2016年10月21日

文化体験で感じる、日本の街の秩序と伝統文化への驚き!

「ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか」の著者、
山崎繭加さんは、は、今年8月まで勤めていた
ハーバード・ビジネス・スクール 。

161021_yamazaki_2shot.JPG

人気の授業、日本・東北で学ぶ『ジャパンIXP』では
プログラムの中には、東京では観光をし、
文化体験も組み込まれています。

学生たちは、日本の文化や伝統に驚くそう。
「伝統と言われる、お相撲や
 老舗の酒屋さん、お菓子屋さんなどの、伝統の長さ!
 500年とか1000年単位でのものあり、かつ、
 その伝統が常に変化しながら生きている。
 “伝統と革新が共存できるんだ”っていうのを学んだって
 学生たちはいいますね。」
街にゴミが少ないことで
“街の秩序”にも感動することもあるとか。

プログラムに参加する生徒たちには、
宗教上の理由などで、肉や魚などを食べない生徒もいます。
そのため、魚がウリの東北では、
プログラムでの食事は、かなり大変だとか。

10年間に渡り、ハーバード・ビジネス・スクール 
日本リサーチ・センターに勤めた山崎さん。
今年8月に、退職されました。
「ずっと、傍らで生花を20年間やってきていまして。
 生花の中にある、日本の精神性とか美意識を
 もっと世界とつなげて、日本の中でも
 企業界とつなげていく活動をしたいと思いまして。」
ビジネスとして成り立つように、
マーケットを広げていきたい!とも。

今夜の選曲:PEACE / NORAH JONES

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9658



バックナンバー