

1_fukuoka.jpg

福岡さんは過去に2回、
番組出演された際今読むべき本として、
カズオ・イシグロ作品をあげておられましたが、
この度、カズオ・イシグロさんが
ノーベル文学賞を取られました。
福岡さん「私は村上春樹よりカズオ・イシグロさんが
先に取るんじゃないかと予言していたんですよ。
これもまたカズオ・イシグロさんとの対談によって
深まったことなんですが、その時のことは
「動的平衡ダイアローグ」という本に書かれているんですね。
それで今回の受賞を受けた途端、
メディア各社がその本を見つけてですね、
カズオ・イシグロさんについて語ってください
という連絡がじゃんじゃん来たんですね。
カズオ・イシグロの本質は、人間が持っている「記憶」というのが
どれだけ大事なものでその人を支え、あるいは励まし、
ある時は裏切り、変容していくかっていうのを滔々と
語ったんですけど… 記者の皆さんみんな実は
あんまり本を読んでいないんですね。
もっと面白い話はないですか?って言われちゃったもの
だからカズオ・イシグロさんとお昼にお寿司を
食べたんですよ。寿司桶に綺麗に特上握り寿しを2人前
とってもらって食べ始めたら、イシグロさんはネタを
外したり、シャリを分けたりしてちらし寿司みたいに
して食べ始めたので、「あ〜カズオ・イシグロはもはや
日本人ではなくなっちゃっているんだな」っていうことを
チラッと言ったらですね、それが翌日の新聞はみんな
そこだけを使っているんですね… みなさんちゃんと
カズオ・イシグロを読みましょう! と思いました。」

今夜の選曲:SUSIE Q / 細野晴臣

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月11日

今年1年の活動は?

今週は、生物学者の福岡伸一さんをお迎えしています。

5_fukuoka.jpg

今年1年の振り返って如何でしたか?
福岡さん「いろんな人との対話によって
思索というか思考が深まった感じがします。
春先には、音楽家の坂本隆一さんと集中的に会話を
しました。彼はテクノポップやデジタルな音楽から
出発しているんですが、長い年月をかけて
見えてきたのは、ノイズとか再現できない音みたいな
ものがいいんじゃないか思ってきたそうです。
それは私がちょうど生物学を目指し続けていて
分子生物学のようなデジタルな生物学から、
動的平衡っていうコンセプトに変わっていった
プロセスと非常に似ていてですね、
そういうことを語り合いました。
あとは夏ぐらいには、西田幾多郎っていう京都大学の
哲学の先生がいらっしゃるんですけど、
その弟子の池田善昭先生という方と対談しまして、
だいぶ前に私が言ってた、「動的平衡、すべては流れていく」って
いうのは、西田幾多郎が言っていた哲学と似ていると
おしゃって頂いてですね、それで対話を重ねてですね、
西田哲学の根底に流れている伏流水は非常に難しい
言葉なんですけど、この世の中には相反することが
同時に存在していて何もないように見えてもある。
あるいは、矛盾しているようだけど互いに招会いながら
作用しているっているが西田哲学のCoreであって
私のやっている動的平衡と同じで結局生命とは何か?
っていうのを、哲学者 西田幾多郎と生物学者 福岡伸一が
同じようなところを目指していたっているのがわかったんですね。

今夜の選曲:TUTTI FRUTTI / 細野晴臣

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月07日

12月11日から12月14日は

来週は、生物学者の福岡伸一さんをお迎えします。

5_fukuoka.jpg

この1年を振り返り、ニューヨークでの生活、
ノーベル賞、今年の1冊などたっぷりと伺います。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月07日

【Podcasting 第559回 】岡勇樹さん

今回のポッドキャスティングは、
12月4日から12月7日放送分、
NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹さん

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2017年12月07日

ユニバーサルデザイン商品を扱うセレクトショップ「HALU」について。

今週は、NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹さんをお迎えしています。

4_oka.jpg

Ubdobe が運営しているセレクトショップ 「HALU」。
ここでは、ユニバーサルデザイン商品や、
医療福祉情報のセレクトショップとのことですが、
このお店を立ち上げようとしたきっかけは?
岡さん「ユニバーサルデザインの商品なんですけど、
要は誰でも使いやすい、麻痺があったりとか障がいが
あったりとか、腕がない、目が見えないであっても
使いやすい商品として置いてあるのと、
福祉作業所っていうのが全国にあって、そこで作られている
おしゃれなものをセレクトして売っています。
あとは相談窓口もあって気軽に日常の中で医療福祉関係の
問題を専門職の人にすぐできるという場所を作りました。

1年前にお店として始めたんですけど、
ただ商品を仕入れて売るという商売が
中々厳しいのが現状で、そのお店でイベントを
やったりとかもしています。今はラジオブースも
作りましていろんなミュージシャンやアーティストとの
繋がりもあるのでその方たちの家族とかの
医療福祉体験だったり、自身が何年前に入院したとかいう
お話をラジオを通じてファンの方に医療福祉情報と
エンターテイメントを両方伝えるということをやっています。

=====================
Ubdobe主催するイベント情報はコチラ↓
URL:http://ubdobe.jp
=====================

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月06日

現在のUbdobeの活動と、今後のイベントについて。

今週は、NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹さんをお迎えしています。

5_oka.jpg

岡さんが代表理事を務めるUbdobe。
全国に支部があったそうなのですが、
なんでも最近解散されたとか… それはどういった理由から?
岡さん「すごいタイムリーな話なんですが、11月1日に
全国の支部解散させたんですよ。元々は10個支部が
あったんですけど、北海道から沖縄まであったんですけど、
ふとしたら団体がすごい大きくなってきたんですね。
各支部でこういうことがしたいんですけど、
みたいな感じで許可制みたいな… 管理しなくちゃいけいない
感じになってきて、許可制になった瞬間に
めっちゃつまらないなこれと思ったんですね。何の為に
NPOという特殊なものを企業したのか考え直して、
それぞれの支部がもっとインディペンデントに
やっていかないと失速するし、本部があるからやれないっていうのは
本末転倒だなって思って、やりたいことをみんな自由に
やってみたいな感じで、自分もやりたいことやるからって…
別に決別ではなくて、解散をして仕切り直して自分たちで
勝手にやっていこうっていうのを始めたんですね。」

今後のイベントは?
岡さん「明日の12月7日から10日にかけて
島根県海士町というところでプロジェクトをやっていまして
海士町ツアーって言って現地にいけるツアーがあります。
それと12月16日には、福島のいわきで講演会をやらせて頂きます。
年明けの2月には、徳島県三好市ってところの山奥で
ツアーをまたやります。ツアーは医療福祉従事者の移住を
促すような、地域福祉に貢献しましょうっていうのをコンセプトに
したりですとか色々とやっています。」

=====================
Ubdobe主催するイベント情報はコチラ↓
URL:http://ubdobe.jp
=====================

今夜の選曲:WATERMELON MAN / HERBIE HANCOCK

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月05日

音楽療法の効果とは? 認知症の祖父との実体験について。

今週は、NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹さんをお迎えしています。

3_oka.jpg

岡さんが音楽療法を学ばれたのがどういった
きっかけだったのでしょう?
岡さん「僕も知らなくてですね、僕のおじいちゃんが
認知症になったんですけど、そのおじいちゃんに
ある特定の音楽聞かせ続けたら記憶が戻ってきた体験が
あったので、もしかしたら音楽が認知症に作用している
のではないか? って思って調べたら音楽療法ってのがあったんです。
それで当時僕はサラリーマン3年目ぐらいだったので、
もうこれだ!って思って会社を辞めて、音楽療法が
学べる専門学校に入ったんです。」

認知症のおじいさんの記憶が戻ったという
体験談を詳しくお聞かせ頂けますか?
岡さん「じいちゃんはずっと映画が好きで、
アメリカにすごい憧れがあったんですよ。で当時
僕が住んでいたところは西海岸だったので、憧れを
持っていたじいちゃんが遊びにきた時に、
もう泣きながら、ゴールデンゲートブリッジみて
スコットマッケンジーの花のサンフランシスコを
聞いていたんですよ。で、その「花のサンフランシスコ」を
日本に帰ってきてから、日本語に訳してくれとじいちゃん
から頼まれまして、日本語に訳してあげたんですね。
それで何年もの間一緒に歌っていて、下手したら
10年ぐらい一緒に歌っていたんですね。
なので深い記憶に残っていたのかもしれないです。
それで記憶が戻ったっていうその時の反応なんですが、
うちのじいちゃんが本当に重度の認知症で自分のことも
わからなけば、その辺のコップを食べちゃうような
だいぶファンキーな認知症だったんですが、そのじいちゃんに
それこそ、フランクシナトラ聞かせてもプレスリー聞かせても
全く反応しないんですよ。でもスコットマッケンジーの
この曲を聴かせると段々首が乗り始めて口もパクパク
してくるんですね。なんというか目も段々瞳孔みたいのが
戻ってくる感じがしたんですね。で、1回だけ僕のことを
思い出すところまでいったんですよ。僕の兄と妹の名前を
呼んで、「今日は2人はいないのか?」と言ったんですね。
2人を認識しているってことは僕を認識しているという
ことだなと思いまして、その時すごい感動したんですよね。」

=====================
Ubdobe主催するイベント情報はコチラ↓
URL:http://ubdobe.jp
=====================

今夜の選曲:SAN FRANCISCO(BE SURE TO WEAR SOME FLOWERS IN YOUR HAIR) / SCOTT MCKENZIE

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年12月04日

福祉のイメージアップを図る、医療福祉エンターテイメントとは?

今週は、NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹さんをお迎えしています。

1_oka.jpg

岡さんは2008年にUbdobeを立ち上げ 、
医療福祉とエンターテイメントを融合させたイベントを
数々手がけられています。
そもそも医療福祉エンターテイメントというのは?
岡さん「基本的には、音楽やアートっていうエンターテイメントを
医療福祉と掛け合わせて発信していくプロジェクトを行っています。
色々やっていて、まず1つ紹介すると「SOCiAL FUNK!」っていう
クラブイベントがあって例えば癌とか認知症とか臓器移植とか…
あまり身近ではない医療福祉のテーマをクラブイベントの
テーマとして設定してDJとかLIVEの間に、国立がんセンターの
先生が出てきたり、臓器移植ネットワークの方が出てきたり、
患者さん本人が出てきたり、働いている人が出てきたりするんです。
展示や映像で表現したりとかも色々やっているんですけど、
医療福祉系クラブイベントということでやっています。」

岡さん「あとは「デジリハ」というのがありまして、
それは子どものリハビリテーションとデジタルアートを
掛け合わせてリハビリ自体を楽しくしちゃおうっていう
プロジェクトや、行政からの受託事業でプロジェクトを
やったりもします。様々な都道府県から福祉の人材が
足りないのでそのイメージアップをあげるようなイベントですね。
活動としては本当に様々で、イベントもデザインもやるし、
地方創生の事業もやるし、あとはお店もやったりしています。」

=====================
Ubdobe主催するイベント情報はコチラ↓
URL:http://ubdobe.jp
=====================

今夜の選曲:MONK'S DREAM / THELONIOUS MONK

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー