2017年02月06日

シリコンバレーで見た音楽レーベルの形を日本にも!

川端潤さんが立ち上げられた、
音楽レーベル”AIRPLANE LABEL”では、
ジャズや実験音楽などのCDを作っています。

170206_kawabata_1.JPG

レーベル立ち上げには、SONYでのアルバム制作経験や、
5年ほどIT関係で働かれていた時代に訪れた
シリコンバレーでの出会いが関わっています。

「その時に、そこに音楽レーベルの変わったスタイルがあって。
 暗い地下室に、MACが100台くらい並んで、
 ケーブルがぐちゃぐちゃになってて、
  “好きな音楽を自分で配信出来るスタイル”が
 次のスタイルだな、って思ったのがきっかけですね。」

昨年12月にできた新しいアルバム、
『LOOKING FOR THE QUIET SUN ”静かな太陽を探して”』
こちらは、川端さんが考案した、
3部作品の最後となるアルバム1枚です。
「好き勝手につくったアルバムで、
 これをもとに3年後位に、映画を作ろうと思ってます。
 最初に音からイメージして、街とか人の写真を撮って
 次のイメージを固めていっています。
 結構バカなの作ろうと思ってますけど…(笑)」

今夜の選曲:BERLIN / JUN KAWABATA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9763



バックナンバー