2017年08月07日

新著「日本てくてく ゲストハウスめぐり」を先月出版! ゲストハウスの現状は?

イラストエッセイストの松鳥むうさんをお迎えします。

matudori_6.jpg

松鳥さんの新著
「日本てくてく ゲストハウスめぐり」が先月発売!
全国のゲストハウスの魅力を描いたコミックエッセイと
なっています。そもそもゲストハウスというのは?
松鳥さん「大まかに言うと、男女別の相部屋で
3000円前後で泊まれる素泊まり宿のことを言います。
シェアハウス兼ゲストハウスっていうところも地方では
増えてきています。利用者の年齢層でいうと、
20代〜40代が多いんですけど、最近は個室が付いている
ゲストハウスも増えてきていて、子連れのファミリー層も
多くなってきています。昔は旅人さんっていうイメージが
あったんですけど、最近は地域おこし的なゲストハウスも
多くなってきました。」

ゲストハウスは地元の人が経営しているという
イメージですが、意外にも外部から来た方が
経営していることも最近は多いようです。
松鳥さん「1つ例を紹介すると、熊本県の
天草諸島にあるゲストハウスなんですが、
そこを経営するご夫婦は元々ニュージーランドの
バックパッカーズ(日本で言うゲストハウス)で
出会われて、日本に帰ったらこういう宿を
やりたいってことになって旦那さんが単身で天草に
行くんですね。でもすぐ宿となる場所は見つからなくて
移り住んで数年は漁師として働きながら探していんです。
それでもなかなか見つからなく諦め掛けていた時に、
会社の保養所が空いているからどうか? と会社の人に
紹介されてそこに宿を建てたんです。」

今夜の選曲: BABY'S IN BLACK / BEATLES

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9948



バックナンバー