2017年06月28日

NPO法人設立から運営の苦悩、転機となった東北への農業支援

NPO法人 農商工連携サポートセンター
代表理事の大塚洋一郎さんをお迎えしています。

170626_OHTUKA_6.jpg

役所勤からNPO法人設立。
立ち上げたのは良いものの、運営の難しさも
感じたそうです。そもそも設立の至ったきっかけは?
「役所は売り上げがないんですよね、なので営業って言ったって
大蔵省に対しての営業ですからね… 民間はの営業は売り上げを
あげることですかね。(当時は)経験がないんですよ…
なので最初は途方に暮れしたね…
そんなこんな過ごしているうちに東日本大震災が起きまして、
そしたら突然ですね、被災地の支援という形で仙台に行くことに
なったんです。そこである企業から、農業関係で支援できる人を
紹介してくださいっていう依頼がありまして、そこから徐々に
色々な活動が動き出していったという形ですね」

「恐らくですね、明治維新ぐらいの前の昔はですね、
食べ物は作るものだったですね。作った物を家族で食べたり、
集落や村で食べたりする。そういうのがずっと続いていったと
思うんですが、食べ物が買うものとなった瞬間にですね。
食べる人の距離が急に離れてですね、普通の人は、
誰が作ったとかどこでできたとか全く知らないわけですね。
昔と同じ生活にはもちろん戻れないわけですけれども、
私なりの理由付けはですね、「親類のDNA」だと思うんです。
やはり食べ物は作るものであって、食と農が切り離されていると、
人間は合わないんだと思うんですね。
昔のようには戻らないけど、現在にあった形で
食と農を繋ぐということを私は今やっているのかなと思います。」

今夜の選曲: FATILIKU / OMAR SOSA / SECKOU KEITA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9907



バックナンバー