2016年11月01日

20年かけて作りあげた、墨絵の新しいスタイル。

墨絵アーティストの茂本ヒデキチさんをお迎えしています。

161102_hidekichi_1.JPG

茂本さんは、金剛力士像をよく描かれるそう。
「もともとアスリートなど、肉体を描くんです。
 墨で肉体を描くと、独特のタッチになるので、
 金剛力士像描いたら面白いなぁって思って」
基本的には、A3ほどの画仙紙に、1つの作品を
5分ほどで描くことができるそう。
ですが、完成の1枚を仕上げるために、
1週間ほど時間をかけて、何枚も同じ絵を描かれるのだとか。

現在のタッチになるまで、20年ほどかかった、と茂本さん。
「アスリートを描く時には、その方をずっと見て。
 写真を描くのではなく、ほとんどイメージに近い感じですね。
 山水画など伝統的な墨絵も素敵なんですが、新しいことをしたくて。
 漫画のようだねって言われるのは嬉しいです」
描く時もなるべく早く心がけ、
計算ではできない”汚れ”なども、
茂本さんの絵ならではの、”スピード感”につながっています。

今夜の選曲:IMMIGRES / BITIM REW / YOUSSOU N’DOUR

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9669



バックナンバー