2017年03月01日

マジックワードは、地方とプロジェクト。

ソトコト編集長の指出一正さんをお迎えしています。
売れ行きも好調だという、現在発売中のソトコト3月号は
『地域を巻き込む ローカル プロジェクト』

170301_sashide_1.JPG

「地方と、プロジェクトっていう言葉が、
 たぶんマジックワードになってきています。
 今まで地方という言葉で括られていた場所が、
 地域化してきてるなって感じています。つまり、東京も地域。」
この地域で、何か面白いことに関わること、
プロジェクトに参加することが、カッコよく、オシャレである
という認識になっていきているそう。

今回の表紙は、兵庫県尼崎市で撮影したもの。
写っているのは、ネガティブイメージと戦う
様々なプロジェクトを行っている尼崎の若者たちです。

このような地方のプロジェクト拡散の
そもそものきっかけを作ったのは、島根県でした。
現在では広島県でのプロジェクト、
ひろしま里山ウェーブ拡大プロジェクトで
指出さんは人材育成講座の講師として活動されています。

「ほとんど広島行ったことのない、市町村の名前も読めない人が、
 はじめて広島でローカルに出会うんです。
 中山間地域の課題をどう解決するか勉強していくんですが、
 おかげさまで今100人くらい受講してくれています。」

プロジェクトの舞台となったのは、神石高原町、安芸太田町、
世羅町、三次市など、6つの市町村。
「例えば学生が行くと、楽しんで農業をする人たちが
 美味しいこんにゃくを作っているのを見て。
 農業に対する、自分の価値観が変わって。」
移住するのではなく、その街の味方になる”関係人口”を
東京で増やす活動を学生たちも出てきています。

今夜の選曲:PARIS, TEXAS / RY COODER

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9787



バックナンバー