2016年11月11日

マイカップ持参で行う、環境を意識したマラソン大会!

アテネパラリンピック
男子マラソン金メダリスト、高橋勇市さんは
2020年には、55歳になられます。

161111_takahashimorikawa_2shot.JPG

走力維持のために、筋力強化のトレーニングも
取り入れていらっしゃるそう。
「当然筋肉トレーニングすると疲れますから、
 自分でも、森川さんにもマッサージしてもらったり、
 走力的には、12年前のアテネの時に戻ってきています。」

さらに高橋さんは、10年近く前には、視覚障がい者として
第一号となる”エコ検定”を取得されています。
そのため、追い込むような大会でない場合は、
マイカップを持参し、給水所の紙コップを使用するのを
控えるようにされているそう。

4月に開催された、国際盲人マラソンかすみがうら大会には、
高橋さんが所属する三菱商事の社員の方も、伴走ボランティアや
救護ボランティランナーなどで参加されています。
「理解者がかなり増えました。
 今回初めて伴走した人も、楽しかったと言ってくれる人も多くて」
伴走パートナーの森川優さんも一緒に走っていました。

4年後の東京パラリンピックでは、
高橋さんと森川さんが共に走る姿が見られるかもしれません!

今夜の選曲: MY CHERIE AMOUR / STEVIE WONDER

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9679



バックナンバー