2017年02月15日

なぜ魚を撮り続けるのか? 作品のテーマは、WA !

ダイビングガイドだった古見きゅうさんは、
2003年に水中写真家に転身されました。

170215_furumi_1.jpg

「魚って、何考えているか分からないじゃないですか。
 どうやったら魚に近づけるんだろう、とは思ってました。」

魚たちのコミュニケーションを題材にした企画からはじまったという、
ウミガメが表紙になっている、古見さんの初の写真集『WA!』。

表紙の写真はよく見ると、亀の上にコバンザメが乗っていて、
これは、古見さんが表現したい
”海のコミュニケーション” が詰まっています。
「WA!っていうのは、輪っかの”わ” だったり、
 対話の ”わ”だったり、平和の “わ” だったり。」

この当時から、ダイビングガイドではなく、
水中写真家として活動し、自身のテーマを企画にして、
売り込むために、作品を撮る毎日なのだそう。

今夜の選曲:HE WATCHES HER FROM BEHIND / STINA NORDENSTAM

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9773



バックナンバー