2017年09月22日

日本にアフリカ食文化を伝える。アゴンさん流、アフリカ料理の哲学とは?

トーゴ出身のシェフ イヴ・アゴンさん をお迎えしています。

11_ivu.jpg

イヴさんの料理の対するフィロソフィーとは?
イヴさん「アフリカ料理は昔からあるんです。
アフリカ料理はよく下に見られるんだけども
みんなに知らせてないことも多いんです。」

「アフリカ料理になる材料というと、肉、葉、豆、
石など… アフリカに沢山材料があるんですね。
なので、僕はトーゴ料理じゃなくてアフリカの
いろんな国の材料を使って、アフリカのいろんな国の
料理を紹介しているんです。
薬膳になるようなバオバブの実とかダパやガワなども
使っています。いろんなもの無駄にしないようにしてるんです。
いろんなもの使って料理しているから、
アフリカ人はスポーツやっていなくても
しまっているんですね。そういう意味でも
アフリカは食事の文化が大きんです。
それを僕は大きくしたんです。それを皆さんに伝えたいんです。
自分の国の材料をアレンジして、
日本人向けのアフリカ料理を出せるといいかなと思います。」

========================
アフリカ料理を食べるイベントが日本橋兜町で開催!
『ガストロ・アフリカ~ニューアフリカンディナー~』

日程:11月18日(土)17時開場 18時~ディナースタート
場所:日本橋兜町 レストランVASHON
チケット購入先:eXDiningカンフェティ

ガストロ・アフリカ HP:http://gastro-africa.com

========================

今夜の選曲:DESERT PLAYERS / ORNETTE COLEMAN AND PRIME / JERRY

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9992



バックナンバー