2017年11月13日

20歳で視力を失ったヴァイオリニストの人と人をつなぐ活動とは?

ヴァイオリニストの増田太郎さんです。

1_masuda.jpg

増田さんは、20歳で視力を失っていらっしゃますが、
ヴァイオリニストとして、ヴァイオリンを弾きながら歌うという
独自のスタイルを確立。自身のライヴのほか、
様々なアーティストのレコーディング、楽曲提供、また
被災地支援や講演活動なども行なっていらっしゃいます。
ヴァイオリンを始められたきっかけはなんだったのでしょう?
増田さん「僕は5歳からクラッシックのヴァイオリンを
始めたんですけども、もともと目が弱かったこともあって、
両親は僕にクラシックを勉強させたかったらしいです。
で、父が横田基地でギターを弾いて歌っているような父
だったので「僕はそれに憧れて僕もギターを弾きたい!」と
言ったら、親は占めたと思ったそうで、「ギターを弾くには
ヴァイオリンを弾かないといけないんだよ」と言われて
そのままころっと「わかったやる!」と僕は言って
ヴァイオリンを始めたんです。」

ヴァイオリンを弾きながら歌う
というスタイルはいつ頃から?
増田さん「高校生ぐらいの時に5つ上の先輩で
すごいギターが上手でとても憧れていたんです。
その先輩はギターを弾いてブルースとかを歌っていたんですが、
ある時その先輩から一緒にやらない? と声をかけてもらって
是非ともと思って先輩のところに行ったんです。
その時はギターデュオって話だったんですけど、
ギター2人じゃつまらないから、ヴァイオリンを弾けって
先輩から言われまして、で今度はそれでも物足りないから
歌えって言われたんです。でそのまま先輩と一緒に
演奏したいがために、ヴァイオリンを弾きながら
歌う練習を始めたのがきっかけなんです。」

今夜の選曲:ぼくにはきみがいる / 増田太郎

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/10038



バックナンバー