2017年03月23日

ワイルドな風味を出す甲州ワインが、世界で注目される理由。

発酵デザイナーの小倉ヒラクさんは、東京都出身ですが、
現在では、“菌がよく育つ”という理由から、
山梨県の大菩薩峠の中腹に住まれています。

170323_ogura_1.JPG

近くには、ワインの醸造所が多い勝沼があります。
「甲州ワインという、山梨のブドウをつかったワインを
 よく飲んでいます。一時は、ヨーロッパみたいなワインを
 作ろうという動きがあったんですけど、最近は、地酒にも戻っていて。
 あえて、日本酒用の一升瓶に入れていたような素朴なぶどう酒を
 今の技術で復活させようという、若い人たちが出てきてます。」

フランスのワインは、優良品種を中心に作りますが、
イタリアは、様々なブドウを使いワインを作る文化があります。
「甲州ワインを作る『甲州葡萄』は、1200~1300年ぐらい前に
 ペルシャの方からシルクロードを渡ってやってきた、
 今ワインを作っているほとんどの葡萄のルーツで。
 でも日本では忘れられて、山梨の山に、
 野生化して残っていた、というものなんです。」
山梨葡萄は、ワイン用に品種改良されてきていないため、
ワイルドな味を作り出す事が可能だそう。
そのため近年では、ヨーロッパと比べるのではなく、
新しい価値観を作り出す醸造所も増えているのだとか。

今夜の選曲:LAST TRAIN / ALLEN TOUSSAINT

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9808



バックナンバー