2017年02月08日

写真家エド・ヴァン・デル・エルスケン氏のアシスタント時代について。

音楽レーベル、AIRPLANE LABELを立ち上げ、
写真家、作曲家、映画プロデューサーとしても
活躍される、川端潤さんをお迎えしています。

170208_kawabata_1.JPG

川端さんは、オランダの写真家、
エド・ヴァン・デル・エルスケン氏の
アシスタントをされていました。出会いは、日本でした。
「僕写真が上手くなくて、教えてもらいなさいって
 紹介されたのがエルスケンで。
 撮る姿勢がすごくて、猪突猛進。
 追っかけまわして、歩き回って探すっていう
 そのスタイルがすごいなっていう印象ですね」

肉食系カメラマンのエルスケン氏は、日本で浅草の三社祭や
代々木の学生運動の写真を撮っていました。
「”あいつの写真撮りたいから交渉してこい”って言われて、
 その学生運動しているこに近づいて、
 突然広角で近づけて撮ってて、すごいなって」

歌舞伎や相撲などの日本の伝統文化ではなく、
横断歩道の信号機など、外国人であるからこその視点で
日本の様々な場所を撮影していたとか。

今夜の選曲:QUIET SUN / JUN KAWABATA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9765



バックナンバー