2017年03月21日

微生物とデザインをつなぐ、発酵デザイナーとは?

アートディレクターで、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんは、
旅好きで大学在学中にバックパッカーをされていました。

170321_ogura_1.JPG

「それがきっかけで、就職活動をする機会を
 失ってしまって。一時期フランスで絵の勉強していたので、
 アートとデザインの世界に入って行きました。」

発酵デザイナーとして、雑誌ソトコトにて連載をされています。
発酵デザイナーの仕事は、
”微生物の見えない働きをデザインを使い可視化する”こと。
「大雑把に言うと、微生物研究とデザインを
 足して2で割ったような仕事です。
 全国の酒屋さんとかのデザインの仕事をしたり、
 研究機関や自治体なども、発酵技術を使って町おこししたい
 って話があった時に、商品開発などを一緒に考えています。」
小さい子供達にもわかりやすいように、
菌を育てるワークショップなども行っています。

日本の発酵食品は、大別すると、お酒と調味料に分かれます。
中でも、大豆、麹、塩を使った固形調味料=味噌は、
原料が単純でありながら、発酵プロセスが複雑です。
「お味噌は、麹菌、乳酸菌、酵母菌が働いて発酵していくので、
 原料の大豆の味は複雑ではないんですけど、
 半年、1年経つと、複雑な味覚を生み出すんです。
 これが、和食の発酵食品の特徴で」
味が複雑であるため、お味噌汁を毎日のように
飲むような文化になったそう。
また、納豆は東アジア一帯で食べられていますが、
日本のような糸を引く納豆は珍しいのだとか。

今夜の選曲:COUNTRY JOHN / ALLEN TOUSSAINT

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9806



バックナンバー