2016年12月15日

孤独と絶望の幼少期。乗り越えた先で手にした、希望とは。

写真家のハービー山口さんは、ゲストをお迎えし行うトークイベント
『Herbie’S Bar』を主宰されています。

161215_yamaguchi_1.JPG

自宅から映像配信をする形でのスタートでしたが、
最近では、カフェや会議室にて、
40人ほど観客を入れるイベントになっています。
「ご飯を食べながら雑談して、みんなで仲良くなるんです。
 この前は、熊本の幣立神宮の春木宮司さんをお迎えしました」

ハービー山口さんは、生後2ヶ月で結核菌による”カリエス”を患いました。
「小学校の高学年までコルセットしていました。
 今でも、レントゲン撮るとかなり骨が曲がっていて、
 整体師に、”こんなに曲がっていたら普通の大人は歩けない”
 って言われたんですけど、2ヶ月でなったから体が慣れてるんでしょうね」

161215_yamaguchi_2.jpeg

さらに、”孤独と絶望の幼少期、そして少年期だった”という
ハービー山口さんは、20歳ころから写真、音楽を通じて、
生きる希望を見出していかれます。
「病気していたっていうハンディも、今は幸いしているし、
 大学卒業の時にどこの入社試験も受からなかったから、
 ロンドンに行けたし。ネガティヴがポジティブに変換していったかな。
 それに、病気をしていた目線だから、優しい人をリスペクトした
 写真が撮れるんだと思うんですよね。」

今夜の選曲:THE MEETING PLACE / XTC

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9712



バックナンバー