2017年10月31日

「食」を通じて日本とフランスの文化をつなぐ、「ワインと文化社」設立のきっかけと活動について

「ワインと文化社」代表の南谷桂子さんです。

6_minamitani.jpg

パリでジャーナリストとして活躍していた
南谷さんがワインや食に興味を持ち始めたのは
いつ頃だったのでしょう?
南谷さん「私がフランスで勤めていた時代は
80年代バブルで、日本からのVIPが星付きレストランに
行きたがるわけです。それがきっかけで色々な
レストランに通い続けていたら、だんだんと
料理のことやシェフ、お店のことを知るように
なっていったんです。それで気づいたらそれが
本業になっていたんです(笑)
でもこれがきっかけで、「ワインと文化社」という
自分の会社を立ち上げたんです。」

南谷さんは小学校への食育活動も精力的に続けられています。
南谷さん「日本に食育を紹介したのは私なんですけど、
食育っていうのは、子どもたちが食べて健康に
育ってくれるっていうのが目的だからそれはそれで
いいと思うんですが、私はそれよりもこれだけ飽食の
時代に食べられない人がたくさんいるっていいう現実、
そっちの方に興味を持っていったんですね。
例えば、失業者で美味しいものを食べようと思っても
食べられない人だったりですよね。」
「私がなんで隣人祭りに興味を持ったかというと
1人一品ずつ持ち寄るシステムで、飲み食いすることに
よって人間ってオープンになっていくんだけど、
これが大きくなって祭り化すればするほど、
引いちゃっている人がいるなってことに気づいんたんです。
それがやっぱり失業者であったりとか社会の下にいる人
たちだと思うんです。やはりそういう人たちがハッピーに
ならないと世の中絶対良くならないと思ったんですよね。」

今夜の選曲:LOVE LETTERS / CARLA BRUNI

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/10027



バックナンバー