2017年02月01日

お肉と一緒にバラを食べる! 無農薬でバラを育てる苦労について。

Flowery株式会社の代表取締役で、
“食べられるバラ”の栽培に取り組む、田中綾華さんをお迎えしています。

170201_tanaka_1.jpg

“食べられるバラ”は、様々な活用レシピが存在し、
最近では、お肉と一緒に食べられる場合も!
汐留 /so/ra/si/o/
*メニューは随時変わりますので、
 必ずしもバラを使用したメニューではありません.

“食べられるバラ”の栽培で一番苦労する事は、”虫”。
「花が香るので、寄ってきちゃうんです。
 うちだと、木のお酢を使って防いだり。
 ビニールハウスでも隙間から入ってきちゃう事もあります。」
現在では、田中さんが運営する”Rose Aya FARM”では
5〜6種類のバラを栽培されています。

ビニールハウスの中の場合、
室温は22〜25度、湿度は70%がベストだそう。
「1輪のバラは、日平均25度だったら、
 累計で1000度で咲くって言われていて。
 今ビニールハウスがある深谷市は、
 日光の強い熊谷市の近くで、暖かくて、
 気候もよかったんです。」

今夜の選曲: ROSE GARDEN / LYNN ANDERSON

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9758



バックナンバー