2017年11月30日

舞台芸術としての落語を世界へ。今後の活動について。

今週は落語パフォーマーのシリル・コピーニさんをお迎えしています。

4_shiriru.jpg

「落語パフォーマー」として活動するシリルさんですが、
これからの夢や目標は?
シリルさん「私は、落語家ではなく
落語パフォーマーですから… 例えば真打しか
やっていない演目、芝浜とか文七元結ですね。
でもフランス語で芝浜やってもいいじゃないかって
私は思うんですね。なので今後は覚えてフランスの
オーディエンスに紹介したいなって思うんですね。
あの話はめちゃくちゃよくできていますよね。」

「落語は日本の伝統芸ではあるんですけど、
それと同時に私は舞台芸術としても見ているんですね。
なので、フランスでも日本でもいいですが、
落語に興味がなかったとしても舞台芸術に興味が
あって落語を楽しんでもらうのでもいいんですよね。
なので、将来私がおじいさんになってからでも
いいですけど、フランスで落語を勉強したいって
方に向けてお芝居学校を開校できればいいかなと思うんですね。
なので、日本の文化に問わず舞台としてやっていきたいです。」

===========================
【フランス人による落語の会 | JAPAN TOUR 2017】
12月7日(木):大阪府 動楽亭 (ゲスト: 林家 染太)
12月9日(土):愛知県 杉山女子学園大学
12月10日(日):岐阜県 円徳寺
12月12日(火):福岡県 アンスティチュ・フランセ九州
12月14日(木):長野県 長野市「長野ホテル犀北館」
12月17日(日):東京都 らくごカフェ
12月19日(火):広島県 西条市総合文化会館 (ゲスト:林家 染太)

出演:シリル・コピーニ / ステファン・フェランデス

詳しくはコチラ:http://cyco-o.com/fr/
===========================

今夜の選曲:PATCHANKA / MANO NEGRA

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/10052



バックナンバー