2017年02月21日

沖縄の久高島でのスピリチュアルな体験と塩釜での交流。

作家、脚本家、映画監督、CMディレクター、CMプランナーなど
様々な分野で活躍されているの 大宮エリーさん

170221_ellie_1.jpg

近年では画家としても活躍され、
今年は、福井県・金津創作の森で開催予定です。
「私、自然にエネルギーもらって描いてるんです。
 で、タイトルは、This is Forest Speaking 、
 ”もしもし、こちら森です!”みたいな、
 森が喋っている展覧会にしたいと思っています。」
広い美術館の中に、今までの大作を飾る予定だとか。
作品の中には、沖縄・神の島と呼ばれる、久高島で描いた
13mの作品も展示予定。

最新の写真集『見えないものが教えてくれたこと』には、
久高島での不思議な体験についても書かれています。
「久高島で、神様の儀式を受けた後に40度の高熱が出て、
 “絵を描いたら治る”って言われて、海の絵を、13mに描いて、
 そしたら熱が落ちたんですよ(笑)
 いままで、こういうスピリチュアルなことは、
 言わない方がいいって隠してきたんですけど、、、」

久高島に行くスケジュールも、偶然空いた日が、
島の人しか知らない島の儀式の日。
現在でも縁があり、何度も訪れ、
創作活動をする上でも、大切な場所になっています。

写真家:平間至さんの誘いで、
東日本大震災以降通う、宮城県・塩釜の杉村惇美術館でも
画家としての活動をされています。
「子供達と、海の美しさを伝える展覧会をやりたい、という事で、
 浦戸諸島まで行って、平間さんが写真撮ってる中、私は絵を描いて。
 お題が、子供達が、驚く海の絵、だったんですよね」 
そこで、大宮さんは、海を見続けている、大きなユリ達を描き、
子供達を見事驚かせることに成功しました!

今夜の選曲:流星 / 斉藤和義

【リスナーご招待のお知らせ】
LOHAS TALK 公開収録を、
3月7日(火) に丸の内 MC FORESTで行います。
  このイベントに、抽選15組30名様をご招待します。
ご応募・詳細は、こちらから。
*締め切りは、2月26日(日) 。

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9779



バックナンバー