2017年01月04日

先輩である、大隅良典さんが受賞したノーベル医学 生理学賞! 日本における研究者の現状とは?

生物学者の福岡伸一さんをお迎えしています。

170104_fukuoka_1.jpg

大隅良典さんがノーベル医学 生理学賞を受賞したのも
2016年の大きなニュースでした。
大隅さんと福岡さんは、学会が同じ。
お互い時期は異なりますが、ロックフェラー大学で
研究していたという共通点もあります。

「大隅先生のオートファジー研究っていうのも、
 本当にオリジナル溢れる研究なのでノーベル賞に輝いたのは
 当然だと思うし、素晴らしい事だと思います。
 私として嬉しいのは、大隅先生の研究は、
 ”動的平衡”の証明なんですよ。」
オートファジーは、飢餓状態でなくても起きているそう。
本来、細胞は作る事よりも 壊す事に重きを置いていて、
その壊す仕組みを明らかにしたのが、オートファジー研究なのだとか。

大隅さんは、受賞後に ”基礎科学の重要性” について話されています。
「大隅先生の研究だって、最初は異端児的だったんですけど、
 だんだん花開いて、ノーベル賞につながったんです。
 だから、基礎研究って、役に立つかどうかは分からないんです。」

以前、研究には、薄く広く費用がかけられていましたが、
現在は、再生医療など産業界を潤す研究に、費用が集中しています。
「そうじゃない、地味な研究、地方大学は予算が足りたくなって、
 “貧すれば鈍する” みたいになって、
 大隅先生の中にも危機感があるんだと思います。」

今夜の選曲:IT DON’T MEAN A THING (IF IT AIN’T GOT THAT SWING)
      / ROSEMARY CLOONEY / DUKE WELLINGTON & HIS ORCHESTRA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9730



バックナンバー